5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

指揮法について語る

1 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 03:59:26 ID:X9+aub9s
指揮者そのものではなく、指揮の技法を語るスレ

みんな指揮真似とかしてるけど、本当にそれでオーケストラは鳴るのだろうか

2 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 04:27:48 ID:uyZr+afX
2get

3 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 06:33:51 ID:8Xi+42k8
ガチで指揮科の俺が来ましたよっと。

4 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 06:41:48 ID:8Xi+42k8
って、この時間じゃ人いないか(´・ω・`)

5 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 06:43:03 ID:Nvo10WLT
いつだって一緒(´・ω・) ス

6 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 10:40:35 ID:8Xi+42k8
>>5
ありがと(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

7 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 10:42:20 ID:f6wEb31K
あの教則DVDをうpしようかなぁ。。。

やめた。

8 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 10:47:11 ID:l5h1mc+D
群響が指揮者体験をやってたよ
ヘタクソが振ってもそれまでにちゃんと練習出来てれば平気なんじゃない?
実際、指揮者なしで演奏をしたりなんてこともあるんだし
あ、ハルサイみたいな難曲は別ね

ちなみに教則のDVDは興味あるので是非!

9 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 11:44:17 ID:u8fy+u8Z
形だけ真似しても無駄。
理解や解釈がちゃんとあれば自然と動く。

10 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 20:45:04 ID:8Xi+42k8
>>9
理解や解釈があっても、指揮法をやらないと
オケには分かり難いよ

11 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 21:15:33 ID:MU6Wiajd
>>10
なんで?

12 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 21:16:46 ID:8Xi+42k8
>>11
単純に、1拍目が分かり難いから

13 :名無しの笛の踊り:2008/05/15(木) 22:56:22 ID:U5QVpmL+
>>8
斉藤秀雄メソッドによる指揮法 秋山和慶 ビクター ET 1991
S区図書館DVD

14 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 03:22:54 ID:YlcKO/nx
指揮法って国会制定すべきだよな。
精神性のない指揮やオケ労組に媚びた練習は法規制すべき。

15 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 03:25:35 ID:2twviecu
>>14
指揮法と音楽性は別物だよ

16 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 11:10:37 ID:2twviecu
例えば、ムーティとゲルギエフの指揮は
素人目から見ても全然違うっての分かるでしょ。ムーティはかなり
分かりやすい一方で、ゲルギは手のひらプルプル。いや、実際に生で見ると
あの指揮はオケをグイグイ引っぱっていくんだけど。
個人個人で好き嫌いや評価は分かれるかもしれないけど、
あれだけ指揮法の個性が違うのに、評価されてるんだよね

17 :名無しの笛の踊り:2008/05/16(金) 14:06:30 ID:T4NMmRMa
アバディアン規制法(ア規法)
最高刑は死刑

18 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 04:44:25 ID:L2iEW53Q
日本では西洋音楽は完全に輸入したものだから、斉藤指揮法みたいに
システム化が必要だったんだよ。
ヨーロッパならオペラハウスへ通って学ぶとか、有名指揮者に弟子入り
すれば良いが、日本では指導する人がまずいない。だれもわからない。
誰も何もわからない状態で適当にやれば混乱するだけ。
だから共通の指針は必要だった。斉藤指揮法は技術論だ。
まず型から学ぶというのが、非常に日本人的で効果的なやり方だと思う。
楽器の習得だって、極めて退屈な基礎訓練抜きでは名人にはなれない。

19 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 07:12:12 ID:pOu5jiv1
>>18
そうなんだよね、だから斉藤メソッドやってる人って
大体指揮が分かりやすい人が多い。特に曲の出だしの
一拍目は入りやすいみたいだね。
俺はヨーロッパの音楽院にいて、毎週レッスンでプロオケ振ってるんだけど、
出だしがストップした事はないかも。フェルマータの指示なんかは
オケや指揮者によってタイミングの掴み方が変わってくる部分があるから
そういうのは経験なのかな。

20 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 07:42:36 ID:SqxMkrAC
本当にヨーロッパの音楽院にいるのなら、2ちゃんなんてやってないで勉強に専念しろよ。なんのために高い金払って留学してるんだよw

21 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 07:46:07 ID:pOu5jiv1
>>20
留学じゃなくて、家族全員でこっち住み。

22 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 10:43:50 ID:6QdiHrYO
家族がいるのに毎週レッスンですか。
クラオタ特有の妄想ですよね。
わかります。

23 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 12:08:14 ID:pOu5jiv1
>>22
俺は両親が赴任してるんだが・・・

24 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 13:42:55 ID:GGW12jJ+
うんうん、わかるよ

25 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 14:16:58 ID:6QdiHrYO
わかってるって

26 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 16:50:23 ID:C3pweAgo
棒のテクニックは指揮のテクニックの数パーセントにすぎない。
もっと良くスコアを読みたまえ。
やることは無数にあるよ。

27 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 17:04:17 ID:0WkPODV+
しかし棒のテクニックだけで全てを台無しにしてるヤツもいるけどな
見てて腹が立つくらい下手なんで演奏してるとストレスがたまる

28 :名無しの笛の踊り:2008/05/17(土) 19:08:11 ID:C3pweAgo
そういうのはもともと問題外!

