5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カルロ・マリア・ジュリーニ 9

1 :名無しの笛の踊り:2008/03/29(土) 16:47:44 ID:haN+Lftl
孤高の巨匠、ダンディズムの至宝、カルロ・マリア・ジュリーニを語るスレです。

過去スレは、多いので>>2へ。

2 :名無しの笛の踊り:2008/03/29(土) 16:48:51 ID:haN+Lftl
過去スレ

ジュリーニ
http://piza2.2ch.net/classical/kako/976/976008599.html
ジュリーニ最高
http://music.2ch.net/classical/kako/1001/10015/1001517853.html
ジュリーニ再び
http://music.2ch.net/classical/kako/1028/10288/1028885190.html
高貴なる巨匠「ジュリーニ」
http://music.2ch.net/classical/kako/1033/10333/1033377038.html
復活・ジュリーニ最高!
http://music3.2ch.net/test/read.cgi/classical/1050217366/
カルロ・マリア・ジュリーニ 6
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1077111843/
【いままで】ジュリーニ追悼スレ【ありがとう】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1125844683/
カルロ・マリア・ジュリーニ8
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1139587535/

3 :1:2008/03/29(土) 16:50:56 ID:haN+Lftl
ほぼ1週間、新スレが立たなかったので勝手に立てました。
引き続き紳士的にご歓談ください。

4 :名無しの笛の踊り:2008/03/29(土) 17:05:52 ID:iX0pHiDe
立ててくれてありがとうございます。

5 :名無しの笛の踊り:2008/03/29(土) 17:12:03 ID:v2DnV4pm
丁度今、「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴いてた。
DG盤よりSONY盤の方が、より(・∀・)イイ!!

6 :名無しの笛の踊り:2008/03/29(土) 23:17:13 ID:OqxxS8kd
やはり、オケの差ですかね。ベトベンもBPOとの第九以外はちょっと物足りないかも。
SONYもスカラでなく、VPO,BPO,ACO,BRSOのいずれかにして
欲しかった。

7 :名無しの笛の踊り:2008/03/29(土) 23:31:33 ID:udE9SmTs
ウイーン・フィルと録音したブラームスの交響曲、買おうかどうか迷っている
んだけど、この演奏の評価はどんなものなのかなあ。

8 :名無しの笛の踊り:2008/03/29(土) 23:34:32 ID:fRlK/YD8
>>7
1番・・松
2番・・竹
3番・・竹
4番・・松

9 :5:2008/03/30(日) 01:31:03 ID:RrGFeEZu
>>7
それと同じ時期に録音した、ドイツ・レクィエムも良いよ

10 :名無しの笛の踊り:2008/03/30(日) 03:44:17 ID:BKehl8s9
>>8>>9
ありがとうございます。
まず4番とドイツ・レクイエムを買ってみようかな。

11 :名無しの笛の踊り:2008/03/31(月) 00:57:05 ID:owzZrQZT
LAPOとの1,2番もいいよ。

12 :名無しの笛の踊り:2008/03/31(月) 06:55:14 ID:SG9szvrm
あれはホルンのメカニックな音色が曲と演奏を台無しにしてる
VPO以外のならPOのが瑞々しさがあって良い

13 :名無しの笛の踊り:2008/03/31(月) 23:47:38 ID:owzZrQZT
がっちりとした構成を聴くならロスのほうがいい。
CSOならもっとよかったが。
こじんてきにはCSO,LAPO時代が全盛期だと思う。

14 :名無しの笛の踊り:2008/04/01(火) 23:49:03 ID:wnpBaLUg
>>13
同感!特にCSOとの、第9シリーズ(マーラー、ブルックナー、ドヴォルザーク、シューベルト)は極極極上ですよ。何度聴いても飽きない不思議な名演です。

15 :名無しの笛の踊り:2008/04/02(水) 01:49:06 ID:59XKtopE
なにげにマ・メール・ロワが好きでつ

16 :名無しの笛の踊り:2008/04/02(水) 23:49:24 ID:BzKOeK7c
マメロワをあれだけ録音してくれているのが嬉しい。
シカゴ響であんなしなやかな音色を出すとは。

17 :名無しの笛の踊り:2008/04/03(木) 00:06:19 ID:cx2id88D
マ・メール・ロワはシカゴじゃなくロスフィルだろ。
俺もあのDG録音は後年のSONYとの奴より引き締まった演奏で好きだな。

18 :名無しの笛の踊り:2008/04/03(木) 10:28:01 ID:fWFVSSBh
コンセルトヘボウ最強

19 :名無しの笛の踊り:2008/04/05(土) 08:06:34 ID:G5wFGnmN
ソニーはけっこうSACD化に取り組んでいるので、
晩年のコンセルトヘボウとの録音を速やかに(ry

20 :名無しの笛の踊り:2008/04/05(土) 19:28:20 ID:kLxpTX9X
ジュリーニがCSOと録音したシューベルト第4番<1978.3>で初めてシューベルト良い!って思えたのですが、
ジュリーニの他のシューベルトで皆さんのお勧めってありますか?

