5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ宇野功芳は嫌われるのか?

1 :名無しの笛の踊り:2007/07/24(火) 17:31:12 ID:TZjwVKIQ
なぜでしょう?!

2 :名無しの笛の踊り:2007/07/24(火) 17:31:26 ID:pq9noiTD
2

3 :名無しの笛の踊り:2007/07/24(火) 18:04:07 ID:OYigzmYF
              -ー=-‐ 、__
          , r '"        ヽ,
          l             ' ,
         /   三ニ=ー-'`=ニiiiiiiiiiiil
        /  ニ'"       `ヾiiiiiiii|
        /  ニ'           'liiiiii|
       ,l   |,r=-;.,_   _,、-=-、|iiiiil
       l  .il .,rェェ、_" :;"ェェ j  |iiiiiil
       | . i| ,,     :;   ,,  iiiiiiil
       ,|   il,    , :: ,    liiiiiill
       l   iil,    ` '      ,|iiiiiiii|
      /     l、  ー- -,ー   イiiiiiiiiill
      /      iゝ、  ̄  /|iiiiiiiiiiiil
     /      i| `ー- ' " ,liiiiiiiiiiii|

    クソスレータ・テルナー[Qtosleata Telnault]
         (1946〜1992 イタリア)


4 :名無しの笛の踊り:2007/07/24(火) 18:17:51 ID:yyrR2MxE
いや、3に大笑いをしてしまったんだが、これ、誰が考えたんだ。
すごい才能だと思うがなあ。

5 :名無しの笛の踊り:2007/07/24(火) 18:20:55 ID:6+PRVVaU
1,3,4とド素人丸出しだな

6 :名無しの笛の踊り:2007/07/24(火) 20:00:31 ID:OdMHPbwB
>>5
よう玄人

7 :名無しの笛の踊り:2007/07/24(火) 20:08:03 ID:u+mWDpFh
嫌われてるのか?
馬鹿にされてるんだと思ってた

8 :名無しの笛の踊り:2007/07/25(水) 08:20:09 ID:3xcermYr
嫌ってなんかいないさ。
無視しているだけさ‥


9 :名無しの笛の踊り:2007/07/25(水) 08:33:52 ID:wmmVRJdp
なんだかんだで無視はできないんじゃないか・・・?
嫌うのも批判するのも、少なくとも影響を受けている証拠。
その分見てみ。Uのせいで2chでワルターやバックハウスの評価が散々なのを。
ワルターもバックハウスも好きだが、こいつだけは許せん。

10 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 00:10:07 ID:aaLf2rCx
嫌うというより寧ろ蔑みの対象だな

11 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 00:15:04 ID:ipYGw345
http://www.hmv.co.jp/news/article/707210001

これはちと酷過ぎるな
90過ぎの秀爺ならともかく
宇野自慰はバカかよWWW

12 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 00:31:57 ID:nH+qZI0V
むしろ批評をあんまり気にしないから宇野さんとかよくわからん
この板でたまにネタに使うくらいの存在

13 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 00:37:37 ID:Q4yJLbXM
俺もまったく知らないに等しい。
自分で色々聴いて判断するだけで極力評論家のおすすめとか見ないことにしてるし。
このまま知らない、読んだことない、を維持してれば嫌いになることもないからそのままでいいやと思う。
のだめってやつも同じ。

14 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 01:06:05 ID:55NUSFsd
おなぬー文を書く、という意味では

 宇野功芳=宇野鴻一郎


日本語の語学力、という点では

 宇野功芳<<<<(越えられない壁)<<<<宇野鴻一郎

15 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 04:15:05 ID:7FeA6cgl
クラ初心者の時はお世話になりました。
今でも時々著作を読ませていただいておりますが、演奏の好みはほとんど
一致しません。でも、コーホー先生の文章は読んでておもしろいです。

16 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 04:23:34 ID:h8JBjVF4
何故だろう
スレタイだけで吹いてしまった。

17 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 04:31:09 ID:AStneDsL
賞賛や批判といった、積極的な評価づけが成されるということは、
相当その業界の中で存在感のある活動をしているということ。

一体、強く賞賛されたり批判されたりする音楽評論家がどれだけいる?

それを考えると、宇野に対する好評、不評の相反する評価の嵐は
宇野という人物がこの業界で大変大きな功績を残してきたという証拠だろう。


ちなみに、俺は約70%の確立で宇野の推す演奏は納得できる。
しかし、そんな俺でも自分の好きな演奏家を宇野が酷評しているととても腹が立つ。
だが、自分と全く違う評価を下しているから納得できない、受け入れられない
という風には必ずしも繋がらないはずだ。自分と相反する結論でも、丁寧な論理立てと分析に基づいたものであれば
それなりに納得するものだろう。

結局、この人は批判的な内容の文がそれほど上手くいっていないんじゃないだろうか?

18 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 07:12:45 ID:uDyOIBC6
賛成。批判が下手なんだよな、この人。
誉めるやつはべた褒め、貶すやつはにべもない。「ここはいいのだが・・・」って書き方をしないものな。
あと演奏家の好みが偏りすぎてるのも問題。

19 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 07:30:33 ID:AStneDsL
もっとも、批判が下手という点では許の方が、より以上に酷いとも思う。

宇野の場合は乱暴極まりない文章だが、基本的なスタンスは
「ほかの人は違うかもしれないが、自分は〜だと思う。」
というものだと思う。

一方、許の場合は、多少言葉遣いは洗練されていると思うが、その頭の中身は
「自分は〜だと思っているが、別に自分独自のものじゃない。真理を言っているのだ。」
みたいなゴーマニズムを漂わせているように感じる。

俺的には、好きな演奏家を貶められた場合、
宇野には敵意を覚えるが、許には害意を覚える。

20 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 08:45:22 ID:nIAHg6IG
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/
USO(Unochinpoko Symphony Orchestra)3
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1175434096/


21 :名無しの笛の踊り:2007/07/26(木) 13:34:20 ID:KFXmXA/o
>>14
東大出身芥川賞作家の宇野鴻一郎先生とは、くらべものにならんでしょう

そういえば、川上宗薫はすっかり忘れられたなあ
五味康祐、今日出海、柴田錬三郎あたりも今や忘却の人か?

22 :名無しの笛の踊り:2007/07/27(金) 10:41:30 ID:Z0gV9U0r
文章はおもしろいよ。
主観丸出しを認めて書いてるから、読者も同じ目線にたてる。
宇野の亜流のような辛口評論家は許しがたいのが多い。


23 :名無しの笛の踊り:2007/07/27(金) 10:51:36 ID:TGhAfdLZ
>>19
ほとんど同意。
宇野、許みたいな人がまかり通ってる音楽ジャーナリズムって何だ?

しかし、宇野さんが褒めてるのとけなしてる演奏はなぜか聴いてみたくなったりして(笑)
許さんの文章は不愉快だから無反応。廃業してほしい。

24 :名無しの笛の踊り:2007/07/27(金) 12:28:47 ID:kFdaL2Rd
漫談家の息子である宇野にとって「芸術」とは「寄席の芸」とイコールなのだと思う。
客席との間合いや阿吽の呼吸、あっと言わせる奇抜なアイディアや駆け引き・・・
「芸」もまた突き詰めれば「芸術」となるのは違いはないのだが
「芸術」のあり方がそれひとつだけしかないと決め付けるところに
宇野の批評家、鑑賞家としての限界が見え隠れする。



25 :名無しの笛の踊り:2007/07/28(土) 00:50:25 ID:XM5dnzrl
unoは批評家じゃない。
好みを稚拙な文章で述べてるだけだ。

26 :名無しの笛の踊り:2007/07/28(土) 01:04:57 ID:uaicQDxI
でも評論家って自分の好みから逃げられないよ。
結局そうだよ。

27 :名無しの笛の踊り:2007/07/28(土) 01:13:41 ID:O/pVVkLA
2ちゃんねるを見る限り宇野先生が嫌われているとは思えないのだが。

28 :名無しの笛の踊り:2007/07/28(土) 01:32:59 ID:nZc0j/ZU
>>27
>2ちゃんねるを見る限り宇野先生が嫌われているとは思えないのだが。

尊敬したり崇拝したりする奴は一人もいないが
皆、漏れたちと一緒だと親しみを感じて面白がっているといえよう

29 :名無しの笛の踊り:2007/07/28(土) 15:36:50 ID:eAmKwC0I
宇野の好き嫌いとそっくり同じの好みというヲタがまれに、今でも居て
驚かされる。信者というより中毒のような状態だな。

30 :名無しの笛の踊り:2007/08/02(木) 12:40:09 ID:VspodrNt
宇野さん、いい人らしいぞ。

31 :名無しの笛の踊り:2007/08/02(木) 13:49:24 ID:fO28BE2R
>>30
少なくもと名前出して文筆活動してるんだから、ねらーよりはいい人。

32 :名無しの笛の踊り:2007/08/04(土) 10:00:17 ID:GUrW7Q2E
交響曲の指揮などしなければ・・・・。


33 :名無しの笛の踊り:2007/08/04(土) 21:09:36 ID:MSw+FaUC
>>29
稀でもないよ、2ちゃんのなかでも。
影響受けてないつもりでも、思いっきり受けてる人もいるし。
俺だって、共感したりする評論も結構あるし。


34 :名無しの笛の踊り:2007/08/04(土) 21:13:21 ID:wuY7WOVK
俺はガキの時に吉田秀和の文庫本読んで評論家って使えねえなと思って以来
音楽評論は一切無視してきたので、コーホーとか許とかクラ板来て初めて知ったよ。

35 :名無しの笛の踊り:2007/08/05(日) 02:48:05 ID:UwJlm+F0
いや、でも、コーホーは読んでて面白いんだよな。虚は読んでて不快だし。
少なくともコーホーは「レヴァインのモーツァルト、略してレバモツ」なんて
何の役にも立たない下衆なことは書かないし。

魔笛のストーリーとザラストロをケチョンケチョンに言っているのを読んで
結構面白かった。

36 :名無しの笛の踊り:2007/08/05(日) 10:15:40 ID:XYTUkPu4
>>35
ユルゲン・ユルゲンス事件を知らないからそんなおめでたいことが言えるんだよ

37 :名無しの笛の踊り:2007/08/05(日) 11:24:24 ID:WGxw5mfN
嫌われてるというより、おもしろがられてる

38 :名無しの笛の踊り:2007/08/05(日) 18:35:27 ID:8lqwuJGD
父親は漫談家の牧野周一
息子も似たようなものだ(笑)

39 :名無しの笛の踊り:2007/08/08(水) 15:49:02 ID:qy0RmY+U
徳川夢精

40 :名無しの笛の踊り:2007/08/08(水) 22:24:54 ID:jLpci7bz
ぼくに言わせればひとことで終わりである。
「ぼくの評論など読むほうが悪い」
知らなかったとは言ってほしくない。
それくらい知らなければ、クラシックを聴く資格などないのだ。

41 :名無しの笛の踊り:2007/08/08(水) 23:21:05 ID:hHWgsvt5
クラシックのCDを買う時に、誰かの批評を参考にしようと考えているのなら、絶対に僕のお買い物ガイドを読むべきだ。
志鳥某が良いとか、諸石だ、岡本だという人がいるが、迷ってはいけない。
CD批評は一読しただけで、あからさまに提灯を持っているとバレるようではダメなのだ。
僕のお買い物ガイド本を何度も繰り返し読み、僕が書いたことを片っ端から覚え込んでしまうのだ。
そうして僕の推薦盤を集めれば集めるほど、より精神性の高くなった自分に自尊心を持つことができるし
僕は差し出された賄を安心して懐にしまうことができるのである。

42 :名無しの笛の踊り:2007/08/11(土) 11:49:34 ID:Cc1NdVf3
吉田秀和は勲章もらっただけのジジイ。
宇野は自分でプロのオケを振って自分のレコードまで残した。
どっちが勝ち組かは明らか。

43 :名無しの笛の踊り:2007/08/11(土) 12:50:09 ID:9i7PiVPr
勿論、吉田さんですね^^

44 :名無しの笛の踊り:2007/08/11(土) 13:07:15 ID:2ZAuwiiy
コーホーのスレがお下品板にもある不思議。宇野で検索すると出てくる

45 :名無しの笛の踊り:2007/08/12(日) 01:16:05 ID:n3N368t6
オーディオ板のチンコンポも宇野スレ

46 :名無しの笛の踊り:2007/08/12(日) 11:35:52 ID:eUJQlYgq
ヘボウのスレにキモイ信者が湧いてた

47 :名無しの笛の踊り:2007/08/12(日) 11:45:17 ID:ZghzG9hi
コーホー先生に関しても、他の評論家に関しても、
クラシック好きの多くは、別にそういう人たちの評論を読んだから
作品や演奏をいいとか悪いとか言ってるわけじゃないと思うよ。
まず、自分が素朴にいいとか悪いとか感じたという事実があって、
評論家の本などをよんでみたら、自分が感じたのと同じようなことを
うまい言葉で表現してくれている、だからこの評論家は気に入った、
というようなのが普通の順序だと思う。その点は誤解しないでほしいな。

48 :名無しの笛の踊り:2007/08/12(日) 15:25:53 ID:U+kuF2sk
コーホー辞典より
「〜といえよう」
「〜ではあるまいか」
「極み」
これを文章に入れれば、コーホー風文章のできあがり


49 :名無しの笛の踊り:2007/08/12(日) 22:08:51 ID:OFNrpGmG
鏡に映る自分の姿だからでしょう。

50 :名無しの笛の踊り:2007/08/13(月) 15:07:59 ID:7WIQNV2P
>>48
形容詞として、文頭に
「阿修羅のごとく」
「チャーミングの極み」
もおながいします

51 :名無しの笛の踊り:2007/08/13(月) 16:32:09 ID:xb/g9u9M
>>48
宇野形容詞なら「光彩陸離たる」を落としては画竜点睛を欠くといえよう。


52 :名無しの笛の踊り:2007/08/13(月) 16:35:17 ID:GiH1Weju

                 __( "''''''::::.
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``
 /        ̄ ̄ \
/::::::::     :      ヽ
|:::::      ::      ヘ
ヽ::::::     :::..     ノ
 \:::::::  /\:::;;;;;;__ ノ
    ̄ ̄    ̄

53 :名無しの笛の踊り:2007/08/14(火) 00:48:34 ID:hGhplF8P
>>50 >>51

皆さんの鋭い指摘に加え、「禁じ得ない」を忘れていたとは、
これぞまさしく、痛恨の極み

ついでながら、お笑いの「ですYO」は、「いえよう」を一部パクッているので
はあるまいかといえよう

54 :名無しの笛の踊り:2007/08/14(火) 03:09:02 ID:h5iCxLAn
>>36
「あんなユルフンみたいな名前でいい演奏ができるわけがない、
大芸術家であれば名前がすでにそれっぽい」ってのだっけ。
あれはひどいと思ったなー。そもそも日本以外どこでその語感が通じるんだと。
でも確かその本はインタビューを文に起こしたやつで、宇野語が全く無かったから読みやすかった。。

55 :名無しの笛の踊り:2007/08/15(水) 16:50:16 ID:rmVxU6rK
嫌われるには理由がある

56 :名無しの笛の踊り:2007/08/15(水) 17:32:07 ID:17mKqvic
指揮者のモノマネ芸を披露してるが何を考えてやってるんだろう。

57 :名無しの笛の踊り:2007/08/17(金) 16:38:48 ID:i7+4wMRd
面白いスレですね。
宇野さんって人気あるんだね。

58 :名無しの笛の踊り:2007/08/19(日) 20:30:52 ID:KFsuf2xC
いえよう!

59 :名無しの笛の踊り:2007/08/19(日) 22:14:38 ID:+prz1kJy
この人アバド好きなの?

60 :名無しの笛の踊り:2007/08/20(月) 21:57:52 ID:9rZ9oOhp
レコ芸月評で小石氏が、「これがUNO!」シリーズのワルターの大地の歌を
こうした外装で売るのは好ましくないと批判していてワロタ

61 :名無しの笛の踊り:2007/08/20(月) 22:52:24 ID:p+xeYL1Y
ワルターと交流があったなんて凄い!

62 :名無しの笛の踊り:2007/08/20(月) 22:56:42 ID:CkTuXq2D
>>60
>レコ芸月評で小石氏が、「これがUNO!」シリーズのワルターの大地の歌を
>こうした外装で売るのは好ましくないと批判していてワロタ

昔なら宇野自身がそういっただろうに

63 :名無しの笛の踊り:2007/08/20(月) 23:15:14 ID:njpTTHdh
コーホーはいい加減な評論家である、以前、ロンドンからショルティ指揮のロシア音楽管弦楽集が出た時、
レコード会社のミスでオケをベルリンpoと明記してしまった(実際はロンドンso)その当時、ベルリンpoは
デッカと契約しておらず、そんな録音などありえなかったにもかかわらず、コーホーはショルティがベルリンpoと
録音した演奏だと思い込んでレコ芸に堂々と批評を載せていた、こんなオケの区別もつかない奴が評論家やってるなんて
ふざけてると思った、それ以来コーホーの書いた書物など読まなくなったよ。

64 :名無しの笛の踊り:2007/08/20(月) 23:59:19 ID:1yBbMqjw
漫談か、広沢虎造の浪花節みたいなものだと思えばいいよ。

65 :名無しの笛の踊り:2007/08/21(火) 00:00:16 ID:ERdIjJXx
あんなつまらんピアニスト絶賛するなって感じ


66 :名無しの笛の踊り:2007/08/21(火) 00:38:52 ID:kLk5kYi3
>>64
遺伝子的にはそっちの方だからね。

67 :名無しの笛の踊り:2007/08/24(金) 15:47:44 ID:v87DJCGv
「新潮45」にもコーホーの記事があるよ

68 :名無しの笛の踊り:2007/08/24(金) 16:27:18 ID:NybU9pvv
つうかさ音楽評論なんてどんなに客観性を装っても、所詮は主観でしかないわけよ。
宇野とか音楽評論家叩いてる奴らって、客観的な音楽評論なんて存在するとマジで思ってる
わけ?

69 :名無しの笛の踊り:2007/08/26(日) 02:48:31 ID:4eicPxe4
新潮45の記事も相変わらず過去を美化して現在の状況を嘆く、といった何十年たっても変わらない内容のもので、
よくもまぁ、同じこと恥ずかしくもなく、あちこちに書き散らせるものだと感心するよ。

70 :名無しの笛の踊り:2007/08/26(日) 03:52:11 ID:hVC9z5YJ
>>68
主観にも貴賎があるということではないかしら

71 :名無しの笛の踊り:2007/08/26(日) 19:49:57 ID:GkROpgLg
>>70 その通り 品位の許容範囲

72 :名無しの笛の踊り:2007/08/26(日) 19:54:55 ID:rqLvUze/
ちゃんと聴かずに評を書いているからだろ。

73 :名無しの笛の踊り:2007/08/26(日) 20:05:43 ID:3b/l1TyY
新町よんじゅうご下品な雑誌だ。八田利一って石井宏っぽいが誰だ?

74 :名無しの笛の踊り:2007/08/26(日) 22:44:52 ID:S54Yio/h
>>73
その通りでは?

