5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ソプラノ】バロックの歌姫たち 第3幕【アルト】

1 :名無しの笛の踊り:2008/04/15(火) 23:49:24 ID:vOMEJMV2
【ソプラノ】バロックの歌姫たち 第3幕【アルト】


バロックのオペラ・オラトリオ・カンタータ・マドリガーレ などで、
私たちを魅了してやまない歌姫たち
(ソプラノ・メゾソプラノ・コントラルト)
について語り合いましょう!
カウンターテナーの話題もあり♪

↓【第2幕】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1154522932/

↓【第1幕】
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1129407755/


2 :名無しの笛の踊り:2008/04/18(金) 02:22:30 ID:UQlQ2wRf
今年の来日情報

コジェナー
ttp://www.japanarts.co.jp/html/JA_world_artists/kozena.htm


シュトゥッツマン、および、オッター
ttp://www.kajimotomusic.com/performance.html


3 :名無しの笛の踊り:2008/04/18(金) 23:49:43 ID:UQlQ2wRf


  ジャルスキーも近々来日か??!!
  ttp://www.samonpromotion.com/artist/list/jaroussky/index.php


4 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 00:29:48 ID:U1cVMRS0


5 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 03:01:34 ID:cRiBzTd6
>3ジャルスキのニジドミナスが出たが(naive スピノジィ指揮)、
なんか、キイがかなり変えられてる?
装飾の付け方がいつもと一緒で、ちょっとマンネリ気味のコンビだな。

6 :名無しの笛の踊り:2008/04/20(日) 21:32:43 ID:4/wJ/NfW
このスレ続いてよかった!!

7 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 01:31:47 ID:htm8SLya
new old com見てたら、
ヴィヴァルディのオルランドフリオーソ、
今度は cpoからモードアンティクワ盤が出るみたいですね。
キャストがいまいちで、期待薄だけど。
ちょい昔のレーヌ盤、スピノジ盤を上回れるか??

8 :名無しの笛の踊り:2008/04/25(金) 06:04:40 ID:KW7tPnFZ
>7

誰も話題にしないから、あえて書くと、マリリン・ホーンの「オルランド・フリオーゾ」の
エラートの全曲盤は1980年ごろ出たけど、画期的なものだった。
もちろん、ホーンの歌い方にはくせがあって、好き嫌いが分かれるとおもうけど、
ロスアンヘルスとかヴァレンティーニ・テッラーニとか、よくもまあ、すばらしい女性
歌手をそろえたもんだとおもった。そのあと、チェチーリア・ガスディアなどが、
やはりエラートで、断片しかのこっていないヴィヴァルディのオペラを初録音している。エラートは、いまのバロックオペラのブームのきっかけをつくったようにおもうけど、
知るひとぞ知る録音で、あんまり売れなかったみたいだ。

9 :名無しの笛の踊り:2008/04/26(土) 01:38:12 ID:E7AA2eXf
>7のレーヌ盤
それは、オルランドフリオーソでなく、オリンピアーデの方ですよね?(1990録音)

新しい、cpoのサルデッリ盤は、次のようなキャスト
Vivaldi. Orlando furioso. (RV 728, Venice 1727).
cpo 777 095-2 (3 CDs, March 2008, recorded in 2002).
Federico Maria Sardelli, Modo Antiquo, Coro da Camera Italiano.
Orlando: Anne Desler, mezzo-soprano;
Angelica: Nicki Kennedy, soprano;
Alcina: Marina de Liso, mezzo-soprano;
Medoro: Luca Dordolo, tenor;
Bradamante: Lucia Sciannimanico, mezzo-soprano;
Ruggiero: Thierry Grégoire, countertenor;
Alfonso: Martin Kronthaler, baritone.

There was a partial release of this recording on 2 CDs in 2003 on Amadeus AMS 078/79



10 :名無しの笛の踊り:2008/04/27(日) 21:16:52 ID:/id+uDSA
new old comで2007年のアワードに選ばれてたCDで、
マッツォーニの「アミンタ」と
ルベルの「ウリッセ」、
お聴きになった方いらっしゃいませんか?
塔でも犬でも売ってないのですが、
アマゾンで買おうかどうしようか…

11 :名無しの笛の踊り:2008/04/29(火) 03:16:36 ID:5FYQ5vNd



>>10 “Aminta” 
この前来日したパンザレッラなどが出ている。後期バロックオペラの醍醐味を堪能できる佳品。女声が多く華やか。


12 :名無しの笛の踊り:2008/04/30(水) 21:54:06 ID:33Z6tT+1
>>11
3年前に、イタリアでCD付雑誌のAmadeusの特別版に2枚組で売られていた。
今度リリースされるのはノーカット版。心配しなくても大丈夫。
HMV(犬だとか塔だとか言い換えるのは田舎モン丸出しでかっこ悪いぜ)で
6月11日に発売予定。詳しくは以下へ。
ttp://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?site=mailmagart&SKU=2725234

13 :名無しの笛の踊り:2008/04/30(水) 21:58:18 ID:33Z6tT+1
12だ。もとい。>>11じゃなくて>>10。ゴメン!

14 :名無しの笛の踊り:2008/05/02(金) 01:10:38 ID:DLJxapjF

今年の目白バロック
誰が来日するのか期待してたのですが、
(昨年のラベネシアーナがかなり良かったので)
残念ながら、フツーのバロック声楽は一つも聴けないようです。

ttp://i-debut.org/ba-rock/2008/team-ba-rock.htm


15 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 04:12:41 ID:46YAXlYh
ラフォルネはどうだったんかなー? 食指が動かなかったんだが。

秋まで、歌姫は、来日しないのか?

16 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 05:54:26 ID:tW6qNbar
リアルが最近出たヘンデル二重唱集のジャケット写真で劣化しててびっくらこいた

17 :名無しの笛の踊り:2008/05/08(木) 23:06:25 ID:7jwfz60y
え、リアル下手になったの??