29 :27:2008/05/18(日) 01:04:44 ID:WmoRQQgv
例えばこれ
ttp://www.youtube.com/watch?v=29vDCPQvmK8
音が大きくなったり歌い込みたいところで何故か振りが小さく分からなくなる
こんな振り方されたら弾いてる方はキレそうになる

まあ大勢の前に立つし先生も横で見てる中で
スコア見て音聴いて手を動かすのは難しいと思うよ
こんなの見てると多少スコア読むより場数踏んで
気力と度胸をつける方が大事なんじゃないかと思う

そんだけ

30 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 01:45:46 ID:gxXGlq2Z
>>29
教師の方も読みやすい棒とは思えない。
ttp://www.youtube.com/watch?v=iKuyz9xBvag

31 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 01:58:21 ID:WmoRQQgv
先生のは分かりやすいから弾きやすい
すごいアッチェレランドかけたから付いていけなくなってるけど

これはテンポの遅い曲だから
拍を分割しないとすごく分かりづらくなるよね

32 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 02:13:15 ID:o2ufucR0
>>31
先生のは分かりやすいね。
生徒の方は音が出てる流れに合わせて
振ってるだけだな。

33 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 02:15:05 ID:gxXGlq2Z
そうかな。結局ついていけてないだろ。

おもしろいから色々見てみたけど、
この教師はいい。
http://www.youtube.com/watch?v=7HaYHcTmsew


34 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 03:59:10 ID:c2/+0+CW
俺コンサート言ってても、
演奏者がどこにあわせてるのかさっぱりわからねえ
ていうかずれてるように見えるんだよなー

35 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 04:06:00 ID:UeKKuqov
実際に出る音は指揮の叩きよりも遅れて出る。

36 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 04:20:11 ID:c2/+0+CW
その間隔って決まってるの?
0.5秒とか?

37 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 04:48:55 ID:o2ufucR0
>>36
オケによっても指揮者によってもまちまち。
ウィーンフィルはけっこう遅れて出るけど、今のパリ管は
降ろしたタイミングとほぼ同時に音が出るよ。特にエッシェンバッハは。
ショルティは降ろしたと同時のタイミングで音が鳴る様にしかかったから
ウィーンフィルとは、それでもめた事もあったみたい。
特に上のyoutubeのアダージェットで弦しかいない場合(ハープもいるけど)は
特に遅れて音が出るかな。


38 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 07:55:50 ID:WmoRQQgv
>>33
生徒の方は棒に「呼吸感」が無いので合わせにくい感じ
特に楽器の受け渡しやフレーズの始まりのところとか

ドラマで俳優が指揮者役やってもだいたいこうなるよな
別の言い方すれば音楽を引っ張っていく力が見えるかどうかの違い

39 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 08:51:45 ID:o2ufucR0
>>38
ああいう呼吸感を指揮者が出せるようにするのも
場数踏まないとダメだよね。
弦とピアノじゃ発音のタイミングが違うから、もちろんああいう曲で
弦楽器奏者相手にレッスンした方が全然いいけど、とりあえずは
ピアニスト二人相手とかでもガンガンやるべき。

40 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 09:01:39 ID:9504Zek7
自分で楽器やって、それもある程度のレヴェルに達した指揮者でない
とアインザッツの「合わせの呼吸」は出せないよなー。
アダージョで等速で振っても、演奏者にはその違いは明らかだ。

41 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 11:13:03 ID:xgEXD3me
>>39
優れたピアニストはちゃんと「呼吸」している。
呼吸は楽器歌問わず音楽の基本ね。できてないひと多いけど


42 :41:2008/05/18(日) 11:31:19 ID:KFj7HX+T
逆に言うと音楽やってない奴は呼吸をせずとも生きていられるね。

43 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 11:33:42 ID:o2ufucR0
>>41
うん、そうなんだけど。ピアノと弦楽器の発音原理が違うから
音が出るタイミングは少し変わってくるんだよ

44 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 12:18:00 ID:c2/+0+CW
>>37
ようするに、ばらばらとはいえ、予め打ち合わせをしてタイミングを決めてるって事でいいのかな?

45 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 20:47:47 ID:9504Zek7
打ち合わせなどしないって。
打点の深さというか、”溜め”はオケ固有のものだ。
プロでエキストラとして始めて参加する場合は、最初の曲の
出だしで棒とオケの空気を読んで、一瞬のうちに順応していく。

46 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 20:53:49 ID:c2/+0+CW
あー俺が言ってるのは
指揮者と演奏家の間のタイミングっていうか…
自分が思ったディレイで演奏されなかったら嫌じゃない?

47 :名無しの笛の踊り:2008/05/18(日) 22:00:11 ID:H6Qgu0Pm
それは演奏者に口で言えばよい。
ピアノも弦も呼吸したほうが出は良いよ。

48 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 00:39:25 ID:a3C9UBYZ
あげてみゆ

49 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 00:46:36 ID:lwSn+JUR
上げるよりも自分で実際にオケを指揮せよ。
呼吸とともにちゃんと出るから!

50 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 01:05:03 ID:a3C9UBYZ
してる

51 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 01:39:33 ID:6Scm8DKW
勉強になるよ。

52 :名無しの笛の踊り:2008/05/21(水) 05:47:30 ID:lwSn+JUR
小澤さんの言ったとおりだ!

53 :名無しの笛の踊り:2008/05/24(土) 13:05:09 ID:DIvBT85/
agwe

54 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 18:22:27 ID:6uSLjgRa
ゲルギエフの先生、イリヤ・ムーシンのレッスン風景
ttp://jp.youtube.com/watch?v=qAYsnXo1dzY&feature=related

55 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 18:53:00 ID:Vbtwz+69
カラヤンの指揮はうまいのか。

56 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 19:14:31 ID:6uSLjgRa
うむ。晩年はだいぶ衰えたが。

57 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 20:12:01 ID:rL0dHs0x
>>55
分かりやすいと思う。
棒の先ってよりも、前腕でオケを引っぱっていく感じがしてる。

58 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 20:17:25 ID:nsA1j2Dj
スッカラカンやん

59 :名無しの笛の踊り:2008/05/25(日) 21:07:28 ID:2F28PyPd
カラヤンはオペラになると生暗譜でアインザッツを出せないので、
歌手が良く間違ったところから入るこわーい指揮者。

60 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 14:16:04 ID:n9IL93rx
キュー!

61 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 16:44:21 ID:duCIwxZA
三拍子の打点って振り上げた最高点って本当?
一般的には振り下ろしだと思っててびっくりしたんだが

62 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 17:56:20 ID:QnqD5mWB
そんな厳密に考えて振ってるやつなんていない。

63 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 18:06:17 ID:DT0ypO/6
三拍子は形は崩れてもその図形は常に頭に入っていて、
オケが崩れそうになったときいつでも明確に触れるようにされたし!