75 :名無しの笛の踊り:2007/08/27(月) 08:25:12 ID:vQC6EZNZ
コーホーはすでにボケており、批評はあてにならないといえよう。

76 :名無しの笛の踊り:2007/08/27(月) 18:37:07 ID:fJYnKVXh
宇野コーホーさんは、ハイドシェックの宇和島ライブを聴いて
体中、汗びっしょりになってしまったという。
大袈裟でもなんでもない。コーホーさんはそういう人なのだ。
おそらく股間もずぶ濡れだったに違いない。

77 :名無しの笛の踊り:2007/08/28(火) 16:43:39 ID:JooU5dMP
>>76
それって、ハイドシェックと関係あるのかな? 別の娘を見たんじゃないか。

78 :名無しの笛の踊り:2007/08/29(水) 15:31:39 ID:yIXHfbZH
講談社の名曲名盤の改訂版が出たけど、
文章の上でも、選盤の上でも、付け足した部分とのアンマッチがひどい。

そしてどれだけ改訂を重ねても、
ブルックナー第9のアレを直さないのは、
「僕にいわせれば、たった一言で終わりである。」にそんなに愛着があるのか?
と思ってしまう。

まぁ、アレを売りと考えている編集者が直させないだけかもしれないが。
宇野自身が老害なのは論を待たないけど、
書き直す気や力のない老人の著書の、
無理のある改訂版を出し続ける講談社の方が罪が重い。

79 :名無しの笛の踊り:2007/08/29(水) 18:29:02 ID:uIAShTA0
 これだけ叩かれて、月評をやめないのはどうしてだろうか。

80 :名無しの笛の踊り:2007/08/29(水) 18:38:10 ID:W7wR7Ja1
>>68
それでもコーホー以前は客観性を保とうと努力していた
(少なくとも主観=自己の評価と客観=世間一般の評判は峻別して区別していた)
コーホー(以後)は主観一本槍。


81 :名無しの笛の踊り:2007/08/29(水) 20:38:02 ID:4SD3AE8H
彼はマーラー『大地の歌』第一楽章がとりわけ好きのようで
「僕という人間を知りたければ大地の歌の第一楽章を聴いてくれ」と
いつも叫びたいとか。これには笑った。

82 :名無しの笛の踊り:2007/08/29(水) 20:40:51 ID:4SD3AE8H
作曲家の残した楽譜がすでに主観であります。


83 :名無しの笛の踊り:2007/08/30(木) 03:29:48 ID:gnJfTmw+
>>81
そんなことを言われると「大地の歌」の第一楽章を聴きたくなくなる…。

84 :名無しの笛の踊り:2007/08/30(木) 19:10:33 ID:TP7pbT63
>>63
コーホーのその批評は読んだことがないのでなんともいえないけど、
ベルリンフィルとのロシア管弦楽曲集は存在するよ。1959年の録音。デッカから。

85 :名無しの笛の踊り:2007/09/02(日) 00:15:07 ID:FlFTcwRI
優れた評論家だからでしょう。
「なぜ小石忠男は−−−」
「なぜ黒田恭一は−−−」
「なぜ出谷啓は−−−」
「なぜ東条は−−−」
とやっても、スレッドそのものが成り立たない。

86 :名無しの笛の踊り:2007/09/02(日) 00:38:31 ID:dmHWM5/Y
まあ評論のカラヤンみたいなものだな。
吉田秀和になると神格化されててフルトヴェングラーみたいなもんだ。もはや否定することも
おちょくることも許されないので何も面白くない。

87 :名無しの笛の踊り:2007/09/02(日) 23:38:15 ID:pNp/fZh4
この著者の本買ったけど余りに酷いな
最初の20ページくらい読んだだけでもう読む気がなくなった

主張が激しすぎというのもあるが、あまりに文章を書くのが下手だ
燃やそうかな・・・

88 :名無しの笛の踊り:2007/09/03(月) 00:05:50 ID:dPaR7OrH
大地の歌を聴いたときに自殺をしていれば世界は平和なままだった

89 :名無しの笛の踊り:2007/09/03(月) 07:28:04 ID:cqVMRiXO
いや、文章がうまいんだよ。
あれだけ大衆の情念をもろに刺激する文章を書ける人は小説家や文芸評論家を
見渡してみてもいないでしょう。
音楽学者出身の評論家やデータと情報量で勝負する評論家の書いたものと比べれば
根拠薄弱で矛盾だらけの文章に見えるんだけど、
一般の読者はもっと簡潔に、自分のコンプレックスをカバーしてくれる
書き手を求めているんだよ。

カラヤンと同じく、大衆というものを知り尽くした人。
クナやムラヴインを「大衆を拒否する」としつつ、
宇野氏の言葉に溜飲を下げているのはクナファン、ムラヴィンファンの、
高学歴サラリーマンでもてない男。つまり大衆。
宇野氏がカラヤンをあれだけ批判しているのは近親憎悪。

90 :名無しの笛の踊り:2007/09/04(火) 10:06:32 ID:hVeyNVB7
録音評の若林よりはマシ

91 :名無しの笛の踊り:2007/09/04(火) 17:58:13 ID:KLvlYR0t
まさにどんぐりの背比べといえよう

92 :名無しの笛の踊り:2007/09/06(木) 01:29:32 ID:smLgjDrs
短いセンテンスを駆使して一般大衆に受ける術を心得ている点で小泉純一郎前総理大臣を彷佛とさせるといえよう

93 :名無しの笛の踊り:2007/09/07(金) 03:17:15 ID:b9ZwO5rj
厨房時代は独自の個性に喜んで読んでたが、もう30代にもなると独断と偏見と稚拙さが目について飽きてきた。
しかも周りがちやほやするためか批評に不勉強さが目立つ。
往年の巨匠を中心に音楽を熱く語る大衆性は講談師の血が騒ぐのだろうが、日本の音楽評論の質に貢献したかは疑義があるといえよう。
もうそろそろ世代交代があっても良いし、レコ芸文化ももう歴史的使命を果たし、終焉するべき時期なのではないか。

94 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 09:01:27 ID:u6Vn79WJ
 かつての演奏(録音)と比較するのは良いけど、当時と今では感覚が違う
ことを考えていない。最近の例で言うと上岡かな。シューリヒトと比較されても
どうなんだろうか。一番迷惑なのか上岡自身だと思うけど。
  
 かつての迷文句「僕は輸入盤は聴かないから」かな。今は聴いているんでしょう
 

95 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 09:29:11 ID:lYqri9o4
>>93みたいなことは小林秀雄にも吉田秀和にも向けられてたのだがな。
世代交代しても事情は変わらないというか、
評論家・批評家がインチキ商売ってことだな。

96 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 10:09:43 ID:27i1gwNP
ぼくは輸入盤は聴かない。
国内盤のようなメーカーからのお布施がないからだ。
これでは聴く気にならないのも当然といえよう。

97 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 10:19:56 ID:vgGMtLwg
そのインチキさこそが批評の醍醐味なんだと思う。
資料等からきちんと証明できないことについて、いかに直感的に本質をつけるか
が勝負。それを質が低いと言ってしまえばそれまでだけど、
大方の音楽ファンが望んでいるのはそういう類の文章。

丸山真男が政治学の世界でなされる批判によく似ている。
神のように崇める人がいる一方で、
「日本の政治学の質に貢献したかは疑問」とする人も沢山いる。

98 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 15:07:13 ID:T4Qm8Sib
>>92
小泉の言葉は嘘ばかり

宇野の言葉は下品で知的レベルは低くても正直だ。

似て非なる2人。

99 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 16:16:44 ID:zc/RXNl6
内容を あまりにも断定的に書きすぎる。
宇野自身が、世界で一番と思い込んでいる傲慢が、赦せないのであろう。

100 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 16:30:42 ID:OlU1404G
正直? 一喝されて手のひら返し褒め

101 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 18:36:28 ID:M98qD1kr
>>91
>まさにどんぐりの背比べといえよう

メクソ、ハナクソを笑うでしょ?

102 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 18:37:46 ID:M98qD1kr
宇野の言葉は嘘ばかり

小泉の言葉は下品で知的レベルは低くても正直だ。

似て非なる2人。


103 :名無しの笛の踊り:2007/09/08(土) 22:02:25 ID:u6Vn79WJ
お布施で思い出したが、数年前のレコ芸で、年に何枚購入したかの問いに
5枚と正直といえば正直にお答えされていたが、これでは、新しいもの
に対する知識、見解を持つことができないと感じた。クナやシューリヒト
の域を超えることもできない低レベルおっさん、それを読むのもあほらしく
なるってものだ。

104 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 03:15:23 ID:waTGUB+h
小泉の言葉は嘘ばかり

宇野の言葉も嘘ばかり

極めて似てる2人

105 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 13:52:26 ID:eXgmoLZg
ウソ広報、無能荒呆、といえば言いすぎか。
いかがわしく下世話で自ら興奮し人も興奮させ煽るという意味では音楽評論界のみのもんたであるともいえよう。
熱烈な支持者がいるところや、特定の人(宇野→フルヴェン、ワルター、クナ、朝比奈。みの→安倍総理、老人)に対する贔屓が露骨に出るところも似ている。


106 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 14:12:14 ID:YfmxFIVq
小泉なんかよりむしろ細木に似ている
自分の好きなやつはとことん持ち上げて嫌いなやつはこきおろすとことか
占いや評論と称して好き勝手言うとことか

107 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 14:50:21 ID:S88rz1WK
宇野ってカラヤンがスポーツカー自分で運転して颯爽と演奏会場に
登場するのが気に食わないとか書いてたことあるけど、
あれって自分がスポーツカー乗り回してもカラヤンほど
カッコよくならないから僻んでるだけなんじゃねーの?

108 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 14:59:00 ID:kyG/DwQX
こいつを見ると筒井康隆の唯野教授の印象批評編を思い出す。

ばかがやる印象批評ほど見苦しいものはない。

109 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 15:51:14 ID:osgz/Q9v
スゴイ言われ方だなw

110 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 23:05:42 ID:CjuCQ93N
宇野推奨CDが、ユニオンにゴロゴロ転がってる。

111 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 23:12:58 ID:sk23Xu7M
ようやく新スレが立ったということは中毒患者は一人くらいで
必死にスレ維持してるということか

【珍】「いえよう」で1000まで辿り着くスレ2
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1189430062/
嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/




112 :名無しの笛の踊り:2007/09/10(月) 23:51:01 ID:/e/hkG+0
塔のあちこちに貼られてる「宇野功芳氏絶賛」のPOPがうざい。
「宇野珍ポーコー氏絶賛」に書き換えたい衝動に駆られる。

113 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 05:25:29 ID:Xn+QZFUP
珍ポーコーシール作って貼ってくるかなW

114 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 10:05:05 ID:0QUF1kQ4
80年代にアシュケナージのモーツァルト・ベートーヴェン・ラフマニノフを
レコ芸で褒めちぎって、アシュケのベト・ピアノコンチェルト(メータ指揮)
にレコード・バカデミー賞を与えたのは確か宇野なんだよな。
それが90年代になるといきなりアシュケをボロクソに言うようになる。
「ピアニストとしても指揮者としても巧言令色的だからキライ」とな。
恥を知る心ってものを持ってるのかこいつは?ポリドール(現ユニバーサル)
からいくらもらってたんだと勘繰りたくなってくるわ。
自民党の金権政治家なんかよりもこいつのほうがはるかに腐ってると思うわ。

115 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 13:03:45 ID:gl+OLK4O
>>107
いくら何をけなそうが
カラヤンみたいな人とは頭のてっぺんから足の爪先まで全てがあまりに違うんだから
人のライフスタイルにまでケチつけると惨め。

負け犬の遠吠えに見える。

だったらひとつひとつの演奏についてだけ述べていればよいと思う。
独自の評論力があるんだから。

116 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 13:40:10 ID:DhUGxKol
親父の弟子にあたる牧伸二はこの人のことを
坊ちゃんとか、若旦那とよぶのだろうか。

117 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 14:59:01 ID:/vYlY9wb
あーああやんなっちゃうね あーああ驚いた


118 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 15:43:12 ID:lH5S4Be3
嫌われてるとは思わないな。
馬鹿にされてるだけで、愛されてると思う

119 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 16:09:57 ID:gWNYx5fR
要はアンチ巨人にとっての巨人軍みたいなもんだろ
いなくなったら寂しいしつまらない、そんな存在


120 :名無しの笛の踊り:2007/09/11(火) 20:37:34 ID:/teb0BWv
>>115
宇野コーホーはカラヤンを軽蔑しているからね。

コーホーの崇拝する指揮者   クナ、フルヴェン、ワルター、マタチッチ、朝比奈とかいう爺様
コーホーの軽蔑する指揮者   カラヤン、トスカニーニ

121 :名無しの笛の踊り:2007/09/12(水) 07:56:07 ID:CS144692
トスカニー二のシリーズが出るとき販促の講演会やってたよ。

122 :名無しの笛の踊り:2007/09/12(水) 08:33:00 ID:6SHxuKSj
根はアバディアンと一緒なんだよね。
もちろんアバディアンよりは説得力あるけど。

123 :名無しの笛の踊り:2007/09/12(水) 17:54:48 ID:YRm0DJIO
宇野内閣発足へ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1189574192/
【珍】「いえよう」で1000まで辿り着くスレ2
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1189430062/
嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/



124 :名無しの笛の踊り:2007/09/12(水) 18:41:11 ID:LCn7tqIo
>>120
カラヤンの眼中には宇野の存在なんか無かっただろ。

125 :名無しの笛の踊り:2007/09/14(金) 02:14:10 ID:o661hgo5
極東の小国の評論家の光彩陸離たる主観的な批評など、余の眼中にはないといえよう。
-サイフガ・フォン・空やん

126 :名無しの笛の踊り:2007/09/14(金) 05:07:04 ID:ZQ//32bL
宇野内閣スレワロタ

127 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 12:43:12 ID:lnwNTbG2
宇野コーホーより神田うのの方がマシ

128 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 14:14:28 ID:ltjPN8nv
>>107

「カッコよすぎるカラヤン」のことを、
スタイリッシュさ優先の外面的な音楽、ととらえる人は宇野に限らず大勢いた。
カラヤンがスポーツカーや自家用ジェット機に乗ることを、
その音楽を象徴するものとして揶揄しているだけでしょう。

カラヤンの音楽を「資生堂のポスター」に例えてみせたのは巧かった。

その時代一番売れっ子のカメラマンが、最高の機材で、旬のモデルを撮影しても、
美術館に飾られることはない。あくまでも商業写真だからだ。
カラヤンが世界最高といえるベルリンフィル・ウィーンフィルを使って、
ベートーヴェンやブラームスを振ったCDを聴いても、なぜ胸に響いてこないのか、
これぐらい分かり易い例えは無いと思ったけどね、アッシは。


129 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 14:30:39 ID:Rll02EHJ
まだ中毒患者が居たのか...

130 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 15:18:30 ID:ltjPN8nv
>>129

別に音楽的に盲信しているわけではないよ。
ただ読み物として面白いし、こういうやり方があるっていうのを示したのも評価できる。
あとワルターがステレオ録音開始まで生きていた、と同じ様に
2ちゃんの時代に間に合った、っていうのも言えるかもね。

131 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 18:14:47 ID:/meIbboL
馬鹿?

132 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 18:28:55 ID:vgxAK2IE
むかーし、カラヤン&ベルリン・フィルが来日したとき「エロイカ」を聴いた。
当時は宇野さんの影響でフルトヴェングラーに夢中だったが、
目の前で繰り広げられるカラヤンのしなやかでしかも圧倒的な演奏に衝撃を受けた。
それ以来カラヤンの録音をつぶさに聴いてきたが
「評論家などに惑わされなければもっと早く聴いてたのに…」と後悔した。

宇野さんは魅力的な文章を書くが、自分にとってあくまで評論はガイドブックにすぎない。

133 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 18:44:09 ID:W8bCOVVE
宇野を嫌う奴だってオナヌーしてるだけだろ
そんなもんさ。クラオタなんて

134 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 19:00:22 ID:4tsZ1Kyr
>>134
君、オナヌーしないの?

135 :宇野珍ポーコー:2007/09/15(土) 19:56:05 ID:lFC2TfJ/
彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 )<だから皆で仲良くオナヌーするべえよといえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ 
( ヽつ゜ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

136 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 21:25:12 ID:J7f0e6uH
昨日のコンサートはどうだったんでしょうか?

137 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 22:02:59 ID:RQ3nRqIz
>>136
宮城と振り較べした「ハンガリー舞曲」…
「珍ポーコーの艶撫曲」ばりのトンデモ演奏。
宮城「参りました」
   「得難い経験をさせてもらいました」
朝岡「鮒寿司かクサヤのような…」

なお、今回と去年の「運命」を併せて来春にCDリリースとのこと。

138 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 22:08:28 ID:J7f0e6uH
>>137
ありがとうございます。
クサヤですか。。。
英雄もクサヤだったんでしょうね。

139 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 22:12:45 ID:RQ3nRqIz
宮城タンが
「僕は暗い曲が好き。ブラームス4番と『悲愴』が僕の宝」
と発言したことに対するコーホーさんの反応
「ああ、シューマン4番を含めてぼくの最も嫌いな曲だな」

会場大爆笑

140 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 22:21:51 ID:HKmS/T/c
うわー、聞き逃した。
昨日行こうと思えばいけたのになあ。
エロイカはどうだったの?
以前よりも形を崩さないような演奏を心がけてるみたいなこと言ってたような気がするけど。
それとも真性日協の珍演と大差なし?

141 :名無しの笛の踊り:2007/09/16(日) 11:24:55 ID:8htXk2Dg
>>128>>130

142 :名無しの笛の踊り:2007/09/16(日) 16:14:24 ID:4/Q/wu8o
dat落ち: 【15中年】宇野珍宝興業15【漂流記】 77 07/07/24 16:11  
dat落ち: USO(Unochinpoko Symphony Orchestra)3 43 07/08/13 08:25    
dat落ち: 【珍ポーコー】レコード芸術part.4【キモイ表紙】 222 07/09/14 08:30    
dat落ち: 【放屁】宇野珍宝興業16【硫黄の芳り】 14 07/08/29 18:13  
ddat落ち: 【珍】「いえよう」で1000まで辿り着くスレ2 15 07/09/12 19:51  


143 :名無しの笛の踊り:2007/09/17(月) 04:54:47 ID:sZOUjDRj
【珍ポーコー】レコード芸術part.4【キモイ表紙】
が、スレタイに「珍ポーコ」と入れただけの為に、落とされたのには笑える。

144 :名無しの笛の踊り:2007/09/18(火) 05:08:52 ID:gi1YjS/T
レコ芸にUNOある限り日本の音楽評論は旧石器時代と変わらないといえよう。


145 :名無しの笛の踊り:2007/09/18(火) 09:57:58 ID:DNvZj4hM
宇野たんの独断の強い攻撃的な言い方は、
あまりいいとは思えないけれど、
刺激的で面白く、感化力も強い。
今の社会こういうタイプが強いんじゃね?
極端だけどわかりやすいキャッチフレーズや図式で国民を味方に付ける小泉とか、
オタク受けするパフォーマンスのできる麻生とか。

ある種のねらーは人に対して尊大で強烈な態度を
とりたいという願望が強いけれど、音楽の好みはともかく宇野と親和性がありそう。

146 :名無しの笛の踊り:2007/09/18(火) 14:22:03 ID:Esd3Arhp
秀和との対談を待ちわびているのだが。

147 :名無しの笛の踊り:2007/09/18(火) 14:51:11 ID:7MCgPkQS
何でお前等そんなに必至やねん
一般人は誰も宇野なんてしらんだろ

148 :名無しの笛の踊り:2007/09/19(水) 13:27:27 ID:uphpKRvL
対談は実現するのかな?格の違いを感じるのだが。

149 :名無しの笛の踊り:2007/09/20(木) 10:09:54 ID:CYx8exSI
僕は演奏家で漫談家で評論家。当然、格上に決まっていよう。

150 :名無しの笛の踊り:2007/09/20(木) 20:16:47 ID:1se9oeI4
宇野先生は11月24日(土)大阪いずみホールでベートーヴェン第9を
振ります。オケはアンサンブルSakura. 「アッと驚く新解釈!唖然とする
仕掛けが待っている!!宇野功芳の第九これでもか!?」という
コピーが踊っています。誰か聴きに行って感想を聞かせて。
前売5,000円也。

151 :名無しの笛の踊り:2007/09/20(木) 22:17:37 ID:UDWyPxxL
諸井誠とは対談しないの?

152 :名無しの笛の踊り:2007/09/20(木) 23:56:31 ID:3IuQjnOq
>>151
>諸井誠とは対談しないの?

犬猿の仲だよ

153 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 00:35:49 ID:Tu6uHNdu
諸井はかつて、宇野指揮のブル4のCDの月評で
「世の中には自分とこんなにも考えが違う人間が存在するのか」
「ドン・キホーテ的誇大妄想狂」
「団員にとっては地獄のような時間だったに違いない」
などと酷評していたね。


154 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 05:42:02 ID:88K6qfvt

一度だけ本当の恋がありまして南天の実が知っております

155 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 06:36:37 ID:LmvQaJ2D
ウワッ〜宇野指揮のブル4 聴きたくなってきたw

地獄のブルックナー 誰か感想お願いします!

156 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 09:47:57 ID:ddRAYhaQ
人間として犬猿の仲というのと評論家として考え方が全く違うというのは別次元の
話だと思うのだが、日本では両者が混同されてしまうところに問題があるのだろう。

世の中の大半の人はクラシック音楽を聞かないし、ましてやブルックナーを聞いたり
演奏したりする日本人というのは稀少なわけだから、宇野氏と諸井氏の考え方の違い
というのもクラシック音楽の外部から見ればほとんど無いに等しいのかもしれない。

さて、今月は宇野、コバケン、バレボ、下野とエロイカ続きだが軍配は誰に上がる
のか。

157 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 10:14:43 ID:5P/S4jtH
宇野← こんなもんを混ぜるな

158 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 14:00:47 ID:f5ny6Cbx
ブルックナー4番のベストCDに自分が指揮したCDをあげる
宇野の図々しさというか自惚れの凄さにはもう言葉がない。

159 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 20:23:46 ID:mfNRPEck
自分が指揮したベートーヴェン第9のCDの帯に
「バイロイトのフルトヴェングラー以来最高の名演」と
レコード会社に書かせる宇野の図々しさというか自惚れの凄さには
もう言葉がない。

160 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 20:30:35 ID:DvwRQmvk
>>1
糞スレ勝手に立てて
直ぐに潰すから

161 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 21:42:58 ID:jIOMXBwT
アバドと同じ穴のムジナ

162 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 21:55:45 ID:mKcF/p2H
少なくとも2ちゃんねるでは大人気

163 :名無しの笛の踊り:2007/09/22(土) 05:08:35 ID:1zKEjxLQ
大人気って、叩かれてるだけだろw

164 :名無しの笛の踊り:2007/09/22(土) 13:46:30 ID:RHI7/Udc
宇野工作員乙

165 :名無しの笛の踊り:2007/09/22(土) 14:12:40 ID:OtlFPkrj
【オナニ〜♪】宇野珍宝興業17【イイナ〜♪】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1190435132/

嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/
宇野内閣発足へ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1189574192/


166 :名無しの笛の踊り:2007/09/22(土) 15:37:25 ID:rg62yZy4
こいつブラ、チャイコを暗杉とか言ってる割にマーラーの鬱交響曲は好きなんだよな

167 :名無しの笛の踊り:2007/09/23(日) 00:17:20 ID:xNwyz0Z5
マラも「大地の歌」以外はあまり好きでないみたいだよ。
2,5,8番などは分裂していて何が言いたいのかさっぱりわからないといっているし。


168 :宇野珍ポーコー:2007/09/23(日) 00:27:59 ID:FujkEXLX
彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 )<だが「巨珍」と4、6、7、9は大好きだといえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ 
( ヽつ゜ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)


169 :宇野珍ポーコー:2007/09/23(日) 00:29:18 ID:szRnNq9c
          彡≡≡ミ
         ω□-□ω
     __  ( 皿 )  __      <ぼくという人間を知りたければ「大地の歌」の第1楽章を聴け!といえよう。
〔ノ二二,___       __,二二ヽ〕
 |:::::::::::::::::::::::::::ヽ ゜ ゜ /::::::::::::::::::::::::::/
  〉::::::::: :::::::::::::〉 ・ 〈:::::::::::::: ::::::::〈    
 |:::::::::::::::::::::::::/  つ  ヽ::::::::::::::::::::::/  
  〔:::::::::::::::::::::/  ωヽ  ヽ::::::::::::::::::|
  ヽ:::::::::::::::::/ /::::::::::::\ ):::::::::::::::::::ゝ
  ノ:::::::::::::::::::| |_〜─〜-| |〜〜〜/

170 :名無しの笛の踊り:2007/09/23(日) 00:33:49 ID:wLlT6itI
>>169
聞いたがあんたと何の関係があるんだ?