目白バロックはがっかりしすぎです。

18 :名無しの笛の踊り:2008/05/09(金) 01:38:30 ID:KuB8/yPC
>17
>16氏の発言は、この↓ジャケット写真のヌリア リアルが、老けたなー ってことでないかい?
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2680550
歌唱はいつも通り抜群。ただしこのCD、ザッゾーの甲高い音程外れた声が耳障りで、楽しめない。
リアル独唱は1曲のみ。もちろんこれにはウットリ。

Rialの最近のヒット盤は、『リッカルドプリモ』↓
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2633702
全体としては、かつてのルセ盤(ミンガルド、ピオー)の方が凄いとは思うのだが、
リアルのConstanza役は、やさしくなめらかで、魂鷲づかみにされました(;_;)

19 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 22:51:02 ID:dIX7KnKF
ダニエル・ドゥニースのヘンデル(。・∀・。)イイ!!
ルックスも好みだしw彼女はヒスパニックなのかな?英国系には見えないけど・・・

20 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 00:04:22 ID:eOzmzZH4
>>19
両親がスリランカ人

21 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 00:45:34 ID:Ia6ydyMB
>>20
そうなんだ。移民なのかな?

22 :20:2008/05/16(金) 01:07:42 ID:eOzmzZH4
>>21
ごめん。勘違い。
スリランカとオランダのハーフだった。

23 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 22:33:16 ID:qXzo/+d2
音友にプティボンのインタビューが掲載されていたが、内容は通り一遍だ
クリスティとアーノンクールの比較は良いが、師匠ヤカールの話も聞きたかった

24 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 01:37:28 ID:5ovOj05f
今日のコジェナーの衣裳はあまりにセクシーなので、
見惚れすぎてしまった。

25 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 12:14:50 ID:GDBLyMXi
>>23
音友レポーターがヤカールの現役時代を知っているとは思えない

26 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 21:34:07 ID:9c5fJwnF
カウンターテノールの文献ってご存じありませんか?
わたくしカウンターテノールになりたいのです。

27 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 22:46:01 ID:oozfICkE
カストラートと間違えてるんじゃないか?

28 :名無しの笛の踊り:2008/05/19(月) 23:23:58 ID:bVun3PK6
キソタマを抜けばいいのでわ? 
タイあたりでやってくれるとか 

29 :名無しの笛の踊り:2008/05/20(火) 00:15:09 ID:xxJxpETx
今日のコジェナーとは?

30 :名無しの笛の踊り:2008/05/20(火) 02:17:12 ID:PZ3DL0ol
プチボンがまたもやソロアルバムを出したね。
なかに、有名でとてつもなくむずかしいヴィヴァルディのモテット
「In Furore」がはいっている。
一種の技巧ができるかどうか試金石的曲目。
ぼくは今のところサンドリーヌ・ピオーのが最高で、ケルメス、チオーフィなんかは
とても相手にはならない。チェチーリア・ガスディアの20年前の録音は
時代をかんがえると、見事だ。
あしたタワレコで買うつもり。

31 :名無しの笛の踊り:2008/05/20(火) 02:26:31 ID:5poU7P5e
ダリンダのアリア(ariodanteの第三幕)が出色
元々印象的な曲だが。

この10年前のコンサート(生録)は衣装が凝っていて
ビジュアル的なおもしろさもあったのだろう。
DVDだとさらによいのだが。

ヴィヴァルディのモテットもなかなかよいと思われる。

ただ アケメス他の演奏がもう一つか。

32 :名無しの笛の踊り:2008/05/20(火) 19:31:33 ID:PZ3DL0ol
>31
今買ってかえってきたところです。
後ろを見て10年前だと確認しましたが、どうして今頃になって、出てきたのか、
わかりません。
まず、オーケストラの響きにずっこけました。いわゆる近代的解釈の演奏になれて
いると、ここでアレルギーが生じるかもしれません。
で、問題のモテットですが、なんやかんや文句を言う前に、かわいい、とか可憐とか
そういう風におもってしまいました。粒のそろったスケールを聴くことはできませんが、
それなりに満足しました。10年前にこのレベルに到達していたのか、
と、むしろ感心してしまいました。


33 :名無しの笛の踊り:2008/05/20(火) 20:10:36 ID:yN9SgR8d
>>31
同じく買ってきました。
なんか海賊版みたいな録音。
ステレオにじゃなくってモノラルだし、
拍手やブラボーの声がやたらと近くから聞こえる。
プティボンは確かに可愛いんだけど、音質のせいでちょっと聞き疲れする……

DGから発売されるハイドン、モーツァルト、グルックを待とう。
ttp://www2.deutschegrammophon.com/artist/?ART_ID=PETPA



34 :名無しの笛の踊り:2008/05/20(火) 22:30:08 ID:xxJxpETx
>>31 どなたが歌ってるのでしょうか?

35 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 02:59:49 ID:UoGW1TSA
   ↑
>30以降は、ずっとプティボンの話題ですよ〜〜
ttp://www.hmv.co.jp/news/article/805080141
このジャケットは実にひどい(ー ー;)
歌は素晴らしい。演奏はだるい。上で言われてるとおり海賊版的音質。自主制作?


>33氏が挙げておられるのは、これ↓と一緒かしらん?
ttp://www.hmv.co.jp/news/article/804250258
以前NHKで放映して、しかし録画しなかったのを悔やんだ映像だ。
コジェナー、ネトレプコ、プティボン、、、、、




36 :33:2008/05/21(水) 03:20:56 ID:7AaR0Ubb
>>35
それとは別です。ハーディング/コンチェルト・ケルンと
ハイドン、モーツァルト、グルックのアリア集をすでに録音済みで、
Amoureusesというタイトルで8月に発売予定だそうです(DGサイトの情報)。

37 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 22:03:02 ID:crr1vsdx
>28抜けばいいのでわ?