64 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 19:19:49 ID:n9IL93rx
>>61
ウソ

65 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 21:13:14 ID:DT0ypO/6
64 :0拍の打点のことだろう?

66 :名無しの笛の踊り:2008/05/29(木) 22:28:01 ID:n9IL93rx
ひゃ?

67 :名無しの笛の踊り:2008/05/30(金) 22:24:31 ID:vNrQl5t/
ホンに全部書いてあるよ。

68 :名無しの笛の踊り:2008/05/30(金) 22:32:10 ID:E4LamTXu
他に何かありますか?

69 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 22:49:54 ID:OYywyNSY


70 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 01:54:31 ID:MGdmE7sO
実際に振ってみて経験したら???

71 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 02:04:48 ID:HpajizoW
みんな経験者じゃないの?そうだと思ってた

72 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 14:18:10 ID:tT3XPQ9I
講習会10%、経験90%で実力がつくね。

73 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 23:56:15 ID:0EtfvrHk
棒のテクニックよりもリハーサルテクニックの方が難しいと思うが・・・。

74 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 01:08:17 ID:1IO4dAey
バトンテク、リーディングテク、リハテクの三本柱がなきゃダメだろ。

音楽家としての基礎素養は当然のことな。

75 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 01:14:40 ID:wV4AtKfM
リハは色んな指揮者のを見るのも勉強になるね。進め方とか。
日本もヨーロッパのようにリハは誰でも見れるようにすればいいのに。
うちの学校は、事務所の前の掲示板に色んなホールのリハーサル予定が
貼られてるよ。

76 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 01:19:25 ID:1IO4dAey
与えられたリハ時間を有効に使えん指揮者はアフォ。

77 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 05:23:20 ID:PLUvVZZI
リーディングテクとリハテクはドイツの音大が副科でも良く教えてくれるよ。

78 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 06:18:00 ID:wV4AtKfM
ブーレーズのリハは和気藹々としてたな。あの人自身も腰の低い人で
練習中のソリストへの気配りもすごかった

79 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 16:32:29 ID:gcZ1OqfI
オレもWienで彼のマルトーのリハ見たなあ!
そのとおりだ!
権力をかざす湯浅とは全く違う。

80 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 20:26:33 ID:4MX7TzZZ
リハーサルのDVDがもっと欲しいなあ。

カルロス=クライバーの「魔弾の射手」「こうもり」は実に見事だね。

81 :名無しの笛の踊り:2008/06/16(月) 11:44:51 ID:FGEfpIK4
>>79
お前、湯浅スレにもいるだろww
いや、俺も某音大に在籍しながら湯浅クラスに
いたんだけどね。
卒業してからヨーロッパに住み始めて、毎週
プロオケ振るレッスンしてるよ

82 :名無しの笛の踊り:2008/06/16(月) 18:32:50 ID:/YQan4Fa
ドイツのTVは良くリハーサルの番組流しているね。
この前はケント・ナガノだった!

83 :名無しの笛の踊り:2008/06/16(月) 23:56:37 ID:8f1ie3YC
>>81
またお前か



84 :名無しの笛の踊り:2008/06/18(水) 17:43:51 ID:ReYE/yIR
杉山だよ。

85 :名無しの笛の踊り:2008/06/21(土) 16:47:19 ID:w2MPASLr
欧米では政治家と同じでその息子だけがかっこよくデビューできる。
何か罰則を設けましょうよ!

86 :名無しの笛の踊り:2008/06/21(土) 17:27:24 ID:vbAeodAI
欧米の方ですか(・∀・)?

87 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 06:38:56 ID:Te4vGnHB
欧米の方を罰しましょよ。

88 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 07:07:12 ID:iGqH0L49
欧米か!

89 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 18:15:05 ID:CAOvCLiC
世襲禁止!!!!

90 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 00:09:33 ID:03JU39uC
ヤルヴィの事ですか!?><

91 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 00:19:04 ID:eTIL3vPh
あの

92 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 01:27:12 ID:AzccmgHN
ユーロフスキーやザンデルリンクも同罪だ!

93 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 01:39:27 ID:boFJffcs
世襲(?)指揮者一覧

・親子とも(一応)有名な指揮者
 エーリッヒ・クライバー→カルロス・クライバー
 ウィリアム・スタインバーグ→ピンカス・スタインバーグ
 イーゴリ・マルケビッチ→オレグ・カエターニ
 アルヴィッド・ヤンソンス→マリス・ヤンソンス
 クルト・ザンデルリング→トーマス・ザンデルリング&シュテファン・ザンデルリング
 ネーメ・ヤルヴィ→パーヴォ・ヤルヴィ&クリスチャン・ヤルヴィ
 アルミン・ジョルダン→フィリップ・ジョルダン
 ゲオルグ・アレクサンダー・アルブレヒト→マルク・アルブレヒト
 ミハイル・ユロフスキ→ウラディーミル・ユロフスキ
 (ヤン・クーベリック(ヴァイオリニスト)→ラファエル・クーベリック)
 (ポール・トルトゥリエ(チェリスト)→ヤン=パスカル・トルトゥリエ)

・親は有名だが子がパッとしない指揮者
 朝比奈隆→朝比奈千足
 コリン・デイヴィス→ジョセフ・ウォルフ
 エリアフ・インバル→ダニエル・インバル
 渡邉暁雄→渡邉康雄
 (アイザック・スターン(ヴァイオリニスト)→マイケル・スターン)
 (ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)→マルティン・フィッシャー=ディースカウ)

94 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 01:41:23 ID:boFJffcs
番外編

・親が作曲家で子が指揮者
 ドミトリ・ショスタコーヴィチ→マクシム・ショスタコーヴィチ
 グスタフ・ホルスト→イモージェン・ホルスト(娘)
 尾高尚忠→尾高忠明
 (エルネスト・フォン・ドホナーニ→クリストフ・フォン・ドホナーニ(孫))