171 :宇野珍ポーコー:2007/09/23(日) 00:43:09 ID:5HxmLrFA
彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 )<ぼくの巨珍はマーラーと同様、死への恐怖におののいているのだといえよう。ハアハア
人 Y / プルプル 
( ヽつ゜ ムクムク
(_ω_)

172 :テリ造 ◆taIZZWMjp. :2007/09/23(日) 06:05:03 ID:zwOr8K/v
彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 )<ブリテンの精神性は素晴らしくウンコしておくといえよう。
人 Y / ブリリブリ 
( ヽ〓〓〓〓〓〓つ゜ツーーーン
(_ω_)
      λ
     (_)
    (___)
   (_____)
  ブリブリブリテンブリリ プゥ~

173 :名無しの笛の踊り:2007/09/23(日) 08:49:06 ID:gx6MCOpZ
マーラーは9番と大地の歌が好きらしい。
誰の指揮か忘れたけど大地の歌ライナーノートの訳詩宇野さんだった。

174 :宇野珍ポ-コ-:2007/09/23(日) 10:14:04 ID:bfY+tQ/K
彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 )<マーラー9番と大地の歌は精神性に溢れた傑作だといえよう
人 Y / シコシコ  ワルターが好きなだけだとは言ってほしくない。ハァハァ
( ヽつ゜ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)


175 :名無しの笛の踊り:2007/09/24(月) 15:18:31 ID:KE1z+k7S
     ●-、
    r´ - ●    
     ` =='\      
      |    ヽ      
      UUてノ

176 :名無しの笛の踊り:2007/09/25(火) 09:55:19 ID:7/Tltjcf
宇野氏を嫌う人が多い理由はただ一つ。
本当のことしか書かないから。



177 :名無しの笛の踊り:2007/09/25(火) 10:10:20 ID:tqDTy+tW
コーホーはマーラーを嫌ってたんじゃなかったっけ?  以前、ぼくはマーラーよりも
ブルックナーのほうが酔えるって言っていたぞ、なんでもあの自然さがいい、と言っていた。

178 :名無しの笛の踊り:2007/09/25(火) 10:48:39 ID:fYoINkKy
あの人が好きなのはモツとブル。
嫌いなのはブラとチャイコ。

179 :名無しの笛の踊り:2007/09/25(火) 19:11:26 ID:aIrdK2oY
ブラとか性格についても貶してたね

180 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 16:21:43 ID:uYPqZphL
只野気分屋

181 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 17:54:23 ID:aIoNH4Xx
60年代、70年代の宇野が書いた文章を引き合いに出して今の宇野の毀誉褒貶ぶりを
批判するのは愚の骨頂。演奏家や小説家だって作風や問題意識が変化していくのに、
批評家だけが例外なんてことはない。

宇野を批判する人には、批評家を信頼し過ぎている、自分の判断に自信がない人が
多いんだよ。

182 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 18:08:28 ID:4VnK0puh
要はアバドと同じだろ

183 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 20:00:11 ID:xuhqGkAG
フルヴェンやらワルターやらムラヴィンスキーやら、
相変わらずの推薦盤が多数を占める中、
一部だけ新しいものが入るところが良くない。
たまたま耳にしたもので気に入ったものだけを適当に入れているように見える。

意識が変化していくのが悪いんじゃなく、
昔の意識で書いたものと今の意識で書いたものとが
入り混じっている本を出しちゃうのが問題なんだよ。
そういう仕事を「現在の問題意識」による仕事と言えるか、ということ。
変化しているならしているで、どう変化しているかを見せるのも、
演奏家や小説家、そして批評家の芸のうちだと思う。

もっとも年寄りだけに、意識というより聴力やリズム感が変わった
ということは大きいかもしれないが。

184 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 20:33:06 ID:ijS7v5vo
http://mitleid.cool.ne.jp/uno-.htm
↑宇野はすごい。

185 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 23:31:11 ID:aIoNH4Xx
宇野氏はどの時代でも自分がいいと思ったものを素直に絶賛しているだけだよ。
今はフルヴェン、ムラヴィン、クナらに並んでラトルや上岡やミッコを評価している
ということ。19世紀生まれの指揮者と21世紀間近に生まれた指揮者を同一線上に
並べるのも、いいものはいい、悪いものは悪いという自己の信条に素直に従っている
だけ。
評論家はどんな本を出したっていい。それは評論家の権利。
気に入らなければ買わなければいい。いくら批判しても良い。
それは音楽の素人である音楽ファンの権利。


186 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 23:49:41 ID:TIAPHQEU
>>185みたいなのが宇野信者の典型だなw

187 :名無しの笛の踊り:2007/09/26(水) 23:55:34 ID:XFVftKfG
>>185
好き勝手やるだけの人間が評論家を名乗ってるのがそもそもどうなのかと

188 :名無しの笛の踊り:2007/09/27(木) 00:37:56 ID:9Spm2xiK
ともかく感性古すぎ。

ああいうのが好きな連中用の評論文。

189 :名無しの笛の踊り:2007/09/27(木) 00:52:15 ID:K0x4TUTm
>>185
>いいものはいい、悪いものは悪い

あほw
そんなもの、「評論」ではない。

190 :名無しの笛の踊り:2007/09/27(木) 05:07:08 ID:+VnRcurh
ほめるにせよ、けなすにせよ、作る側の気持ちへの
想像力が欠けているから趣味の延長でしかない。
しかしそのお気楽さがたまに面白味になってる…ってとこかな。

191 :名無しの笛の踊り:2007/09/27(木) 05:28:09 ID:aGXmqgeZ
>>185
こんな信者どもが宇野本を買うから、増長するんだよな。

192 :名無しの笛の踊り:2007/09/27(木) 21:58:56 ID:mJopIQCm
宇野か。俺も20年くらい前は面白がって読んでいたよ。
様々な「名盤」を廉価で気軽に聞け、その評価に関する
多様な情報をネットで簡単に得られる今となっては、
あの口上に感化される方がむしろおかしいだろう。

193 :名無しの笛の踊り:2007/09/28(金) 03:07:25 ID:G7UXHbLa
厨房時代は宇野から入り、大人になり宇野から卒業。そういうものだ。

194 :名無しの笛の踊り:2007/09/28(金) 08:36:10 ID:MB127LB7
>>192,>>193 全くだ。至言だ。必ずしもウノから入るわけではないが。

195 :名無しの笛の踊り:2007/09/28(金) 23:08:08 ID:ylnow1lN
大人になっても卒業できないレコ芸信者はどうなるの
もしかして彼らは毎月投書オナニーしてる位だからまだ子供なのか

196 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 10:00:15 ID:dZGAnY/a
     
ピュ.ー ( □皿□) <これからもぼくを応援してほしいといえよう
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎



197 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 14:24:59 ID:8BZjRYC8
評論なんて、はすに構えて笑い、同感と思うところはうなづく、その程度のもの。
聞き方をしらないうちは羅針盤にするが、卒業したら参考にしかならない。
宇野をはじめ、日本の音楽評論は多くは不勉強で、言葉や精神が貧困だ。

198 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 14:40:34 ID:R075rKIg
宇野もこのスレを見ているといえよう

199 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 14:45:36 ID:F/suOdGF
正直ウノは賞味期限切れで腐乱してるぞ
あれの演奏も聴こうという中毒患者だけ相手にしてくれればいい
いろんなとこのゲストだの評者はもういらん

200 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 15:07:34 ID:8s9fNBQH
ショスタコ演奏における最近のバルシャイへの傾倒ぶりがおかしくてしかたがない。
以前はマンセーしてたザンデルリングやラトルも省く徹底ぶりだ。

頼むからコンドラシンくらい聞いてくれ

201 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 15:34:29 ID:HlaLwSYC
宇野先生が指揮する「革命」聞きたい。

202 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 17:30:22 ID:yxCK82R7
宇野が嫌いなら徹底的に無視すればいいのにねえ。
反応するからいけないんだよ。
バカだねえ。

203 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 20:09:36 ID:8s9fNBQH
>>202
やっぱ奴のことは、みんななんだかんだ言って気になるんだよ。

204 :名無しの笛の踊り:2007/09/29(土) 21:12:10 ID:wXZhdT3J
>>201
革命いうなw

205 :名無しの笛の踊り:2007/09/30(日) 12:59:37 ID:VEzGMovm
好きだけど嫌い。嫌いだけど好き。なのか?
あるいは、2chの中国みたいに 共通の敵にして、盛り上がるネタなのか?
クラオタには、不思議な存在である。こういう存在は他にないといえよう。

206 :名無しの笛の踊り:2007/09/30(日) 18:32:18 ID:6MOtEfSq
>>205
宇野を叩いているヤツは、クラシックに目覚めた子供(中学生、高校生)の頃に
一度宇野の洗礼を受けてるんだよ。
講談社から出ている宇野の本を読み込み、クラシックの真理を知ったつもりになった。
「あぁワルターか、クナか、ハイドシェックか。ショルティ、カラヤン、アバドを聴くヤツは馬鹿だね」
純粋無垢で無知な子供だったから100%受け入れた。この辺はガキだから仕方ないw

大人になってとんだインチキ野郎だと知り、今度は逆に憎悪することになったってワケ。
「畜生、騙された!」って。騙されたのはガキで無知だった自分が悪いのだが、この辺は八つ当たり気味。
宇野に限らず良くあるでしょ、こういうケース。

俺がそうなんだがw

207 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 15:29:17 ID:5dVixLl6
日本の音楽評論家上位十傑
1.高辻知義
2.皆川達夫
3.金沢正剛
4.高橋昭
5.浅里公三
6.野本由紀夫
7.喜多尾道冬
8.石川浩
9.三宅幸夫
10.道下京子

208 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 19:50:11 ID:sQa1brWT
ウェルザーメストのあとにヨッフムを聞いて無印になったようです

209 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 20:17:14 ID:Gkd9FkOm
>>206
オレもそうです。厨房のとき宇野の言葉が真理だと思ってた時期あったw
宇野の評論鵜呑みにして「フルヴェンはベトは最高だが、ブルックナーは4番以外は
あまり良くないんだな」とかねw
貴方のカキコはある意味結論ですよ。スレタイへの名解等。

210 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 20:50:37 ID:J/YeVpIm
207は馬鹿?阿呆?白痴?

211 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 21:51:23 ID:LBBiy4yb
>>209
解答だろ、阿呆

212 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 22:16:30 ID:+dxNgU5A
俺は幸い宇野が叩いてる指揮者が気に入ってたから信者にならずに済んだ

213 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 22:41:17 ID:6GYkVVWF
>>211
>解答だろ、阿呆

高辻、皆川、三宅以外はどうもならん連中だと思うが
宇野といい勝負の評論家という意味か?

214 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 22:48:29 ID:AUwCOvWM
俺は信者だけど、さすがに終ったかな?と思う。


215 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 22:55:02 ID:OgR2nFWr
2007年10月号 
音楽の友 63ページ
日本のオーケストラ界ににぞむ(東条碩夫)
最も経営の安定しているはずの、しかも放送局所属の
N響が、レパートリー開拓において定期公演では全くの
後ろ向きであることは、放送交響楽団としての責任を
果たしていないといわれても仕方あるまい。
デュトワ時代にはきわめて前向きだったけれど
その後は全く低調になった。
保守的な高年齢層の定期会員が大部分を占めるという
こともあるのだろうが、スタンダードな名曲路線ばかりに
安住していては、クラシック音楽の将来にかかわる問題も
生じるだろう。ブランドの力は絶大だし、楽員の技量も抜群ではあるが
演奏に心がこもっているかというと必ずしもそうではない、という
状況もある。本当の聴衆は、技術には多少及ばぬものがあっても
真摯に音楽するというオーケストラの方を、最終的には
選ぶものである。


216 :名無しの笛の踊り:2007/10/01(月) 23:47:44 ID:gzhHCDv5
宇能鴻一郎なのだが。宇野、ではなく。

217 :名無しの笛の踊り:2007/10/02(火) 09:33:48 ID:SUQ0DRtE
宇野自身、自分がけなした演奏を別の観点から評価してくれる批評家や、自分が
絶賛した演奏家を別の観点から批判してくれる批評家を望ましいと思っていることは事実。
ショルティを非常に高く評価するネコケン、フルヴェンを最低だと位置付ける福島、
小澤を高く評価する平野、大のコバケン嫌いの東条などを信頼しているのは確か。


218 :名無しの笛の踊り:2007/10/02(火) 09:39:40 ID:GBJsBvuw
自分はまともに演奏できないのに
人のことは、ボロクソに言うから嫌われるのね。

219 :名無しの笛の踊り:2007/10/02(火) 11:22:43 ID:fkUCedqd
>>211
>>209
> 解答だろ、阿呆

回答だ、馬鹿

220 :名無しの笛の踊り:2007/10/02(火) 13:23:18 ID:u4bSw28M
>>217
平野は全く信頼してないんじゃないの

221 :名無しの笛の踊り:2007/10/02(火) 16:20:34 ID:YnXvdEXQ
>>219

解党だ、阿呆

222 :名無しの笛の踊り:2007/10/03(水) 00:11:31 ID:NQrRTP4P
>>221
怪盗だ、ルパン

223 :名無しの笛の踊り:2007/10/03(水) 01:21:57 ID:lrKHbONR
>>206
   r―-、r-、
  彡彡彡i川ミヽ
 彡彡   ヾミヽ   ___________________
 ミ" 二_ニ_二 ヽミi /
 ミ__ __ ミミ|  
 f =・=H=・=~iー6)  いいね。これにつけ加えることは何一つないといえよう
 ヾ__ノヽ_ノ 川   
  | -ム-、  ノ   \__________________
  ヽ rrrrr>  /
  ヽ ̄ ̄、ヽ_ノ
   >――-´>\
   人___/ / ̄
  /レ<-()-入 /

  宇野功芳(日本)
   1930-2007

224 :名無しの笛の踊り:2007/10/03(水) 04:33:49 ID:JJFLNSt3
何で洗礼を受けたのに60代無職は宇野を崇めてるの

225 :名無しの笛の踊り:2007/10/03(水) 16:19:05 ID:qX/vZcWq
>>226
>>223
要するに共産主義みたいなもんかW

226 :名無しの笛の踊り:2007/10/03(水) 16:19:54 ID:qX/vZcWq
>>206

227 :名無しの笛の踊り:2007/10/03(水) 17:30:53 ID:C6ftjMTt
>>223
「1930-2007」って、コーホー先生死んだの?
それはご冥福を…。

228 :名無しの笛の踊り:2007/10/03(水) 22:39:49 ID:1Or/BLDu
>>224

>>225のいうとおり。
世間知らずのガキならともかく、60過ぎて共産主義を掲げてるジジィはただの馬鹿でしょ。それと同じw

229 :名無しの笛の踊り:2007/10/04(木) 08:46:59 ID:MawF5Ec7
内閣退陣データ落ち
嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/
【オナニ〜♪】宇野珍宝興業17【イイナ〜♪】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1190435132/


230 :名無しの笛の踊り:2007/10/05(金) 00:29:10 ID:BVG9WZcE
いえようの反対って何

231 :名無しの笛の踊り:2007/10/05(金) 00:53:09 ID:gpSjUgy4
>>230
いえまい

232 :名無しの笛の踊り:2007/10/05(金) 08:12:23 ID:DREH2AQz
光彩陸離の反対は?

233 :救世主:2007/10/05(金) 08:21:15 ID:QWmoTnr5
みんなに伝えたい
まず働くこと
そして次に遊ぶこと
友達や恋人と
いつまでも引きこもってばかりじゃいけないよ
キミたちの親は泣いているじゃないか

234 :名無しの笛の踊り:2007/10/05(金) 10:07:00 ID:TgVuxeKX
宇野も、インターネットの登場でこうした掲示板で、一般人が自由に
発言できるようになる時代が来ることを予知していれば、もっと
自分の発言に気を付けていただろうな。


235 :名無しの笛の踊り:2007/10/05(金) 11:58:38 ID:y2z4xZyB
なるほど…。

236 :名無しの笛の踊り:2007/10/05(金) 12:59:41 ID:eO7vv+LG
リアルコーホーは自分が珍ポーコーと呼ばれていることなど知らないんだろうな。

237 :名無しの笛の踊り:2007/10/05(金) 20:26:01 ID:0xnXnSMe
なんやかや言ったって
売れっ子だから嫌われてるんでしょ。
本人は全く意に介せず。

238 :名無しの笛の踊り:2007/10/06(土) 01:01:50 ID:gR2AfDBc
売れっ子だってさw

239 :名無しの笛の踊り:2007/10/06(土) 09:55:52 ID:z5Sy3cqQ
売れっ子、売れっ子

240 :名無しの笛の踊り:2007/10/06(土) 10:36:14 ID:TeLKIEmA
売れ残りの熟爺

241 :名無しの笛の踊り:2007/10/06(土) 11:02:53 ID:M5xB1qvZ
URECCO

242 :名無しの笛の踊り:2007/10/06(土) 20:52:55 ID:HQdsUGWe
   r―-、r-、
  彡彡彡i川ミヽ
 彡彡   ヾミヽ
 ミ" 二_ニ_二 ヽミi
 ミ__ __ ミミ|
 f =・=H=・=~iー6)
 ヾ__ノヽ_ノ 川
  | -ム-、  ノ
  ヽ rrrrr>  /
  ヽ ̄ ̄、ヽ_ノ
   >――-´>\
   人___/ / ̄
  /レ<-()-入 /

ウレッコ・ダ・トイェヨー[Urecco da Toieyaugh]
   (1930〜2007 イタリア)

243 :名無しの笛の踊り:2007/10/06(土) 21:11:01 ID:qmbtej2e
URECCO
http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&keywords=URECCO&index=blended&page=1

244 :名無しの笛の踊り:2007/10/06(土) 23:13:17 ID:UGeqjFfi
>>234
「自分の発言に気を付け」る会長って…w

「僕」→「私」
「いえよう」→「であろう」
「チャーミング」→「魅力的」
「知らなかったとは言ってほしくない」→削除
「美しさの極み」→「美しい」

245 :名無しの笛の踊り:2007/10/07(日) 03:11:29 ID:9+i+jVA8
70過ぎの評論家に対して「売れっ子」なんていう言葉を使うなんて…
言語感覚に乏しい馬鹿が宇野の信者なんだなw

246 :名無しの笛の踊り:2007/10/07(日) 14:27:49 ID:vjT6ByY3
>>245
宇野信者ってのはバカだから、言葉の使い方が偏るんだよw

247 :名無しの笛の踊り:2007/10/07(日) 21:44:53 ID:X10lQBrI
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2636193/ref=wish_r_2
カラヤソのベト全を本人が貶している件

248 :名無しの笛の踊り:2007/10/08(月) 00:39:26 ID:k19wuH79
>>247
ワロタ
HMVもなぜこんなのを載せるんだw
しかし良いのが出るね。ベト全はいろいろ持ってるけど何故かカラヤンのだけは
まだ持ってないんだよな。70年代のならパワフルで良いだろうね。

249 :名無しの笛の踊り:2007/10/08(月) 15:00:14 ID:tDwBKOZU
チャーミングの極みといえよう

250 :名無しの笛の踊り:2007/10/08(月) 16:46:40 ID:4tuSrOeq
アンチ宇野は宇野を意識して愚痴を垂らしまくっている時点で宇野に負けている。

宇野が嫌いなら無視するのが一番だという事にいい加減気付け。
反応があればあるほど宇野も宇野ファンも喜んでいるんだぞ。
空気読めないからもてないんだぞ。

251 :名無しの笛の踊り:2007/10/08(月) 20:30:25 ID:B0XjmA5A
>>250
>アンチ宇野は宇野を意識して愚痴を垂らしまくっている時点で宇野に負けている。
>宇野が嫌いなら無視するのが一番だという事にいい加減気付け。

批判精神を持つなってことか?
なら評論家もいらないねw

252 :名無しの笛の踊り:2007/10/09(火) 03:03:06 ID:tKPu9hmb
>>250
定期儲キター

253 :名無しの笛の踊り:2007/10/09(火) 04:02:37 ID:gx/tlKNh
>>247
これ、本当に本人の書き込みか? そもそもあの人、東京都在住だったっけか?
カラヤンのベト全は、60年代の方がいい→2・3・5.・6・7
             70年代の方がいい→1・8・9

これ、あくまでの俺の個人的な好みね。80年代の録音は一つも聴いてないなんだな。
黒田恭一さんはなんと言っていたんだろう…。

254 :名無しの笛の踊り:2007/10/09(火) 09:31:13 ID:C5d0mwPZ
批判精神の意味を取り違えている会社員がいるから困る。

255 :名無しの笛の踊り:2007/10/09(火) 18:58:11 ID:uJ51zDfL
>>253
ネタに決まってるだろw

256 :名無しの笛の踊り:2007/10/10(水) 05:22:35 ID:8oRb4FgV
>>253
お前の好みと>>247に何の関係が

257 :名無しの笛の踊り:2007/10/12(金) 11:23:18 ID:n3aFbYdi
宇野は共産主義みたいなもんてまさにその通りだな。
至言ですわ。
ナベツネや谷沢永一が共産主義をクソミソに言うのはテメェも昔信者だったから。
今宇野の悪口言ってる奴らも(以下略)

258 :名無しの笛の踊り:2007/10/12(金) 17:06:24 ID:U9P+nrF9
彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 )<言い得て妙といえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ 
( ヽつ゜ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

259 :名無しの笛の踊り:2007/10/12(金) 17:09:31 ID:yWxqOhP2
宇野の悪口が大きい過ぎだから、亀田大Oらしい。


260 :名無しの笛の踊り:2007/10/12(金) 17:10:49 ID:yWxqOhP2
ちゃうか、サッチ婆ちゃんらしい(笑)

261 :名無しの笛の踊り:2007/10/13(土) 10:19:06 ID:uLvmjP5/
宇野から入り宇野を卒業するのがクラオタ野郎の一つのキャリアになっているといえよう。
知らなかったとはイってほしくない。光彩陸離とした神田宇野はチャーミングの極み、いや悪趣味の極みといえよう。

262 :名無しの笛の踊り:2007/10/13(土) 22:57:48 ID:+aXVEPxR
,-======-、
 |n_j_ij__j__ji_j|
 ω□-□ω
  ( 皿 ) 
  ,ノ゙゙゙゙゙ハヽ、 いえよう
  `〜ェ-ェー'


263 :名無しの笛の踊り:2007/10/16(火) 15:45:12 ID:qszFFLar
宇野功芳って国立音大だった?
「過去類例を見ない成績の悪い学生であったであろう」

264 :名無しの笛の踊り:2007/10/16(火) 15:54:22 ID:Rse//w8F
あまりに成績が良いので海老沢さんが
是非教えたいとか言ったらしい

265 :名無しの笛の踊り:2007/10/16(火) 16:17:42 ID:kO1dglpJ
アッと驚くしかけの第九
足元から噴水があがってちん功芳が
宙に舞うとかかい。
ユーミソの真似は止せだ。
しょうもないギミックはいらないから
演奏に集中すべきと思う。

266 :名無しの笛の踊り:2007/10/16(火) 17:43:45 ID:/35QHVUV
>>264
>あまりに成績が良いので海老沢さんが
>是非教えたいとか言ったらしい

海老沢でなくアリマだとか

でもそんな嘘っぱちをよく白々しく書けるもんだ

267 :名無しの笛の踊り:2007/10/16(火) 17:47:51 ID:/35QHVUV
あと亡くなった松村禎三にもあまりにも聴音がよく出来るので
宇野さんは芸大の楽理に入れると太鼓判を押されたと自慢してたなW

268 :名無しの笛の踊り:2007/10/16(火) 21:23:06 ID:jbWL9hJA
で、あの演奏、あの評論かよ。
バロス

269 :名無しの笛の踊り:2007/10/16(火) 21:55:55 ID:g1UNiBxR
宇野功芳が大嫌いです。まだ新興インチキ宗教の教祖の方が可愛い。

270 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 10:48:14 ID:0EFW/DBK
俺も嫌いだからこのスレに初めて来た。自分の耳が最高だと思うのもええ加減にしろ。
レコ芸の批評辞めて欲しい。小石忠雄も好きじゃ無いので、参考にならへん。

271 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 12:18:14 ID:O5KjE5UZ
>>270 全く同意だ。

272 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 15:22:44 ID:SdH2a9W7
小石はインバルのマーラーにレコード・バカデミー賞与えたA級戦犯。

レコ芸新譜月評交響曲担当が小石と宇野って最悪のコンビだよな。

ネットはこいつらのインチキぶりを白日の下に晒してくれた。


273 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 15:59:27 ID:vmJ3CSb9
あの二人もうすぐ八十でしょ。もうすぐいなくなるんだから、気長に待ちましょう。

274 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 17:20:48 ID:/D4r4a2z
今、レコ芸のレギュラー評論家は誰が存命しているんだ? 俺が知ってる限り
村田武雄、志鳥栄八郎、門馬直美、佐川吉男、畑中良輔、高崎保男、小林利之
福永陽一郎、福原信夫、宇野コーホー、出谷啓、大木正興などだが。


275 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 17:23:54 ID:3Ix+OiTr
>>272
えっ、インバルのマーラーって、そんなにダメ?
俺、けっこう好きなんだけどな…。

276 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 17:29:07 ID:VxrMVfiC
インバルのマーラーは問題なしだろうぞ!

