5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【え?】〜恥かしい勘違い〜【そうだったの?】

1 :名無しの笛の踊り:2008/04/29(火) 21:29:48 ID:LWs3w7t2
昔していた勘違いでも。

「マタチッチ」の事を「マタタッチ」だと思っていた。
「ドホナーニ」の事を「ドナホーニ」だと思っていた。

orz

336 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 14:35:11 ID:Rj/GGGt4
ホルスト・シュタインって「惑星」のホルストと物理学者のアインシュタインの血を引いてるのだと思ってた。

お亡くなりになられた様で。
ご冥福をお祈りいたします。

337 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 14:53:01 ID:Mk9yecG0
クレンペラー親子?

338 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 15:19:18 ID:g33Vbx9C
>>336
ええええええええええええええええええええ
お亡くなりに…
知らなかった…ちとショック…

339 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 15:28:04 ID:g33Vbx9C
ちょっとどころじゃなかった…

というかN響のHP追悼文載せろよ。。
改めてN響の桂冠・名誉指揮者陣見てみると全員危ないな…

340 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 15:38:41 ID:NsNaoRtH
クラシック界からまた巨匠が…
これでサヴァリッシュやらスクロヴァやらフルネ、ザンデルリンク(引退してるけど)
やらが亡くなってしまったら本当にクラシック界に巨匠が居なくなる…

ドゥダメルは希望の星!

341 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 15:39:55 ID:Rj/GGGt4
勘違いであって欲しかったことだよ、全く。

342 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 20:51:14 ID:g33Vbx9C
デュトワはアシュケナージよりもずっと若いと思ってた。
風貌から勝手に判断していた…まさかデュトワの方が年輩であるとは…

あまり関係ないけど、アバドって今あんなに老けちゃったんだね。。
ウィキの写真見て驚いてしまった

343 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 20:53:17 ID:g33Vbx9C
アバドよ…老けたな…
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/58/Claudio_Abbado.jpg


344 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 07:55:13 ID:tOTOOXjX
大きな病気したからしかたないね。

345 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 08:19:05 ID:aske226p
まあ、高齢になれば巨匠として扱われる世界だし。

346 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 09:57:34 ID:Cga6uoUX
老け過ぎワロタwwwww

347 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 17:07:18 ID:o1PrTfRq
教えて!goo で回答者として大活躍しているharuhyouby嬢が信じているトリビア

haruhyouby嬢は東京芸大関係者
ヴァイオリンは平均律の楽器
ピアノは純正律の楽器
バッハはオペラを作曲していないので古典派
バッハの「マタイ受難曲」の別名は「タイスの瞑想曲」 。タイスの瞑想曲はロマン的だから、バッハは古典派の作曲家
モーツアルトはオペラを書いていない
オペラはロマン派
「コントラ」というのは固有名詞で、コントラバスを指し、「コントラファゴット」「コントラバスリコーダー」というのは存在しない架空の楽器
ファゴットは高音楽器
ファゴットの下の音域の楽器は「バスファゴット」
コントラバスはヴァイオリン属であり、ヴィオールなどという楽器は存在しない
クラリネットは歴史が深く、オーボエはロマン派時代に発明された
リュートは笛の仲間
音叉はチューニングの道具ではない
ヴァイオリンのチューニングはハーモニカでやるのが一般的
クラシックには即興が存在しないし、通奏低音も存在しない
オーケストラのチューニングはクラリネットかトランペットでやり、オーボエではやらない。

こんなヤシをすっかり信じてしまう質問者も多いけど、いいのか??

348 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 22:38:18 ID:AGqfXy3u
>>347
>教えて!goo で回答者として大活躍しているharuhyouby嬢が信じているトリビア

質問者としても大活躍されているようですw

>ttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa4114297.html

349 :名無しの笛の踊り:2008/08/02(土) 00:08:58 ID:uppdMdXI
こんなところで暴れてガス抜きしてる奴もいるのか・・・

350 :名無しの笛の踊り:2008/08/02(土) 01:15:31 ID:zT8YtBM4
haruhyouby指摘されまくりワロタwww
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4218218.html

351 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 09:32:45 ID:LQqHS991


352 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 18:04:12 ID:tg+Z44JP
20年ほど前の日曜洋画劇場の最後に流れるピアノコンチェルトは、ラフマニノフのだと思っていた。
実は「キスミー・ケイト」とかいうミュージカルの中のFall in Loveという曲。

かの中村紘子さんもそう思い込んでいたというからby黛敏郎、業界全体で大きく勘違いしていた可能性も…
ネタ古すぎ?

