5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

グレン・グールド Glenn Gould (1932-1982) Part13

1 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 22:39:43 ID:SNQ0D9nT
グレン・グールドのスレです。

■関連サイト
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/グレン・グールド

Glenn Gould.com
http://www.glenngould.com/

SONY MUSIC
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/GlennGould/index.html

■前スレ
グレン・グールド Glenn Gould (1932-1982) Part12
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1207321608/l50

2 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 22:42:34 ID:QZoDjcGU
糞スレ立てるな

3 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 22:59:39 ID:nlPutyJL
新スレSUNX

4 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 23:09:31 ID:znELf0HD
グールドが音楽は癒しのためにあるっていってたけど、

草枕の冒頭からそんなことが書いてあるね。

 山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。
 智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。
意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。とかくに人の世は住みにくい。
 住みにくさが高(こう)じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても
住みにくいと悟(さと)った時、詩が生れて、画(え)が出来る。
 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣
(りょうどな)りにちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が
住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかり
だ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容
(くつろげ)て、束(つか)の間(ま)の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降(くだ)る。あらゆる
芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故(ゆえ)に
尊(たっ)とい。


5 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 23:13:19 ID:znELf0HD
理屈っぽくて面白いなー。


世に住むこと二十年にして、住むに甲斐(かい)ある世と知った。
二十五年にして明暗は表裏(ひょうり)のごとく、日のあたる所に
はきっと影がさすと悟った。三十の今日(こんにち)はこう思うて
いる。――喜びの深きとき憂(うれい)いよいよ深く、楽(たのし)み
の大いなるほど苦しみも大きい。これを切り放そうとすると身が
持てぬ。片(かた)づけようとすれば世が立たぬ。金は大事だ、
大事なものが殖(ふ)えれば寝(ね)る間(ま)も心配だろう。恋は
うれしい、嬉しい恋が積もれば、恋をせぬ昔がかえって恋しかろ。
閣僚の肩は数百万人の足を支(ささ)えている。背中(せなか)には
重い天下がおぶさっている。うまい物も食わねば惜しい。少し食え
ば飽(あ)き足(た)らぬ。存分食えばあとが不愉快だ。……


6 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 23:38:29 ID:nlPutyJL
>>5
しかしディオゲネスのようにひとりの人間を捜し出すために、真昼間、ランプを翳して歩き回るというのは少しも常軌を逸しているわけでも、シニシズムからでもない。

7 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 23:39:12 ID:nlPutyJL
メランコリックな眼には、石でさえ夢みているように思われるから、グールドが、時代とは別の場所に崇高な何かを捜しても不思議なことでもないでしょう?

8 :名無しの笛の踊り:2008/05/31(土) 23:54:21 ID:jwJ1o95h
ウィキペディア / グレン・グールド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

9 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 00:22:51 ID:Qo8PDszf
>>1さん乙です!

前スレ>989
私もカラヤンとのジャケ写が気に入って速攻買いましたw
携帯の待ち受けになってます。肝心の演奏は・・・でしたが。
やっぱり協奏曲よりソロで弾く方が本領発揮してて好きですね。

前スレ>997さん
旧盤と新盤はどちらが人気あるのか、私も少し気になります。
旧盤の方が素晴らしいスピード感で駆け抜けていく感じで好きだと言う方もいるし、
新盤の方がより知的なアプローチになっていると言う方もいますね。
ピアニストのランランは旧の方が好きらしいと聞いたことがありますが、
宇宙ロケットに積まれているのは新盤らしいです
(知能の高い未確認生物発見時に聴いてもらうため、とうろ覚えですが・・・)。
私自身も甲乙つけがたく、気分によってどちらを聴くか決めますよ。

10 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 00:25:48 ID:k3Wlon/K
ボイジャーに積んでるのは平均律2巻の1番だろ?
ゴルトベルク乗せたってのは聞いたことないが

11 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 01:06:01 ID:q/JEg8hr
↑こういうツッコミは素早いw

12 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 01:21:16 ID:6HvPwy7f
ボイジャー打ち上げは77年ですからね。平均律ですね。

でもグールド嬉しかっただろうね。○○賞とか貰うよりずっと。

13 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 01:21:44 ID:aZwT2Goi
( ゚Д゚) ソーユーワントゥーライターフューゥウグ〜♪

14 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 01:40:52 ID:eN6KoKwd
compose じゃなくて write なのは
あれは文筆業だということだろうか?
単純に音節が音に乗りにくいだけかもしれないけども