277 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 21:09:17 ID:RQ79i1Sy
早く宇野先生のプレトニョフベト全の評を読みたいな

278 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 21:41:46 ID:g4p/OMtw
>>273
後任には、レコ芸の新帝王=諸石大先生が最有力とか。

279 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 22:00:50 ID:eD93LR3b
諸星はトスカニーニに異常に入れ込んでるから心配だw
世界最高のオーケストラはNBC交響楽団だと信じている。

280 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 22:06:23 ID:XqpxarMc
志鳥ってまだ生きてんの?

281 :名無しの笛の踊り:2007/10/17(水) 22:18:33 ID:cplAgMLe
コーホー先生はベト全集を早く出して欲しい

282 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 01:09:18 ID:y3OCg0ak
えーっ、諸石なんか宇野以上にあてにならん。

283 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 11:05:22 ID:KVTVv8+O
そんなわかりきったことをいまさら

284 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 15:14:10 ID:Z+vTptt5
大木正興はとっくになくなっているよ。大木正純じゃないの?
ほかにも亡くなってる人が多すぎ。

285 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 15:24:18 ID:ninDHzy1
大丈夫、コーホーの推薦本だよ!

286 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 18:03:16 ID:SQDRaS6C
宇野先生を全面的に信用したらTOTOが当たりました

287 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 18:09:31 ID:1pHytNe7
便器に顔でも、ぶつけたんか?

288 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 18:10:36 ID:SQDRaS6C
えっ、あの抽選に申し込みしなかったんですか?
もったいないことをしましたね…

289 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 19:28:35 ID:TcexmSkB
宇野ってもう八十近いでしょ。小石は宇野より年上。もう引退だよ。
もともと音楽を理解する力がない二人の批評はちっとも説得力がないよ。

290 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 20:27:28 ID:0XtUZvPs
宇野って誰?

291 :名無しの笛の踊り:2007/10/18(木) 21:03:14 ID:1pHytNe7
重吉

292 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 08:06:35 ID:hgoKSn+3
千代

293 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 08:59:12 ID:xPjYW45C
信者宇野

294 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 11:47:51 ID:5lMHfJyZ
宇野はレコ芸で駄演評価。小石は凡演評価。これで参考になると思うか?
多少評価出来るのは、素人のデーヤン。

295 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 12:16:24 ID:qerqi/NZ
逆説的に

296 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 12:35:24 ID:21A8MAIF
「・・・速いテンポになる変わり方があまりといえば不自然。不自然といえば
 その極みが第2主題への移行部におけるめちゃくちゃな加速! 誰しも首を
 傾げ、あるいは大笑いし、あるいは腹を立てるだろう・・・そのアンチテー
 ゼがこんなにも珍妙な表現ではどうしようもない」

レコ芸のプレトニョフのベト全に対する月評の一部だが、

   お ま え が 言 う な

だよな。

コイツ、自分の演奏聴いたことあんのか?

297 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 19:15:58 ID:zGu6Ucm6
>>296
禿げしく同意
珍妙な表現っておまえのことだろうがww

298 :名無しの笛の踊り:2007/10/19(金) 21:34:13 ID:WoEXAjOh
>>296
基地外はテメエを基地外と認めないものさ。仕方ないから酔っ払いは放置汁。

299 :名無しの笛の踊り:2007/10/22(月) 20:32:19 ID:lUUadhT2
フルトヴェングラーの再来

300 :名無しの笛の踊り:2007/10/22(月) 21:14:26 ID:Cke8mYEk
《未来のシューリヒト》として、ぼくがいま最も期待する若手、上岡敏之。
http://img.hmv.co.jp/image/jacket/190/26/1/8/939.jpg

301 :名無しの笛の踊り:2007/10/22(月) 21:15:06 ID:Cke8mYEk
 上岡は第二のシューリヒトである、と書いた。つまり速いテンポで淡々と進めながら薄味にならず、
随所に名人芸がかくされ、ときには数少ない大爆発を起こす(小爆発のときもある)。

つまりマイクにすべてが入り切らないタイプで、本当のところは実演でしか分からず、
それもよほど耳の良いクラシック・ファン、通のファン向けの演奏なのだ。

302 :名無しの笛の踊り:2007/10/22(月) 21:15:39 ID:Cke8mYEk
http://classical.eplus2.jp/article/56299117.html

303 :名無しの笛の踊り:2007/10/23(火) 14:13:56 ID:7TUEkTYM
シューリヒトじゃなくてクナッパーツブッシュに近いんじゃないかな?

304 :名無しの笛の踊り:2007/10/23(火) 15:46:54 ID:MLAXKaRG
単なるきわもの指揮者じゃないの?

305 :名無しの笛の踊り:2007/10/23(火) 16:26:45 ID:BbqpO2aW
TDKからのお布施って凄いんだろうな

306 :名無しの笛の踊り:2007/10/23(火) 17:26:44 ID:N5P8BMNd
若いときのを前橋汀子を褒めちぎってたかと思えば、
いつのまにか諏訪内晶子誉めてる単なるエロじじい

307 :名無しの笛の踊り:2007/10/23(火) 22:36:11 ID:XpSRheDm
その前は宮沢明子とリリー・クラウスタソだったんだよねW

308 :名無しの笛の踊り:2007/10/27(土) 22:55:41 ID:OmKZqMIt
私の持っているCDのライナーを調べたら、結構いろんなところで評論してますよ。
むろん金をもらって書いているんだから、褒めちぎっていますが・・・

中堅どころの野郎演奏家でもそう。






エロじじいは、酷いといえよう。

309 :名無しの笛の踊り:2007/10/28(日) 00:42:30 ID:mlMEzcmy
>>301
上岡竜太郎>

310 :名無しの笛の踊り:2007/10/28(日) 02:55:56 ID:A6GZ9uMg
図書館に、「すごすぎる世界」があったから借りて聴いてみたんだが・・・

芸として見ても、昔の新星とのディスクのほうがはるかにマシだな。昔は名指揮者のパッチワークだったから、ネタとしては聴けたんだが、今回のは意味不明なテンポの揺れが多くて、完全に冗談音楽になってる。

我々は、貴重なネタ芸人を失ってしまった。

311 :名無しの笛の踊り:2007/10/28(日) 12:55:16 ID:FQ5KxL39
新星とのモーツアルトの女性だけの「戴冠式」のCDは宇野嫌いの俺でも感動した。
なんで爺になってはじけちまったんだろう。もっとも批評は昔からブッドビだけど.

312 :名無しの笛の踊り:2007/10/28(日) 15:13:40 ID:1CBTZXwy
食っていくためには棲み分けが必要なんだろ


313 :名無しの笛の踊り:2007/11/02(金) 20:55:41 ID:OL4KJCZM
('A` ;)  
/(ヘ σ.)ヘ

314 :名無しの笛の踊り:2007/11/09(金) 17:51:09 ID:o4mxQ61W
宇野功芳は日本の宝といえよう・・・はずがない

315 :名無しの笛の踊り:2007/11/09(金) 20:57:25 ID:DXRTaqkO
珍宝といえよう

316 :名無しの笛の踊り:2007/11/15(木) 18:49:31 ID:UlI0Ap1U
あのさあ、好きとか嫌い以前の問題でしょ。

317 :名無しの笛の踊り:2007/11/15(木) 20:49:09 ID:ZuLL0WT/
珍宝はネタキャラ

318 :名無しの笛の踊り:2007/11/17(土) 11:08:19 ID:sF+u8h5v
ERROR !
アクセスを許可されていません
http://hpcgi2.nifty.com/furo/msgenq/msgenq.cgi
ERROR !
アクセスを許可されていません
http://hpcgi2.nifty.com/furo/msgenq/msgenq.cgi
ERROR !
アクセスを許可されていません
http://hpcgi2.nifty.com/furo/msgenq/msgenq.cgi
ERROR !
アクセスを許可されていません
http://hpcgi2.nifty.com/furo/msgenq/msgenq.cgi

319 :名無しの笛の踊り:2007/11/17(土) 12:00:04 ID:Fj6U0f1s
宇野功芳についての最高の笑い話として記憶しているのは、今から35年位前、どこかでカラヤンについて
「カラヤンは卑しい声をしている。あの声が彼の精神の卑しさを表している。」と言っていた。
その直後にFMでのクナ/ミュンヘン の「ラインの旅」のオンエアの解説として登場した功芳先生、
曲が終わるや否や「いやー、もの凄い演奏ですね」と間髪入れず感情入れてのたまわったのだが、
その声のいやらしさたるや、曲や演奏を台無しにしたと言えようほどのものだった訳。

後日クラヲタの知り合いと、宇野功芳とは全く関係なく偶然クナの話をしていたら、
彼曰く「先日FMでクナのワーグナー聴いて凄い演奏だと感動してたら、突然いやらしい声の解説が入ってきて気分が
ぶち壊しになった。」

笑いが止まらなかったのは言うまでもない。


320 :名無しの笛の踊り:2007/11/17(土) 12:25:15 ID:blMqYP0n
おかしな評論家に声までけなされるカラヤンは凄い。
おれなら耐えられない。

321 :名無しの笛の踊り:2007/11/17(土) 13:53:20 ID:LaaZn0rN
黄色い声といえよう↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm418970
http://www.nicovideo.jp/watch/sm418995

322 :名無しの笛の踊り:2007/11/18(日) 15:16:11 ID:v01c+NzG
確かにカラヤンの声はひどいね。
ある評論家は「カラス声」と言っていた。

323 :名無しの笛の踊り:2007/11/18(日) 21:24:24 ID:kwokMDCp
宇野CDの総売上げって何枚ぐらい?

324 :名無しの笛の踊り:2007/11/19(月) 00:09:30 ID:rwhN/dEQ
99枚

325 :名無しの笛の踊り:2007/11/23(金) 23:57:36 ID:LnG9f67m
宇野なんて。。。
あの第九聴けば唯我独尊ベトベンが可哀想

326 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 23:31:50 ID:8VEnwSbA
第九聴いてきたよ
面白かった〜

327 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 00:01:51 ID:XBETpHrx
mixiで、「宇野功芳」で日記検索するとレヴューが出てくるな。
それによると、例によってゲテモノ演奏だった模様だ。

新星振ってた頃は、巨匠の解釈のパッチワークだったからネタとして楽しめたんだが、サクラとか大フィルのは、なにがやりたいのかまったくわからんグダグダになってるからな・・・

328 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 00:09:14 ID:gIi4CtiW
ホルン崩壊!
意味不明な1・2楽章の弱音終結!
テンポのゆれも謎!
ソリストそっからくるか!(笑)
最後には宇野センセー両脚ジャンプも見れたよ!

ソリストはとてもよかった

329 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 00:17:30 ID:awq6Flgm
なかなか面白い解釈でしたよ。
オケは色々ありましたが健闘してましたよ。


330 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 18:09:01 ID:cPhA33n2
コーホー先生、元気だなあ。
もい相当なお歳になろうというのに…。

331 :名無しの笛の踊り:2007/11/27(火) 08:10:21 ID:qtzA+cv7
|     ||       ‖      ||      ‖
|   あ.  ||   ず  ‖  ま  . ||  寿  ‖  し
|___ノ.|_______|l_____|l______.ノ|____
    |┃      _,,-ー----.、  
    |┃    <"      "l  ガラッ
    |┃三   '; ,、、__ソ^`7, i、
    |┃     ';'___  _,,, リ
    |┃ ≡-ーートーj 'ーー rー-、_  
____.|┃/    ハノL ヽ ノ | `ー、_
    |┃    /  lヽ皿 /  |    l
    |┃  Y L  |,) ー'↑  ,> ィ   |
    |┃  |ヽ  |,バ  |  7 /  |



332 :左脳前方:2007/11/27(火) 21:42:23 ID:QYYfH/Ar
宇野功芳が嫌われるのは本当のことを書くからではない。本当のことを書いて信頼されている評論家はいる。
しかし宇野功芳が嫌われるのは自分が熱烈に賞賛した演奏をあるときからクソミソに貶す、
つまり手のひらを返すようなことを何度も行ったこと、そして自分の贔屓の演奏を持ち上げる為に
引き合いに出す演奏家を完膚なきまでに貶める為である。
これは好き嫌いの問題ではなく、評論家としてあるまじきことであると思う。
また宇野氏は日本語の勉強をしていない、ということである。一例を挙げると『言語道断』『論外』という言葉を
自分が高い評価を与えた演奏に対して使っている。
またその文体に品がないことで、読んでいて不愉快になることが多い。「文は人なり」というが、氏の文章は聡明で
教養のある人間が書いたとは思えない。

333 :名無しの笛の踊り:2007/11/27(火) 21:57:54 ID:o8JVgScH
なかなか頑張ってましたよ!

334 :名無しの笛の踊り:2007/11/27(火) 21:58:05 ID:CwnaxQdH
ブリュッヘンとかか?

335 :名無しの笛の踊り:2007/11/27(火) 22:25:35 ID:Xt+ovuP0
別所さんや金やんは、言ってることが面白い、巨人贔屓が良い、と思える野球ファンには人気があるが、
アンチ巨人や理論的な解説を望む人には毛嫌いされていた。

宇野功芳は彼らと同じような「評論家」なのではないかな。

336 :DOGGOD ◆TtHCGNOlmU :2007/11/27(火) 22:29:54 ID:wamhuazQ
知らなかったダッチャ またこんなスレが(ワナワナ

337 :名無しの笛の踊り:2007/11/28(水) 16:05:07 ID:J4Urqmcx
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_tyosha.jsp?ty=1583&x=B
現代新書 協奏曲の名曲・名盤
現代新書 交響曲の名曲・名盤
現代新書 新版・クラシックの名曲・名盤
現代新書 名演奏のクラシック
講談社+α文庫 ニーベルングの指環 下
講談社+α文庫 ニーベルングの指環 上
講談社+α文庫 フルトヴェングラーの全名演名盤
講談社+α文庫 名指揮者ワルターの名盤駄盤
改訂新版 宇野功芳のクラシック名曲名盤総集版
講談社ソフィア・ブックス 宇野功芳のクラシック名曲名盤総集版

338 :小珍恋次郎:2007/11/29(木) 01:08:37 ID:B8PRhEKp
>>336
>知らなかったダッチャ またこんなスレが(ワナワナ

犬神久しぶり!

339 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 01:48:59 ID:z57OTCeW
>>337
焚書坑芳 

340 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 02:11:58 ID:9JNhFFFo
実演に進出したら評論はやめるのが常人の神経。


341 :小珍恋次郎:2007/11/29(木) 03:25:33 ID:B8PRhEKp
だから宇野先生は常人じゃない

342 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 03:28:35 ID:A+v78Xwd
じゃあ情人かよ恋次郎WWW

343 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 03:43:46 ID:9JNhFFFo
評論家ってのは、基本的に「高みからの物言い」だからね。
もし実演者がそういうことをするとすれば
桂米朝が中堅級の噺家について論評するとか
イチローが日本の若手選手のプレーを云々するとかだったら
多少格好はつくんだが、その逆ができるというのはやっぱり・・・・

344 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 07:46:00 ID:9AukfO4z
>>343
すると、トスカニーニやフル勉さんあたりなら評論してもいいのかな?
しかしフル勉は普通に辛口の評論を書きそうだけど、トスカニーニは駄演だと「ラジオに蹴りをいれました」「氏ねと手紙をかきました」とかやりそうでおもしろいかも
実際ストコフスキーに似たような手紙を書いた実績ははあるので((((;゚Д゚)))

345 :小珍恋次郎:2007/11/29(木) 08:55:17 ID:B8PRhEKp
好田タクトは宇野珍になれないかな?

346 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 11:23:33 ID:9JNhFFFo
>>344
大指揮者だってしょちゅうそんなことをやったらみっともないよ。
プロの評論家はランク外の人間というか
よく言えばリスナー側代表、悪く言えばあくまで自分は何もできない人間としての開き直りが
前提になっているんだと思う。

347 :戌神家 ◆NGzyRWXtvk :2007/11/29(木) 12:32:29 ID:w8UU8tp+
      ______ 
     /        ヽ. 
    /            ヽ.   
    /      戌      ヽ
    i              |
    {   ノ       ヽ   } 
    {   ....,,,,     ....,,,   |  
    |  (*0i)   ,.(*0i)  |
    |   ~~~ 丿   ~~~  | } 
   { |     丶丶     |/   ______________
    ゝ     ‖      ..!  /
     ヽ  ←皿皿皿→  /; <  >>336 犬の兄貴久々だっちゃ。兄貴の分までオイラが頑張るだっちゃwキエヘヘ
      ヽ         :/    \
       |ヽ     /|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ヽ ̄ ̄ ̄  /
        ヽ___/


348 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 13:09:39 ID:TzMRHoq4
あんたもマメだなw >347

349 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 13:45:02 ID:TiDAP06D
その昔、山本直純(故人)のことを悪く言ってなかったかな、この人?

350 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 14:35:52 ID:K1LLNiyZ
>>349
言ってたな。はるか昔の話だけど。
この人のカラヤン批判もそうだけど、案外パフォーマーとしての才能に
やっかんでる部分があったのかもね。
カラヤンが初めてビデオを出した時もかなり批判していたし。
ちなみに指揮やお喋りはともかく作曲というパフォーマンスに関しては、
宇野は山本に永久に差をつけられてしまった...

351 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 15:16:02 ID:A+v78Xwd
宇野珍は寅さんファンだもんな(笑)

352 :名無しの笛の踊り:2007/11/29(木) 15:27:43 ID:TzMRHoq4
おしゃべりはともかく「指揮」も失礼じゃないかw


353 :名無しの笛の踊り:2007/11/30(金) 06:25:28 ID:C2o2IZSN
ナオズミの劇伴最高傑作は「風と雲と虹と」。
純ノ介、交響詩か何かにアレンジしてくれよ。



354 :名無しの笛の踊り:2007/11/30(金) 07:07:33 ID:WgWB415t
>>353
同意、テーマ曲はもちろんのこと、将門さんや貴子姫など主要出演者にはテーマ曲があり、その曲がドラマの悲劇性にすごくマッチ
古い作品だけど完全版が発売中

355 :名無しの笛の踊り:2007/12/05(水) 10:28:31 ID:p0mdfj8d
レコ芸は信用出来ない。もうそろそろ交替すべきじゃないの!宇野と小石じゃ頂けません。
ヤングのブル3買って聴いてみたが、ブルの特徴を捉えきっていない。
特選盤にするのはこいつらだけ。よくボケか?

356 :名無しの笛の踊り:2007/12/05(水) 13:58:10 ID:fU6yKBEo
>>350
「カラヤンがビデオ出したときも批判…」
先見性はお持ちでないようだ。

357 :名無しの笛の踊り:2007/12/16(日) 10:39:07 ID:RJ0zsHxA
>>355 ブルの本質云々は別として、おれも買って損した口。

358 :宇野珍ポーコー:2007/12/16(日) 10:56:09 ID:PEPXgHET
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<下ーネタソのCDはジャケ写がぼくの肉棒を捉えきったので推薦にしたのだといえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

359 :名無しの笛の踊り:2007/12/16(日) 14:00:04 ID:IXqrUaWS
「真実の人」はいつの時代も迫害されるもの。

360 :名無しの笛の踊り:2007/12/16(日) 14:57:54 ID:ISNtJfyR
削除スレ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1197336483/
【スケベな】宇野珍宝興業18【禁】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1197214153/
宇 里予 エ力 芳 4
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】


361 :名無しの笛の踊り:2007/12/16(日) 15:07:24 ID:RJ0zsHxA
>>357 もう一回聞いてみな。俺も初めて聴いたとき違和感があったけど、もったいないから2,3回聴くうちに変わった。クナやヴァントとは違う味の良い演奏だと気づいた。さすが宇野先生だ。

362 :宇野珍ポーコー:2007/12/16(日) 20:34:58 ID:GFDwKzVv
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<下ーネタソのブル3の光彩陸離たるコーダでイクのがぼくの日課といえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

363 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 12:16:02 ID:cajfoFFa
「宇野先生はお布施なんかもらう人じゃない!人格高潔で立派な方だ!」と今でも信じて
いる宇野信者の知り合いがいるけど、もう哀れというか何というか・・・

364 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 13:39:47 ID:yrjRzs8i
12 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/07/09(月) 14:28:30 ID:dk5xFK+4
宇野珍さん、アンプのオーバーホールはしてるんですか?