・兄弟指揮者
 オイゲン・ヨッフム&ゲオルグ・ヨッフム
 アダム・フィッシャー&イヴァン・フィッシャー
 セミョン・ビシュコフ&ヤーコフ・クライツベルク
 トーマス・ザンデルリング&シュテファン・ザンデルリング
 パーヴォ・ヤルヴィ&クリスチャン・ヤルヴィ
 (クラウディオ・アバド(伯父)→ロベルト・アバド(甥))
 (ナディア・ブーランジェ(姉)→リリー・ブーランジェ(妹/作曲家))

・親が指揮者で子が俳優
 カール・ベーム→カールハインツ・ベーム
 小澤征爾→小澤征悦
 リッカルド・ムーティ→キアラ・ムーティ
 (フランツ・コンヴィチュニー→ペーター・コンヴィチュニー(演出家))

他にもいると思うけど。

95 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 01:52:54 ID:/yrOWCgW
ビシュコフとクライツベルクが兄弟って知らなかったわ

フィリップ・ジョルダンって有名なの?

96 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 06:26:14 ID:AzccmgHN
苗字が違うので腹か種違いだろう。両方ともユダヤ人!
フィリップ・ジョルダンはアンミンの息子だよ、やつはバイロイト振った。
マルク・アルブレヒトもG・A・アルブレヒトの息子でやはりバイロイト振った。

97 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 17:10:48 ID:e0O6LoZU
どうして指揮法のスレが立つ度に「指揮者ヲタ」が荒らすのはなぜなんだぜ?

98 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 17:54:25 ID:6n4Dps+b
たいして話題がないから

99 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 18:25:28 ID:dt5PokeT
どんどん論争をすることは良いことだ!

100 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 18:33:50 ID:oSzK2I8l
振り方がカッコいいと思ったのは…
カラヤン
カルロス・クライバー
チョン・ミョンフン

クリュイタンスもエレガントで素晴らしい。

悪いと思ったのは…
ショルティとアバド。
指揮者としては好きなんだが。

101 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 18:46:11 ID:6n4Dps+b
その人たちは全て個性的で素晴らしい。

ごく大雑把にまとめると、60年代までに亡くなった
巨匠たちは振り方が無骨で、あまりカッコよくない。

指揮者がカッコよくなったのは、テレビの影響と
指揮者とオケの関係の変化が大きいと思う。

102 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 20:51:45 ID:v2fcen/K
俺はフルヴェンの振り方が好き。
後は対照的だがムラヴィンがいい。
かっこいいとかわるいとかそういうのを通り越して憧れる。

103 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 21:12:04 ID:dt5PokeT
彼は自分自身を指揮者ではなくて作曲家と思っていた。

104 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 20:38:07 ID:LVNu7jLY
バンスタとフルヴェンはお互いの演奏会を聴いて感銘を受け合ったにも
かかわらず、戦後まもない頃だったため、会見する機会を逃したそうだ。

105 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 05:17:01 ID:uxYNrj6g
指揮法についての文献はどれが最初なの?
古い文献で有名なのは何?


106 :名無しの笛の踊り:2008/07/13(日) 20:39:29 ID:mNr8CW9s
マゼール デュトワ スィトナー クライバーの指揮法!!


107 :名無しの笛の踊り:2008/07/13(日) 22:43:25 ID:lUM3KhgW
文献より前は言い伝えられていただけ。

カール・べームが始めて指揮したときには、
4拍子の第二拍は右に指揮したものだと笑っていた。

指揮とはそういうもの、特に教えない!



108 :名無しの笛の踊り:2008/07/13(日) 23:31:03 ID:2vIYl8+C
斎藤指揮法によって振ると確かに打点は明白だろうけど、あれを遵守しながら音楽的な
流れを意識し続けるということは指揮者にとって難しいように思う。曲の中で合唱の入り
など、明白にリズムを示すべきところでごく部分的にやるのはいいが、全部あれで通すのは
ナンセンスだし、実際各種DVDを見ても弟子の小澤征爾を含めそんなことをしている指揮者はいない。

109 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 00:26:07 ID:C9olUe+t
若い頃の小澤はかなりそんなことしてた
見てて肩凝ってくるくらい

110 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 01:11:00 ID:k/yElWGW
斎藤指揮法はもう長いこと死んでるよ。
何でこんなくだらねえの出てくるんだ?

111 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 01:44:25 ID:gyVRG4yp
>>108
その辺りは実際にオケ振って経験して学ぶ部分なのかもね。

112 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 04:43:58 ID:k/yElWGW
プロもアマも同じく振っても癖が強いので全然違う音になるね。

113 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 04:51:05 ID:B6Lrgrwu
そもそも棒を振らないといけないのか。
ここはこのテンポでいけ、ここはレガートで、……とすべて練習で教え込めば、指揮者は
本番は舞台袖の椅子に座って見ているだけでもいいのではないか。映画監督は自分が
カメラには写らないだろう。

114 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 04:54:54 ID:gyVRG4yp
>>112
降ろしてからの音のタイミングも違うしね

115 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 13:35:12 ID:BP5QQZEV
>>113
あなた、基本的なことがわかってらっしゃらないようですね。

116 :113:2008/07/14(月) 14:50:57 ID:teQy6+8Q
ちなみに俺は道路交通法および交通安全教室さえあれば
おまわりさんも信号も不必要であるという思想を普及
させようと思案中。

117 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 15:03:59 ID:C9olUe+t
釣られない。

118 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 17:32:34 ID:RSiEgqqq
やはり本番でも指揮者は立って最初のテンポだけは示して見張っていたほうが良い。

119 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 18:23:49 ID:C9olUe+t
教則本を見て勉強するのもいいけど、
実際にいろんな指揮者の映像を見るのは、とてもためになる。

120 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 19:52:05 ID:hmo3mglg
>>113
練習が何回も出来るようなオケならそれでもいいかもね。

121 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 20:12:59 ID:iA3uxIh8
>>120
でもそれじゃつまらない