353 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 19:31:23 ID:rJalkT9O
>>352
ばーか。
しったかは去れ。
これはコール・ポーターのミュージカル「キス・ミー・ケイト」の挿入歌の
「So in Love」だ。
使われているのは、モートン・グールド指揮のオーケストラ。
まだテープ録音がない時代のLPダイレクト・カッティング録音だ。

「題名のない音楽会」でもやった。その回はオレも見た。

354 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 22:36:13 ID:tg+Z44JP
>>353 さん。

>>353 さんの取っておき、お蔵出しネタを知らずに提供しちゃってご免なさい。しかも私のような素人から…w

で、素人ついでにもう一個提供!

フィッシャー=ディスカウ、が別々の2人だと思っていたところ。
アンドレカンドレ(=井上陽水?)と同じか。コンセプト的には。

ああどうぞ、これもまた >>353 さんの秘蔵ネタでありませんように。

355 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 23:40:52 ID:rJalkT9O
間違いを指摘されて居直ってるのか?

356 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 09:46:16 ID:4nPZj3H6
>>353は実にケツの穴の小さい男
下らない人生を生きてらっしゃる

357 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 09:55:03 ID:EGCaGp/S
>>356
よっぽど悔しかったのか。
くだらんネタの、その間違いを指摘されて。
本人だけが「とっておきのネタ」だと思ってたんだね。
カワイソス。

358 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 10:06:57 ID:Zj7IG24+
>>353
>まだテープ録音がない時代のLPダイレクト・カッティング録音だ。

テープ録音がない時代にはLPもなかった。
ダイレクト録音だったのはSP盤。
LP時代に入ってから(1948年以降)はSP盤も
テープ録音から作られていた。

LPのダイレクトカッティングはテープ録音がない時代ではなく
1960年代以降になって音質的な理由で行なわれていたもの。

>ばーか。
>しったかは去れ。

359 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:25:10 ID:EGCaGp/S
>>358
>テープ録音がない時代にはLPもなかった。
>ダイレクト録音だったのはSP盤。
>LP時代に入ってから(1948年以降)はSP盤も
>テープ録音から作られていた。
馬鹿の上塗り。
録音の歴史を調べてみろ。
アメリカでは、放送上の必要があって、LPの技術を応用して、
40インチなどの大きなアセテート・ディスクに低速度録音する
技術があって、SP時代から使われていたんだよ。
それは磁気テープ録音が実用化される以前の事。
きちんと調べてからイチャモンをつけろ。

LPダイレクト録音は、その後、音質の追求の意味でも60~70年代に
おこなわれたこともある。

以上の件、異論があるなら、きっちり調べてから書かないと、
恥の上塗りをするぞ、このクソボケ。

360 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:27:23 ID:EGCaGp/S
でだ、上記の「モートン・グールド」などのモノラル録音は
その磁気録音以前にアセテート盤に録音されたものだ。

トスカニーニなどの録音も、SPでもなくテープでもない
長時間アセテート盤に録音されたものが多数存在する。
これはNBCの放送用録音で、これをマスターにしてレコードに
なったものも多数存在する。

361 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:33:02 ID:EGCaGp/S
>>358
>LP時代に入ってから(1948年以降)はSP盤も
>テープ録音から作られていた。
これは、EMIの話。
フルトヴェングラーのものなどは、わざわざSPに合わせて
10分単位で分割してテープ録音されたものもある。
後から編集してSPに小分けするということをしなかった。
その後、さすがに改められたが。

で、アメリカの公文書館には、放送用の大盤アセテート・ディスクが
多数資料として保存されている。
アメリカは国内に時差があるので、時間帯に合わせた放送が必要で
そのために、SP以上の音質で録音出来るシステムが必要とされていた。
ドイツはテープ録音を実用化し、アメリカはLPの元になる長時間
ディスク録音を実用化していたのだよ。

ここまで書けば判るだろ。

362 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:47:21 ID:Zj7IG24+
>>359-361

「LP」とは米コロムビアの規格に基づいて作られた
30cm径,33回転のビニルディスクをさす言葉だ。
放送用のアセテート盤はLPではない。
アセテートを原盤とするLPはアセテートからLPに
トランスファーされたもので,「ダイレクトカッティング」ではない。
あなたがいくらわめいても,モートン・グールドの録音が
「テープ録音のない時代のLPダイレクト・カッティング録音だ」
というのは明らかな間違い。

また日本のレコード会社も含めてEMI以外の世界各社もテープ録音を
原盤としたSP盤をたくさん発売している。
ビートルズのSP盤すら存在するのを知っている?