13 :宇野珍ポーコー :2007/07/09(月) 16:45:41 ID:VEdIYWCR
>>12
あまりにも古い装置なので壊れているが、最近はレコード会社からのお布施も減ったので、
買い替え、修理もできないというのが本音といえよう。


14 :宇野珍ポーコー :2007/07/09(月) 17:45:21 ID:Y5tKpbxf
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )< >>12 オナホールはしているといえよう!!!
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

365 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 17:30:24 ID:PJCMz4ca
まあ、私の様に音楽教育などろくに受けていない愛好家にとって、クラシック
を聴き始めた当初は宇野さんの歯に衣着せぬ評論は頼もしく思え参考にさせて
もらい推奨のCDも沢山買った。その中で共感できるものもあれば、そうでな
いものもあった。宇野さんが触れていないものや、酷評しているものもでも良
いものもあった。
それで、自分の好みというものが大体分かる様になってくれば、宇野さんも含
めて、所詮日本人の評論家の言葉など煩わしいだけのものでしかなくなります。
となると日本人評論家のライナーノートなど、無用のものとなり、わざわざ高価
な国内盤CDなど皆買わなくなる。評論本など以ての外。

「宇野さんには少なからず影響は受けたが、現在は気にも留めていない」
こういう傾向の人が多いのではないでしょうか?所詮評論家なのだから
好きとか嫌いとかではないでしょう?



366 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 18:06:43 ID:v7hrWH2e
歯に衣着せぬはそうなんでないかい?
赤旗にも出るくらいだから

ただ彼の主観の影響があまりにも強すぎるんだよ
文章もおもしろいしさ。

クラシック入門がこの人になるのは功罪ともにあるが、いかんせん他の評論家の文章はつまらなすぎる。
あれじゃあ、初心者には辛いよ。
いまんとこは金さんとタマキンに期待するしかないね

367 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 18:08:00 ID:v7hrWH2e
歯に衣着せない のAAに期待

368 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 21:03:35 ID:eTDW40RT
確かに歯に衣着せないというのは美化した表現だったかもね。
主観の強さと文章のおもしろさといった方が正しいですね。

ところでで、ありますが、評論家に期待するものとはどういうもの
なのか?と考えたのですが、音楽の売り手側の宣伝だけでは知り得
ないものを伝えてくれるということかと私は思いました。
宇野さんはその点、ハイドシェクを世に伝えたり、朝比奈のブルッ
クナーの生前の演奏会にを足を運ばせたという功績は確かで、他の
評論家には出来ないことをした。

宇野さんは例外であって、結局評論家とは国内盤CDの価格を
吊り上げる役割でしかないのだと思う。

369 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 03:33:22 ID:g3c9kcod
また新潮45の今月号で、フルヴェン礼賛、カラヤン罵倒の記事書いているよ。
飽きないものだね〜

370 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 04:58:29 ID:1MiFMwRT
宇野の文章が他の評論家より読ませる力があるのは
事実だが、自分の嗜好を絶対視する傲慢さが嫌なんだよな。
それと好きな作曲家や演奏家をボロクソに言われた時の
不愉快さってのは半端じゃない。
それと宇野のブラームス罵倒は幼稚すぎ。
ブラームスがどうして多くの人を魅了するのか宇野は
考えたことあんのか?

371 :黛まどか ◆c/hsFsAupI :2007/12/20(木) 05:19:02 ID:cVah3ps8
本当は宇野先生大好きです。人柄といい評論といい。

372 :黛まどか ◆c/hsFsAupI :2007/12/20(木) 05:21:44 ID:cVah3ps8
クラシック きのうみた夢 うりふたつ

373 :黛まどか ◆c/hsFsAupI :2007/12/20(木) 05:43:29 ID:cVah3ps8
冬の日は お出かけせずに クラシシック

374 :黛まどか ◆c/hsFsAupI :2007/12/20(木) 05:55:31 ID:p8KfW7bO
訂正
冬の日は おでかけせずに クラシック

375 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 09:57:19 ID:JAStOQoA
シェーンベルクが「革新主義者ブラームス」って公演を
してるだろ?
「節約されていてしかも豊かであること。これこそがブラームスの真骨頂」と。
あれと比べると宇野のブラームス罵倒の
幼稚なこと幼稚なこと。「ブラームスと僕は誕生日が近い。それだけで朴は憂うつになる」だってさ。
ま、頭の出来がちがうんだからしゃーないか。

376 :名無しの笛の踊り:2007/12/21(金) 13:03:07 ID:rBT5dOXr
ウィキペディアの宇野の記事キモイね。
狂信的な信者が書いたんだと思うけど。

「大阪のジイサン」でしかなかった朝比奈を評価したのは確かに
宇野の業績なのかもしれんが、90年代の朝比奈マンセーは今思い出すと
少し以上だった。
ブームが去った今、朝比奈のCD聴くと「宇野が褒めちぎってるほどすごいか?」
と思う。

377 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 01:56:43 ID:z1HCY+6d
>376
それはCDで聞き比べたりすると、ヴァントや往年のヨッフム、シューリヒト
などには劣りますよ。オケの生い立ちを考慮してあげてください。
ただ、ブッルックナーの交響曲の様な規模の大きい曲はCDで聞くこと自体に
限界を感じませんでしょうか?そこで、ブルックナーを実演でというと90年
以降は世界の大巨匠指揮者達が世を去ってしまい(宇野さんの嫌うカラヤンのブ
ルは私は別に嫌いではなかったし)、当時の海外指揮者のブルックナー演奏で何
万円も出してまで聞いてみたいという存在が居なかったのです。そこで、朝比奈
に焦点が当たったんだと思います。もう、15年近く前になりますが当時は私は
学生で月一単位でなんらかの演奏会に足を運んでおりましたが(社会人になったら
殆ど行ってないなー。)、その中でも朝比奈の演奏は強く印象に残っておりますよ。
それは朝比奈だったからかブルックナーだったからかは定かではありませんがね。

378 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 11:48:47 ID:44hC9pAn
雛はベト、ブラ、ブルでは名演をたまに残したのは事実。
しかし駄演が多すぎるのもこれまた事実。


379 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 13:14:08 ID:Wun5c3Ww
ブルよりもベーの方が印象に残ってる
コンサートの話だが

380 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 13:29:28 ID:wKCN120d
>>377
朝比奈は新日とのブル、ベト、「黄昏」聴いたけど、そんなに持ち上げる程凄かったかね。
ブルだったら、同じ頃聴いたハインツ・レーグナー/読響の方がずっと良かったよ。

381 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 14:22:53 ID:TsoUAtib
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%87%8E%E5%8A%9F%E8%8A%B3

382 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 14:32:51 ID:afbz9yXD
http://www5c.biglobe.ne.jp/~onbukai/images/I-person/asaoka-0104.jpg

383 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 19:33:14 ID:fkvJr9EG
80年代にレコ芸で宇野がさんざんやったアシュケナージマンセーと
90年代に講談社現代新書で宇野がやったアシュケナージ罵倒を
読み比べるとこいつほど恥知らず奴は珍しいとつくづく思う。

戦時中は「無敵皇軍!神国日本!天皇陛下万歳!」とがなっておいて
日本が敗戦を迎えると「ボクちんは平和憲法を信奉する戦後民主主義者デス」
とぬけぬけとぬかした連中と宇野は根性の卑しさにおいてはほとんど双子の兄弟だよ。

384 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 00:17:41 ID:avtfUKvC
>380
そのレーグナーも宇野の影響での評価だな。多分。

385 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 00:44:02 ID:UhiExs6Z
評論家Iもだ。

386 :名無しの笛の踊り:2007/12/23(日) 01:02:10 ID:/Pv44hnO
>>384
あの頃は音楽界で宇野の影響力なんて皆無に等しかったな。

387 :名無しの笛の踊り:2007/12/24(月) 01:49:37 ID:/A/j2X/u
協奏曲の月評を担当していた頃は
「ぼくが交響曲部門の月評を担当したら推薦盤の数が激減して圧力がかかるだろう。
最近は個性的な指揮者がいなくなってベートーヴェンやブルックナーの交響曲の演奏が物足りないからだ」
という主旨のことを書いていた。
それが今では交響曲部門は豊作、協奏曲部門は不作の一言に尽きるとのたまう始末。
ちゃんと聴いていないか、お金で推薦を乱発しているとしか思えん。

388 :名無しの笛の踊り:2007/12/25(火) 00:15:27 ID:6jSX16bG
>>336
宇野って左翼でもないのにアカハタに出てるの?まじで?
まぁあの新聞は金を積んで有名人(宇野は違うかw)を引っ張ってくることで有名だけど。

389 :388:2007/12/25(火) 00:15:52 ID:6jSX16bG
すまん↑は>>366へのレスです。

390 :名無しの笛の踊り:2007/12/26(水) 01:27:29 ID:HWQKW89b
宇野は左翼じゃないどころか思いっ切り右でしょ。
日本人は天皇を心のよりどころとしなくなってからダメになったというようなことも書いていたし。
それなのに赤旗に書いちゃうような政治音痴っぷりも宇野らしいけど。

391 :名無しの笛の踊り:2007/12/26(水) 13:03:37 ID:JLey5Hip
>>387

協奏曲の月評だったかな、めちゃめちゃ短くて笑った。当然無印。

この人は、いつまでもワルターとクナとシューリヒトを聴いてなさい
ってこった。

392 :名無しの笛の踊り:2007/12/26(水) 22:33:42 ID:TCLFzCGs
>>379
私はブルが良かった。ベーはヤマカズのほうが良かった。
もちろんコンサート

393 :名無しの笛の踊り:2007/12/29(土) 00:21:37 ID:RMOduaAg

    ;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;                         ;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;                         ;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;                         ;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;                              ;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;     ;;;;;        ;;;;;     ;;;;;
      ;;;;;     ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;     ;;;;;
      ;;;;;     ;;;;;        ;;;;;     ;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;                          ;;;;;
  ;;;;;;;         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ..    ;;;;;;;
 ;;;;;;;;  .  .  .   ;;;;;  ;;;;  ;;;;  ;;;;;     .   ;;;;;;;
;;;;;;;;;    ..      ;;;;;  ;;;;  ;;;;  ;;;;;         ;;;;;;;;
 ;;;;;;;;  .  .   .  ;;;;;  ;;;;  ;;;;  ;;;;;   ..     ;;;;;;;
  ;;;;;;;         ;;;;;  ;;;;  ;;;;  ;;;;;  ..     ;;;;;;
   ;;;;;;       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ;;;;;

394 :名無しの笛の踊り:2007/12/29(土) 20:29:45 ID:eDhUGf8q
( ^ω^)コーホーのCDを2枚捨てたお

( ^ω^)ブクオフで1枚500円で買った盤だお

( ^ω^)キズだらけだったから1回聴いて捨てたお

( ^ω^)500円も出して失敗したお

( ^ω^)コーホーは250円以下でないと絶対買わないお

395 :名無しの笛の踊り:2007/12/29(土) 20:45:27 ID:IS57iLf7
↑アホ!
ダイソーだたら、トスカニーニ フルベンが100円で買えるお。

396 :名無しの笛の踊り:2007/12/30(日) 00:00:24 ID:EV90Diid
コーホーの凄すぎる世界とやらを何千も出して買った俺はorz
即組合に売り飛ばしたがなw

397 :名無しの笛の踊り:2007/12/30(日) 07:59:23 ID:faQYlBzV
酷すぎる世界といえよう

398 :名無しの笛の踊り:2007/12/30(日) 15:09:16 ID:FNHedbgh
そもそも合唱の方が専門ぽいのに何でブルモツベトとか振っちゃったの?

399 :名無しの笛の踊り:2007/12/30(日) 18:43:49 ID:CNI2AOBc
                iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii         liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、                
      ,,、    .,,,,    llllll゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllll         lllll゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllll     ,,_    ._,,、     
     ,iill!l′,,,  .゙lllli、   lllll|         lllll|            lllll:       .:lllll    ,iill!l′,,,  .゙lllli、     
    .,illl!°.,illll!  'lllll   lllll|         lllll|  lllllllllllllllllllll  lllll|         lllll|   .,lll!゙  ,illll!  'lllll     
    .llll″ .llllll° ,lllll   .lllll       lllll|            lllll:       .:lllll   .llll″ .llllll° ,lllll     
    .!lll,,,,,,iilllll,,,,,,iilll!゜   .llllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lllll         lllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,lllll   .lllli,,,,,,illllli,,,,,,illl!゙     
    ゙゙゙!!!゙゙"゙゙゙!!!l゙゙°   l!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!"         !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!l    ゙゙゙!!!l゙゙`゙゙!!!!゙゙゙`      
                                                            
               ,,,ii=@        ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、          ,iii,,   
           ,ill!゙’          llllll!!llllll!!llllll!!lllll|             ゙゙!lli,
           ,llll′             lllll| .lllll lllll lllll               ゙llli、
             llll゜            lllll| .lllll lllll lllll               lllli、 
             llll,            lllll lllll lllll lllll               llll′
           ゙llli,             ,,,,llllll,,,lllll,,,llllll,,,llllll,,,,             ,illl゙ 
           ゙!llii,,         l!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!l         ,,iill!゙

400 :名無しの笛の踊り:2007/12/30(日) 19:52:31 ID:kplA8k1K
特定演奏家についての賛否は??だが
提示部の繰り返しを声高に否定するのは宇野さんくらい。
この点は評価できる。

401 :名無しの笛の踊り:2007/12/30(日) 23:55:12 ID:hDpPnupe
>>400
なんで?いいじゃん>提示部の繰り返し

402 :名無しの笛の踊り:2007/12/31(月) 16:13:42 ID:U8EXgJa6
ここで私を批判するのはカラヤン以下と言えよう

403 :名無しの笛の踊り:2007/12/31(月) 21:15:21 ID:WfCmt9z9
コーホーはクナ、フルヴェン、ワルターなどの実演を体験もしないで、なぜああも
見てきたかのような批評をするのだろう? レコードやCDだけで判断することほど
危険でいい加減な評論家はいないと思うのだが。

404 :名無しの笛の踊り:2007/12/31(月) 21:18:26 ID:WWuMH7Pa
この人って、バッハを理解できないとかいってる人でしょ?
クラシック音楽の評論家として、普通にダメじゃない?

405 :名無しの笛の踊り:2007/12/31(月) 21:24:28 ID:WfCmt9z9
コーホーは進むべき道を誤った、親父の後を継いで漫談家になればよかったのだ。

406 :名無しの笛の踊り:2008/01/03(木) 01:51:29 ID:RGc5wiIc
バッハを理解しないとは音楽評論家の風上にも置けない。
ワルターが宇野の手紙に返事を出さなければよかったと思う。
ワルターは宇野に実際会ったらこんな奴かとがっかりしただろう。

407 :名無しの笛の踊り:2008/01/14(月) 23:08:04 ID:UVQnVMY9
test

408 :名無しの笛の踊り:2008/01/15(火) 08:25:37 ID:p0WcXG2h
でも朝比奈さんが有名になったのは彼のおかげでしょ?

409 :名無しの笛の踊り:2008/01/15(火) 09:38:21 ID:NlBxfif2

コーホーの崇拝する指揮者

クナ、フルヴェン、ワルター、シューリヒト、マタチッチ、それとなぜか朝比奈とかいう爺さま


コーホーが最高に軽蔑する指揮者

トスカニーニ、カラヤン





410 :名無しの笛の踊り:2008/01/18(金) 16:12:44 ID:6KZMMzQH
朝比奈は別に宇野が推薦しなくても有名になったと思うよ。
インチキ指揮者でも貫禄勝ちの御大だったから・・・

411 :名無しの笛の踊り:2008/01/18(金) 23:20:04 ID:MFjM1jdU
>クナ、フルヴェン、ワルター、シューリヒト、マタチッチ、それとなぜか朝比奈とかいう爺さま

宇野にとって「精神」という言葉で安直に祀り上げやすかった指揮者ということか。


412 :名無しの笛の踊り:2008/01/20(日) 16:51:33 ID:/g3roJ85
精神性より愉しさとかについて語らせたほうが使える

413 :名無しの笛の踊り:2008/01/23(水) 00:04:11 ID:p22EAtJK
フルヴェンのように宇野フィギュアってのが出来たら
巨匠と認めてあげよう。

414 :名無しの笛の踊り:2008/01/24(木) 18:57:58 ID:IwTgZpx0
未来がないんだよな。こいつの感想。※評論とは言わない。

415 :名無しの笛の踊り:2008/01/24(木) 19:22:28 ID:Z0hMyLFb
最初はボロクソにけなしてたかと思えば何年か後には一転して褒めだす、
または、その逆な事をする、まったくその時の気分で言いたい放題のコーホー、
実にいい加減な批評家といえる。

416 :名無しの笛の踊り:2008/01/24(木) 19:37:46 ID:vVzcuAB4
いいかげんなところがきれいごとでないすさまじさなのだといえよう!!!!!!!

417 :名無しの笛の踊り:2008/01/24(木) 20:18:09 ID:jYDzZSJ0
襟を正させるような立派さが漂わない評論といえよう


418 :名無しの笛の踊り:2008/01/24(木) 21:26:05 ID:x50+tSnF
コーホーの場合、シューリヒト、クレンペラー、ムラヴィンスキー、クレーメルと、
「本来は好みではないようなタイプ」を批評しているのが一番面白い。
ワルターみたいに心底loveな演奏家の批評はかえって聴く気が失せるというか...

419 :名無しの笛の踊り:2008/01/26(土) 14:03:17 ID:+24lBGYN
宇野はナルシストだから宇野フィギュアを自分で作る
可能性があるのだといえよう。誰も買わないだろうが。

420 :名無しの笛の踊り:2008/01/26(土) 18:20:23 ID:W/KQRQIL

彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 )
( つ旦O
と_)_)


彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )
人 Y / 
( ヽつ゜
(_ω_)

421 :名無しの笛の踊り:2008/01/26(土) 18:35:01 ID:Zcjh/IIv
>>415
気分じゃないと思うよ

私は演奏家を嫌いになったら、貶す事しかしないような評論家とは違う
良いものは良い、悪いものは悪いときちんと評価できる公平な耳を持った
評論家なのだ、というアピール

422 :名無しの笛の踊り:2008/01/27(日) 14:56:13 ID:NS5ouyoW
好きではないカラヤンでもベートーヴェンの三重協奏曲のレコードが発売された時
誰よりも絶賛したのはこのぼくだったといえようシコシコムクムク(AA略

423 :名無しの笛の踊り:2008/01/27(日) 21:59:43 ID:hI4RdkzU
まあ嫌いなアーノンクールでもクレーメルとの一連のvnコンチェルトや
新世界は評価してるしな。

424 :名無しの笛の踊り:2008/01/28(月) 11:23:56 ID:fnExWBON
>>422 そもそも三重協奏曲のような曲を全く(ry

425 :名無しの笛の踊り:2008/01/28(月) 12:41:30 ID:L5Ug0lbV
帝王・カラヤン、文化勲章・吉田秀和を超える3個のスレが立っていることを…自画自讃・大言壮語・特筆大書したい!といえよう…

426 :名無しの笛の踊り:2008/01/28(月) 15:39:45 ID:fnExWBON
削除スレ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1197336483/
【スケベな】宇野珍宝興業18【禁】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1197214153/
宇 里予 エ力 芳 4
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】
こんな宇野珍ポーコーはイヤだ!といえよう2 (10)
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1201351750/

427 :.:2008/01/30(水) 08:35:34 ID:NRnnmLW+
削除スレ

http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】

【功益法人】宇野珍宝興業
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1201584572/
こんな宇野珍ポーコーはイヤだ!といえよう2 (10)
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1201351750/


428 :名無しの笛の踊り:2008/02/04(月) 18:40:05 ID:67jUe/vb
宇野は80年代にポリドールから幾らもらってたんだろう?

80年代のバンスタマンセーと90年代以後のバンスタ完全否定文読み比べると
殺意すら覚える。




429 :名無しの笛の踊り:2008/02/04(月) 22:16:47 ID:c25Oedfe
この素敵なジャケットはもしかして宇野さんが書いたんですか?
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2686756

430 :名無しの笛の踊り:2008/02/04(月) 23:49:48 ID:ISV9DmFU
珍魂歌?