122 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 02:37:12 ID:Af7V1eh5
普通のオケはコンサートの前に「練習」というものをするよ。

ウイーンの歌劇場のオケみたいなレヴェルがあれば練習費用も高いのでやらないが、
あそこ以上に棒に反応するオケはもうない。


123 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 02:39:32 ID:V/rNKJSo
まるで自分が振ってきたような
言い方ですね(笑)

124 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 16:14:40 ID:vm7sH/L9
何だかんだ言いながら、結局は可能ならば指揮者いないのが一番いい!
という現実は残念ながら全指揮者が頭の片隅に入れておかねばならない。

駄目な指揮者ほど振りすぎる。特に学生でわかってないやつは、やたら分割したがる。分割なんてただ音楽の流れをとめるだけ。
そしてそういうやつほどプレイヤーや歌手のこと考えてない。共同作業なんだから大事なことだ。


125 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 17:07:23 ID:5e6myxcb
うむ、そうじゃ。ちょっと器用に振れたりすると
「見て見てー、ボクこんなに上手く振れるんだよー!」
みたいな、こねくり回した棒を振ったりする。

ただ、美しく的確な棒が、実際の力以上の信頼感を
指揮者に与えることもあるので、その辺は良し悪しだ。
アマチュア相手なら、それが通用することもある。

126 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 17:13:28 ID:jtxAvkpu
オペラはさすがに指揮者いないと無理だよ。
毎日歌手もオケの団員も棒も代わるんだから誰がどこでどうやるかわからない。
デュトアも振りすぎだけど良い指揮者ですよ。
一番美しい棒はサワリッシュだろう。
でもそれだけ。
バイエルンは棒だけが一番美しく音楽はいつも並みだった。
だったらバレリーナの方がもっと美しい。

127 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 20:31:21 ID:NxQACMyl
>>118
マゼールがボレロでそれやったって話を聞いた事がある。
冒頭一〜二小節振って、後は腕組みして見てただけだとか。

128 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 20:35:06 ID:HpZzoTUc
ヒマなら最後のスネアぐらい手伝えばいいのに。。。

129 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 20:44:12 ID:HpZzoTUc
良い指揮の見本

おい右を見ろ→              下を見ろ↓
       下を見ろ↓                  ←左を見ろ
               右を見ろ→                             下を見ろ↓

                        右を見ろ→        下を見ろ↓

↓下を見ろ                ←左を見ろ ↑上を見ろ            ←左を見ろ

       右を見ろ→                                      下を見ろ↓
               ↑上を見ろ                 ←左を見ろ
                       ↑上を見ろ                     ←左を見ろ

右を見ろ→              下を見ろ↓
       下を見ろ↓                  ←左を見ろ
               右を見ろ→                             下を見ろ↓

                        右を見ろ→        下を見ろ↓

↓下を見ろ                ←左を見ろ ↑上を見ろ            ←左を見ろ

       右を見ろ→                                      下を見ろ↓
               ↑上を見ろ                 ←左を見ろ

                       ↑上を見ろ                     ←左を見ろ


130 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 22:07:42 ID:nDdwVuzs
ざまを見ろ?

131 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 22:51:50 ID:NXZVYFmH
やり方は人それぞれだが、結局は音楽がよく流れればとりあえずはいいわけだ。
そのために、棒のテクニックで持っていく人もいれば、呼吸で合わせて行く人もいれば…。

132 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 06:40:31 ID:5qmOVNtd
マゼールはスネアは難しすぎてできないだろう。

133 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 21:50:55 ID:TJZr0kcz
マゼールは斉藤メソッドをすでに簡単にこなしている。
楽理的に分かりやすい。
スィトナーは単純だが一拍目が分かりやすい。
デュトワは完璧。指揮とは結局リズムの伝授だと思わせる。
ただ、振りすぎ、カッコつけ過ぎ、キザ!







クライバーは極み。美し過ぎる。






134 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 22:47:31 ID:8MlfphFU
マゼールは斉藤指揮法をどこから学んだの?
桐朋学園にいたとか?????

135 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 23:13:09 ID:Tjsg4a+p
そういう意味じゃないだろJK

デュトワの振り方って
長く振ってもあまり疲れなくていい

136 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 23:55:54 ID:DE3wtyRV
クナッパーツブッシュはサイトウ・メソッドで言われていることを
ちゃんとマスターしていたと福島章恭が書いてた。

137 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 06:32:08 ID:ZRZUh6v1
斉藤指揮法なんていまどき使えねえだろ!あれは日本クラシック界の粗大ごみだ。
ヨーロッパで斉藤指揮法について説明したら、ただの笑いものだぞ!なぜなら、形だけで音楽ゼロだから。

138 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 19:51:53 ID:sZV4qRMi
武道に型があるように日本人は型から入って精神性を注入するのが
大好きなのでつ

139 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 22:54:46 ID:WRVgdbUt
>>137
指揮法って形の訓練そのものなんだけど。w

140 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 23:16:07 ID:ivRBrjd1
そろそろ型の訓練は卒業して、精神性の注入を開始しないか。

141 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 23:26:59 ID:nJHYTFLf
このスレは指揮法についてなんで
そっから先は扱いません

142 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 23:38:13 ID:ivRBrjd1
指揮法って独学じゃ無理なものかねえ。

143 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 23:40:23 ID:nJHYTFLf
可能です

144 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 07:28:44 ID:0MiMTeRM
オケや合唱・吹奏楽実際に振ってみないと畳の上の水泳だよ。

145 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 11:04:09 ID:Lm9CkYbG
かつて、斎藤秀夫の指揮する桐邦音大のオケを聞いた事があるが、機械的な指揮で、およそ感動とは遠い演奏だった。

146 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 11:15:10 ID:ADPU9156
斎藤秀夫って誰?