カストラートは声変わりする前に抜かないとだめです。

38 :名無しの笛の踊り:2008/05/22(木) 16:21:25 ID:/DT7tkkZ
プティボンの話ばかりで恐縮ですが
これってフランスではとっくの昔に出てたんですかね?

39 :名無しの笛の踊り:2008/05/23(金) 05:20:49 ID:SVwUrEJp
>>38
ジャケットを見たけど、1998年録音とあるだけで、発売年は不明。
超マイナーレーベルだから何とも言えないが、

以前「petibon」で検索したときには、
アマゾンでもグーグルでもひかっからなかったぞ。

そういや、エラートから出てた、プティボン主演(クリスティ指揮)の
「ルソンドテネブレ」や「後宮からの逃走」は、
タワレコでもHMVでも置いてないな。品切れかな。

40 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 00:56:55 ID:beubFVR8
エラートは、最近、BOX再発売やってますね。
ミンコフスキ指揮の、「テセオ」「アマディージ」「時と悟りの勝利」で、約4300円。
クリスティ指揮の、「オルランド」と、あと何でしたっけ?

「時と悟りの勝利」:
ERATO ミンコフスキ盤は、ナタリーシュトゥッツマンと、イザベルプールナールが素敵。かなり前の録音なのに、切れ味抜群。

それから、
新譜で、hyperionから、マルキ指揮の「時と悟りの勝利」出ましたね。インヴェルニッツィ主演。うますぎます★ ただし、演奏は、やや柔らかい感じ。

去年は、virginから、アイム指揮、デセイ、ハレンベリ、プリナの、強烈盤が出たばかりでしたし、

アレッサンドリーニ指揮、ベルタニョーリ、ミンガルド、デボラヨークのも、再発売されました。

どれも一長一短ですが、何より、名ソプラノ、名メゾ、名コントラルト目白押しで、
とっかえひっかえ聴いてます。

41 :名無しの笛の踊り:2008/05/26(月) 00:12:32 ID:QRmm4yNa
>>38
4月にフランスに行った時にはこのCD、fnacで普通に売っていました。
いつから売っているかは不明。

42 :名無しの笛の踊り:2008/05/26(月) 00:19:45 ID:IIpcGFH+
>>38
>>39
オペラシティのリサイタルで犬が販売してた
初めて見るので買ったけど(2200円)、翌日犬サイトで見たらマルチバイなら1900円弱しまったと思った
プティボンは一部日本国内ではあまり流通してないソフトがあるね

サルガヴォーのリサイタルDVDやバーンスタインややバーバーの歌曲のCDも尼から取り寄せた


43 :名無しの笛の踊り:2008/05/26(月) 06:38:06 ID:Fw9LEVpg
>>42
>サルガヴォーのリサイタルDVD
これは、PALだからしょうがないんじゃない?

44 :名無しの笛の踊り:2008/05/26(月) 06:45:27 ID:SAOxN6uB
>40
このミンコフスキボックスは凄いね。
ぼくとしては、シュトゥッツマンがタイトルロールのアマディージが凄いとおもった。
しかし、あとのもいい。このころはミンコフスキが冴え渡っていた。
今が悪いというわけじゃないが、ちょっと極端でついていけないことがある。
メサイヤとか。

45 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 18:08:52 ID:jWRJ1mzC
バーバラ・ボニーって引退したのかと思ったら、
10月にアーノンとバッハやるね!
ttp://www.musikverein.at/konzerte/konzertprogramm.asp?idx=18281
ttp://www.musikverein.at/konzerte/konzertprogramm.asp?idx=18282
完全復帰なのか?

46 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 21:25:47 ID:HetLUn0w
>40 クリスティ指揮の、「オルランド」と、あと何でしたっけ?

「アルチーナ」でしたね。
今日、池袋のHMVで見つけて買ってきました(4390円)。
今週末にゆっくり聴くつもり。

47 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 21:42:30 ID:fkTZn6aq
>>45
おお、ボニー! ありがとう。

離婚問題ですべてのコンサートをキャンセルして、その後は教授職を中心に活動してると聞いた。復帰はうれしいな!

48 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 00:08:55 ID:gj3N4USJ
>40

まず「アルチーナ」を聴きました。全曲ははじめて聴きましたが、いい曲ですね。
ヘンデル節満載です。
クリスティの演奏も気に入りました。

ソリストではアルチーナのルネ・フレミングがよく伸びるきれいな声で、さすが
と思いました。なかでも第2幕で歌われるアリア "Ah! mio cor!"は圧巻です。
アリア集のコジェナーもいいですが、比較するとフレミングに軍配を上げたいです。

49 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 03:09:36 ID:D+zEr+lS
クリスティの「アルチーナ」、
必ずしもバロック唱法ではないが、
デッセイもグリットンも、かなり良いと思う。

そのERATOの クリスティ指揮のヘンデルBOX、
「オルランド」と「アルチーナ」だけなんですかね?

「アシスとガラテア」は、なぜBOXに入れなかったんだろ。
プティボン&デイヌマンという最強メンバーなのに。

50 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 21:15:20 ID:qkQqiuH0
>49 そのERATOの クリスティ指揮のヘンデルBOX、
「オルランド」と「アルチーナ」だけなんですかね?

