5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【調律】ピエトロ・アーロン【音楽理論家】

1 :名無しの笛の踊り:2007/08/27(月) 18:56:56 ID:pLThY4Np
音楽の母こと、かのヘンデルも取り入れた、
代表的な古典調律の一つであるアーロンの中全音律等を発表した
音楽史を代表する理論家について、あれこれお話するスレです。
ミーントーンとも呼ばれる調律法がなければ、
今日のようなクラシック音楽の発展はなかったと言っても過言ではないでしょう。

代表的な著作

Libri tres de institutione harmonica (Bologna, Italy, 1516)
Thoscanello de la musica (Venice, 1543; four reprints 1525-1562)
Trattato della natura et cognitione di tutti gli tuoni di canto figurato (Venice, 1525; partially reproduced and retranslated into English in 1950 in O. Strunk's Source Readings in Music History, N.Y.)
Lucidario in musica di alcune opinione antiche e moderne (Venice, 1545)
Compendiolo di molti dubbi, segreti, et sentenze intorno al canto fermo et figurato (Milan, posthumous - title page bears the inscription: "In memoria eterna erit Aron")


12 :名無しの笛の踊り:2007/09/15(土) 11:48:58 ID:e9q8k3mi
全体の流れ
骨格となる音をミーントーン5度で合わす→肉となる音を純正長3度で合わす
という流れになる。

〜ミーントーン5度〜
1. 音叉等でc'をうなりが消えるように合わせる。
2. c'からc"をうなりのない完全8度に合わせる。
3. c'からe'をうなりのない長3度に合わせる。
4. c'からgへ、gからd'へ、d'からaとミーントーン4度・5度(*印参照)に合わせる。
5. aとe'の完全5度が毎秒約2回のうなりが出る事を確認する。
6. gからg'をうなりのない完全8度に合わせる。
7. 三和音c'e'g'とa c'e'に問題がないかを確認する。
* ミーントーン4度:うなりのない完全4度を僅かに完全5度に近づけた状態。うなりは毎秒約2回。
* ミーントーン5度:うなりのない完全5度を僅かに完全4度に近づけた状態。うなりは毎秒約2回。

〜純正長3度〜
1. まず、aからa'をうなりのない完全8度に合わせる。
2. g'からb'とeb'をうなりのない長3度に合わせる。
3. d'からf#'とbbをうなりのない長3度に合わせる。
4. a'からc#"とf'をうなりのない長3度に合わせる。
5. e'からg#'をうなりのない長3度に合わせる。
6. b'からb、bbからbb'、c#"からc#'をうなりのない完全8度に合わせる。
7. 三和音g b d'、a c#'e'、bb d'f'、d'f#'a'、eb'g'bb'、e'g#'b'、f'a'c"に問題がないかを確認する。

〜仕上げ〜
1. 出来上がった中央のオクターブ12音を基準に鍵盤の両側全域へうなりのない完全8度に合わせる。
2. 全音域の三和音に問題がないか確認する。

13 :名無しの笛の踊り:2007/09/21(金) 20:03:37 ID:CZN6ZRNo
古典調律はアロンが純正律の改良版として公式に中全音律として
発表しプレトリウスやシュニトッガーがそれを改良し最終的には
キルンベルガーが第3法として完成させたといえるね。

アロンの中全音律は好きだけど調選択の幅が狭いのでバロック中期
までの作品かヘンデルの曲ぐらいにしか使えないんだよね。

ウチ、バロック中期以降が専門なもので

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)