15 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 01:47:50 ID:g+DhHTaw
>>前スレの人、
でも本人は録り直した方を気に入ってたようだよ。

16 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 01:54:29 ID:k3Wlon/K
作曲でも普通にwrite使えるし。

17 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 02:23:10 ID:Qo8PDszf
>>9です。本当にうろ覚えですみませんでしたw

>でもグールド嬉しかっただろうね。○○賞とか貰うよりずっと。
本当にそうですね。
グレン・グールド国際ピアノコンクールとかあるらしいけど天国で憤慨してそうw

18 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 04:09:43 ID:0cAHii31
>>15
本人は録り直しただけあって新盤を贔屓してたみたいね。

旧盤はとてもよく出来ているが、それぞれの曲が勝手バラバラに
好きな事やってるみたいだ、とかいうような発言もある。

19 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 07:22:23 ID:9uqQAFXu
バッハ フーガの技法よりSMK52595
ベートーヴェン ピアノソナタ第29番,SONY SMK52645
ショスタコヴィチ5重奏曲 プーランクSONY SMK52679
クルシェネック秋迷人 SONY SM2k52674B
ナポレオン頌歌月に 憑かれたピエロSONY SM2K52664B
スクリャービン ピアノソナタ第5SONY SM2K52622
クルシェネックピアノソナタ 第1番SONY SMK52661
ベートーヴェン 交響曲第6番SONY SMK52637
ブラームス1バーンスタイン
ベト3カラヤン

20 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 10:52:05 ID:OPky5W1N
どこまでも登って行く、
いつまでも登って行く。
雲雀(ひばり)はきっと雲の中で死ぬに相違(そうい)ない。
登り詰めた揚句(あげく)は、
流れて雲に入って、
漂(ただよ)うているうちに形は消えてなくなって、
只(ただ)声だけが空の裡(うち)に残るのかも知れない。


あまいらのためにカナを付けてやったぞwwwwwwwwwwww

21 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 12:21:43 ID:g+DhHTaw
>>20の日本語でも難しい件

Tori hibari; //Object生成済
boolean sosekiAnswer = false;

while(){
  hibari.up();
  if(hibari.insideCloud){
    hibari.drift();
    if(!hibari.exists){
      if(hibari.voiceJudgment() && !hibari.live){
        sosekiAnswer=true;
      }
      break;
    }
  }
  if(!hibari.live) break;
}

22 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 12:44:57 ID:IIQmQVvx
世の中に住む人間の一人(いちにん)として、私は全く孤立して生存する訳に行かない。
自然他(ひと)と交渉の必要がどこからか起ってくる。時候の挨拶(あいさつ)、用談、
それからもっと込(こ)み入(い)った懸合(かけあい)――これらから脱却する事は、
いかに枯淡な生活を送っている私にもむずかしいのである。

私は何でも他(ひと)のいう事を真(ま)に受けて、すべて正面から彼らの言語動作を
解釈すべきものだろうか。もし私が持って生れたこの単純な性情に自己を託して顧(かえり)
みないとすると、時々飛んでもない人から騙(だま)される事があるだろう。その結果蔭(かげ)
で馬鹿にされたり、冷評(ひや)かされたりする。極端な場合には、自分の面前でさえ忍ぶ
べからざる侮辱を受けないとも限らない。

それでは他はみな擦(す)れ枯(か)らしの嘘吐(うそつき)ばかりと思って、始めから相手の
言葉に耳も借(か)さず、心も傾(かたむ)けず、或時はその裏面に潜(ひそ)んでいるらしい
反対の意味だけを胸に収めて、それで賢(かしこ)い人だと自分を批評し、またそこに安住の地
を見出し得るだろうか。そうすると私は人を誤解しないとも限らない。その上恐るべき過失を犯
す覚悟を、初手(しょて)から仮定して、かからなければならない。或時は必然の結果として、
罪のない他を侮辱するくらいの厚顔を準備しておかなければ、事が困難になる。

もし私の態度をこの両面のどっちかに片づけようとすると、私の心にまた一種の苦悶(くもん)が
起る。私は悪い人を信じたくない。それからまた善(よ)い人を少しでも傷(きずつ)けたくない。
そうして私の前に現われて来る人は、ことごとく悪人でもなければ、またみんな善人とも思えない。
すると私の態度も相手しだいでいろいろに変って行かなければならないのである。

この変化は誰にでも必要で、また誰でも実行している事だろうと思うが、それがはたして相手に
ぴたりと合って寸分間違のない微妙な特殊な線の上をあぶなげもなく歩いているだろうか。私の
大いなる疑問は常にそこに蟠(わだか)まっている。