クリスティのヘンデルボックスは「オルランド」と「アルチーナ」だけですね。
これが第1巻(だと思います)。

第2巻:ミンコウスキの「時と悟りの勝利」、「テーゼオ」、「アマディージ」。
第3巻:ガーディナーの「陽気の人・ふさぎの人・中庸の人」、「タメルラーノ」、
    「アルチーナのバレー音楽」、「パストール・フィドとテルプシコーレ」。
第4巻:なぜか欠番
第5巻:ガーディナーの「セメレ」、「エジプトのイスラエル人」、「復活」
    「主はいわれた」、「祭司ザドク」。
第6巻:アーノンクールの「ベルシャザル」、「イェフタ」。

というのがエラート・ヘンデルシリーズのラインナップ。「アシスとガラテア」
は入っていないようです。


51 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 08:27:28 ID:03Y9GoLB
>50
しかし、エラートってバロックが今のように人気が出る前から一生懸命、秘曲を
録音してきたんですね。最近はあんまり新譜がでませんが、naiveに実質的に
吸収されてしまったんでしょうか。
 だから、アルチーナが出たときは「やった」とさえ思いました。今のところ、同曲の
決定盤だとおもいます。フレミングが装飾が不自由になる直前の録音で、
それまでのサザランド、オジェーといったひとたちの録音にくらべると、いちばんバランスがとれています。最近のカサロヴァのでているやつとくらべても、いちばん全体的な
水準がたもたれていて、個人的にはあの歌手のほうがいい、とおもうところはあり
ますが、全体的アンサンブルではこれがいちばんでしょうね。
 ひとりも足をひっぱる歌手がいない。グレハムには文句があるひとがいるかも
しれませんが、水準がよくたもたれている。

52 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 23:41:55 ID:B0Ehj7MV
バルトリ、リサイタルになったな。オケまで呼ぶとS席4万こえそうだったけど。

53 :名無しの笛の踊り:2008/06/10(火) 02:43:21 ID:Kynk11xI




ヴィヴァルディのオペラ「オリンピアーデ」の
舞台上演画像ハケーン(;'0')
主演は、P.ジャルスキー
ttp://jp.youtube.com/watch?v=nNlYSSDXCyg&feature=related
そのほかの映像もあり(リンク参照)

54 :名無しの笛の踊り:2008/06/10(火) 20:55:00 ID:aZ5BUwEE
ありがとう
jaroussky最高
これDVDで出たら即買うつもり
映像からみて可能性大

55 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 18:08:46 ID:haQJFxIN

>>42 >>43
プティボンのDVD「フレンチタッチ」
  >>これは、PAL
とのことでしたが、
わが家の安物DVDプレイヤー(ビクター)では、
問題なく再生できましたよ〜!
この前のオペラシティ公演を彷彿とさせる、
楽しい楽しい舞台でした!

ジャルスキーのDVDは、
これまで出てるのは、「アグリッピーナ」と「オルフェオ」くらいでしょうか?
>>53のヴィヴァルディがもし発売されるなら、本当に嬉しい。

そういえば、ランディのクリスティ指揮の「聖アレシオ(?)」、
とうとうDVDになるそうですね。 
以前、このスレで紹介されてたサイトで観たきりですが、
出たら買います ぜったい。




56 :名無しの笛の踊り:2008/06/16(月) 10:23:32 ID:M0eczrAq
>>55

ランディのSant' Alessio、輸入盤なら2008/05/26発売で
もうDVDが出てるよ。日本語版は出るのかな?

ジャルスキーが異様に童顔&少年ぽい肢体で萌える。
嫁役のチェンチッチの女装はちと怖い。
母役のサバータの女装はもっと怖い。

57 :名無しの笛の踊り:2008/06/22(日) 00:53:26 ID:6u2zTE24
hosch

58 :名無しの笛の踊り:2008/06/25(水) 19:57:52 ID:l6fgZO0D
55さん、ジャルスキーは11月に来日するそうですか
詳細情報ご存知ですか?

59 :名無しの笛の踊り:2008/06/25(水) 21:52:31 ID:pmoPoYIr
>>58

私は55ではないのですが、
日本でのマネージメントをやっている事務所の話では
詳細が決定次第、発表するとのこと。11月に来日、という
大枠は決定のようです。

ちなみにフジコ・ヘミングさん(同じ事務所)との
ジョイント・コンサートです。

ううむ。どちらに転ぶか。


60 :名無しの笛の踊り:2008/06/26(木) 02:02:58 ID:ErmCv450
>>59

付けたし。

ttps://www.samonpromotion.com/cgi-bin/mmb_entry.cgi

ここで登録したら、公演情報が確定し次第、教えてくれるって。

61 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 17:15:40 ID:/UbGtQaM
59さんありあgとうございます。
mixiにフィリップ・ジャルスキーのコミュニティがありました。

62 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 14:43:52 ID:qrkfmh7J
連投失礼します。
韓国のカウンターテナーDavid DQ Leeは
バロックだけを歌っているのではないですけど
お勧めです。ここでは触れられていないようなので
公式サイトを紹介しますね。
http://www.daviddqlee.com/

63 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 17:31:53 ID:IZl9nETR
姦国なのにDavidとは? 

64 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 19:30:32 ID:zoEEiLbT
たぶん洗礼名じゃないかね

65 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 22:16:23 ID:0wiIIIWX
香港のひとたちは英語名というのでしょうか、「フレッド」とか「キャシー」
とかいった名前をつけています。名刺にもその名前を印刷して、ビジネスの場
でも使っていますね。
中国の李さんで「ジャネット」という名を使っている人を知っています。
すなわち「ジャネット・リー」。

デヴィッド・DQ・リーは韓国の方ということですが、そのような乗りでは
ないでしょうか。
日本にも昔、ペギー・葉山やナンシー・梅木とかいました。

66 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 04:00:27 ID:sDQNk4pe
私の同僚のシンガポール人は中国名を「李なんたら」
というが、ビビアンと自称している。ビビアン・リー(笑)。

で、David DQ Leeさんは韓国人ということなので
キリスト教徒かもしれないし(韓国人の3割は
クリスチャン)、自称の西洋名かもしれない。

ちなみに韓国人は苗字のバリエーションが極端に
少ないので、ファーストネーム(ジョン・イル
とかイル・ソンとか)のアルファベット頭文字を
とって、呼び名のように使う人が多い。
たとえば「JI Kim」(金ジョンイル)とか
「IS Kim」(金イルソン)とかね。DQ Leeさんも
「李 DXXXX QXXX」というのが本名なんでしょうね。

