5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

楽譜が音楽を台無しにしてない?

1 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 16:45:12 ID:/FEu+94i
他の方法ってないの?

2 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 16:51:52 ID:EI//u6Gd
あの、何を仰りたいのか、手前共には解りかねますのですが…。

3 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 16:53:25 ID:spm83NoI
いちいちめくったり、楽譜見る為に指揮者を見ない、とか?

4 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 17:14:03 ID:/FEu+94i
いや、作曲家が演奏者に意図(曲)を伝える方法が他にないのかってこと

5 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 17:18:15 ID:Gp7e+XUx
録音(レコード、CD,他)がある。
けど、自作自演が決定盤とは限らないのは周知の通り。
逆に「楽譜では表現(表記)できない曖昧なところ」を自分なりに解釈できるのがいいんじゃないだろうか?
自作自演の録音が正答だとするなら、音楽なんて相当つまらないものだと思う。

6 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 18:02:54 ID:gTn0uKng
まぁそろそろ音楽の記号化がより洗練されてもいいかもしれんが
伝統が根ざしまくってるから無理だね

7 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 18:13:52 ID:/FEu+94i
>>5
もちろんジサクジエンが唯一最高のものとは思ってない
もっと名演が生まれやすい伝達方法はないものかと

8 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 18:40:28 ID:R6y3h4OR
後期ロマン派以降は、
文字で指示を書き込みまくってるじゃん

9 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 18:42:37 ID:XV22knd/
楽譜を見て音楽の本質が見えなければならない!

10 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 19:30:06 ID:1DnNVKDm
>>9
その通り
>>1は初心者っぽいな

11 :名無しの笛の踊り:2008/04/10(木) 20:29:03 ID:oehqVRp4
もしかして五線譜以外のということが言いたいとか?
なんぼでもあるけどそれも楽譜だけどな。

12 :名無しの笛の踊り:2008/04/11(金) 01:14:56 ID:2lxM610E
1は許さん!

13 :名無しの笛の踊り:2008/04/11(金) 01:49:50 ID:lE0t4LVL
議論としてはおもしろそうだけど抽象的すぎるな
具体例を用意してからスレたてろ

14 :名無しの笛の踊り:2008/04/11(金) 02:16:35 ID:1OlK1mRI
スタジオに籠もって全部自分一人で作り上げる音楽は楽譜なんかいらないだろうけど、
楽譜から再現することが独自の意味を帯びちゃってるんだよな、普通の曲は。

仮にピアニストとして一流の人が自作を録音したとしても、この同じ曲を別の誰それの
演奏で聞いてみたいというのが必ず出てくる。

15 :名無しの笛の踊り:2008/04/11(金) 19:19:15 ID:JCz0kI+4
>>7
そういう意味では楽譜って言うのはいいメディアだと思う。適度に精密で適度に粗笨。その粗笨さが想像力を掻き立てるんだろう。

かなりありきたりすぎるけれど、ベートーヴェン交響曲第5番の冒頭の4小節。あの8つのおたまじゃくしが、指揮者によってあれだけ変わるのは、やっぱり楽譜が適度な隙を持っているからではないだろうか。

16 :名無しの笛の踊り:2008/04/12(土) 11:58:00 ID:v4u5oq4O

楽譜を元にして演奏される音楽なんて世界的に見たら西洋音楽だけと言って良いほど圧倒的少数派だぜ。
楽譜があったから、統一フォーマットとして世界に流布することになったが、そのことで無くしてしまったものも多い。

17 :名無しの笛の踊り:2008/04/14(月) 05:02:23 ID:ggXS9ELg
>>16
それは東洋人から見ても楽譜の方が優れてると感じたからじゃ…?

18 :名無しの笛の踊り:2008/04/14(月) 20:38:43 ID:mZqF57DJ
楽譜より優れている「何か」ってあるの?

19 :名無しの笛の踊り:2008/04/14(月) 22:43:08 ID:OIPviw4o
MIDI

20 :名無しの笛の踊り:2008/04/15(火) 16:26:34 ID:3QxGtO6O
>>19
話にならん

21 :名無しの笛の踊り:2008/04/16(水) 07:10:18 ID:WNffT5QO
ネタにマジレスするやつって何なの

22 :名無しの笛の踊り:2008/05/07(水) 18:13:22 ID:AHvSqWXz
クラシックも本来は口伝 

23 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 02:55:03 ID:tkxy3/Gn
音になってしまったら演奏者の、意思が反映されてしまっているので、楽譜より優れたものなどない。
音はすでに結果です
楽譜でさえ原典 改定 初版 弟子いわくこう弾いていました版と様様あるのです
音楽へのアプローチは譜面択ぶとこから始まっているのです
楽譜は唯一の作曲者の痕跡を一番残しているものと私は考えていますが、楽譜なしに何を手がかりに演奏するつもりなのでしょうか?


24 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 06:36:48 ID:+37w4Jjr
>>18
鼻歌

25 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 07:02:05 ID:KULi7Y5X
ドミネ・イエスが頭にこびりついて離れない。



26 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 07:02:41 ID:fobkPqvj
とり合えず>>1は楽譜が音楽を台無しにしている理由、及び事例をあげること。

27 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 07:03:50 ID:KULi7Y5X
走っても走っても光が見えず。涙が止まらない。

28 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 07:27:19 ID:mW/6TbjS
もちろん楽譜は大切ですが、楽譜に書かれていない大切な事も多いのです

29 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 07:52:54 ID:KULi7Y5X
ロマン派あたりから感情表現のニュアンス・意図が正しく伝わらなかっただろうし、
マーラーみたく楽譜を用語辞典みたいにしてみた所で、
やっぱり伝わらないものは伝わらない。

だから、バンスタみたいなバリバリ主観な指揮者の登場も。

30 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 10:19:17 ID:0vD6oPs+
コンテンポラリーでは、楽譜もまた解体してますけどね。

楽譜自体が芸術品みたいな武満の楽譜もありますし、もはや会うことのでき
ない作曲家の、ひとつの顔を示すものとして、楽譜は重要な資料となります。

伝える方法はあります。でも、楽譜を使わないと、すごく面倒くさいことに
なるので、かつて楽譜は使っていなかったような雅楽とか、民俗音楽などで
さえ、楽譜を使うようになりました。もちろん、それだけでは、すべては
伝えきれないということもはありますが、少なくとも駄目にするということ
はなく、便利なツールとして使われているだけだと思いますね。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)