363 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:49:54 ID:EGCaGp/S
>>362
>アセテートを原盤とするLPはアセテートからLPに
>トランスファーされたもので,「ダイレクトカッティング」ではない。

う。たしかに。
この点の誤りは認めよう。

>「テープ録音のない時代のLPダイレクト・カッティング録音だ」

この一文は余計だった。

>また日本のレコード会社も含めてEMI以外の世界各社もテープ録音を
>原盤としたSP盤をたくさん発売している。
>ビートルズのSP盤すら存在するのを知っている?
知ってるし、それはまったく否定していないが?
ああ、「これはEMIの話」という表現が、EMIに限定したと解釈されたのかな。
ならば、謝っておくよ。

364 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:51:08 ID:EGCaGp/S
>>362
で、
『テープ録音がない時代にはLPもなかった。』
この点の誤りは、認めるな?


365 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 11:57:33 ID:Zj7IG24+
>>364
LPが発売されたのは1948年。
この年にはプロ用どころかアメリカでは民生用の
テープレコーダーすら発売されている。
したがって「テープ録音がない時代にはLPもなかった」は
間違いではないと思う。

でも>>363で間違いをきちんと認める態度には感心した。
でもそんな人なら最初から赤の他人を「しったか」とか
罵るのはやめたらいいのに。


366 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 13:16:17 ID:EGCaGp/S
>>365
連続投稿になってしまったので、時間を置かざるをえなかった。

>LPが発売されたのは1948年。
>この年にはプロ用どころかアメリカでは民生用の
>テープレコーダーすら発売されている。
>したがって「テープ録音がない時代にはLPもなかった」は
>間違いではないと思う。
この点は、間違っている。
なぜなら、「LPシステム」が発表されてすぐに発売されたものの
原版は、アセテート録音のものだったからだ。
テレコが発売されていても、テープ録音されて商業ベースで発売出来る
ソースが存在したかどうかはまた別の話だ。
聞くところによれば、ビング・クロスビーが初めて放送用プログラムに
テープ録音を採用したのが1948年。
その頃はアメリカでメインだったのは長時間アセテート盤録音だったのは
ハッキリしている。

間違いは間違いなので、それを胡麻化す態度は最低だと思うので
謝るべきところは謝った。

で、細かなところを調べないから「しったか」と呼ぶ。
その点では自分も同類だった事を言い添えておくが、一点だけ誤りを認めたので
あって、全面的に発言を撤回したのではない。勝ち誇った態度は恥ずかしいからやめたほうがいい。

367 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 15:27:58 ID:4FMmDy1m
「テープ録音がない時代」っていう、曖昧な表現するからダメなんだよ。
初めから「テープ録音による商業用音源がないじだい」と言っとかないと、技術や機器の話と混同されてもしかたないよ。

368 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 21:18:51 ID:q05VQ6W3
>>358-367

とっても勉強になりました。
テープ録音以前は、そうやって音源を確保してたんですね。

しかし、そう考えるとテープ録音って画期的な発明!
そのことで「編集」ができるようになったんでしょうから。
それから、デジタル処理もすごい。
コンピュータ上で切り貼りが出来るのだから。

元の話に戻りますが、その「キスミー・ケイト」の録音は
演奏をしくじったら「最初からやり直し」だったんでしょうし
緊張しっぱなしの演奏だったんでしょうね。

・・・とは言っても、音楽は一度スタートしたら「ストップ。やり直し」は
基本的に効かないんでしょうから、同じですね。

一度始めたら最後まで、責任もって演奏しなくてはならないのは、今も昔も同じでしょうか。

369 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 22:42:03 ID:0NMdw3zV
>>352-
ここは恥ずかしい勘違い野郎が集うスレじゃなくて
普通の人がかつて恥ずかしい勘違いをしてしまった体験を綴って行く場所だと思ってたんだけど

370 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 23:14:47 ID:nrGxjbo7
いまだにワグナーの主だった曲名を正確に言える自信がない。

>>62-67
ピアノ八重奏は誰の曲かの結論は?