67 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 20:09:01 ID:YX2hYKFT
David D Q Leeは皆様のお耳にかなったでしょうか?
同じく韓国人ソプラノ歌手Sumi Joも聴いてみてくださいね。
ttp://musico.jp/contents/contents_index.aspx?id=tYRY3

決して韓流というわけではありません。。
あまり知られていないようなのでご紹介させて頂きました。

68 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 20:25:14 ID:isXBGQe9
スミジョーはかなり有名だろ

69 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 12:22:12 ID:E7FbUm33
プティボン可愛いですね
女でもそう思うわぁ

70 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 19:02:05 ID:Q/5+Z+6t
>>69
プティボン=バロックオペラ界の不思議少女

71 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 21:10:14 ID:E7FbUm33
>>68
スミませんでした。

つい最近youtubeをチラ見していて、
バロックオペラにはまりこんだばかりの初心者です。
余りの華麗さに目が潰れそうです。
今日はジュリアス・シーザーに食いついていました。




72 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 22:15:58 ID:cITK1zXB
日本人のバロック歌手では誰?

73 :名無しの笛の踊り:2008/07/08(火) 00:01:30 ID:wYQfzVzC
>68
スミジョーは、昔から有名ですが、バロックの活躍が少ないので、
私、書き込みいたしませんでしたが、
最近、バロック歌曲集を出しましたね。
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2624121
ヴィヴァルディ、ヘンデル、バッハ、と、かなりオーソドックスな選曲ですが、
これがまたなかなか良い歌いっぷりなんですわ。


74 :名無しの笛の踊り:2008/07/10(木) 15:25:58 ID:2n/nFhgs
  ,-======-、
 |n_j_ij__j__ji_j|
  (´・ω・)  ゾマーのロッシ楽しみ保守
  ,ノ゙゙゙゙゙ハヽ、
  `〜ェ-ェー'

75 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 00:53:10 ID:nhoim9Xp
アルビノーニのアダージョのオススメ教えてください!! 
すっごい気に行ったんですが演奏がわからなかったんです☆ 

76 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 11:24:21 ID:rolklzTD
>>75
マルチは氏ね

77 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 23:36:46 ID:szG4/xEM
韓国人ソプラノの有望株といえば、スンハエ・イム(Sunhae Im)だな。

2003年のレザール・フロリサンの来日でソロを歌ったときに初めて聴いたが、その後も着々とキャリアを伸ばしてるようだ。

78 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 12:09:14 ID:3oZ6k+2o
情報をありがとうございます;;
父が在日韓国人なものでして、、

79 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 18:28:25 ID:X0g8aP9D
声楽が好きだがまだ余り詳しくない
中古CD店で知らない歌手のアルバムを見た
アーフェ・ヘイニスと言う歌手の古い国内盤
確かフィリップスでマタイ受難曲があった
後日、行ったらなくなっていた〜買いだったのだろうか?
輸入盤はあるようだが…

80 :ナチス:2008/07/18(金) 15:44:25 ID:Hto+4iXI
死んだ後までテレサ・テンを襲う台風7号

http://love.45.kg/mo0202/5/143.html

ちなみに、私のネット環境は完全にモニターされている。
NTTまたは、プロバイダーに専従者がいる。

81 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 10:13:30 ID:ruA3b8Nt
>>79
ttp://www.bach-cantatas.com/Bio/Heynis-Aafje.htm

国内盤は廃盤、輸入盤はいくつか生きている模様
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1209340 おそらく件のCDの輸入盤
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1509782 EMIから出た名曲詰め合わせ
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2722221 来月発売予定

Youtubeより
ttp://jp.youtube.com/watch?v=JWNIh6YA0vU シェメッリ歌曲集より我がイエスよ、どれほどの魂の苦しみをBWV487
ttp://jp.youtube.com/watch?v=9DVUeedbfhY 海の絵
ttp://jp.youtube.com/watch?v=EH0HyO70xdQ 天使のパン


82 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 18:03:28 ID:9w2jl3t5
バロックの歌王子(?)ジャルスキー、
来日公演のスケジュールがやっと発表されました。
2008年11月8日(土)14:00〜、東京オペラシティ コンサートホール

今日から先行予約開始です。

ttp://www.samonpromotion.com/live/jaroussky/

83 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 21:34:06 ID:CxRhEbmN
>82
ジャルスキーは、本国のフランスでも高い評価を得ている。
しかし、個人的な感想でわるいが、どうしても違和感がぬぐえない。
声だけ聴いている分にはあまり問題ではないんだが。
ぼくにとって、唯一、違和感のない歌手は日系のブライアン・アサワ。
しかし、泣きたくなるくらい、録音が少ない。
今日本で現役のCDは、あるのかなあ。あるとすれば「メサイア」だろうけど、
第一部の重要なアルトのアリアを歌っていてくれて、本当によかった。
彼の性格の問題かもしれないが、大向こうをはったような歌い方はできないひとだ。
上のアリアも抑制が効きすぎているとも思う。

84 :名無しの笛の踊り:2008/07/26(土) 06:17:17 ID:yJ9yUGMF
>>83さん

82です。 CTの声をどう感じるかは、それこそ人それぞれで、
色々な受け止め方がありますよね。

「ジャルスキーは...(中略)...どうしても違和感
がぬぐえない。声だけ聴いている分にはあまり問題
ではないんだが」とのコメントを興味深く拝見しました。
違和感の発生源がどのあたりにあるのか、よろしければ
教えてください。

彼の外見と、そこから出てくる声とのギャップが
大きすぎるから?(それは本人も認識しているよう
です)。

ブライアン・アサワは本国アメリカではずっと
メジャーのようですが、日本で商業的にいまひとつ
成功していないのは残念ですね。日系だからという
ひいき目からではなく、実力のある良い歌手だと
思います。