431 :名無しの笛の踊り:2008/02/05(火) 14:33:51 ID:zakwJCPj
エロイカの推薦盤で朝比奈/大フィルを褒めた後、
「カラヤン/BPOなど、オーケストラは数段上だが、いくら技術的に優れていても、本当に魂のこもった迫力において大フィルより落ちる。
それはやはりカラヤンの指揮が外面的だからであろう」

って貶すの、彼の著書を読んだことある人なら結構記憶に残っていると思うけど、最新の改訂新版ではこの文章はそのままに、ただカラヤンがアバドに入れ替わっていた。
ほとんど2chのコピペのレベルだな。で、「昔はカラヤンのベートーヴェンをずいぶんけなしたものだが、彼はまだ旧人類だった。アバドや小澤は新人類で、朝シャンして香水までつけたベートーヴェン」だそうだ。

とはいえまあ、俺は彼の存在価値はある程度認めているけどね。少なくとも文章を読んで、許ほど嫌な感じはしない。
今みたいにネットの情報も無かった時代、初心者には彼くらい強引な語法でクラシックの世界に引き込んでくれる存在は貴重だった。例えば小石さんみたいな文章だったら、結局どの演奏を選んでいいのか判らなかったろう。

ある程度自分なりの価値観・音楽観が固まるまでの水先案内人をやってもらったら、後はネタとして楽しむがよし。
近所のクラ好きの爺さん、って感じだな。

>>428
ポリドールから金貰ってたらあんなにカラヤンやアバドを貶しやしなかっただろう。
バンスタもなんでもマンセーって感じじゃ無かったよ。DGのマーラーでも3、4、6番なんかはあまり評価していなかったし。

432 :名無しの笛の踊り:2008/02/05(火) 18:40:33 ID:4VUs0jwT
露と消えにし 削除スレ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1202117770/
USO(Unochinpoko Symphony Orchestra)7
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1185265872/
なぜ宇野功芳は嫌われるのか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1182584135/
嗚呼!宇野珍ポーコー大先生 第3番【英雄】

【功益法人】宇野珍宝興業
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1201584572/
こんな宇野珍ポーコーはイヤだ!といえよう2 (10)
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1201351750/


433 :名無しの笛の踊り:2008/02/14(木) 19:12:55 ID:vuNbNcc0
>>431
でも言ってる内容は共感できるな。いまどきの指揮者に比べたらカラヤンにはまだ見るべき物がある
というのは多くのリスナーの感覚だろう。

434 :名無しの笛の踊り:2008/02/24(日) 14:35:24 ID:Til89ZIX
俺、宇野さん好きだよ(スレ違いはご容赦)。ずいぶんLPやCD購入時の時に参考にさせてもらった。吉田さんにもお世話になったけど、今月号のレコ芸で吉田さんが宇野さんの批評の事を書いている。面白かったよ。

435 :.:2008/02/25(月) 15:10:09 ID:DQgxNQ+t
奥歯にものが挟まったように珍呆功の批評へ言及していてワロタ

436 :名無しの笛の踊り:2008/02/26(火) 14:43:12 ID:kn+i4zmF
>>404
宇野って本当バッハ書かないよな、まともに書いてるのと言えばマタイとブランデンブルクぐらいか
文春の新書でも無伴奏とか思いっきりやっつけだったし

437 :名無しの笛の踊り:2008/02/26(火) 21:45:10 ID:LFQqwneS
バッハが好きでなくても良いじゃん。ブルやベト、モツで頑張ってくれてるんだから。

438 :名無しの笛の踊り:2008/02/27(水) 11:07:50 ID:+ID/DoNi
宇野が頑張るとブル・ベト・モツがキライな奴が増える。


439 :名無しの笛の踊り:2008/02/29(金) 06:20:13 ID:LgjQcMuY
俺は宇野が頑張ったおかげでシベリウスが好きになった。

440 :名無しの笛の踊り:2008/02/29(金) 18:27:08 ID:Hz+elsTh
モツ信者の俺にとっては宇野の文章は非常に心地よい。
文章力あるのは確かだよ。宇野が褒めてる曲読むとすごく聴きたくなるもん。

かつてのプロレス雑誌を引っ張っていたターザン山本に似ているといえよう。
批評ってかなり強烈な個性がないと全然おもしろくない。

441 :名無しの笛の踊り:2008/03/01(土) 13:58:42 ID:fgCi3hc8
>>431
俺が持ってる新版はカラヤンのままだけど、さらに変わったのか?

442 :十里巣狩:2008/03/02(日) 08:32:23 ID:tIE/L1M7
バッハ嫌いの原因は尊師26歳にして音大志望時のトラウマにある。

バイエル→インヴェンションのハードルでカンペキ挫折
自分が弾けない→自分が弾けなくてもいい と転化

∴バッハの器楽曲は無価値でなければならない
メロディアスなショパンも自分が殆ど弾けない曲ばかりだから低評価

昔本人がウッカリしゃべってたことで実に単純明快だ(・∀・)イイ!!

443 :浪人生:2008/03/02(日) 08:40:01 ID:f3agbqOi
自分の本で自分の演奏したCDを推薦する。
はじめてみた時呆れたのを覚えている。
それで悪口書くのに演奏家の項目設けているし。
だからその本まだ駅にゴミ箱が設置されていた時にすぐ捨てたの覚えている。
福島とかは一体何やって暮らしているの?
中野雄なんかはVPOシンパで自分の側の人間だけ褒めちぎっているし。

444 :名無しの笛の踊り:2008/03/02(日) 09:08:35 ID:2Qy+JbAo
オレも宇野が自分が指揮したブルックナー4番を
自著で推薦してるの見て呆れてものが言えなかった。




445 :名無しの笛の踊り:2008/03/02(日) 14:53:41 ID:V28V1xdb
コーホーは頭の回路が狂ってる、よくレコ芸もあんなボケジジィを担当にしているよ。
俺もここ何年かレコ芸は買わないからいいけど。

446 :名無しの笛の踊り:2008/03/03(月) 11:50:22 ID:MlSnp4NV
 宇野の漫画みたいな文章も楽しいが、宇野にいかれた宇和島の公務員の文章
は爆笑モノだと思う。宇野の本(確か名演奏のクラシック)で初めてみたとき、
これは架空の人物だと思ったくらいだからな。なにしろ宇野の本に書かれてい
たことをオウム返しにしゃべっているんだから。
 こいつ宇和島の市役所でどんな仕事しているのかと心配になってしまったく
らいだ。


447 :名無しの笛の踊り:2008/03/03(月) 12:25:42 ID:qRAvIfBC
バッハをあまり重視しないのはバッハが交響曲作家じゃないからでは?
宇野は交響曲重視でしょ。

448 :名無しの笛の踊り:2008/03/03(月) 13:58:28 ID:SBmNGH/v
宇野はオペラもあまり重視してない。

449 :名無しの笛の踊り:2008/03/03(月) 14:29:42 ID:Qj9YfVXn
>>440
俺はターザンが大嫌いだった。 同じ偏向でもファイトの
井上さんの方が数段、筋が通ってた。
まぁ、馬場さんの死去と共にプヲタから足を洗った俺には
もうどうでもいい事だが・・・・・

まだ厨房だった俺は、宇野本によって音楽家もまた俗物だと
いうことを教えられた。 別にどの途分かることだが
当時の俺にとって精神衛生上大変心地よかったので、
まあ・・・・感謝してる。

450 :名無しの笛の踊り:2008/03/03(月) 14:51:21 ID:rJ+DST6U
そしてカラヤンは猪木か・・

451 :名無しの笛の踊り:2008/03/03(月) 15:02:22 ID:lt3+GcGT
宇野は大仁田なんだよ

要するに、うんこを見つけてたかる蝿って事。
その蝿が、卵を産み付けたうんこから涌いてきた蛆虫が、コーホーヲタって事。

452 :名無しの笛の踊り:2008/03/03(月) 21:42:21 ID:7pCmQA3N
ぼくが最も傾倒している作曲家は、古典派ではモーツァルトとベートーヴェン。
ロマン派でブルックナーとワーグナー、以上4人である。
ほかにはバッハの「マタイ伝による受難曲」と、マーラーの交響曲「大地の歌」が
あればこと足りるだろう。(1967年7月レコ藝臨時増刊号より)

453 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 09:16:44 ID:stYRGeiE
宇野がボロクソに言ってる演奏ほど聴きたくなる。



454 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 10:26:19 ID:qqPEEPM+
カラヤンに関してはある程度あたっていると思う

455 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 11:29:14 ID:7b2sZRqY
それでもメンデルスゾーンのスコッチは名演だ

456 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 13:04:06 ID:XOLENeUl
宇野さんの悪口言ってるのはやっかみだけだろ

mixiの宇野さんのコミュを荒らそうとがんばってたけど、完全スルーされて哀れだったよw

457 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 14:10:38 ID:2nWoz7nz
>>441
「宇野功芳のクラシック名曲名盤総集版」って一年位前に出たやつ。
従来の新書に曲目が追加されてたり、その後出た推薦盤が追加されてる。最近のマーツァルのマーラーなんかにも触れている一方、もう20年くらい?前に出た新書版の初版の文章がそのまま残ってたりする。
ま、本人も「つぎたししながらだんだん大きくした建物のように、本館・新刊・別館がくっついたようになってしまった」と書いてる。正直な人だとは思うよ。

因みに、かの有名な「メータのブルックナーなど聴きに行く方が悪い、知らなかったとは言って欲しくない」はいまだ健在。


458 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 18:57:29 ID:stYRGeiE
イスラエル・フィルを振ったメータのブル8、悪くないと思うけどね。
メータのブル8は悪くないといった黒田や砂川しげひさなんかは
宇野から見ればゴミカス以下なんだろうね。
演奏が終わったあと拍手喝采してる聴衆も(以下省略)




459 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 19:03:26 ID:MuCURDZV
池内「不能先生、こんにちは」
無能「不能ではありません、無能です」

これはまだ残ってるのか?

460 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 19:14:42 ID:PTBZYmaC
宇野さんのお陰でカラヤン・ファンになった。

461 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 19:29:51 ID:stYRGeiE
宇野さんのおかげでショルティ・ファンになった。

462 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 19:47:01 ID:NYbiK0Wu
要するに、この人ってベタベタ抑揚つけて、テンポをいじりまくる演奏が好きなんだろ?

463 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 19:51:40 ID:NYbiK0Wu
あと、ストレートに音を出すのも嫌うな。
しかしハィティンクやショルティ、アーノンクールが嫌いってのは、
単なる糞耳と暴露してるようなもんだと思うがな。


464 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 20:30:36 ID:ZfMrKQD+
ハィティンクやショルティは個性がないといいたいんだろ。
アーノンクールは才能もないのに無理して個性だしてるといいたい。

465 :名無しの笛の踊り:2008/03/04(火) 20:58:45 ID:NYbiK0Wu
>>464
はっきりわかるもんを個性とか言ってるだろ。
アーノンクールは個性というより求めている奏法がそう聞こえるんだろ。

しかし個性ってなんなんかね?
作曲者の意図を汲み取るってのがクラ演奏家の大きな役割だろ?

466 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 00:33:50 ID:xk/OTt1G
無機的な音

467 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 05:32:53 ID:bk5dXbfZ
60年代にはセルの演奏は無個性と言ってるアホがいたんだってね。

468 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 06:16:42 ID:uMEByECM
>>458
ウィーンフィルとの来日公演で取り上げた8番では、
ティンパニを二人で叩かせたり、聴き所多かったけどね。

そもそも、評論家が聴かないことを正当化して演奏者を
中傷するのは、信義に反するんじゃないの。

469 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 09:44:58 ID:qjXF3nak
ポーコーも一人なら、存在の意味があるだろうが、
亜流のエセ評論家が跳梁跋扈してるのがたまらん。


470 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 10:20:46 ID:llrCT5pz
>>465
コーホーに言わせると聴いただけでは誰の演奏かわからんのが増えてきたんだと。

471 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 11:32:34 ID:APKUcshI
・・・僕などもブラームスの音楽は年中聴いて楽しむというのではありませんが、
長く旅行などして音楽に飢えている時、真先に聴きたくなるのはブラームスなのです。

↑コーホーが若き日にこんな文章書いてたとは本人も忘れてるかなww

472 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 12:31:12 ID:bk5dXbfZ
>>468
宇野の辞書に誠意や信義は載っていません。
知らなかったとは言ってほしくない。

473 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 13:20:54 ID:CI54cfDE
宇野はつまらない誠実とかそんな概念に縛られない。彼は自由奔放に生きる。

474 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 13:51:14 ID:bk5dXbfZ
そして嫌われて2chでAAやお笑いのネタにされる・・・

475 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 14:51:50 ID:FeJBjVnk
>>474
2chでは嫌われても世間では本もそれなりに売れているようだし、じいさんと
してはいい老後だな。

476 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 14:57:35 ID:qjXF3nak
演奏家からは、恥知らずと後ろ指さされてるがな。
金さえ入ればいいってもんかね?


477 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 15:22:39 ID:qjXF3nak
宇野さんが反主流派の分にはよかったんだよ。
いまはああいうのが主流になっちゃってるから。
のだめが出てきてよかったよ。
変な先入観持たずにクラシックに触れたいと思うだろうから。

478 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 17:22:57 ID:HBXtWgA6
彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 ) <なに?僕が、後ろ指を指されているだと?
( つ旦O
と_)_)


彡≡≡ミ
ω□-□ω
( 皿 ) <ゆ・許せん・・・
( つ O. __
と_)_) (__()、;.o:。ガシャ
          ゚*・:.。


彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<そ〜れ、僕のおなぬー文を読んで光彩陸離たる気分に浸るのじゃ〜〜
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)



479 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 20:49:00 ID:Z+/83Y40
>>441
講談社現代新書はカラヤンのまま。
その後出版された、単行本ではアバドになってる。

>>446
宇神さんって、市役所職員だったんだね。知らんかった。
当時は、売れない推理小説数冊出しただけで、
いったいどうやって食べていってるんだろうと思ってたよ。
長年の謎が解けた。ありがとん。

480 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 22:10:03 ID:CI54cfDE
>>431の文の主題はカラヤンやアバドにあるのでなく大フィルと朝比奈のことを語るのに
引き合いとしてカラヤンやアバドを出しているだけなのだから、時代の読者に合わせて
それを入れ替えても別に不誠実とかいうものではないと思うが。

481 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 22:46:57 ID:U7OwAaKN
ま〜、宇野さんの悪口言ってんのはやっかみだから

482 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 22:59:53 ID:qjXF3nak
宇野さんのファンって結構いるよな。
宇野さんの叩く指揮者・演奏家の演奏は絶対聞かないみたいな。
もったいないというか、危惧すべきこというか、なんだかね。
悪い意味でヲタク化しちゃうんだよな。

483 :名無しの笛の踊り:2008/03/05(水) 23:03:56 ID:Q36Hv6Rk
     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ 
  .しi   r、_) |   わしが育てたと言えよう
   ノ `ー―i´



484 :名無しの笛の踊り:2008/03/06(木) 08:35:28 ID:/ZNUFSoy
犬のホムペで読んだんだけど
「カラヤンのブルックナーなんかツマラナイ」と言ってる連中に

「カラヤンのブルックナーの何番を聴いたことがあるんですか?」

「一曲も聴いたことがない」

「ならどうしてツマラナイと分かるんですか?」

「宇野様の本にそう書いてあるから」


 笑った笑ったwwwwww



485 :名無しの笛の踊り:2008/03/06(木) 08:36:54 ID:/ZNUFSoy
「自分の頭で考えてはいけない」と教育されてる
統一教会の信者みたいだなwwww





486 :名無しの笛の踊り:2008/03/06(木) 11:12:54 ID:PpgCePJ7
孤高で、寂寥の極みで、しかもその底に愛と祈りが流れているような芸術、
それこそぼくが一生をかけて求めるものだ。救いようもない寂しさと、
無常と、訣れは人生および宇宙の根本であり、これなくしてはいかなる芸術も
成立せぬ。どんな歓びや幸福の極みにも無常は口を開いている。
故にぼくは楽天的、レクリエーション的な芸術を拒否する。そして絶対的な
寂寥の前に立って、初めてきびしい愛と祈りの感情が生まれるのだ。
ぼくが芸術に求めるのはこれであり、それは時代がどのように移り変わろう
とも永久不変のものである。ぼくにとって現代人意識というのはまことに甘い。
甚だもって楽天的である。われわれは決して甘えてはならない。いつの時代にも
変わらぬ真実を求めることは、結局、自分の人生をいかにきびしく見つめ、
いかにきびしく生きていくか、ということに他ならないのではあるまいか。

60年代に発表した言説だけどその後は・・・orz

487 :宇野珍ポーコー:2008/03/06(木) 11:26:56 ID:QjtexLCV
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<今はこれこの通りといえよう
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

488 :名無しの笛の踊り:2008/03/06(木) 22:10:28 ID:zfb9mWbR
宇野先生を支持する人が多いのは、やはり先生の情熱の所為なんじゃないでしょうか

こんなところで宇野先生の悪口を言っている人たちが日陰者なのは当たり前です

漱石が言うように、文章は「人を押」してナンボのものです

「人を押す」力のある文章を読みたいと思い、それを書く人のファンがたくさんいて、
こんなところに書かれているうじうじした人の悪口を支持する人が少ないのは、自明の理です

489 :名無しの笛の踊り:2008/03/06(木) 22:19:05 ID:/mzGegdT
>>488
宇野先生を支持するプロ演奏家って聞いたことありますか?

490 :右脳広報:2008/03/06(木) 22:49:58 ID:7Tw/M5lr
フルトヴェングラーのブルックナーの国内盤が初めて発売されたとき(BPOとの第9番、1964年)真っ先に取り上げ絶賛したのは他ならぬ宇野功芳であった。
『ブルックナーはその渋さのゆえに、ドイツ、オーストリア以外ではあまり親しまれていませんが、フルトヴェングラーやワルターのような名演奏で聴きますと、
大変心に訴える音楽ですし、感覚よりもむしろ心で聴くべき音楽と言えましょう』
と書いていた。ところが後年クナの演奏に接した途端、フルトヴェングラーのブルックナーを貶し始め、
『ブルックナーはクナが最高で、生々しい人間感情を導入するフルトヴェングラーはブルックナーではない」
『フルトヴェングラーのブルックナーを聴いて感動する人はブルックナーを理解していない』
『日本ではフルトヴェングラー、ワルター、クレンペラーなどがブルックナーの大家ということになっているらしいが、
僕には少なからぬ疑問がある』
などと平気で雑誌やライナーノートに書くようになった。このときから私は宇野功芳をまったく信用しなくなった。

491 :名無しの笛の踊り:2008/03/06(木) 23:32:09 ID:/mzGegdT
>>490
ヨッフムやシャイー、ザンデルリンクあたりの演奏、
宇野さんはまともに聞いてるのかね?
ブル好きならここらへんきちんと押さえないといけないと思うんだが。

492 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 02:59:31 ID:zNubpNsr
ヨッフムのブル9は最高と書いてるし
ザンデルリンクのブル3も絶賛してたと思うが

君の方こそもっとちゃんとチェックしたら?

493 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 03:02:48 ID:zNubpNsr
>>490
単に最初は理解してなかっただけじゃね?
それは仕方ないよ

ちなみに今月号にはマラ7はシャイーを聴いて初めてわかった
それ以前の批評はインチキだと宣ってるW

494 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 03:10:15 ID:zNubpNsr
http://crocro.com/ws/auto4koma_100/index.cgi?q=%B1%A7%CC%EE%C4%C1%A5%DD%A1%BC%A5%B3%A1%BC&k1=&k2=&k3=&k4=

495 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 03:42:55 ID:rysTzGuM
>>490
64年の時点では仕方がないと俺も思う。
クナ/ミュンヘンの8番なんか、70年代前半には宇野が
絶賛していても廃盤だった。シューリヒトが手に入るように
なったのはもう少し遅かった。
この頃にこのへんをしつこく持ち上げていた点は功績として認めねば。

496 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 05:45:12 ID:S7kvBJhe
>>492
ザンデルリンクを評価してるのは、何年頃の盤?


497 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 06:02:25 ID:7DFzifFs
1963年3月号のレコ芸「近く発売されるレコード」で、シューリヒトのブル9
とクナのブル4を宇野が批評しているので参考までに紹介しとくかな。

シューリヒト・・・この曲のレコードとしては、最近ワルターの名盤が出た
ばかりなので、いきおい比較をせざるを得ないが、結論をいえばシューリヒ
トはワルターに決して劣らないばかりか、むしろ美しい面が多いのではないか
と思われる。

クナ・・・世はステレオ時代となり、昨年には批評家選奨を全員一致で受けた
ワルターの最新版が出された今となっては、発売当時の魅力がやや薄れ、遅き
に失した感があるが、それでも出さないよりはずっと良い。

だからクナやシューリヒトの名盤に接しても無条件に賞賛してたんじゃなくて、
特にクナ盤は、「・・・スケールの大きさが一貫せず、威厳や演奏効果の点で
はワルターに及ばない」と批判もしている。その後フルヴェンの名盤登場もあり、
暫くそれに酔いしれてたのは490も書いてるとおり。
だからクナやシューリヒトのブルックナーが不遇だったのは、宇野自身にも責
任の一端が無いとはいえないんで、宇野が嫌われるとしたら過去の言説で不都
なことには口を拭って、自分も同類だったのに他人を批判してることじゃないかな。


498 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 06:12:39 ID:S7kvBJhe
>>492
ところで、なんで宇野さんの偏った文章など、つぶさにチェックせなあかんの?
なんかたいしたこと書いてるっけ?

499 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 09:46:19 ID:DldDL/x0
信じるものは救われる教です

500 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 13:57:49 ID:R0MwqeHt
>>498
宇野先生は広く一般に音楽評論家として認知されています

その方の言っていることを間違っていると主張するわけですから、

立証責任は一方的にあなたにあるという道理です

501 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 14:30:27 ID:S7kvBJhe
音楽評論家として広く一般に認知されているから、正しいとな。
う〜んまず>>489に答えてよ。

502 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 14:42:24 ID:S7kvBJhe
権威主義的に話をもち出したのは>>500だからね。
虚さんは楽譜も読めない御仁ですが、彼も一応広く音楽評論家として認知されてるから、
間違いと指摘したらダメなんですね?

503 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 14:51:11 ID:A+7aI9Vo
>>489
新日本フィルや大阪フィルは宇野先生を指揮者と認めて招聘しているよ。

504 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 15:06:02 ID:7DFzifFs
横レスだけど旧ディスク系の評論家を中心に絶賛されてたランドフスカの
モーツァルトを、当時から高く評価してたのはぼく一人などと書いてたような。
功芳がランドフスカを高く評価してたなんて、「モーツァルトとブルック
ナー」読み返してもランドフスカのラの字も出てこないんだが┐(´д`)┌.

505 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 16:15:29 ID:rEb92u/C
こんな奴を信じる奴は、リアルで色々と騙されないように気をつけて〜

506 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 16:29:45 ID:zNubpNsr
>ザンデルリンクを評価してるのは、何年頃の盤?

ブル3はエレクトローラやエテルナ(これはモノしかないかも)のステレオ録音。
もっとも日本盤が出たのはずっと後でCD時代になってからだが


だから宇野のいい加減さを非難したいんだったら、
自分もいい加減じゃ駄目だって言ってるんだよ。
メクソハナクソを笑うになってしまう。

507 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 16:45:01 ID:S7kvBJhe
>>503
商売って知ってる?