147 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 13:31:43 ID:Lm9CkYbG
失礼。斎藤秀雄だった。

148 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 13:48:40 ID:zt7Cs1xn
型をある程度身につけないと独りよがりの指揮になって奏者から見て分かりにくい。
型も習得しつつ基本的な楽理と表現方法を勉強する。
さらに、実際に指揮台に立って奏者の力を引き出す話術や進行力を身につける。

こんくらいの段階を踏まないとまともに指揮台に立つことはできないね。

149 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 14:21:32 ID:f5CLN+gk
そもそも指揮というものは奏者のためであって
指揮者自信のためではないということだな。
自分を誇示するために振ってる代表選手が佐渡
だろうな。
ついでに
合唱や吹奏楽の分野では、指揮法を勉強してない
指導者があまりにも多すぎる。

150 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 14:55:23 ID:Lm9CkYbG
ヨーロッパでは、指揮法はグレゴリオ聖歌を指揮する「アルシス」「テーシス」から発展していったものだ。
これは、曲の抑揚を指示するもので、その流れがカラヤンなどの指揮法に現れていると思われる。
斎藤指揮法とは基本的に違う。


151 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 16:41:07 ID:3B9y2ykH
もちろん、指揮の基本は何時始めるから始まった。

152 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 17:40:57 ID:3B9y2ykH
生のオケって全然ちがうよ。
いろいろなこと言うし、全然言うこともきかないし、人によってできないこともあるし、
棒のテクニックよりも実際にプローべしてみないとわからないよ。

153 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 18:18:07 ID:03X0qIdA
指揮者は悪魔。

154 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 18:38:22 ID:xhNHagyg
指揮法勉強するのにはどうしたらいい?

斎藤メソッド以外に良い本ある?

155 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 19:33:36 ID:YkdhQwAH
弟子入りする

156 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 21:29:54 ID:a+e6zFHi
138,139
形から入るのは日本の最大の欠点。これは音楽に限らず。
音楽においては、そんなものでいい演奏になるわけないだろ。音楽は形じゃないことぐらい分るだろ!
形のない音楽をあたかも形があるかのように見せる、それが演奏家だろ!
まあこれはごくごく当たりまえのことだが、もし知らなかったら致命的バカというか救いようないなあ。

157 :156:2008/07/18(金) 21:32:52 ID:HfnwkYu1
俺は など必要ない だから の 日本語 文法
いる。 と 思って




158 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:06:09 ID:Lm9CkYbG
指揮法以前の事として、音楽性が無ければ話しにならない。
音楽性があれば、それをいかにしたら伝えられるかを考え、初めて指揮法が有効になる。
指揮のテクニックだけを身につけても、それ以前の音楽性が無ければ無意味だ。名指揮者で、いわゆる指揮のテクニックはそれほどではないが、感動を与える指揮者もいる。

159 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:10:59 ID:sV2AAmH1
>>158
現在いる指揮者だとどの辺の人を言ってる?

160 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:11:48 ID:HfnwkYu1
マジレスすっとそりゃバトンテクニック限定の話じゃね?
他にリハーサルテクニックやリーディングテクニック
なども必要な訳で。

耳+リズム感(テンポ感含む)という素質+音楽的素養
は指揮者の前提条件という上での話な訳よ。


161 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:14:41 ID:3B9y2ykH
指揮法はその辺にあるどの本でも一応まともに書いてあります。
何でもいいです。
ただし斉藤指揮法のように棒のことばっかり書いて他が抜けてるのはいっぱいあるから注意して。
いろいろな本を集めて勉強するといいでしょう。

162 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:19:48 ID:HfnwkYu1
自分のリハを一通り録画するのが一番勉強になるよ。
自分のことは客観的にチェック出来ないからな。

163 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:22:20 ID:a+e6zFHi
まずは何より音楽、中身。棒は後からついてくる。

棒の振り方ばっかり手先のことにこだわってるやつは、音楽ないか分ってないかだ。

164 :163:2008/07/18(金) 22:25:37 ID:HfnwkYu1
目的には手段なぞ必要ない。名ヴァイオリニストには楽器すら必要はない。
指揮者も一緒。音楽性を具現するための手法を学ぶ必要などない。
音楽性が脳から電波として発射されれば十分。

165 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:27:43 ID:HfnwkYu1
マジレスすっと一種のコミュニケーション技法なんだよね。
指揮者が持つべき「技術」とは。

独りよがりの「音楽性」なぞ人に伝えられません。

166 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:37:42 ID:a+e6zFHi
誰が何と言おうと結構いるんだよなあ、独りよがりって。
自分一人で酔いしれているナルシスト。例え本人に野かでいい音楽感じれていても、結果伝わらなかったら意味ないし。
そういう指揮者、作曲出身にやたら多い。ていうかほとんどだ。

指揮なんて、結局最後は人間だ。コミュニケーション、気のやりとりだ。信頼関係だ。
棒をどう振ろうかでいっぱいいっぱいになってるようでは話にならん。

167 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:41:58 ID:HfnwkYu1
だから単に手段は有効活用しろという意味なのであってwww

脳内イメージを具現化するためには言葉、身振り、合図、表情
全てのツールを最大限使えって話。

必要以上にバトンテクを矮小化する必要はないんじゃね?
斉藤メソード厨的にタタキがどうたらシャクイがこうたら
という奴も同様に指揮者の仕事を矮小化してるがな。


168 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 22:47:24 ID:Lm9CkYbG
今は、おそらく絶版になって手に入れる事が困難と思うが、マックス・ルドルフの「指揮法」(原書は、"THE GRAMMER OF CONDUCTING")や、クルト・トーマスの「合唱指揮教本」(原書は、"Lehrbuch der Chorleitung")は、指揮法の極め付けの本だ。

169 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 23:39:22 ID:f3Tohy2Q
>>164-165
マジレスすると
まず自分がコミュニケーション技法を身につけてください。

前もレスアンカーのつけ方、同じように間違ってたでしょ。

170 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 23:42:18 ID:HfnwkYu1
マジレスすると俺はクラ板では騙り厨と呼ばれる者である。

171 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 23:47:00 ID:f3Tohy2Q
わざとやってるなら余計鬱陶しい。