85 :名無しの笛の踊り:2008/07/26(土) 06:52:20 ID:ho5HQmpM
>84
どうもおはようございます。83です。
ジャルスキーはご指摘のとおり、声と容姿のギャップの大きさという点につきます。
自分でもわからないのですが、アサワは、まったくと言っていいほど
ギャップがありません。
客観的にいえば、ひげを生やした男が、アルトの歌をうたうというのは、抵抗感を
感じて当然なんですが、アサワは例外です。
彼の録音がすくないのは、仕事を選んでいると思いたい。オファーがないと
いうことではなくて。
現に現代曲はききませんが、バロックの声楽作品の録音は、どれも共演者から
しておかしな人はまじっていない。
彼の声は女声としかきこえませんが、発声のメカニズムが他のカウンターテナーとは
違っているのではないか、と思っています。頭声独特の妙に芯のない浮ついた
声ではない。自分でもよくわからないのですが、この点が姿をみていても、
違和感を感じない理由だとおもいます。装飾音もおもいきり地味な歌い方をする。
ミンコフスキは、かなり歌手の選択がやかましく、優れた歌手しかえらびませんが、
メサイアのアルトのアリアをよくぞ彼に歌わせたものだ、と感謝しています
この録音はテンポの点でも他のメサイアとくらべて、おそろしく違っています。
女声のアルトだと、思い切り声をはりあげ、それはそれで感動的なんですが、
CDのように何回もきくと、胃にもたれてきます。
代表的なのは、60年代に、リヒターが何をおもったか、ドイツ語で録音した
ヴァージョンで、マルガ・ヘフゲンが、おもいっきり力を入れて歌っていて、
感動的ですが、やはり何度も聞いていると、しょうしょう重く感じます。
アサワのは、まさしくこれとは対照的なうたいかたで、ある意味、すごくカジュアルな
歌い方ですが、胸の奥にまで、慈愛が伝わってくるのが不思議です。
日本の中年の追っかけのおばさんがたくさん出てくれば、あるいはもっと録音が
増えるかなあ、と思いますが、秋川某に夢中になっている段階では
とうていかなわぬ夢ですね。しかし、新録音が聴きたいです。

86 :名無しの笛の踊り:2008/07/27(日) 21:14:02 ID:xyK/sT/E
ジャルスキー、未聴ですが
ルックスから想像できない声なんですか?
アサワはいいですよね

87 :名無しの笛の踊り:2008/07/28(月) 01:14:24 ID:UT1wJLwl
ジャルスキ:
以前FMで来日だったかのライブを流してました。
過去にいろいろなCT聴きましたが、歌唱に聞き惚れます(ヴィヴァルディ)。
美声ともマッチしてます。
未聴の方は聞くべきでしょう。
容姿?は未見。
CDで果たして魅力を引き出してるかも未聴。


88 :名無しの笛の踊り:2008/07/28(月) 03:42:27 ID:+Vo43Nmv
ジャルスキーの声質って、すごく独特な美声だよね。だから
聴けばすぐに彼だとわかる。

容姿は、角度によってはMr.ビーンの若い頃(笑)みたいに
見えるけど、基本的には爽やかな美男子系。
ttp://www.emiclassics.com/artistbiography.php?aid=99

彼の容姿と声のギャップは、自分はあまり感じない。

89 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 11:31:45 ID:kNTuKurd
ミクシーのジャルスキーコミュで、
来日記念オフ会をすることになりました。

遠い方は、デンマークからいらっしゃいますの。
ちなみに私は沖縄;;

90 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 23:11:56 ID:O1XqsdwW
ジャルスキー、今から買えるかな?

ところで、北とぴあの騎士オルランドって皆様いらっしゃいます?

91 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 01:35:27 ID:J38pbEEf
>>90
ジャルスキー、今なら余裕で買えると思いますよ。
8月11日まで先行予約中で、一般発売は8月23日から。
先行予約は、まず会費無料のメンバー登録をしてWebで
申し込みます。でも座席指定ができないのが難点。

ttp://www.samonpromotion.com/live/68/

92 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 22:19:31 ID:5NSheHYK
バロック歌ってるコントラルトでお薦めは誰?

93 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 22:21:48 ID:ErFL5Dqa
>>92
前スレで>>1が作成したテンプレより

●1●サラ・ミンガルド  Sara Mingardo
 低音発して20年。コントラルトの女王。堂々たる男役。アレッサンドリーニの手兵。
 ・モンテヴェルディ他《Arie, Madrigali & Cantate》アレッサンドリーニ指揮 naive
 ・ヴィヴァルディ《Vespri per l'Assunzione di Maria》アレッサンドリーニ指揮 naive
 ・ヘンデル《Riccardo Primo》ルセ指揮 L'oiseau-Lyre
 ・ガルッピ《La Scusa》オペラストラヴァガンテ ORF
●2●ナタリー・シュトゥッツマン  Nathalie Stutzmann
 まさに男装の麗人(A・ショルを思わせる声) 端正な歌いぶり。2006.9来日予定
 ・ヴィヴァルディ《The Complete Sacred Music(BOX)》キング指揮 hyperion
 ・ヘンデル《Amadigi》ミンコフスキ指揮 ERATO
 ・バッハ《Cantatas BWV54,82,170》グッドマン指揮 BMG
●3●マリヤーナ・ミヤノヴィッチ  Marijana Mijanovic
 新世代のコントラルト。切れ味良い男前の低音。カッコイイ!
 ・ヘンデル《Rodelinda》カーティス指揮 ARCHIV
 ・ヘンデル《Giulio Cesare》ミンコフスキ指揮 ARCHIV
 ・ヴィヴァルディ《Bajazet》ビオンディ指揮 virgin
 ・ヴィヴァルディ《Motezuma》カーティス指揮 ARCHIV
●4●ソニア・プリナ  Sonia Prina
 やや鼻詰まりの、朗々と野太いコントラルト。名脇役としてあちこちで出演。
 ・ヴィヴァルディ《Farnace》サヴァール指揮 ALIAVOX
 ・ヘンデル《Lotario》カーティス指揮 DHM
●5●マリー・ニコル・ルミュー  Marie-Nicole Lemieux
 パワフルなコントラルト。オルランド役で一躍スターに。
 ・ヴィヴァルディ《Orlando Furioso》スピノジ指揮 naive
 ・ヘンデル《Cantates Italiennes》ラモン指揮 ANALEKTA fl

