5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【調律】ピエトロ・アーロン【音楽理論家】

1 :名無しの笛の踊り:2007/08/27(月) 18:56:56 ID:pLThY4Np
音楽の母こと、かのヘンデルも取り入れた、
代表的な古典調律の一つであるアーロンの中全音律等を発表した
音楽史を代表する理論家について、あれこれお話するスレです。
ミーントーンとも呼ばれる調律法がなければ、
今日のようなクラシック音楽の発展はなかったと言っても過言ではないでしょう。

代表的な著作

Libri tres de institutione harmonica (Bologna, Italy, 1516)
Thoscanello de la musica (Venice, 1543; four reprints 1525-1562)
Trattato della natura et cognitione di tutti gli tuoni di canto figurato (Venice, 1525; partially reproduced and retranslated into English in 1950 in O. Strunk's Source Readings in Music History, N.Y.)
Lucidario in musica di alcune opinione antiche e moderne (Venice, 1545)
Compendiolo di molti dubbi, segreti, et sentenze intorno al canto fermo et figurato (Milan, posthumous - title page bears the inscription: "In memoria eterna erit Aron")


8 :名無しの笛の踊り:2007/09/03(月) 22:07:37 ID:HqIgDMfs
中央のC-Gのうなりは毎秒2回
昔、うなりの回数は極秘だったみたいです

9 :名無しの笛の踊り:2007/09/05(水) 14:13:17 ID:B6f6QFim
>>1
ラミスが15世紀末に発表した論文だと中全音律はすでに欧州の広範囲で
利用されていたみたいですよ。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)