>>506
ザンデルリンクやシャイーがブル解釈において際立ってるのは、1990年前後。
アーノンクールの伝記で知った。
こんなこと日本のブルヲタ評論家を自認するなら、知らせるべきことだろ。




さて、権威主義的な論法でいくと、
日本でしか通用しないような評論家風情が世界一流の演奏家を一丁前にたたくなという話になる。

508 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 16:45:04 ID:uPZBBZpw
クナやシューリヒトが本場でも通好みで人気がない。
書いてあった時、おや?と思ったけど、そうだったの?
クナやシューリヒトの経歴見るととてもそうだったと思えなかったけど。

509 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 16:55:10 ID:S7kvBJhe
書いてることも適当なんだろうけど、
>>484のようなリスナーを少なからずつくってるのは、評論家としてどうなん?
こういう信者がのだめファンを叩いていたら、目も当てられないのだが。

510 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 16:57:16 ID:A+7aI9Vo
>>507
金のためなら納得いかない相手とでも共演する、その程度の団体だというのですか、
新日フィルや大フィルは。

511 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:04:25 ID:zNubpNsr
おいおい商売ってW

そんなのプロオケである以上、当然じゃないか
西本だってよく在京オケに登場するだろ?

だいたい商売はいけないことなのか?
まるで宇野みたいなことを言うなよWWW

512 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:07:36 ID:zNubpNsr
>>507

>アーノンクールの伝記で知った。

アーノンクールの言うことじゃアテにならんと思うが

>さて、権威主義的な論法でいくと、
>日本でしか通用しないような評論家風情が世界一流の演奏家を一丁前にたたくなという話になる。

それじゃやっぱり死鳥とかの本場もの主義の評論家と同類だな
虎の威を借る狐に過ぎん

513 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:09:35 ID:zNubpNsr
>クナやシューリヒトが本場でも通好みで人気がない。
>書いてあった時、おや?と思ったけど、そうだったの?

それも勉強不足。
ヒストリカルはフルトヴェングラーでさえ日本が最大の市場
もっともクラシック音楽自体がそれに近いのかもしれんがね

514 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:11:52 ID:zNubpNsr
ナマはともかくクナやシューリヒトのLPが本場でベストセラーになったという話は聞かないな

515 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:15:10 ID:S7kvBJhe
>>511
別に商売だから悪いなどとは言ってないよ。
演奏家も食っていかないかんもん。

>>512
言葉足らずだったな。評論家の役割を言ってるの。
ブルの新解釈についてのくわしめの記述があったの。
ちなみにアーノンクールはそれとは別の方向探ってるよ

516 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:18:12 ID:S7kvBJhe
>>512
>アーノンクールの伝記で知った。
> アーノンクールの言うことじゃアテにならんと思うが

ところで、なんでアテにならんの?
あの人の演奏おもしろいじゃん

517 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:21:30 ID:zNubpNsr
そりゃ面白いかもしれんが
いいとは思えない

518 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:25:03 ID:S7kvBJhe
>>517
なんでアテにならんの?
あれだけ研究・検証してる人が、宇野よりアテにならんと言うの?
わかりやすい例、「四季」。
ああいう楽譜のとらえかたで描写性をより押し出すのはたいしたもんだろ。

519 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:26:42 ID:A+7aI9Vo
評論家風情というならプロ経験もない吉田秀和が何を偉そうにって話でしょ。
宇野は音楽の専門教育受けてるし、桶指揮者としてはともかくも合唱指揮者としては
プロと言って間違いないですよ。

520 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:38:13 ID:rEb92u/C
信者に何を言っても駄目だと言う事を、再認識しました。

521 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:48:03 ID:S7kvBJhe
>>517
アーノンクールの何を聞いて、よくないと思ったの?

>>519
吉田も好きじゃないからどうでもいいよ。
権威主義的な論法にのっかっただけの話。
合唱指揮者としてはいいの?
オススメ教えて。

522 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:51:40 ID:rEb92u/C
そもそも自分で年間10枚も購入しないのに、評論家なんて名乗ったら駄目だろ
ちょうちんライターと名乗るべき

523 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:52:53 ID:A+7aI9Vo
>>521
http://www.hmv.co.jp/product/detail/318256
http://www.hmv.co.jp/product/detail/568120
http://www.hmv.co.jp/product/detail/230272

マジで感動できる。

524 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:53:32 ID:rYCBr4+9
信者も安置も大差ないでしょ
所詮クラヲタ
メクソハナクソスW

525 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:58:47 ID:S7kvBJhe
>>524
そういうお前も同類なんだろ?

526 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:58:47 ID:dOpWfJaV
>>522
自動車評論家も年間何台も購入しないぞ

527 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 17:58:51 ID:rYCBr4+9
けなしてる方も宇野と全く同じタイプなのが笑えるな

528 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 18:00:59 ID:S7kvBJhe
>>527
そうだよ。
宇野に洗脳された経験あるもん。


529 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 18:03:57 ID:S7kvBJhe
ところで勉強不足とか、アーノンクールダメとか言った奴どこ言ったの?

俺は消えるけど、なんか言えよ。

530 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 18:38:59 ID:w9Bnr0L8
ID:S7kvBJhe
↑この人が一人で必死にがんばっていたみたいだね

531 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 18:47:42 ID:2DPPeN/i
馬鹿が一人で粘着して最後に火病って逃げるクラ板にありがちな流れだな。

まさか宇野スレでこんな喜劇が見れるとは思わなかったがね。

532 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 21:18:56 ID:7DFzifFs
レコ芸66年2月号月評担当者を訪ねてG から拾うと
・・・まあ類は類をよぶので、人とのつきあいの極めて少ない氏の周囲にも
純粋派の珍しい人物が集うということにはなる。
・・・およそ不純派の代表のような僕はとても、そのサークルに仲間入りする
気持ちにはなれないが・・・
・・・表現力という点でも、強い熱気はあるがそれを抑制する技術に欠けている。
そもそも内部燃焼がない文章では、抑制も何もあったものではないが、氏のように
深部に火をもつ人は水の効用を意識すると、一層見事な炎となるであろう。

等々とインタビュアー(向坂正久)が書いているんだが、今の時点で考えれば、
若かりし頃の純粋さを担保していた要因が、結局は本人をスポイルしてしまった
ということかもしれない。

533 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 21:25:42 ID:S7kvBJhe
>>531
全く逃げてねえよ、バカタレ

534 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 21:46:02 ID:rYCBr4+9
次スレは「なぜクラオタは嫌われるのか」にケテーイ!

535 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 22:03:58 ID:S7kvBJhe
音楽聞かずに無駄な知識ひけらかすから。


536 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 22:18:05 ID:R0MwqeHt
おや、すごい数のレスが

一言で纏めますと、宇野先生の悪口を言ってるような人は、2ちゃんで燻るしかないということですね

現にアンチの方々に執筆の依頼なんてないでしょうから

537 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 22:19:54 ID:rYCBr4+9
あと自分が一番と思ってるとこと
やたら順番つけて喜ぶとこかな
何とかベスト100とか

538 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 22:30:10 ID:FQo4KOk8
昔('60年代)の宇野の文章を紹介してもらえるのはありがたいので、
もっとやって欲しい

539 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 22:31:10 ID:xWUCfxHu
皆さん功芳ダイセンセイが好きなんですね

540 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 22:31:34 ID:S7kvBJhe
>>536
お前も宇野アンチスレで煽るなよ
しかし、いくらなんでも「先生」はないだろ

541 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 23:01:42 ID:7DFzifFs
アンチで書いてるのではなく、ある時点から方向性が捻じ曲がってしまった
のが大変残念なので、現在の信者を通して本人へ伝わればとの淡い期待で、、、

田代秀穂の「世界の指揮者」への書評は、ごく初期のころ彼が目指していた
ものが何だったかを知る上で大変興味深いのでとりあえず〜
・・・レコード芸術誌上に連載されて非常に好評であった田代氏の指揮者論が
今度音楽之友社から単行本となって発売された。氏は東大出の秀才で温厚で無口、
お会いする度に愛現(ママ)を増さずにはいられない落着いた人柄の持ち主だ。
「その演奏が単に自分の期待した通りでないからとか納得出来ないからと云って
簡単に投げ捨ててしまうよりも何故そのような表現を演奏家が敢えてしたかを
良く考えてみるべきではないだらうか」此の言葉程、氏の立派で公正で聡明かつ
知的な批評態度を表現しているものは無い。
ろくにレコードを聴かないで書いているのではないかと思われる様な批評、音楽
的な裏づけの無い道楽半分の批評などの多い中で、氏の文章は明快を極め、曲に
対する完全な理解と演奏者に対する正当で深く、理路整然たる表現は一際光った
存在であるが、特に指揮芸術に対する造詣の深さは有名であり、此の本に於いても
全二百五十数頁、古くはワインガルトナー、メンゲルベルクから最近のフリチャイ、
オッテルローに至る三十名の演奏様式が徹底的に分析されつくしている。

まだ半分だが長杉では書き込めないので今回はここまでf(^^;)

542 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 23:15:25 ID:rEb92u/C
>>536
じゃーお前に執筆の依頼が来るのかよデブ

543 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 23:34:05 ID:S7kvBJhe
俺は今日書き込みまくったけど、
言いたいのは宇野基準で演奏家をとらえて、宇野が叩いている人は聞こうともしない、ひどい人はまともに聞きもせずに、
こきおろしてること。
聞く際も宇野の評論の先入観を通して聞く。

そんなん音楽に触れるうえで演奏家、リスナーともに不幸を招くということ。
宇野でクラシック導入するのは、何も言う気はないが、
クラヲタに足つっこんだんなら、宇野の呪縛から離れて、いろいろ聞いたり音楽そのものを勉強すんのがいいと思うよ。
嫌らしい言い方だが実際、クラシック作品に取り組むプレイヤーの人(プロアマ問わず)で宇野信者はほとんど聞かない。
クラシック作品を学ぶ機会の少ない吹奏楽の人なんかは、宇野さん好きは結構聞くけど。

544 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 23:37:08 ID:Li2Rtahy
>>541
乙です。
「ある時点」とはいつ頃だろうか?
オケを振り出した頃からじゃないかとおれは見ているが。。。

545 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 23:40:52 ID:S7kvBJhe
了見広げれば、音楽のおもしろさが格段に違いますよ。
これはマジで

546 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 23:49:37 ID:S7kvBJhe
>>541
> 「その演奏が単に自分の期待した通りでないからとか納得出来ないからと云って
> 簡単に投げ捨ててしまうよりも何故そのような表現を演奏家が敢えてしたかを
> 良く考えてみるべきではないだらうか」

これは成る程ですね。

547 :名無しの笛の踊り:2008/03/07(金) 23:53:25 ID:R0MwqeHt
宇野先生の悪口を書いている方々は、自分のお気に入りの演奏が先生に批判されているのを知って

根に持っているだけの人も多そうですね

私たち宇野先生を支持する者共より、よほど宇野先生に束縛されているのではないでしょうか

宇野先生が受け入れられないなら、さっさと袂を分かっていけばいいのに

結局先生の文章の力から逃れられないのですね

548 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 00:06:50 ID:DPM8OE7H
>「ある時点」とはいつ頃だろうか?
>オケを振り出した頃からじゃないかとおれは見ているが。。。

ということはHしたい林氏のせい?
もういい加減に止めればいいのにな

549 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 00:06:54 ID:sSbDTM5S
>>547
むしろ、宇野がダメという演奏を聞いて、
いいじゃないかと洗脳の呪縛から解かれる人が多いと思うよ。
なんだかんだ言って、少し前までは宇野がクラシックの入門にしてた人が少なくないもん。

別に宇野が褒めてるのでもいいのはいいし。


550 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 00:09:01 ID:DPM8OE7H
マジで自分を大指揮者と思ってるのはどう考えてもおかしい

551 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 00:11:46 ID:DPM8OE7H
そいでもってネコケンに酷評されて怒るのはどう考えても筋違いなんだが

今度の「運命」「英雄」もネコケン?それとも小石?まさか自薦じゃ?

552 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 00:19:10 ID:sSbDTM5S
昔の文章読んでると、新しい盤にも向き合う姿勢が感じるが、
懐古主義的になったのはいつくらいからなんだ?


553 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 08:46:51 ID:4RbIH+Kp
レコ芸編集部から送られてきた宇野のCDを手にした時の小石の表情を見てみたい

554 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 09:29:02 ID:CrXUBDVj
クズが指揮したCDを批評するクズ。




555 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 09:47:14 ID:+39mhiaN
>>550
ゲージツ家とはそのぐらいうぬぼれがないとダメなんです。

556 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 10:11:54 ID:+CgrlbSG
芸術家だったらね

557 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 11:51:54 ID:XVRVZuBY
>>521
「水のいのち」が定番。

558 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 11:55:38 ID:t0SDrgvT
Andanteの捏造大地ライブをぶった斬ったのは宇野だけ。マジで溜飲が下がった。
ああいう中国餃子精神のレーベルと輸入代理店をちゃんと非難しないでなにが批評家か。

559 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 12:06:23 ID:mrQGLeqH
宇野が何を言おうが言うまいが
カラヤンはちんかす

560 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 12:17:05 ID:v2sLFakH
カラヤンはまあ清原レベルだな。
そこそこ実力もあり歴史に残る選手ではあるが態度の大きさほどの選手ではない。

561 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 12:31:43 ID:id3S1UId
フルトヴェングラーはミスターか?

562 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 13:03:49 ID:87AeCmXn
そういや、「指揮者ベストナイン」って、やってたなw

563 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 13:11:23 ID:bZQ5HVpp
>>500
> >>498
> 宇野先生は広く一般に音楽評論家として認知されています
> その方の言っていることを間違っていると主張するわけですから、
> 立証責任は一方的にあなたにあるという道理です

おすぎも世間から映画評論家として認知されてるよ。
映画業界じゃおかまの片割れを映画評論家だなんて思ってる奴誰も居ないけどw
宇野もおすぎレベルのウンコ太鼓持ちだなw

564 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 13:14:32 ID:t0SDrgvT
映画業界自体が糞のかたまりだろ。日本アカデミー賞みたいな権威ゼロのやらせ賞
(黒澤明にも辞退されるw)しか作れない業界なんてものはおすぎとどっこいどっこいだ。

565 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 14:10:25 ID:JPWVC4AB
映画といえば、ゆうべ久しぶりに
唐沢寿明と遠山景織子主演の「高校教師」を見た。
93年、TBS製作。
荻野目慶子扮する女教師が寮内で第九を流しながら
遠山景織子を追いつめるエピソードがあるのだが
最後のエンドロールでその「第九」が
指揮:宇野功芳と出てて思いっきり吹いた。


566 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 17:30:38 ID:CrXUBDVj
宇野がどれほど吼えてもカラヤンの人気は今でも絶大。






567 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 17:53:08 ID:UjboClDy
>>565
えっ?そりゃ今度見てみなくちゃw
音楽著作権料入ってきたのかな。

568 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 18:42:49 ID:FtIGsAJc
>>541
(承前)
僕達が現在レコードで聴く主な指揮者は殆ど全部ここに載せられていると
云ってよいであろう。氏の論文が甚だ豊かな感じのするのは、音楽のみに
片寄らぬ実に幅広い氏の教養で、例えばヨッフムやストコフスキーの項などの
表現の美しさは現在の日本の評論家でこれ以上の傑れた文章を書ける人が居るか
どうか疑問の様な感じのする程の素晴らしさだ。
 音楽を曲の方から理解する事は勿論必要だが、音楽の一方の面である演奏
から把握する事は同じ位大切な事だ。再現芸術に興味のある人には勿論今迄、
単に楽しみにだけ音楽を聴いていた人々にも、これは是非一読をすすめたい
本である。そして読者に演奏というものの重要性、偉大さ、その面白さを
此の本は何よりも良く教えてくれるだろう。そしてこれを読んだ人の音楽への
考え方はより深く、より緻密に、より誠実になる事だろう。
それはつまり氏の音楽に対するひたむきな愛情と純粋性が読者の心に直接働き
かけるからなのである。

>>544
以前から兆候はあったが、象徴的にはオケを振り出した頃という544の分析
が妥当と思われる。
時期的にカラヤン、さらに挙げれば福永陽一郎の物故も何らかの影響を与え
たのかもしれない。

569 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 19:09:45 ID:AfGAbyTf
>>541だが賛同いただき感謝申し上げる。
かつてさんざん天才だと持ち上げていた宮沢明子を
黙殺するようになってから、おれはこの人を信頼するのをやめた。
時期的にはオケを振り出した頃である。

570 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 19:51:28 ID:FtIGsAJc
>>569
個人的には極端なブラームス嫌いを標榜し始めた頃から不信感が拭えない。
廃刊したディスク誌上で田代秀穂とともに、ワルターのブラームス交響曲
全集(NYフィル)について対談をやってるのだが、ワルターを含めての
ブラームスの交響曲の聴き方を読者に伝授しており、田代の発言を受けて

・・・二番は耳あたりはいいけれど、その本当のよさは中々分からないし、
一寸聴いてブラームスのシンフォニーというのはこの程度のものと思われて
も困ると思うんです。だからぼくは四、三、二、一と逆に聴くのがよいと思う。
但し、二と一は入れかえてもいい。

が宇野の弁である。ここにはある時期から称しはじめたブラームス嫌いの
片鱗さえ見出せないし、むしろ好意的ですらあるのではないだろうか。
少なくとも「どこが良いのかぼくに教えてほしい」などと同じ筆者が書くのは
理解に苦しむところである。

なお昨日紹介したレコ芸月評者紹介では、・・・著名な舞台人の三男一女の
家庭に、氏は長男として昭和五年五月九日に忌まれている。と述べており、
出自について気を遣わざるを得なかった事情が見て取れる。
 また評論家としてのデビューについて、ディスク誌の編集長に紹介の労を
とったのが田代秀穂であることが述べられているのだが、現在入手できる
著作の中では、ワルターとの文通はともかく当時の評論家の恩義について
黙殺扱いであるのも不審のひとつではなかろうか。

571 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 20:46:16 ID:za25mQ+7
>>559はナマ聞いたことあるのか?

572 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 20:49:32 ID:UmUE6V14
糖尿等の慢性疾患と同様、宇野珍呆中毒

573 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 21:15:05 ID:DPM8OE7H
もしこの中で宇野のことを大指揮者だと思ってるシトがいたら手を上げてみてよ
名指揮者でもいいよ

574 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 21:21:41 ID:kpCCxJYV
フォン・カラヤン?
あぁ、クラシック音楽の実演教材をたくさん作った人だね。

575 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 21:43:35 ID:uwzlvlUF
宇野が絶賛していたのにある時からパタッと書かなくなってしまった人って
宮沢明子のほかにも根本昌明もいたよね。
どちらも個人的に仲違いしたのが理由だっけ?

576 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 21:46:23 ID:FtIGsAJc
本日最後の書き込みとして、田代秀穂の影響が強かった初期のカラヤン論
から一部を紹介する。

・・・僕がカラヤンの演奏で最も物足りないのは緩徐楽章の指揮でリズムが
重苦しくメロディーが全然歌ってない事である。自分ではかなり歌っている
つもりなのだろうが旋律線が冴えず少しもカンタービレに聴こえてこない。

お得意の「精神的でない」等の決まり文句は使用していないことに注目。
ワルターの演奏に酔いしれていた本人からすれば、当然な不満であろうが
原因を精神性の欠如に求めるなど避けている点で、その後お馴染み?の、
人格否定にまで及ぶ罵詈雑言よりは、よほど好感が持てる。

577 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 21:52:40 ID:R4Njmyhc
宇野が何を言おうと言うまいと
カラヤンは下らん

578 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 22:21:19 ID:DPM8OE7H
ベートーヴェンのトリプルコンチェルトはどう?

579 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 22:47:30 ID:kpCCxJYV
すばらしい








オイストラフ

580 :名無しの笛の踊り:2008/03/08(土) 23:39:30 ID:VNUHG0XM
この人の評論の仕方はクラヲタに自分を評価してもらうための評論にみえて仕方がない
カラヤンぼろくそ言ってでもオペラは褒めるところなんて評論の技巧そのもので言っている中身はからっぽだ

581 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 11:32:13 ID:+Cl8hicd
>>575
ハイドシェックもそう。

582 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 15:23:13 ID:tHR9VujT
ハイド氏は一応まだたまに書いてるよ

金にならないから頻度が減っただけじゃね?


583 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 16:56:42 ID:DkxWB4Qw
宮沢明子とは何で仲違いしたの?

584 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 17:02:46 ID:OUW03u/q
すぐに四柱推命の話をするな

585 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 17:05:56 ID:tHR9VujT
△関係だったかな?