94 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 05:42:57 ID:mdHRJ5Qt
>>93
92です。ありがとうございました。この中でミヤノヴィッチと
プリナは未聴ですが、ミヤノヴィッチの写真はこの頃いろんな
ところで見ます。細身の宝塚男役スター風でカコイイですね。
声も聴いてみよう。

95 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 09:05:43 ID:sAK6xBBO
メゾソプラノとコントラルトの線引きが分からない俺排泄物

96 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 10:07:23 ID:wmsG0clZ
N.リアルの参加したルネサンス期スペインの歌曲と器楽曲(グロッサ)というのが6月ごろから日本でも
出回りだしたらしいですが、聞いた方いますか?どうでした?

97 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 12:53:05 ID:IM77NyHH
それ抱き合わせで注文してしまって届くのが来月の下旬になってしまったんだよなあ
.<シッパイダダーマチクタビレタ−

98 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 02:50:06 ID:6HGJ2gzi
>93-94
ロデリンダ(ARCHIV、カーティス指揮)を買えば、
ミヤノビッチ、プリナ、ニコル-ルミュ、3人とも出ているよ。男役が全員「女」ってのが素晴らしい。
(ミヤノビッチが主役)
ちなみに、ヒロインはケルメス。


99 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 15:22:33 ID:o1vGdcRu
>>98

94です。とっておきのCDをご紹介いただき、ありがとう
ございます。さっそくUniversalのサイトでサワリを試聴
してみました。男役に女性歌手ばかり当てるのって
宝塚みたいですね。この間、出演者が全員男性歌手の
「聖アレッシオ」byクリスティのDVDを買いましたが、
そっちは歌舞伎でした。

100 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 21:48:09 ID:G6VQhK3v
昨日タワレコで、カサロヴァのヘンデル・アリア集が出ているので、
買って帰ったんだが、ヘンデルは向いてないね。
ロッシーニもヘンデルも同じようなもの、なんて思っていたが、
こうも歌い方がちがうと、どうして?、なんておもってしまうよ。
カサロヴァは、なんか最近畑違いのアリア集をだしているけど、
自分を大切にしないとだめだな。
どうして、よりによって、オペレッタのアリア集なんか、だしたんだ?
彼女のフランス語の発音はデビュー当時より、はるかによくなったが、
曲が曲だけに、あんなもの、ほかにおおぜい歌える人がいるのに、
なんかもったいないと思ってしまう。
カサロヴァは「タンクレディ」をきいて、ショックをうけた歌手だけに、
変な回り道はしないでほしい。

101 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 21:52:37 ID:G6VQhK3v
連続かきこみで失礼。
オリガ・ボロディナは、初期のアリア集で、ロッシーニのアリアを
数曲うたっているが、見事だと思う。
それが、どうして、デリダなんかを歌わなくちゃいけないんだ?

102 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 21:58:18 ID:G6VQhK3v
>101

自己レス失礼。デリダじゃなくて、ダリラだった。
もちろん、サン・サーンスの「サムソンとデリラ」のフランスの発音。

103 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 00:27:07 ID:5owNNqAQ
オペラ「グラマトロジーを求めて」 

104 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 04:31:43 ID:PhBAGseH
>100
カサロヴァのヘンデル・アリア集

これ、私も買ったが、チョットがっかり。 バックが古楽器だから良いかな?
と思ったが、
カーティスもやる気なさげな指揮だし、
彼女の声があまりに不自然(?)で、60分通して聴けない・・・



タワレコで見つけて当たりだったのは、
“Almirante” ヘンデル、フックス、パーセルらの歌曲を並べて、まるで1つのオペラのようにした企画モノCD。
        ソプラノは、デボラ.ヨーク    PHOENIX EDITION

“Medee furieuse” クレランボー、リュリなどの歌曲集。ambroisie
       メゾは、ステファニ.ドストラク(レパラダンで来日した人)。バックは、ガイヤール姉妹。

105 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 16:26:06 ID:NxdY1pve
グロッサキャビネットでブリュッヘン18coでモーツァルトのアリア集が出てたが
ソプラノがおばさん臭すぎたので辞めた

106 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 16:55:27 ID:mU8os2N5
ちょっと前に、カサロヴァのヘンデル・アリア集の悪口を書いたものですが、
訂正したい、と思います。
まず、このディスクがいつものカサロヴァの歌唱に感じる生き生きとした活力を
感じないのは、いまでも、変わりません。問題は、おそらく、このヘンデルのアリアが
特定の歌手のためにかかれたもので、その歌手の音域がカサロヴァのそれとは
ずれているのではないか、と思えてきました。
このヘンデルのアリアは、低域が中心になっていて、そこにアジリタがまぶしてある。
最後のほうに、「アルチーナ」からのアリアがはいっていますが、
彼女が歌った全曲盤も、あまり感心できなかった。それはライブ録音で
低域を無理やりにだしていて、むしろげすなことばでいえば、どすが利いた歌唱に
なっており、バロック音楽の様式からはほど遠いという印象をもちました。
で、今度のアリア集はスタジオ録音なので、そういう受けをねらっていません。
だから、低域があまりよく響かない。しかし、そういう制約の中でよくアジリタを
きちんとこなしていると、思いました。