172 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 23:56:52 ID:HfnwkYu1
他スレでの活動風景。

659 名前:名無しの笛の踊り メール: 投稿日:2008/06/12(木) 21:02:57 ID:nVDbHbVR
真面目に書くのもなんだが、演奏会での問題の99%は音だろ。
匂いなんて大した問題じゃない。

660 名前:659 メール:sage 投稿日:2008/06/12(木) 21:07:42 ID:ItciowcY
俺は仁丹と正露丸をおやつ代わりに食す。



173 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 06:34:08 ID:srylAQrl
まず言葉!
外国語、最低英語、大野君のように、
イタリアやフランスはその国の言葉を使って説明したほうが望ましい。

174 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 06:41:01 ID:KXlH0FUE
ドイツ語さんが可哀想です!><

175 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 07:03:53 ID:qSnlSW+4
指揮者はサタン。

176 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 15:32:55 ID:9afaxdZU
強権的な指揮者なんて過去の遺物でしょ。
今はオケと対等な関係で協同できる指揮者が必要とされている。
指揮法も解釈が明確に伝わるよう工夫すべきだし、リハでも時には下手に出てオケを持ち上げる態度を取れるようにすべき。
そうでもしないと最近のオケは言うこと聞かない。


177 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 15:52:14 ID:8jftM02S
今の状況じゃミュンシュやノイマンみたいに一流オケの団員辞めて指揮者みたいな
ババ引く奴いねえだろ。オケで弾いてる方がノーリスクで気楽で安泰。

178 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 16:58:41 ID:B9pSQzyc
昔のように、楽団員だったとか、ピアニストだったとかいう経歴の
持ち主は、若い世代には減ってきたようだね。
アメリカで教育を受けた指揮者の中には、ピアノが弾けない人もいるし。
指揮者は最初っから指揮者って感じで分業が進んでいるね。
その分、楽団員と指揮者の関係も対等になってきたのかな。

179 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 18:04:19 ID:Tg0isJFK
それはある意味悪い傾向。早い話が指揮科だけで指揮者になるやつ。
でもそれによって、演奏できない&演奏経験のない指揮者が増えてた。だから逆にオケや歌手からの苦情も多い。
特にヨーロッパの指揮科教育は、もちろん学校にもよるだろうが問題になっている。

180 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 06:03:11 ID:fVN91eTS
173よ、ドイツ語は一応ヨーロッパの公用語だぞ!ドイツ語できる人はいろんな意味でかなり強い。

181 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 09:02:03 ID:+ewoYDe7
公用語というほど広域で使われているのですか?
イギリス、フランス、イタリア、スペインのインテリは
みんなドイツ語できるってことですか? 何か、想像
しにくいのですが。
英語が公用語っていうのならわかるんだけどなあ。

182 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 14:55:25 ID:JxuOxgsF
ウィーンフィルのあるオーストリア
ベルリンフィルのあるドイツ

これらの国の公用語が何か考えるんだ

183 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 15:35:58 ID:xpQBW8Wx
英語は世界の公用語。ヨーロッパの公用語はドイツ語とフランス語と言われています。
フランス語はよりかはドイツ語の方が広く使われている気がします。ドイツ語圏はヨーロッパでも比較的広い。
その周辺では結構話す人もいる。

去年ルーマニアとかがEU加盟した時、テレビでやってました。ドイツ語学校に通う人が増えてきたと。
音楽的にも、とくにオペラやるならイタリア語、フランス語はもちろん、そしてドイツ語は欠かせない!


184 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 18:19:25 ID:wU6H/++d
>>182
ベルリンフィルだったらドイツ語より英語の方が意志の疎通が上手くいきそうだね。

185 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 19:29:44 ID:/RaAbTFN
いや、
ラットルでさえもドイツ語のほうが上手く理解されるので無理してできないドイツ語覚えたらしいよ。

186 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 03:23:25 ID:pzsmUOm6
ドイツ語(の直接の先祖)からヨーロッパ言語はすべて枝分かれしてできてるから、あっちの人にとっては
ドイツ語が一番習得しやすいっぽい。ヨーロッパ人にとっては、英語なんて島国と未開の田舎(アメリカ)が
使ってる方言に過ぎない・・・ってな認識みたいよ

187 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 03:25:46 ID:pWgS2/+E
イギリス人は普通外国語というものを覚えない。
英語が国語である外国語だから。
普通ははダサいドイツ語なんか勉強しないが、
やらないとベルリンフィルがどんどん落ちて潰れるのだよ。

188 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 06:44:19 ID:dVIBSe4Y
ラトルのプローベ見たことあるが、ドイツ語頑張ってます!って感じだったよ。彼もドイツ語の重要性&必要性わかってるみたいな感じだった。

イギリス人もそうかもしれないが、イタリア人はもっとドイツ語できない。というかやる気があまりないのかも…。

189 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 08:22:15 ID:ntpR/B7d
>>186
言語学板に逝ってバカを直してくること。


190 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 16:32:46 ID:pYsfbg07
ラテン系はもっと馬鹿だよ。
ラットルは勉強するだけまだまし。

191 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 16:36:27 ID:k214Bbda
>>190
それじゃ、おざ○さんは?

192 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 18:50:12 ID:5e3ZGrwN
指揮者は悪魔。

193 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 23:08:40 ID:QKRzAJzN
191 :馬鹿でも勉強している。

指揮者はただのコンドーム!

194 :名無しの笛の踊り:2008/07/28(月) 23:05:13 ID:eamZgSUl
四分の四拍子の場合。
ダウン〜バウンド〜スライド〜アップ。

でも結局感性!


195 :名無しの笛の踊り:2008/07/29(火) 03:15:39 ID:O2nawhEz
その基本形が頭にしっかり入っていれば特にやらなくて良い。
でもオケが危なくなったときにすぐに出せないと混乱して止まってしまう。

196 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 23:32:38 ID:woBEGCvo
現代物は変拍子が中心。
基本はストラヴィンスキー。
応用はラッヘンマンやファニホウか。

197 :名無しの笛の踊り:2008/08/02(土) 03:22:55 ID:H6v7UGGF
斎藤メソッドってどんなの?