371 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 00:06:58 ID:30l5PVQV
>>370
というか、俺は大学まで、マーラーが指輪の作曲者と思ってた、なんでだw

372 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 08:24:43 ID:AhzR9JNL
>>368
片面23分入るLPが実用化されるためには
編集可能なテープ録音の存在が
前提になったのはそのため。
初期LP録音の主力がアセテートだったなんて
まさにこのスレにふさわしい勘違いだよ。

373 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 09:05:51 ID:4glzaaal
>>372
また懲りずにイッチョ噛みクン登場か。
もっと勉強してから書けって。
前提もナニも、長時間録音は、放送用低速度アセテート録音がすでにあったのは事実。
その後、磁気テープ録音が主流になったのは、編集のしやすさ故。
アセテート録音も、リレコする事で編集は可能だった。
で、君は他人の発言を自分流に翻訳して解釈する特技があるが、
誰も「初期LP録音の主力がアセテート」なんて書いていない。
他人の発言を批判するなら、きちんと読んで理解して引用しなさい。

374 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 09:15:42 ID:4glzaaal
もう一つ指摘しておくと、磁気テープ録音が実用化される以前には、
放送用アセテート録音以外に、映画用の光学フィルム録音があった。
ディズニーが「ファンタジア」で使ったように、ステレオやサラウンド録音も出来た。
あまり使われなかったのは、コストがかかる事と、光学録音機の準備と現像、プリントが
映画会社じゃなければ大変だったからだ。
光学録音なら長時間録音出来たし、SPよりもはるかに高音質で録音出来た。
編集も出来たし。
ただ、もちろん、磁気テープ録音が総ての点(コスト、音質、簡便性)で優位なのは
たしかで、映画業界も1950年代に入ると最終段階を除くポストプロダクションでは
磁気テープを使うようになった。

375 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 09:27:07 ID:AhzR9JNL
>>373
アセテート原盤によるLPはたしかにあったが,それは放送用・映画用の
音源がLPに転用された例で,SP復刻盤と同じようなもの。
最初からLP用に制作された音源は1948年の時点ですでに
テープ録音だった。だから>>353のようにアセテートを原盤としたLPを
「テープ録音のなかった時代のLP」と言うのは間違いだし,
>>373のようにテープ録音がLPより後に主流になったように言うのも
間違い。これで終了。

376 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 10:07:57 ID:4glzaaal
>>375
>最初からLP用に制作された音源は1948年の時点ですでに
>テープ録音だった。
これのソースを示してくれないと、真偽は不明だな。
こっちの手持ち資料とは違うしな。
君の発言の根拠を明示しなさい。


377 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 10:10:34 ID:4glzaaal
というか、そもそもの「モートン・グールド」の「So in Love」の音源は
アセテート録音なんだよ。
で、これは映画用に録音されたものでも放送用に録音されたものでもない。
君が「すべてのLP録音はテープ録音である」と主張するなら、1つの例外は
確かに存在するわけだ。したがって、君の主張は崩れているわけだ。
おれは待ちがハマチが意図して訂正して謝るが、君は往生際が非常に悪いね。

378 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 11:04:16 ID:4glzaaal
>>377
すまん。
>待ちがハマチが意図して
ミスタッチだった。
正しくは、
『間違いは間違いとして』
です。

ちなみに、SP用に録音したけど急遽LPで発売しなければならなくなったけど
会社はまだテープレコーダーを買ってなかったので、SP原盤からLPの
アセテート盤に直接リレコした騒動について、かのジョン・カルショーの自伝
「レコードはまっすぐに」に書いてある。107P〜110Pね。


379 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 13:51:51 ID:mM6ZZ7E1
待ちがハマチキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

http://nantara.up.seesaa.net/image/20080401a48.jpg

380 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 13:57:27 ID:4glzaaal
>>379
これ、わざわざコラ作ったの?
なんだか立派な作品で、ここに置いとくだけじゃもったいない出来だね。

381 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 14:30:07 ID:vkYAQxd0
>>374

ストコフスキーさんから「サウンドトラック」と言って紹介されて出てくる、恥ずかしがりやの一本の糸さんは
当時の最先端技術だったんですね!
光学フィルム録音、なんて(ディスクではないけど)CDのはしり、みたいじゃないですか。
どこかざらざらした、手描きのセルを思い浮かべそうなアニメーションに精彩が宿りました。

思い切りずれますが、あの中では最後の花のワルツが大好きです。


382 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 14:33:41 ID:4glzaaal
光学録音は、デジタルと相性がいいんです。
大昔のトーキー初期の映画がデジタル・リマスターすると
驚くほどいい音になって甦ったりするんです。
不思議なんですが。
で、「ファンタジア」の中の「花のワルツ」、いいですよね。

383 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 18:59:42 ID:NpW3jW05
このスレがこんなに動いているなんて!!!




面倒くさいから読みませんけどね。

384 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 23:21:33 ID:I1XmwnzR
 
     ●-、
    r´ - ●
     ` =='\
      |    ヽ
      UUてノ

385 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 01:08:13 ID:0WF5dSUV
最初CDを買ったとき、念のため裏返してB面もチェックしたのは・・・自分だけではないはずw

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)