21 :名無しの笛の踊り:2008/04/05(土) 21:29:49 ID:Xur5P3Md
>>20
CSOとの「グレート」はお持ちですよね?小生は、あの演奏の第1楽章の最後で本当に感動してしまい、以後、同曲のベスト盤のひとつとして愛聴しています。

22 :名無しの笛の踊り:2008/04/05(土) 21:37:23 ID:kLxpTX9X
>>21
いえ・・・恥ずかしながら持っていません。
ベートーヴェンの5番も良いと思えた物が無かったので、
偶然売っているのを見かけた国内盤のベト5&シュベルト4番カップリングのCDを買ってみたらどっちも素晴らしかったんです。

早速HMVでCSOとのグレートを探してみますね!情報ありがとうございます。

23 :名無しの笛の踊り:2008/04/05(土) 21:47:54 ID:GUSHeZSk
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n64073258

3枚組でわりとレア盤。ちなみに俺は国内盤で買って持ってる。価格は6Kだった。
4.5Kくらいまで出しても後悔しないと思うぞ。内容もいいしね。

24 :名無しの笛の踊り:2008/04/06(日) 13:28:24 ID:SMhvASqw
CSOとのグレートは廃盤扱いになってたと思う…
でもまだCD屋行くと置いてあったりするので根気強く探せば見つかるはず

25 :20:2008/04/06(日) 20:08:57 ID:fhSXgxYA
>>24
や、やはり廃盤でしたか・・・必死に探したんですが見つからなかったのでもしやと思ってました。
今日は結構探し回ったんですが残念ながら見つかりませんでしたorz

代わりにといってはなんですが、コンセルトヘボウと演奏した
ドヴォルザークの8番とラヴェルのマ・メール・ロワがカップリングされたCDを買ってきました。
8番だけとりあえず聴いてみたんですが、これまでどうしても中途半端に終わった感じのする4楽章で、
ついに納得のいく演奏に出会えました。第1〜3楽章も美しすぎで、特に3楽章は大のお気に入りになりそうです。

26 :名無しの笛の踊り:2008/04/06(日) 20:29:34 ID:8vKH6/Kv
コンセルトヘボウのドヴォは7番も素晴らしい。
すごい名曲に聞こえる。
ジュリーニファン必聴の一枚。

27 :名無しの笛の踊り:2008/04/06(日) 20:49:25 ID:qiaO73t1
そんな書き方したらドヴォ7ファンに食いつかれるぞ、まあジュリーニの演奏が素晴らしいことは間違ないが

リスナーの中にロスフィル時代以降は音楽が崩壊してるとか言う人がいるけど、どんな聞き方してるのか気になるな

28 :名無しの笛の踊り:2008/04/06(日) 21:03:13 ID:6ttPxGmL
>25
3楽章は厨房の頃ソニーの音のカタログで聴いて涙ぐんだ覚えがある。
ほんの数十秒しか収録されてなかったんだけど感受性が豊かだったんですなぁ

CSOのグレートは去年だか塔限定で再プレスしたはずだよ。
1200円のリミテッドエディション

29 :名無しの笛の踊り:2008/04/06(日) 22:18:37 ID:fhSXgxYA
>>26
7番も良いんですね!
7番は殆ど聴いた事が無いんですけど今度買ってきます!

>>28
3楽章はもう最初のヴァイオリンの音からやられました。他と違いすぎますよね。
タワーレコードから出てるんですか!!それじゃ明日仕事帰りにでも立ち寄ってみます。
情報ありがとうございます!

30 :名無しの笛の踊り:2008/04/06(日) 22:57:22 ID:F4Xw4Fur
21ですが、ジュリーニの音楽の本質は、高貴さにあると考えます。無用にテンポを動かさない悠揚迫らざる音楽の運びは、彼の人間性の深いところから湧出した人類の宝物と言っても過言ではありませぬ。

31 :名無しの笛の踊り:2008/04/07(月) 02:22:41 ID:6/umtkQb
晩年はテンポは遅めで、かつ弄ってたと思うけどなー。
僕はそこが好きなんだけど。

32 :名無しの笛の踊り:2008/04/08(火) 21:00:49 ID:JP1DwApn
バイエルンとのグレイトも「弛緩」してるという意見がある。
だけど、巨匠が晩年にたどりついた境地だと思って好意的に聴いてるけどなあ。

33 :名無しの笛の踊り:2008/04/08(火) 22:13:19 ID:IMc9fLA3
CSOとの大ハ長調〔DG〕、欲しいなあ。
CD、廃盤みたいだし。

34 :名無しの笛の踊り:2008/04/08(火) 23:05:05 ID:q5W/c79B
>>33
こんな名盤が!信じられないことです。アマゾン中古で、9800円です。

35 :名無しの笛の踊り:2008/04/08(火) 23:08:01 ID:q5W/c79B
>>33
あなたと連絡取れれば、コピーでよければ、何とかしますよ!

36 :名無しの笛の踊り:2008/04/14(月) 21:51:18 ID:XAJHeqJf
ドボ7はEMIがいい。晩年は覇気がないのが不満。


37 :名無しの笛の踊り:2008/04/19(土) 00:14:16 ID:fHYLFrXn
3大オケと録音している指揮者だな。他に、バンスタ、アバド、レヴァ、
小澤、クーベリック、ショルテイ、ブーレーズあたりか?

38 :名無しの笛の踊り:2008/04/19(土) 00:48:29 ID:L2Em9NTu
>>33
おととい渋谷のレコファンにあったよ。
たしか1000円以下だったと思う。
自分は既に持ってます。

39 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 01:07:12 ID:jSsQcY8t
>>37
忘れられたハイティンク
カワイソス

40 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 01:41:31 ID:hJP92uY/
ヨッフム…
セッション録音でなくライヴ録音を残している指揮者ならフルヴェン、クレンペラー、カラヤン、セルetc…と無数にいる

41 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 03:26:06 ID:VkGO8q5F
今コンビニバイト交代して帰宅、ジュリーニ指揮の「フィガロ」聞きながらビールのんでます
確かに、シンフォニー指揮者として素晴らしい録音を残したことは確かだし、これからもずっと聴かれ続けるでしょう。
でもこの「フィガロ」聴くと、オペラ指揮者としても素晴らしかったなと思います
シュワルツコップもいいけど、アンナ・モッフォのスザンヌも色気あるなー
そして若きジュリーニの生き生きした、かつ充実した響きのオケがいい。充実してるし感情はこもってるけど重苦しくも歌手の邪魔もしない。
もうちょっと聴いたら寝ます。チラシの裏すみません