586 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 20:57:55 ID:LwUzGYgc
今夜は功芳がレコ芸に連載中の「楽に寄す」から2007年4月号、ぼくの宝!
ランドフスカのモーツァルトのK333にまつわる宇野流儀を紹介しよう。
比較的最近なので承知の人もあろうが、文中で、・・・発売当時から少なく
とも日本でほめる批評家はぼくひとり。不思議な話だ。・・・と書いていた。

ところが実情は大違いであるのは、↓をご覧いただけば一目瞭然だろう。
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/103774014

さらに再発時の月評として、ディスク1963年10月号における藤田晴子の激賞を
紹介しておこう。

 ランドフスカ全集の今月の分は第四巻で、モーツァルトの奏鳴曲集二枚である。
第三巻まではハープシコードであるという重大な特長もあったので、
このすばらしい演奏家の盤を推薦盤に指定することは、自明のことのように
思われた。けれども今月の盤は、ランドフスカ女史のお得意のハープシコード
ではなく、ピアノである。その上この盤は以前発売されたときに聴いて、
モーツァルトの曲の弾き方にしては少し真面目すぎるような印象を受けた記憶が
残っていた。そこで今月はこの盤を推薦からはずしてみようと内心思いながら、
かけてみて驚いた。なるほど、あまりにも欠点のない演奏なのが少々気になり
はするが、実にしいんと落着いた名演奏であって、無数のレコードを聴いて
やや疲れた耳には、まったく得がたい清涼剤であった。
 

587 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 20:59:16 ID:LwUzGYgc
(承前)
 ハープシコードを巧みに弾く人は少ないが、ピアノを弾く人なら、いくらでも
いると思ったのは、とんだまちがいであった。ピアノを弾く人は、なるほどいくらも
いるけれど、ランドフスカ女史ほどの高い気品をもって、モーツァルトの整然とした
古典的な姿を、率直に再現し、モーツァルトの作品など聴き飽きたと思っている人まで、
はっとさせる名演奏を聴かせることは、やはり女史ならではできないことなのであった。
女史の独特の装飾音は、ピアノで弾きながら、ハープシコードの効果を感じさせるが、
純粋のピアノ演奏として批判しても、これだけ人の襟を正させる何かを持っている
モーツァルトの演奏は、他に例がない。
どの曲も深く研究したあげくの演奏である。そのなみなみならぬ苦心のあとと、
女史のモーツァルトに対するそして音楽全体に対する深い愛情が、また女史の
人生に対する真面目な態度が、音の一つ一つの表情に、にじみ出ていて、
やはり、この盤を推薦しないなら、いったいどの盤を推薦すればよいのだろう
といったほどの名盤である。けがれのない岩清水のように、その音楽は、
ほこりにまみれた旅人の心をうるおして、深い慰めを与え、
熱した頭を冷やしてくれる。

 発売当時だけでなく、再発時にもこれだけの高い評価を与えた評論家が
いたにもかかわらず「・・・日本でほめる批評家はぼくひとり。不思議な話
だ。」と宇野功芳が書いているのは、これこそ不思議な話だ。


588 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 21:55:14 ID:tHR9VujT
クラシック音楽界の七不思議の一つといえよう

589 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 21:57:31 ID:tHR9VujT
シェルヘンも大昔は貶してたのに
ルガノのベートーヴェン全集あたりから突然
褒め始めたんだよな

ハスキルは昔も今も無視だけど今後どうなるか見ものだね

590 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 22:17:00 ID:rYO/RO1D
シェルヘンはウェストミンスター盤とルガノライヴで全く別演奏だから評価が変わってもよいと思うが
同じ演奏でも以前無印だったものが推薦に一変することもあった。
うろ覚えながら、ヴォリュームを上げて聴いたら美演になったというサリエリのピアノ協奏曲とか
バルビローリのエニグマなどがあったと思う。
相当いい加減に批評しているんだと思った。



591 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 22:21:16 ID:Q7N63Cev
この人は当人もしくは関係者に面と向かって言えないことを
平気で文章にするところが大嫌い。
ただ許に比べて音楽に対しての愛情が感じられるのが救い。
許はもう…

592 :名無しの笛の踊り:2008/03/09(日) 22:32:20 ID:LwUzGYgc
宇野の評論は無神経な面もあるが、ある面ではクラシック評論家としての立位置
を確保すべく巧妙あるいは狡猾といっても良い計算がなされているのではないか。
カラヤンへの批判も、かつては純然たる解釈面からの疑問を提起していたのが、
アンチカラヤン層へのアピール狙いから方向転換したと見るべきだろう。
 ブラームス嫌いにしても、文通していたワルターの重要レパートリーでも
あることから額面どおりとは思えないふしがある。

593 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 00:17:31 ID:5NfG+i5b
>>590
時々わからなかったのを録音のせいにしないか?

>>591
いくら宇野でも許と一緒にしちゃ可哀想だW

594 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 01:54:53 ID:2aBgOWmX
ここで宇野さんのこと貶してるようなクズどもって、ほんとに何も知らないのな。
宇野さんが自分の文章で扱ってるようなコンサート行って見ろよ。必ず1公演には来てるぞ。
宇野さんの悪口書いてるクズどもは、ろくにコンサートも行かない引き籠もりだってのがよく分かるよw

595 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 02:15:21 ID:5NfG+i5b
お前こそ何も知らないなW
宇野がコンサートによく行ってたのはせいぜい10年くらい前まで。
あとは最晩年の朝比奈ですらほとんど来てなかったよ。
まあ年だから仕方ないが。

それに大昔、前橋か何かで「聴かないのに書いちゃった事件」があったそうだぜ
曲目変更か何かでバレたそうだが

596 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 02:20:27 ID:c1LlnPLK
何と言っても年間CD購入枚数5枚の方だからな
595の方を信じよう

597 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 02:25:29 ID:y/fXS89H
今ならジェネレータ功芳くんを使えば聴かずに書けるしなw
http://hayes.cside2.jp/other/archive/koho.html

598 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 02:29:31 ID:5NfG+i5b
自分でもコンサートに行くのは好きでないと書いてたし
そもそも演奏会評はほとんどやってないんだからそんなことはどうでもいい

問題はCDをあまり聴いてないことだろう
バルシャイのタコ全集の件とか

ワルターのモツ40のデータを間違えて犬のサイトで笑いものになってたが
あれじゃ「大地の歌」のインチキ告発の功績も帳消しだな

599 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 02:38:48 ID:c1LlnPLK
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2597251
これだな

600 :.:2008/03/10(月) 09:02:23 ID:vb2rWSzE
金蔓はとことん

601 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 13:51:39 ID:aG39wLK3
粘着してる信者って一体何者なんだ?
ファンスレでも立てて、言葉遊びに酔いしれてろ。

602 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 14:39:50 ID:KND3XwsK
>>595
既に90年代前半の時点で、朝比奈のコンサートでも滅多に見掛けなかった。
来ていたとしても3公演に1回程度。
朝比奈の熱心な支持者を自称しているのに、不実な人だなと感じていた。

603 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 15:15:38 ID:5NfG+i5b
もうその頃から不仲になってたのかな?
最後のブル8の時、不穏テックの件で楽屋で一喝されたそうだし

604 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 16:31:10 ID:laVJGuW/
>>1
2ちゃんねるでは大人気といえよう。

605 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 17:35:05 ID:S+4Rjzu+
リアル不法になったら多くの板住人が精神崩壊して立ち直れまい。

606 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 17:48:59 ID:MNP66QW/
歯茎のオヤジの漫談って面白かったのかな。
弟子の外した時の白目芸は最強なのだが・・・

607 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 20:23:12 ID:lwHn8Ttn
 功芳のレコ芸デビュー当時、彼が読者相手の「レコード相談室」
の担当を任されていた時期がある。
 今よりは至極まともな内容が目立つのは、当時の若さと読者本位という
仕事の性質のためと思われるが、自分の鑑賞と子供の教育用にショパン
のエチュードの名盤を、という質問に対してコルトー盤を推したりして
いるのは、やはり面目躍如というしかないであろう。
 大人の鑑賞用ならともかく、コルトーのエチュード演奏が子供のピアノ
学習の技巧面や解釈面で果たして参考になったか甚だビミョーである。


608 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 21:17:51 ID:S0vmKOf4
このジジイの文章がいつもあんまり支離滅裂なので、こいつの褒める
演奏が素直に聴けなくなってしまった

目に入ってしまった不要な情報を、脳内で切り離す修行をしないと、
いい演奏をみすみす逃す事にもなりかねん

609 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 21:24:54 ID:S+4Rjzu+
虚が褒めてるせいで長年ザンデルリンクとかテンシュテットとかいんちきくさくて
聞く気しなかった。

610 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 21:34:23 ID:lwHn8Ttn
>>607(続)フルトヴェングラーのウラニアのエロイカのピッチが
高かったことは今や周知のとおりだが、海賊版初出の当時から耳
ある層から時おりピッチに対する疑問が提出されていた。
さて以下は、レコ芸1962年7月における読者と宇野功芳氏の問答。

〔問〕フルトヴェングラー指揮のウラニア盤の「エロイカ」は
一般には名演といわれていますが、あまりにテンポが速く低音
が入っていない点からみて、海賊盤のことでもあり、第二楽章
までを第一面に詰め込むために回転を遅くしてカッティング
したのだと思いますが。(高槻市・N)

〔答〕回転を速くしてカッティングすれば調が違ってしまいます。
あのレコードの第一楽章は変ホ長調ですから正しい回転ですし、
いくら海賊でもそんな非音楽的なことはしません。もっとも
他の会社でもたまに半音位狂ったレコードも現れますが。

611 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 21:36:23 ID:lwHn8Ttn
>>610
訂正スマソm(__)m 回転を遅く→回転を速く

612 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 21:46:22 ID:aG39wLK3
音楽学のレポートで、宇野や許の著書を参考文献に使う奴っているのかな?


613 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 21:50:26 ID:CFm/lN30
「いえよう」だけなら使う奴いるんじゃない

614 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 22:13:57 ID:lrNHWjMN
>>596
買わなくても貰えるからだろ
無名とは違うよ

>>602
3公演に1回も行けば十分だろ
お前らみたいな暇人じゃないんだよ、宇野さんは

たとえばハイドシェックの公演なら、忙しい中必ずどれかは顔を出してるし、
歓迎パーティーのときは最後まで出席者と語ったりしてますが

ホントこんなとこで宇野さんの悪口書いてる連中の言うことはでたらめばかりだな
お前らが会場で宇野さんを見かけないのは、お前らがビンボー人でNHKホールの2階席の後ろとかしかチケットが買えないからだろ

615 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 22:31:22 ID:c1LlnPLK
ふーん、宇野珍って偉いシトなんだねW
そういうのを贔屓の引き倒しって言うんだぞ
覚えておきなバーカ

616 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 22:43:09 ID:aG39wLK3
宇野とかその亜流みたいな頭が古漬けの奴らが、音楽評論家として通用しちゃうから
なかなか正確な情報が伝わらないんだろうな。


617 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 22:51:52 ID:S+4Rjzu+
ぼくはたまたまこの掲示板を見つけた。
ぼくは、音楽が好きで、ここの掲示板を見つけた時には
言語に絶する愉悦を感じた。
たくさんの人と音楽について話が出来るとは光栄の至りと
思った。
だが、実際、見せて頂いたところ、まさ愚鈍の極みといえよう。

ここに書き込みをしている諸君は、私より、音楽の
知識がなく、あたりまえにぼくのような指揮もできない人たちだと思う。
だが、ここの書きこみが、諸君らの命を賭けた遊びであるとしても、
ぼくは悲しかったのだ。
素直に、音楽について話したかった。
ぼくはもうここには来ないといえよう。
諸君、音楽とはそんなに汚れたものなのだろうか?
音楽の話とは、演奏技術を批判したりするものだけなのだろうか?
もちろん、すごく良い事や、拝読していて、
ぼくも老体に鞭を打とうと思うような書きこみをしておられる方も
沢山いると、ぼくは思う。
人には人それぞれの意見があるから、ぼくは
諸君らに何も言うことはできない。
だが、今日、ここの書きこみを見ていて本当に
哀切の極みになった人間がここにいるといえよう。
これを言ったからどうなる、というわけではないが
ぼくの感情を素直に、書き込んだ次第である。

それでは。最後に、分かりにくい文章になったことをお詫びする。
ぼくの書き込みを読んでくださった方に感謝したい。

それではみなさん、良い音楽を。
                  永遠の青年 宇野珍ポーコー

618 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 23:50:16 ID:lwHn8Ttn
>>617
>ぼくは、音楽が好きで・・・
とても本当に音楽を愛しているとは思えない。もし本当に音楽を愛
しているなら、例えばランドフスカの名盤を自分以外にも絶賛して
いた評論家をいくら老齢とはいえ忘れたり出来るはずがない。
生前ランドフスカと文通していた評論家が当時存在していたという
事実を失念しているわけでもあるまい。
考えられる理由はただ一つ。純粋に音楽を愛しているのではなく自分
自身の都合に必要な限度において愛しているということであろう。


619 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 23:51:19 ID:5NfG+i5b
614みたいな低レベルなクラヲタが今の平均的な宇野ファンなのかね
落ちたもんだな

>買わなくても貰えるからだろ
>無名とは違うよ

有名人はいいよね。評論家のカラヤンってところかな
でもバルシャイのタコ全みたいな外盤はもらえないだろう

>3公演に1回も行けば十分だろ

いや宇野の普段の言動からすれば全部行くべき。熱心なファンは皆そうしてる
お前も少しは真面目に聞けよ

>お前らみたいな暇人じゃないんだよ、宇野さんは

音楽が一番大事じゃないってことか?音楽は暇つぶしってこと?
コンサート行かずにAVでも視てるのか?W

>たとえばハイドシェックの公演なら、忙しい中必ずどれかは顔を出してるし、

そんなの当然だろ。自慢になるか

>歓迎パーティーのときは最後まで出席者と語ったりしてますが

パーティーなんか出てもしょうがないよW
馴れ合いは最も慎むべきことだった筈だな?

620 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 23:52:17 ID:MNP66QW/
牧伸二も評価して欲しいな

621 :名無しの笛の踊り:2008/03/10(月) 23:52:19 ID:5NfG+i5b
>ホントこんなとこで宇野さんの悪口書いてる連中の言うことはでたらめばかりだな

お前の方がよっぽどデタラメじゃないか

>お前らが会場で宇野さんを見かけないのは、お前らがビンボー人でNHKホールの2階席の後ろとかしかチケットが買えないからだろ

生憎、お布施も招待券ももらえないんでね
今の宇野ファンってこんな奴等ばっかりなのかな?
教祖の劣化を反映してるなW

622 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 00:06:45 ID:+IquZZz1
>>618
コピペ改変に突っ込んでも仕方ない

623 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 01:49:52 ID:hP0Y1aMf
評論家のカラヤンだと?
あまりにもカラヤンに失礼すぎる

624 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 02:04:31 ID:DjFMrf2G
空やん=虚

625 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 08:05:17 ID:h3jGf02e
虚センセイにとって研究とはその程度のものだったの?

>学生にどれくらいごちそうするかは、
>教員にとっては場合によっては研究以上の大問題

626 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 08:14:09 ID:FH+RTx9V
>>614みたいなアホな奴らが、宇野珍を支えてます。

627 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 13:34:21 ID:8sF1VFiW
> いや宇野の普段の言動からすれば全部行くべき。熱心なファンは皆そうしてる

無能のビンボー人には、売れっ子評論家の日常なんて想像も付かんのだろうなw

故朝比奈氏やハイドシャック氏のコンサートにすべて行かれないのは、その時間他に
他のコンサートや原稿の締め切りを抱えておられるからだ。そんなことも分からんのかw

ったく、アンチ宇野なんて本当にバカばっかりだな。上の引用文がすべてをものがたるよw

628 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 15:03:44 ID:9fHxlbrY
>>627
漏れはアンチ宇野だけど、今回の論争はアンタに理があると思ってるよ。
正直スマンカッタ。

629 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 16:46:11 ID:++0bRiRM
>>627
同感。朝比奈のコンサートなんて1年に1回で十分。
マニアでもそんなものだろ。

630 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 17:57:11 ID:kxtoW+74
へんな工作員が現れたなW
雛オタの常識!
御大は初日と2日目で演奏が違う。
宇野珍は伝聞でしか知らなかったみたいだけどね。
それに一般人だって仕事休んで来てるんだぜ甘ったれるな!
地方の人はどうすんだよ。
毎日コンサートに行く評論家もいるのに宇野珍はいやいや聴いてるだけなんだな

631 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 18:03:52 ID:iMmFbP8Y
なんか変な流れ。
雛なあ…。


632 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 18:49:06 ID:GkEw6uWk
朝比奈さんはその没後まったく聞かなくなった。

633 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 19:21:36 ID:f+9m6Fc9
>>632
生誕100年の今年、大量に再発されてますが?

それと、宇野が○○のコンサートに足を運ばなかったって書いてる奴、2000人も入るコンサートホールで自分が彼を見かけなかったからって彼がその演奏会に来ていないと断定しているのか?
自分の視界に入るものだけが事実だとでも?でも無きゃ宇野が来ているかずっと入り口でチェックでもしていたのか?それはそれでキモイ。

634 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 19:24:02 ID:FH+RTx9V
こいつ面白いな
キチガイって

635 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 20:42:26 ID:iMmFbP8Y
書き込みたいが、雛ヲタも傷つけてしまうので黙っておく

636 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 23:17:51 ID:42TmEdU7
こんないい加減な評論家の言うことを真に受けて勝手に熱くなって、
宇野から裏切られたと騒いでる馬鹿な奴らだ
とでも言いたいのかな?W

637 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 23:22:22 ID:42TmEdU7
>自分の視界に入るものだけが事実だとでも?

いや宇野が朝比奈を聴きに来ないというのは当時の朝比奈ファンの共通認識だよ
登場とかネコケンとかはしょっちゅう来ていたからな
本人もその頃は特に隠しちゃいなかっただろう

都響との最後のブル7は確実に聴いてないし
最後のブル8もアダージョが崩壊した初日しか聴いてない


638 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 23:30:06 ID:ASp1Drt9
嫌われる云々以前に
2chで始めて聞いた名前

639 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 23:31:44 ID:y4yv2+nF
ホントは聴かなかったコンサートの批評を
「音楽の○」に掲載してしまったから。

640 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 23:31:57 ID:toYXMOFe
別に朝比奈の実演聴きに行っても行かなくても勝手だと思うがね

そんなことで評価しなくても、宇野の怪しさは文章を読めばそれで十分
分かるじゃないか

641 :名無しの笛の踊り:2008/03/11(火) 23:39:08 ID:aD7xEDs5
宇野っちの人気に嫉妬

642 :宇野珍ポーコー:2008/03/12(水) 00:48:07 ID:sYiNyU4n
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<僕は朝比奈の演奏も含め全てサントリーの2階のトイレで聴いているといえようハアハア
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜ムクムク
(_ω_)

643 :名無しの笛の踊り:2008/03/12(水) 00:51:21 ID:5/4sS58h
要するに雛って、便所以下の糞だったって事だな。

644 :名無しの笛の踊り:2008/03/12(水) 10:10:29 ID:3auBOpxf
雛なんかを大量再販するくらいなら、
日本の有能な指揮者をもっと売り出せばいいのに。
雛よりいい指揮者なんか沢山いるだろ。

645 :名無しの笛の踊り:2008/03/12(水) 10:20:03 ID:3auBOpxf
98年に非売品で出た「日本のオーケストラ」って聞いたけど、
雛・大フィルはマジでパッとしなかったぞ。
意外によかったのが、日本人指揮者じゃないが、ヴェロという指揮者が振った新星日響のラ・ヴァルス。
宇野珍が振ったときとまるで別オケのようだ。

646 :宇野珍ポーコー:2008/03/12(水) 12:50:23 ID:sYiNyU4n
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<そゆこという香具師はこれでも食らえ!といえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

647 :名無しの笛の踊り:2008/03/13(木) 16:32:40 ID:kK/WlDse
>>645
その頃大阪住んでた。
朝比奈・大フィルは確かに名演はあったけど、
当たり外れがひどかったよ。

その時期なら高関さんやら、トーマス・ザンデルリンクがそれぞれのオケをメキメキ育て上げてたのが印象的。
あの頃のセンチュリーはうまかったな。

ここ最近なら、やはり大植さんは力あると思うし、関フィルの成長が著しいみたいね。
関フィルは最近東京で聞いたけど相当うまくなってたよ。びっくりした。

大阪だけ見ても、間違っても朝比奈さんの力が突出していたということはない。
むしろ……。

648 :名無しの笛の踊り:2008/03/13(木) 17:08:46 ID:qwPQeJ9D
筵?

649 :名無しの笛の踊り:2008/03/13(木) 17:51:10 ID:WUb6dspu
>>645
ヴェロは一度サンサーンスのオルガン付を聴いただけだが、かなりの名演だった。
高関も去年のシティフィルとのブル8は良かったねぇ。今日明日の大フィルとのブル5も遠征しようかと思っていたが、資金難により断念。替わりにハーン聴きに行く。

650 :名無しの笛の踊り:2008/03/13(木) 19:13:30 ID:GRgX3JZg
クラCDの名盤(+演奏家編)は、結構いいよ。尼で¥150+340くらい。

651 :名無しの笛の踊り:2008/03/13(木) 20:17:41 ID:kK/WlDse
>>650
なにがいいの?


652 :名無しの笛の踊り:2008/03/13(木) 22:26:37 ID:nfWzBTWP
話のネタとして
「初夜の股間の疼きを想わない者は、泣きながらこの本を閉じなさい」
など名言多数

653 :宇野珍ポーコー:2008/03/14(金) 11:46:43 ID:nk2oxZ5m
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<ぼくがどれほど叩いてもカラヤンとショルティのCD売上が全く落ちないのはまことに遺憾だといえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)




654 :宇野珍ポーコー:2008/03/14(金) 11:50:26 ID:LzHykbDg
彡≡≡ミ 
ω□-□ω
( 皿 )<「福祉魔ク〜ン、エロスは芸術の根幹なんだよ〜」のフレーズも愛用してくれといえよう。ハアハア
人 Y / シコシコ
( ヽつ゜〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ 〜〜〜〜○ ドピュッ ドピュッ ドピュッ ドピュッ
(_ω_)

655 :名無しの笛の踊り:2008/03/14(金) 16:49:40 ID:tEtfitaH
>>650>>652
あれは福祉魔くんの暴走振りのほうがウケてると思うが

656 :名無しの笛の踊り:2008/03/14(金) 22:35:17 ID:rS/DBlye
福祉魔君ってHしたい林よりひどいね

657 :名無しの笛の踊り:2008/03/14(金) 22:56:23 ID:rXoIgfCY
アーッ

658 :名無しの笛の踊り:2008/03/15(土) 01:12:36 ID:XtZFP/6R
サ岡?

659 :名無しの笛の踊り:2008/03/15(土) 09:20:33 ID:7oGhTbCq
宇野の洗脳を解かれてからが、真のクラヲタ人生と言えよう。


660 :名無しの笛の踊り:2008/03/15(土) 22:39:48 ID:rok4sAkk
A岡も元宇野信者だったんだ

661 :名無しの笛の踊り:2008/03/15(土) 22:51:07 ID:XtZFP/6R
だったん人は許さん

662 :名無しの笛の踊り:2008/03/17(月) 16:20:15 ID:IitOcdTj
>>630

> 御大は初日と2日目で演奏が違う。

いかにイマイチの指揮者だっかをしめしてくれる話だな。
あれだけ大ヒルと一緒にやっててそれかい。

663 :名無しの笛の踊り:2008/03/17(月) 17:59:38 ID:Wchqoz4Z
フルベンに匹敵するといえよう!

168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)