23 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 12:45:24 ID:IIQmQVvx
私の僻(ひがみ)を別にして、私は過去において、多くの人から馬鹿にされたという苦(にが)い
記憶をもっている。同時に、先方の云う事や為(す)る事を、わざと平たく取らずに、暗(あん)に
その人の品性に恥を掻(か)かしたと同じような解釈をした経験もたくさんありはしまいかと思う。
他(ひと)に対する私の態度はまず今までの私の経験から来る。それから前後の関係と四囲の状況から
出る。最後に、曖昧(あいまい)な言葉ではあるが、私が天から授かった直覚が何分か働らく。
そうして、相手に馬鹿にされたり、また相手を馬鹿にしたり、稀(まれ)には相手に彼相当な待遇を
与えたりしている。

しかし今までの経験というものは、広いようで、その実(じつ)はなはだ狭い。ある社会の一部分で、
何度となく繰り返された経験を、他の一部分へ持って行くと、まるで通用しない事が多い。前後の関係とか
四囲の状況とか云ったところで、千差万別なのだから、その応用の区域が限られているばかりか、
その実千差万別に思慮を廻(めぐ)らさなければ役に立たなくなる。しかもそれを廻らす時間も、
材料も充分給与されていない場合が多い。

それで私はともすると事実あるのだか、またないのだか解らない、極(きわ)めてあやふやな自分の
直覚というものを主位に置いて、他を判断したくなる。そうして私の直覚がはたして当ったか当らないか、
要するに客観的事実によって、それを確(たしか)める機会をもたない事が多い。そこにまた私の疑いが
始終(しじゅう)靄(もや)のようにかかって、私の心を苦しめている。


24 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 12:45:46 ID:IIQmQVvx
もし世の中に全知全能(ぜんちぜんのう)の神があるならば、私はその神の前に跪(ひざま)ずいて、
私に毫髪(ごうはつ)の疑(うたがい)を挟(さしはさ)む余地もないほど明らかな直覚を与えて、
私をこの苦悶(くもん)から解脱(げだつ)せしめん事を祈る。でなければ、この不明な私の前に出て
来るすべての人を、玲瓏透徹(れいろうとうてつ)な正直ものに変化して、私とその人との魂がぴたりと
合うような幸福を授けたまわん事を祈る。今の私は馬鹿で人に騙(だま)されるか、あるいは疑い深くて
人を容(い)れる事ができないか、この両方だけしかないような気がする。不安で、不透明で、不愉快に
充(み)ちている。もしそれが生涯(しょうがい)つづくとするならば、人間とはどんなに不幸なものだろう。

25 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 12:54:20 ID:OtuAZfzn
ホホホホホホ

26 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 13:02:12 ID:k3Wlon/K
いちいち貼るな。
こっちで読めば済む
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/776_14941.html

27 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 15:55:52 ID:WxCXrr6n
ここ草枕スレかYO

俺ベトヴェンのソナタ27好きなんだけど、グールドでは古い音源しか残ってないんだねぇ。残念。
ただあの終楽章のフーガもどきをグールドが喜んで弾いたとは思えないけど・・・。それに楽章間のバランスや緊密な構成があのソナタではかなり弱い。幻想的で即興的な感じだからグールドには弾く魅力は少なかっただろねぇ

28 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 17:32:56 ID:q/JEg8hr
28番のことか?

29 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 18:55:51 ID:3t2L+kCy
ZENPHの録音がリバーブが多すぎて気に入らない

30 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 20:31:44 ID:eN6KoKwd
>>29
Zenph レコーディングってどうですか?
やっぱ人工的な感じ?それともただの先入観か。

そうそう今日CBCの6枚組買ってきた。
シェーンベルク イイ!
古い録音だから音質はあんまイクナイけどね。

31 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 20:59:24 ID:FOk+Sqvm
>>29
リバーブって何ですか?
Zenphのは一度聴いたきりで、なぜか聴く気がしない。

>>30
CBCの6枚組ってなかなかだよね。
今日はベトの6つの変奏曲と「エロイカ」変奏曲と協奏曲3を聴いた。
「エロイカ」変奏曲はグールド二十歳のときの演奏だけど、自在に変化して面白かった。
協奏曲3は生き生きしていて美しい演奏だとオモタ。
音質は悪いけど、聴き込んでいくうちに気にならなくなる。