42 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 20:02:33 ID:D4GGOEky
私は、久々にロス・フィル時代の録音を聴いてみました。チャイコ「悲愴」、ブラ1、「英雄」などなど。シカゴ、ウィーンのような凄みには欠けるけど、どうしてどうして、充実の記録で嬉しくなりました。

43 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 23:24:14 ID:VD2jqUWz
ブラ1は四楽章など気になるとこもあるが素晴らしく充実した演奏で。
「悲愴」「英雄」あんま印象ない。

44 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 23:41:50 ID:oKufJJq+
ヨッフムがシカゴと録音してたとは知らんかった。

45 :名無しの笛の踊り:2008/04/21(月) 00:03:43 ID:N/gyo79y
もしかして、
>>40さんは三大オケをウィーン・ベルリン・コンセルトヘボウ
>>37さんと>>44さんはウィーン・ベルリン・シカゴ
と認識なさっているのでは?
まあどちらでもジュリーニはあてはまるね

46 :名無しの笛の踊り:2008/04/21(月) 00:40:18 ID:fQV0EXbJ
普通、シカゴをいれるんじゃないの?
ハイティンクはシカゴとあるの?

47 :名無しの笛の踊り:2008/04/21(月) 00:52:26 ID:WGl1/mzS
>>46
ハイティンクはシカゴのボス。
ブルックナーやマーラーを発売してますが。

48 :名無しの笛の踊り:2008/04/21(月) 15:34:44 ID:fZQS2jv0
カラヤンがシカゴのポストを断ったあとに、
シカゴ当局が二股かけて交渉してたショルティに正式に招聘依頼したんだよね。

ショルティはジュリーニが首席客演指揮者になって仕事を分担してくれればOKと。

49 :名無しの笛の踊り:2008/04/24(木) 00:41:03 ID:QYPmKjab
カラヤンなどにしても

「俺よりは劣るがいい演奏するから、客演には呼んでおこう」

という扱いだね。
おかげでBPOとの「第九」も残った。

50 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 01:00:26 ID:tKvAvZPj
権力志向じゃなかったし。玄人好みの演奏家だし。

51 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 01:04:35 ID:+Dj1znsi
ジュリーニのBPOのモーツァルトは軽すぎず重すぎずで落ち着いてていいね。
今でも愛聴盤、聴き終えるとほっとする。

52 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 01:16:47 ID:tKvAvZPj
k364なら協交はもっとよかった。

53 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 22:44:30 ID:o41yluE/
「指揮者は忙しすぎる。勉強して考える時間が必要だ」という発言がこれほど似合う人もいない。
(『マエストロ』2巻より)

カラヤンのようなタイプも必要だけど、あえてレパートリーを広げずに深めるジュリーニは凄いな。
今の人気指揮者たちを観ていて痛感。

54 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 22:46:31 ID:f2jJVyR1
k69なら援交はもっとよかった。


55 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 23:21:43 ID:MiHrTx+S
おまいら本当にシモネタ好きだよなー


56 :名無しの笛の踊り:2008/04/26(土) 01:35:08 ID:z140MRwe
シカゴへ呼んだショルティ、ジュリーニとは何つながり?
コヴェントガーデンあたりで一緒に働いてたのかな?

57 :名無しの笛の踊り:2008/04/26(土) 10:58:24 ID:WrX4+Oxo
>>56
たぶんそうだよ。

I tried to invite as many first-class conductors as possible to Covent Garden,
and to encourage and further the careers of young conductors and singers.
I invited Carlo Maria Giulini several times...
(ショルテイ自伝)



58 :名無しの笛の踊り:2008/04/26(土) 19:06:14 ID:jN08wvfr
CSOにはライナー時代の1954年から定期的に客演していたようです。


59 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 15:36:05 ID:dygSuZyW
「世界の指揮者」(吉田秀和)にジュリーニのことが書かれていたので買いました

60 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 15:43:40 ID:PcMsoVpU
へぇー良く見つかったね。その本

61 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 18:47:52 ID:p7AUMIDv

「世界の指揮者」は吉田秀和全集に掲載されているので
まだ読んでいない人には是非お勧めします。


62 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 18:56:37 ID:hI53ZnTo
先月文庫で出た。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4480423923

63 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 19:02:10 ID:PcMsoVpU
なるほどー

64 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 19:47:10 ID:cowEIZQI
懐かしい!
注文しました
関係ないが「世界のピアニスト」も出してほしい!

65 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 21:41:02 ID:53qBeTDv

ライナーがジュリーニをシカゴに呼び、一時、常任のはなしがあった
が、ジュリーニが断りマルチノンになったと読んだきがする。


66 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 22:46:11 ID:sDNIrHZA
【資料発見】

●ジュリーニをシカゴに招いたのはライナー。
It had been the Chicago Symphony Orchesta's Music Director, the feared but revered
Fritz Reiner, who had invited Giulini to conduct the orchestra for teh first time and
make his debut in the United States of America.

●初共演は1955年11月3日、4日
Giulini and the magnificent Chicago Symphony Orchestra gave their first concerts in
Symphony Hall on the 3rd and 4th of November 1955.

●上記の初共演を、シカゴトリビューンの名物記者が絶賛
After their first concert in November1955, Claudia Cassidy wrote in the chicago Tribune:
'This tall,slender young Itarian from Milan's La Scala has sensitivity,imagination and skill,
and he has that extra enkindling thing, the Promethean gift of fire'.