198 :名無しの笛の踊り:2008/08/02(土) 06:49:11 ID:1FFl0ll4
叩いたりしゃくったりひっかけたりするエロイメソード。

199 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 17:25:27 ID:/iLEx9JM
それを一生やることが斉藤法!

200 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 03:32:36 ID:zKMtUEdD
斉藤指揮法は何と暗い人生だ!
自殺したほうが幸せだ!

201 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 19:34:28 ID:Yqs4g8cC
ここって指揮真似のスレ?

202 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 23:48:34 ID:ILsT7hVI
だいたいそう。

楽理とかはよそでやってね。

203 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 01:39:36 ID:ESLIAKpW
アシュケナージやヘレヴェッヘって指揮が下手そうな振り方するねえ。

204 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 01:50:45 ID:58Ypbc2p
ヘレヴェッヘは手をすぼめた状態からバッと外側へ広げてスビト・フォルテを表現するのが
特徴的。あまり品のある指揮法とは思えないが。

205 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 03:10:05 ID:X+Hsbzcv
ヘレヴェッヘの振り方の下手さには定評のあるところ。

206 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 05:49:05 ID:DRtOflMJ
ヘレヴェッヘは本当は棒が下手。
でもそんなの音に関係ないよ。
あれだけ頭が良くて努力すると良い音楽ができるものだよ。

207 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 16:41:03 ID:Ok/PWcVI
ブロムシュテットやデュトアなんかもほんとは棒は下手なほう。
でもそれは音楽自体には関係ない。
要はどんなに厳しく充実したプローべで自分の意見を通すかにかかる。

208 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 01:20:22 ID:wW6025MC
デュトワがうまく感じるんだが

209 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 01:26:30 ID:nx9mfWcj
デュトワ上手いよ
ブロムシュテットも独特だけど下手じゃない

210 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 02:16:54 ID:lb4Fs+hP
エッシェンバッハって何かスケール小さくないか?

211 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 03:45:33 ID:9DW5qhdL
エッシェンバッハは最近スケールが大きくなった。

212 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 16:42:06 ID:ek/eai9U
デュトワはカッコイイよね。
でもヨーロッパでは下手と言われてるらしい

213 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 05:03:22 ID:jEQQA/a1
ヘタな指揮であれだけのラヴェルができるとは思わんなぁ

214 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 07:15:30 ID:FKN0dJ4U
逆にデュトワはかっこわるいけど上手いのでは?

215 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 18:27:22 ID:FqUGZirA
デュトアの最低限の指示はブロムシュテットと同じようにできるしそれで十分。
サワリッシュのようなバレエ的要素は指揮者には要らない。
あくまでも音そのものが良くなればそれで指揮者は仕事を十分果たした。

216 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 19:38:27 ID:0mXTIS18
アシュケの指揮は?

217 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 04:50:35 ID:KN9pxsck
ヨーロッパの指揮の先生が悪くないといっているよ。

218 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 04:23:37 ID:FNmFx+IL
だいたい本番舞台に立って棒を振るのがアホみたい。
レコーディングなら特に絶対に振らないね俺は。
楽譜の書き込みとリハで支持したらあとは監督椅子に座って見てる。
気に入らない時は録り直し。

219 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 04:26:41 ID:1sqRTKMq
>>218
マジっすか!?
ちょーかっこいいっすね!

220 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 06:31:19 ID:yQW2ubbq
じゃ、アホになったのだろう。

221 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 21:43:01 ID:phM2hGbN
俺は全ての楽器を自分で演奏してマルチレコーディングするから
桶や指揮なぞ不要。合奏などという旧態依然な形式にこだわる
奴は所詮そこまでの人間よ。

222 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:20:41 ID:Uq0wZZQL
いい演奏ができれば、良い指揮。それだけ。

本番の指揮もさせてもらえないのには、論外。

223 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:24:07 ID:FNmFx+IL
楽器で曲を弾くにはなんども繊細なタッチや微妙な音程を練習してやっと本番があるのに、
指揮といえば練習もせずに粗野にデタラメに棒で拍子を合図して本番の快感に酔うだけだ。
そんなのは作曲家の意図とは無縁である。本番に指揮台で棒を振るなら、完璧な振り付けを
全曲に渡って検討しその通りできるように練習してくるべきだ。

224 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:47:55 ID:kc8z/N+b
でも団員は殆ど見てないよ。


225 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:02:42 ID:MFhLxiQH
だんだんネタスレになってきたな

まあしょうがないか

226 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 22:10:48 ID:YWilZS3R
団員は出の頭とテンポぐらいしか見る余裕はないね。
後は楽譜見てる。
だから止めて口で言わないと指揮にならないね。

227 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 22:20:39 ID:Y2GGuMtz
そこでティー!ティー!ティー!ですよ。

228 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 22:26:41 ID:FAb9/d9a
俺は指揮に合わせて首をまわして演奏する。

229 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 16:34:26 ID:aneYUYR6
首が取れたらどうするの?

230 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 17:39:37 ID:ecmEHeaw
本当に呼吸って分かってる?小澤って呼吸感ゼロ。弾いていて苦しくなる。
晩年のカラヤンもそう。カラヤンと対比されたベームも同じ。呼吸感のある
指揮者の方が多いのに、有名なビッグネームは呼吸感のある方が少ないのは
どうして?コロンビアマネージメントの陰謀か?

231 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 18:07:17 ID:9DXakPoA
>>230
玄人ぶった素人丸出し意見の
アンチ活動乙であります!

232 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 22:39:06 ID:T2Bc5dkW
コロンビアは社長と寝れさえすれば出てこれる。

呼吸が上手いのは管楽器出身の指揮者たち。
ホリガーと金、上手いよ。

233 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 22:47:46 ID:GV7DrxUk
どの金さん?

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)