107 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 07:26:33 ID:LtRo4N32
バッハやヘンデルのコントラルトのアルバムは少ないですね
フェリアー、ヘイニス、シュトゥッツマンしか持ってない
後は全曲盤からヘフゲンテッパーかな 彼女達もソロアルバムはないみたいだし、
アリア集から僅かにオネーギンのアルトラプソディやマルガレーテ・クローゼかな
後、未聴だがブライスとか

108 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 23:43:10 ID:J2MhmFWM
>107
確かに。でも、優秀な歌手がいることはいるんですが。
シュトゥッツマンは、RCAにはいってから、全曲オペラはうたっていませんが、
ヘンデルのアリア集は絶品。ミヤノヴィチも好きだし。
歌の巧拙の問題を超越したカスリーン・フェリアは、何歳のときになくなったんてしょう。

109 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 00:21:35 ID:hT/W4qWO
フェリアが亡くなったのは41歳。声楽家としてますます
脂がのる時期に亡くなってしまうなんて、運命はむごいものだ。

110 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 02:50:06 ID:hT/W4qWO

11月に来日するジャルスキー、名古屋公演決定。
11月12日、宗次ホールにて。
ttp://www.samonpromotion.com/monthly/

はじめ東京公演しか発表してなかったから、
早まって東京公演のチケットを予約した名古屋近辺
のファンがいたらかわいそうだ。

111 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 12:20:43 ID:Rchem9Gy
ミヤノビッチですか!?
今度、探してみますね
後、ボロディナはメゾでもアルトの音色があるので、カサロバより
バッハやヘンデルのアリアに挑戦すると
ボロディナの持ち味が広がると思います

112 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 17:06:12 ID:pxIilvop
>111
ミヤノヴィチは、まさしくアルトで、ほかのメゾが代わりに歌っているのを、
彼女の演奏で聞くと、メゾとアルトがいかに違うか、よくわかります。
ヘンデルの「ジューリオ・チェーザレ」のミンコフスキ盤と、1枚のソロ・アルバムが
ありますが、いずれもとてもいい。ソロアルバムはヘンデル・アリア集。
ヴィヴィカ・ジュノーは、「リナルド」でタイトルロールを歌っていますが、
高域もでるので、ついロッシーニなど歌ってしまう。
ジェニファ・ラーモアも同じ。出せる低域をじゅうぶん活用しないままに、
ロッシーニ歌手になってしまった。彼女の「ジューリオ・チェーザレ」を聴くと、
本質的にアルトですね。

113 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 21:48:16 ID:Ej55auEb
>>108
>歌の巧拙の問題を超越したカスリーン・フェリア
ここを、もう少し詳しくお願いします。

114 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 02:01:11 ID:k9YaOa1T
>>113
技術的には各段に進歩した現代の歌手に比べると、さすがに
50年前の歌唱技術は見劣りするけど、フェリアはそれを超越
する天才である、という意味だと解釈したけど。音楽でも
スポーツでも、ここ50年間の技術的進歩って凄いですから。

本当のところはどういう趣旨だったんでしょう、108さん。

115 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 03:56:54 ID:oJ6jZu/Y
>113
録音が古いということは、ありますが、いわゆるうまい歌手とはいまだに思って
いません。ドイツ語の歌が多いのですが、発音を仔細に聞くと、かなり問題が
あります。
 ところが、彼女の歌の慈愛といったら、自然にでてきている。
普通だったら、問題になる上に述べたことはどうでもよくなってしまう。
さいしょ、彼女の歌唱を聴いたときは、やや古めかしいなどとよぶんなことを
かんじました。しかし、「バッハ・ヘンデルアリア集」を聴いているうちに
涙がとまらなくなった。歌の巧拙を超越した、と書いたのは、そういうことです。

116 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 10:29:43 ID:iARlByb4
>114
>115
丁寧にお答え頂き有難うございました。
私も、古めかしい気がして聞き飛ばしていました。
今度、ちゃんと聞いてみます。

私はヘイニスに惹かれます。上手い歌い手では無いのですが。
最近ではルミュ。ジャルスキーとの二重唱には戦慄を覚えました。



117 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 11:40:50 ID:gKagQMfg
妄想フェラオナニーのおかずにはいいということだね 

118 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 19:45:29 ID:YHW3AQSE
>>1は立て逃げ?

119 ::2008/08/23(土) 01:29:58 ID:IRg8jFUQ
>>118さんへ

1です。 
第3幕になって以降、皆様に、スレの流れを託し、拝読する方にまわっております。……すみません。
時々書き込んでいますが、あえて「1」を名のっておりません。

    ※   ※   ※   ※   ※

コントラルトの話題、それからジャルスキーの話題が続いているのを、楽しく拝読しております。(高音よりも低めがはやり?)
アルトの女性(とても低い所が出せる女性)と言いますと、
ロミーナ・バッソと、マニュエラ・カスターが思い浮かびます。

Bassoは、《Andromeda Liberata》(マルコン指揮)で来日した人。
また、ラ.フォルネ〜でも来日。ハイドンの戦時ミサ《Paukenmesse》で、テノールより低〜いところを歌ってくれてました。
CDでは、《Tolomeo》や《Motezuma》や《Atenaide》や、ポルポラの《逝ける者たちへのノットゥルノ》に出ていて、最近、引っ張りだこのようです。
ドスのきいた(極道の女たちのような?)、低〜い声が、なまめかしく素敵です。


一方、
Custerは、《Bajazet》(ビオンディ指揮)で来日したのを見ました。
CDでは、《Orland finto pazzo》や《Giustino》でカッコいい声を聞かせてくれてますが、
最近では、カヴァルリのDVD《Didone》(ビオンディ指揮)での演技が印象的でしたよ。


120 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 22:55:46 ID:0s3h9zXX
来年4月にナタリー・デセイ来日しますね。

121 :名無しの笛の踊り:2008/08/24(日) 02:38:06 ID:3JB6YF20
今年の冬には、シュトゥッツマンと、コジェナーも来ますよ。

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)