ソースは Carlo Maria Giulini The Chicago Recordings EMI 7243 5 8597424(4CD)
英文ライナーノーツ

67 :名無しの笛の踊り:2008/04/28(月) 02:39:56 ID:ylSHI5DI

Claudia Cassidy って人はR・クーベリクを
辞任に追い込んだ極めて辛辣な批評家ですね。

68 :名無しの笛の踊り:2008/04/28(月) 20:58:50 ID:IzAMslED
ショルティも彼女にたたかれた経歴あり、いないのを確認して
受諾したらしい。

69 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 00:19:15 ID:9PXsZDdF
ジュリーニはブルックナーは2789しか振ってないの?

70 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 00:42:34 ID:k+zuGyM3
みたいだね。
5・6番も入れて欲しかったが、7・8・9に全精力を注ぎ込んだ気がする。

71 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 02:05:32 ID:OOcgpyIL
ということは、実は、愚かだったのか?

72 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 02:41:14 ID:nqJZ7mee
1曲を探求する毎に、膨大な時間を費やしたんじゃないですか?商業ベースからは完全に外れた求道者ですな。それだけに、説得力が漲っとるわけで・・・。

73 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 02:43:14 ID:9TVdKGcL
それにしても、マ・メール・ロワが好きな人だな〜

74 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 06:49:35 ID:m46vt7BH
>>71
レパートリーが狭いと愚かなの?
C.クライバーなんてのは愚鈍のかたまりになっちゃうな。
イミフすぎて。俺にはなんかよく分からない。

ひとり言なのでレスいらないよん。

75 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 08:13:53 ID:CgJzPn5A
ブルヲタに釣られ過ぎだよ、みんな。

76 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 23:27:47 ID:k+zuGyM3
指揮者には学んで、曲を指揮できるというレベルではなく、
一体化する必要があるとか。

そのために「高邁なる怠惰」をお許しくださいとのこと。

77 :71:2008/05/03(土) 00:37:39 ID:Zl975Lxg
そうなんだ。よく分かったよ。

78 :名無しの笛の踊り:2008/05/03(土) 09:54:28 ID:GlmTJPCC
最近、ジュリーニにハマりました
もっと知りたいので、ジュリーニについて書いてある本、おすすめあったら教えてください(日本語限定)

79 :名無しの笛の踊り:2008/05/03(土) 17:20:03 ID:sJPAIWPO
>>78
>最近、ジュリーニにハマりました

おめでとうございますw

ファンサイト等で尋ねてみてはどうでしょう
(レスになってなくて失礼・・・)

80 :名無しの笛の踊り:2008/05/03(土) 22:56:54 ID:F0qQUX04
>>78
アルファベータの『マエストロ』第2巻がおすすめです。
ジュリーニへのインタヴューの日本語訳。けっこう語るジュリーニ。
インタヴューアーもなかなか引き出すのがうまい。

81 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 07:35:48 ID:h1R19zTo

東芝EMIのブル2のCDが店頭で「岡崎リマスター!」って強調されて
おいてあった。いいものという強調なのだろうか、知らせたからね、
がっかりしないでという言い訳なのか…

82 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 09:25:56 ID:Z4d7aUz+
ノークレーム・ノーリターンを表現したかったんだろう

83 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 14:33:05 ID:ZFzCaLPj
タバコとか毒ガスが発生する洗剤と同じ理由ではないか

84 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 15:36:33 ID:TX4Y1RFp
>>83
混ぜるな、危険てかw


85 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 15:46:19 ID:Q/tpvaE2
なんでそんな売れないようなこと書くんだよ。やる気あるのか。

86 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 18:01:40 ID:P4hv7Wya
諸先輩 教えて下さい。
ナクソスライブラリでケルン放送交響楽団との演奏を聴いて大変気に入りました。
が出来ればステレオが欲しいのです。
他の演奏でこのケルン放送響に近いのはどれになりますか?

87 :86:2008/05/06(火) 18:02:49 ID:P4hv7Wya
↑ あぁ すみません ドヴォルザークの交響曲8番の話です。

88 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 18:44:13 ID:2tq1t7Pg
>>86

年代的に近いのは、フィルハーモニア管との録音(EMI)かと。
さほど解釈に違いはなかったように感じます。

テンポが少しゆったりしてきてからは、シカゴ響との録音(DG)が
あります。

お好みによりますが、(個人的には)芯の強さとしなやかさを併せ持った
のは後者かと思います。既にお持ちでしたら失礼。



89 :名無しの笛の踊り:2008/05/06(火) 18:59:41 ID:8LBcX5QR
ドボ8、両方良いんだよね

90 :86:2008/05/06(火) 22:32:07 ID:P4hv7Wya
アドバイスありがとうございます。
やはり年代順にテンポが落ちてくると思っていいのですね。
実はジュリーニ初購入なんですが、ドヴォの8番だけで5種もあって困っていたのです。
  1958年 ケルン放送響
☆1962年 フィルハーモニア(EMI)
  1963年 フィルハーモニア(BBC)
  1978年 シカゴ響
  1990年 コンセルトヘボウ
ジュリーニ御大の60年代を聞いてみます、背中押してくださってありがとうございました。


91 :名無しの笛の踊り:2008/05/07(水) 23:44:49 ID:OyxfNLPn
ケルンは知らんけどそれぞれ味があって困る

92 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 15:08:21 ID:AQjReoyl
何のかの言ってもスカラ座とのベートーヴェンは良いのぉ。


93 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 20:48:49 ID:ZC1SM50u
結局、スカラ座とは9番だけ録音してないんですよね?
残念ですね

94 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 21:25:26 ID:AQjReoyl
そこでBPO盤ですよ・・・って事になるのか。
いい演奏とは思うけど。

不埒にも聞いたことないんですが、LSOとの
ベト9はどんなですかな?

95 :名無しの笛の踊り:2008/05/09(金) 01:26:06 ID:xhfofvai
ジュリーニ生誕94年
今日はブル9(RSS)ライブを聴きます

96 :名無しの笛の踊り:2008/05/10(土) 14:30:28 ID:6g/A7qv8
このスレ自体が「高邁なる怠惰」状態。
ジュリーニの仕事ぶりみたいなペースと
テンポ。

97 :名無しの笛の踊り:2008/05/10(土) 15:54:27 ID:fAgEvkBx
>93
スカラ座との第九は録音したけどお蔵入りになったのだと
どこかで読んだ憶えがあるのだがどなたか詳しい人いませんか

98 :名無しの笛の踊り:2008/05/10(土) 20:56:55 ID:osx8Cj1S
>>97
「合唱の、ドイツ語の発音が良くなかった」のが主な理由
だったとか。

たしか、(幾つ目だったかは忘れたけど)ジュリーニのスレで
読んだ記憶があります。

更に詳しく知っている方、補足をお願いします。

99 :名無しの笛の踊り:2008/05/11(日) 00:28:09 ID:COKJvYCN
生誕100周年に青裏で(ry

100 :名無しの笛の踊り:2008/05/11(日) 16:12:39 ID:WxcKJxp7
>>98
バーンスタインのNYPの第九を超えるお粗末ドイツ語は、この世には
存在しないと思うのですが、あれにokでいるので、関係者はなめたのかも
しれませんね。


101 :名無しの笛の踊り:2008/05/11(日) 17:35:14 ID:N0tFzKj1
>>100
>関係者はなめたのかもしれませんね。

・・・



102 :名無しの笛の踊り:2008/05/12(月) 17:52:10 ID:IVPJo1of
オカルト・マニア・ジュリーニ

103 :名無しの笛の踊り:2008/05/13(火) 19:17:06 ID:CJvYyjJo
今年邦訳されたシュタルケルの自伝を読むと、
ジュリーニのことを「真に偉大な指揮者」と書いてあった。
フィルハーモニアと録音したボッケリーニとハイドンはもう廃盤?

毒舌な自伝だけど、めずらしく指揮者をほめてた。
シカゴの毒女のことも皮肉っていた。

104 :名無しの笛の踊り:2008/05/13(火) 19:32:32 ID:XhAoR/+0
しさしぶりに、、、

じゅりーーーー♥

by kikiKirin

105 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 18:00:37 ID:GDeSwKOe
シュタルケルの自伝読んだ。
ライナーに媚びないジュリーニすげえ。

106 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 20:04:11 ID:gkECxPFL
>>105
kwsk


107 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 11:56:15 ID:yJgSQD3D
クレーメルも大層ほめていたし、いい人だったのは確かなのだろう。
いい音楽家であることは言うまでもないが。

108 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 13:40:28 ID:T5xoxv1I
ライナー「最近契約したジュリーニとかいう若いのが、
     2つプログムを送ってきた。私と同じ曲があったので、変える様に言ったら
     拒否した。信じられないね。」


シュタルケル「彼と協奏曲を録音しましたが誠実で優秀な音楽家です。
       熟知した曲しか演奏しないようで・・・(びびりながら)」

CSOから愛され、欠かせない指揮者だったと。

109 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 18:39:45 ID:fR/6wlj/
BPOとのブル7のCD、ドラム缶から発売されているのを手に入れた
んだけど、○P1997だけで、他のデータ何もない(1985年演奏?)。
これって、本人が知らないところで発売されたものですか。

110 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 18:41:53 ID:fR/6wlj/
ドラム缶→DRUMCANです。すまそ。

111 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 21:16:56 ID:yJgSQD3D
>>109
たぶん『200CD』本シリーズで誰かがネタにしていた演奏だな。
ティンパニストに日本人が入っていたんだが、あまりの演奏の
素晴らしさに演奏しながら忘我恍惚状態だった、という話だった
と思う。

112 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 21:21:30 ID:p82qB5FS

ベルリンフィルに日本人のティンパニスト?

113 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 22:01:27 ID:2bQp3jdI
確か新日のひとだっけか
あれはオレもFMエアチェック持ってるがすごいブル7だよなあ

114 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 22:42:26 ID:vgvu8I+4
>>112
新日フィルの近藤さんは、フォーグラーの弟子なので、
エキストラとしてベルリンフィルのステージに乗ってる。

だけど、このジュリーニの名演のことを話していたのは、
たしかコンマスの安永さんじゃなかったかな・・・?
(いや、ちょっと記憶が曖昧)

115 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 22:56:46 ID:TIUqJugQ
コンマスの安永さんが言及していたのは
1984年9月のベルリン芸術週間でのブル8では?


116 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 00:44:24 ID:VDe8CPwX
ライナーの要求を拒否するジュリーニなら、このぐらいのことも。

「ワーグナーを指揮しない、ということではありません。
バイロイトに招かれて、「タンホイザー」を指揮するように言われたことがありますよ。
しかし、私の承諾もなしに歌手を二人も変更したので、
指揮者に無断で歌手を変更するのなら、
あなた方で指揮をしたらいかがですか、と言ってやりましたよ。

既に、プログラムの全てが決定されていました。
こういうことは、とても受け入れられません。」

117 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 00:49:12 ID:QXnWAX80
>>116
バイロイトとか上から目線なんだろうなあw

118 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 07:19:35 ID:PXY9t5YG
ああバイロイトのタンホイザーが生まれていたらなあ・・・
ズイトナーも確かによいが・・・

119 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 11:43:43 ID:28J77Zib
日頃ジェントルマンな人ほど、本気で怒ったら手がつけられない
と言うが、正にその通りだな。
歌手に対してイスを投げつけたこともあるらしいし・・・。

120 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 13:18:42 ID:a9v88p7c
下品粗野でいつもプンプンしている人なら、指揮棒投げつけるくらいで済むのに。
それはそれで大層危険じゃが。

トスカニニをけなしている訳じゃぁないょ。

121 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 14:55:49 ID:VDe8CPwX
椅子を投げたのはロンドンだったかな。
バッハやってて男性歌手から「神様きどりか!」と言われて我を忘れたらしい。
作曲家への奉仕を信条としていただけに、キレたようでw

122 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 18:37:22 ID:ihhukU2K
   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |  /    |   丿 _/  /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、

123 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 01:08:50 ID:QJPZWSyG
ラトルも慕っていたようだね。

バーミンガムに就任したころの記事。

「ラトルはベートーヴェンやブルックナーの第9、
ミサソレムニスやモーツァルトの「レクィエム」
といった自分ではたいへん好きな作品であっても、
いざ指揮するとなると、どうしてもうまく指揮することができなかった時期に、
親しく話しをする機会を設けてくれたカルロ・マリア・ジュリーニにも感謝している。

ラトルはジュリーニがイギリスを訪れた時には必ず
リハーサルを見せてもらったほどの大のジュリーニ・ファンであるが、
思いあまってミラノまで飛んできたラトルにジュリーニは

「なんの心配もいらない。
作品の方からあなたに指揮して欲しいとドアを叩きに来るときがあるものです。
その時に取り上げればよいのですよ。」
と語ったというが、
その一言はまさに神の声にも似てラトルを勇気づけ、作品の選択についても自分の現在の状態に忠実であること
の大切さを教えられたという。」

ジュリーニ辞任後のロサンゼルスPOの監督にラトルが推挙された。
ラトルのアメリカデビューはジュリーニ時代のロス・フィル。


124 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 10:02:50 ID:5I3E2aGR
ラトルがジュリーニを慕い尊敬しているのは確かだろうけど(LAPOでは
アシスタントもしてたね?)、結構八方美人だよな。
ブーレーズ、テンシュテット、チェリビダッケ、ヴァント・・・みんな
リハに通ったり、音盤コレクションしたりしているし。

125 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 10:08:02 ID:LsFfOgO0
>>124
ジュリーニはそのなかでも別格なんじゃね?


知らんけど。

126 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 20:14:19 ID:8idDDOI1
むしろその中だと一人だけ格下じゃね?

127 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 20:39:17 ID:lNcFnbR6
>>124
フルヴェン、カラヤン。

みんなマンセー、ラトル。ジュリーニをなめっトルな。

128 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 22:32:08 ID:5I3E2aGR
アバドも誰でもほめる人だが。
もちろんジュリーニもどっかで賞賛していた。

好意的に見れば、語らない指揮者に関しては、
評価していないちゅうことなんかねぇ。

129 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 23:33:27 ID:bQ9x+Uie
高貴な2流指揮者ジュリーニ
DGのトロヴァトーレは糞

130 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 13:35:33 ID:0LRzSIAi
安永徹の証言

 1984年、ベルリン芸術週間で、
カルロ・マリア・ジュリーニの指揮により
ブルックナーの交響曲第8番を演奏した時のことである。
私は、始まってから10分ほどで、
オーケストラの感じがいつもと違うことに気づいた。
私には普段、弾きながら他の団員と目を合わせる習慣がある。
コンサートマスターとして彼らの心を読み取り、
より良い演奏にしたいからだ。

ところがその時は、返ってくる団員たちの目の光がいつもと違っていた。
弾きながら自ら感激してしまうと、弾く時の動きに余分なものがなくなり、
耳と身体に全感覚が集中する。そして知らないうちに、
「こう演奏すべきだ」という啓示を受け、
そこに迷いもなく導かれていく。
その時は団員全員が全く同じ目の輝きを持っていたように思う。
皆、弾きながらの感激を味わっていたのかもしれない。

131 :名無しの笛の踊り:2008/05/30(金) 00:38:10 ID:qguE/dXt
それは青裏?ブル7はヤフオクで見かけるけど。

聴きたくなるじゃねえか!

132 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 23:54:03 ID:JeAr6rU+
晩年もっとBPO振ってほしかった。
断ってたのか?

133 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 09:16:36 ID:7tyGq51o

CSOとの火の鳥とペトリューシカ(4枚組のやつ)を聴いた。
シカゴらしくない温かみのある音だ。

原盤の状態が良くない(最強音で歪む、など)のは残念。



134 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 01:40:27 ID:Y8yiBvbs
トロヴァトーレはなぜ糞なんですか?

リゴレットもダメなの?

135 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 04:12:50 ID:s3cGy1FE
アンチの言う事を真に受けたらあかんでー

136 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 16:20:12 ID:dk0+4Sx5
ファンや信者の言うことも真に受けてはいけないのでは?

シカゴやロスフィル時代が絶頂期でそれ以降はダメという働き盛り信者、彼ら曰く弛緩しているウィーンフィル、コンセルトヘボウやスカラ座との共演を愛好する晩年信者、好きで聴いているとはいえ基本マンセー姿勢なので

137 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 16:22:20 ID:YjjweKZx
つ 頼れるのは自分だけ


138 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 22:57:26 ID:PX9lpsGf
リゴレットも多分ダメなんだろうな、聴いてない。
トロヴァトーレ聴いてそれ以上聴く気が失せた。
ファルスタッフは普通の出来。

139 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 03:43:28 ID:qOsc48sk
おいおいマジでリゴレットが駄目とか何?
他に、リゴレット誰のを持ってるのよ?
聴いてもない癖に、好い加減ウザイよ

140 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 20:35:38 ID:CdBdlyol
来週は命日ですなあ

141 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 21:40:18 ID:viNM3yUq
>>138
世の中に、自分で判断できることがよほど少ない人。
何か判断できたりすると、あるいは、そう思いこむと、そればかりを
言い続ける。
『小人の学……』と同類か

142 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 23:56:26 ID:MAlbEBNZ
聴いてないのにダメとか…

143 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 15:46:36 ID:Rqj3bDfk
ジュリーニ没後三周忌

144 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 15:51:05 ID:KVrlRnHY
ブル9とモツレクで偲んでいます

145 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 15:56:47 ID:lCybmpED
じゃ俺はモツ39で…

146 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 18:20:27 ID:65AyYd8v
おれはブラ4にする

147 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 19:55:00 ID:a3Ib+JgQ
三周忌なんて言葉はあるか?三回忌と違うか?
それとて没後2年目の命日だったような。

ジュリーニさんごめんなさい。

148 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 13:26:14 ID:8KIenKGi
命日であろうとなかろうと、疲れた時には
マエストロの演奏で癒されています

149 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 13:45:50 ID:ywwGYs+i
ジュリーニ(1914.5.9〜2005.6.14)
今年は2008年。
また回忌の同義語に周忌、年忌がありますが・・・

150 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 13:47:11 ID:C9+BYku5
>>136
「ロスフィルに駄盤無し」派だけど、それでも後年のコンセルトヘボウとのドヴォは
いいと思うよ。

151 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 14:22:01 ID:C9+BYku5
丁度バーンスタインの録音が後期作品好きでも初期のガーシュインや
中期の『大地の歌』VPO盤でもそれなりに面白いように。

152 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 19:16:45 ID:gf83IoW5
9月に、ブルックナーの9番が、SHM-CDで出るらしい。
音質の違いが無いとしても、買ってしまうのかなぁ。

153 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 01:02:21 ID:tX1IpQ6i
SACDで出してくれよwwww

154 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 01:23:54 ID:H/79Ls/9
ジュリーニファンって面白い。「おれはジュリーニ好きだ」って言うのが普通だけど
「ジュリーニって・・・あれ、どう思います?」って訊いてくるパターン多いw
みんなもその気持ち良くわかるよな?


155 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 01:39:32 ID:dy8PNG5P
トロヴァトーレ、世紀の駄盤。
ジュリーニが全身戦力をかけてこれでもかという駄演をやっている。
それに応えるドミンゴの世紀の駄唱も特筆に価する!
いまならロザリンド・プロウライト(笑)、ブリギッテ・ファスベンダー(大笑)付

156 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 02:29:37 ID:04wl9DU+
>>154
演奏家や業界の人間のジュリーニに対する評価が、肝心の音楽どころか人間性までマンセー一辺倒な聖人(もしかすると楽聖)扱いであることを知ると、聴く以前に偏ったジュリーニ像が出来上がってしまう
だが、いざジュリーニを聴いてみるや「あれ…?」となるリスナーが多いのかも

話は変わるが、WPと入れたブラ2を自分は天国的な永さと感じている、これは合わない人にとっては悠久の苦痛なんだろうな

157 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 02:39:45 ID:WPzCYU4F
Bra1VPOも、あまりいいと思わない。録音のせいもあるだろうけど。
なんか変だった。

158 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 19:32:06 ID:mv0o4+9u
ま、当然だけど、受け止め方・感じ方は人それぞれということ
でしょうね。

私も、ジュリーニファンですが、中には「・・・?」という録音
もあるし。

>>154
何となくわかるw

159 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 22:38:43 ID:ZhuiR2XY
ああいうテンポとる人だから、曲によって合う合わないはあるわな

160 :名無しの笛の踊り:2008/06/18(水) 21:29:25 ID:i/dzogEn
「リゴレット」全然駄目だよ!
もーお話にならないくらい酷い出来。
聴いたことないけどね!

161 :名無しの笛の踊り:2008/06/19(木) 00:59:20 ID:R7DZyR2w
スカラの「椿姫」も、テンポ遅すぎて…
それだけに付き合わされてるディ・ステファノとカラスの凄さが目立つけど。

162 :名無しの笛の踊り:2008/06/19(木) 01:21:42 ID:0sDetfKi
シュタルケル自伝の写真、かっけーな

個人的にピンと来ないのわキーシンとのシューコン
ラヂヲで聴いただけだけど

163 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 00:42:03 ID:oB33DL/x
伴奏なのにあそこまでの音を出すかと驚いたぞw
>シューコン

164 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 10:46:19 ID:nv1ZDlQA
伴奏といえば、昨日ブクオフでH.リヒター・ハーザーとのベートーヴェンの3番を500円で救出してきたんだけど、この伴奏も凄い。

165 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 14:03:42 ID:wMl1GMs9
シュトゥットガルトとのブル9にはまった


166 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 00:39:05 ID:FEzMe4Ok
>>161
逆。合わせてるんだよ、二人に。
あれは「歌手の言いなり」と批判される録音だが、
当時氏はスカラ座の若い指揮者。
第一「椿姫」を指揮者が出しゃばってどうしろってんだ?
そういう勘違い棒振りはいくらでもいそうだが、氏はそんなことしない。

晩年のVPOとのブラ4は合奏的にはCクラスの出来になってるが
2楽章の第二主題をああいう風に歌わせられるのは
後にも先にもジュリーニだけだ。そこはいつ聴いても胸に迫ってくる。

>163
録音。

167 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 22:03:50 ID:dsqy90ip
ドイツレクイエムって良い?
カラヤンに失望した俺だけど・・・


168 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 22:46:56 ID:Tfw33shU
リゴレットは遅いと思った事は無いなあ。

169 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 00:24:46 ID:vV6Xtmpp
魔羅9青裏維納Symての聴いて市俄古って上手いんだなー、って思った
好きじゃねーけど>市俄古

170 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 07:49:27 ID:bENybha8
>>167
スムーズで聴きやすい一枚。
思い入れゴテゴテよりこの曲ってこんな感じかもって思った。

171 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 07:58:19 ID:bENybha8
>>167
ちなみにカラヤン盤、昔のモノラル録音?じゃないよね。
凄いゆっくりのヤツ・・・
でも、ぶられく・ファンならHansHotterのソロは一度聴く価値あり。

172 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 13:39:11 ID:0U3Yz0Xy
>>171
いえ。1964のやつです
合唱が微妙すぎてイマイチでした。


173 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 07:46:03 ID:ar2grHOK
ジュリーニのライブ盤(87だっけかな?)は
ウィーンのオペラの合唱だけど
結構良かったと思うよ。
ソロは二人とも、とても上手いんだけど
特にボニーなんて美しすぎる歌唱、なんだけども
微妙に世界が違うような気がすると言ったら贅沢かなあ。
あ、スレチすまそ。

174 :名無しの笛の踊り:2008/07/06(日) 08:09:40 ID:duTMf+B7
精神性=テンポ遅い

175 :名無しの笛の踊り:2008/07/07(月) 04:13:38 ID:g/5k4hVE
じゃあマクシミリアンノ・コブラは精神性が高いのか

176 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 00:18:26 ID:obbvb6Hy
遅いと言えばブラ1vpo

177 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 05:10:12 ID:ygSB8zt+
ドイツレクイエム(・∀・)イイ!!よ〜〜〜!

暖かい演奏だ。
夜眠れなくて、気持ちがどうしようもなくなって、ふとこれをかけたら、なんだか体の中から嫌なものが抜け落ちていく気分だ。



178 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 20:57:30 ID:Wk2B5/vR
ロッシーニのスターバト・マーテルはジュリーニ/フィルハーモニア管が有名だが旧盤であるローマRAI管との演奏もいいと思う
第2曲とパヴァロッティの相性が良過ぎる

179 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 21:29:01 ID:k9S6j3aU
こう蒸し暑い時、ジュリーニ御大だとどう過ごすのかな・・・?
(仕事すっぽかして避暑、とか抜きで)

180 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 22:28:46 ID:kCUMgi/4
日本の夏とヨーロッパの夏は全然違う。
日本の夏は異常に湿度高い、
イタリア人は夏の昼間は昼寝で過ごす。
スノコみたいな厚い気のブラインドをガラガラ降ろせば、
結構家の石造りの家の中は結構涼しかったりする。


181 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 22:29:26 ID:kCUMgi/4
気の ← 木の の間違い、スマン。

182 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 12:38:51 ID:S3ghg/Ft
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `</ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- ちょっくらイタリア行ってくる
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////

183 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 21:51:57 ID:3keOCTIV
>>177
ドイツレクイエムいいよね。
心地よい荘厳な響きに
スーッと洗礼されたようになる。
ジュリーニのレクイエムはどれもちょうどイイ。

184 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 06:23:37 ID:Jzk56AdP
ウィーンフィルのブルックナーとバイエルンのブラームス聴いてジュリーニ好きになったsage

185 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 17:01:19 ID:ETqcJ6wt
ジュリーニのブラ1はロスフィルとVPOがよく話題になるけど
フィルハーモニアとの演奏も大変に素晴らしい。


186 :名無しの笛の踊り:2008/07/28(月) 22:39:33 ID:udsYLIYj
ジュリーニというと、真っ先に思う浮かぶのがロッシーニの「スターバト・マーテル」。
その次が、いまだに決定版が出ていない「ドン・カルロ」。
前のやつは一時期やたらとたくさん録音され、過剰なほどだったが、
後者は5幕版ではジュリーニのを超えたものはない、と思う。カラヤンの
80年ごろの録音が唯一肉薄するけど、ジュリーニの1幕を省略したやつ。
歌手から考えると、カラヤンのほうが強力なんだが、不完全版という
印象をまぬかれない。
で、ライブできいたのが、なんの脈絡もないマーラーの交響曲で、
スカラにいったら、夏のバカンスに入る直前で選択肢はそれしかなかった。
アッバード、シノーポリもオペラとほぼ同時進行的にマーラーの交響曲に
手を染めるけど、これがイタリアでのオーソドックスな流れなのか?

187 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 05:35:53 ID:B+eXySQn
フォーレのレクイエムはコルボ・クリュイタンスより断然ジュリーニのものが良いと思います。

188 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 22:21:04 ID:CHw/Wzoa
age


189 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 23:30:21 ID:rICmzQKE
クリュイタンスのはモノ>>>>>ステレオ@フォレク

190 :名無しの笛の踊り:2008/08/18(月) 19:46:29 ID:6rFvw9++
ジュリーニの海は臨場感があってすばらしい


191 :名無しの笛の踊り:2008/08/18(月) 20:30:51 ID:uG43GjgU
ロス盤がいいね。

192 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 20:12:43 ID:CNYX3y8y
>>166
カルロス盤を聞き込んだ自分でも違和感はなかったけどね。
あれはポリフォニックな面白さを楽しむ演奏だと思うから。

193 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 10:05:58 ID:JPVTgJ98
まあプロアマともオケ奏者の多そうなこの板では一番真価が理解されにくい人なのは確か。

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)