45年CBCのゴルトベルクは55年ほどには洗練されてないような。
最後のアリアはリピートしてるね。ホーって感じ。

32 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 23:30:34 ID:eN6KoKwd
>>31
CBCゴルトベルクは54年だお
55年のちょうど一年前くらい
「ゴルトベルクにとりかかったのが確か1950年くらいだったかなぁ」
ってBirth of a legend のライナーノーツに書いてあった

55年盤だと変奏の変わり目で
ぶわって視界が変わる感じするけど
それが54年には少ないかもに
でも試行錯誤の過程?みたいなものが見えて面白いね

ベトは確かに変化って感じするお
でももうちょっと聞き込んでからじゃないと
なんともいえないんだけど
スゴイ人間的なあたたかみのある音楽だなぁって印象

33 :名無しの笛の踊り:2008/06/01(日) 23:35:41 ID:FOk+Sqvm
ぎゃっ!間違えた。54年だよね、スマソ。
この演奏も好きだよ。
呟くように歌ってる。

34 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 03:15:22 ID:EQJbOl4b
すんません
ブーレーズ指揮でグールドがピアノって演奏なんてないよね?

35 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 13:53:53 ID:tcbf4Rye
ブーレーズはグールドの事を痴呆野郎と抜かした。

36 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 14:01:08 ID:i7CCWVE8
「あのノイローゼか」と抜かしたんじゃないの?
アンチェルも「ミケランジェリとかグールドとか、よりにもよって変なヤツばかり連れてきて」って言ったらしいね。

37 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 14:11:43 ID:M88P3+K5
>>35>>36
mjd?
グールドもブーレーズに言われたくはないだろうにw
奇怪な事件色々起こしてるくせにさw
でもグールドもブーレーズのことをあまり高く評価してなかったんじゃなかったっけ。
いずれにしろ二人の共演はないよ>>34

38 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 16:57:45 ID:i7CCWVE8
グールドはブーレーズについて、偉大ではないが興味深い作曲家だと書いてるよね。
もしブーレーズに関するグールドの文章を本人が読んだとしたら、あまり面白くはないだろうと思える。
映像で見た記憶では「一時期のブーレーズは確かに頂点ではあった」みたいなことも言っている。

ブーレーズの性格は全く知らないけど、あの顔から想像すると「グールド?あのノイローゼね」と
言ったのはグールドの文章に関して面白くない思いがあったからかもしれないな。

39 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 17:26:15 ID:p+GIChsW
初めて、グールドのCDを買った。
コールドベルグ変奏曲...1981年録音のものだ。
再生すると、声が入っているじゃないですかw

耳障りだ。ジャケットに書いておいて欲しい....

40 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 17:33:57 ID:s2eiRXTS
ブーレーズは古楽をこきおろしてるのはGJだな

41 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 17:52:29 ID:NHkedk27
>>39
グールドのハミングを聴きながら悦に入るのがファンなんだぜ
彼はピアノの音だけじゃ表現しきれない程豊かな音楽世界を持ってたんだ。
それを耳障りとは・・・。

気持ちは分かるがまぁ慣れてくれよ

>>40
確かにそれだけはGJw
あと指揮もいいよね。耳というか音感が鋭いのかな

42 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 18:05:14 ID:i7CCWVE8
>>39
えー!ジャケットに断り書き無かった?それって当たりだよ、希少価値あり。

43 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 21:55:59 ID:co4SusgW
>>39
コーヒー頼めばコーヒーが出てくるだろ?
グールドを買えばグールドの声が入ってるのは当然のことじゃまいか?

44 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 22:01:34 ID:E3VrR83t
それを言うならコーヒーがらだな

45 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 22:10:50 ID:DIYr4AP9
トッピングですよ
piano:Glenn Gould voice:Glenn Gould

46 :名無しの笛の踊り:2008/06/02(月) 22:49:07 ID:ETmPIb6c
>>>ブーレーズはグールドの事を痴呆野郎と抜かした。

ソースが知りたい、お願い?


47 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 01:18:22 ID:vN3nGS1N
>>39
>耳障りだ。ジャケットに書いておいて欲しい....

グールドのハミングだけを取り除く専用の機械を通して聞くのが常識ですよ。
以前のスレッドでも紹介した機械ですが、購入をお勧めします。
http://www.unpronounceable.com/gould/

なおこの機械が対応してるのはグールドのハミングだけで、やはり唸ってる
Rusnakなんかのゴールドベルクには対応していませんので、念のため。

48 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 01:41:17 ID:c8eNYKDy
グールドが丹精こめて編集した音源から一部音源を除去するなんてなぁ・・・
それは完璧なグールドじゃないと思うが。まぁいいか・・・。

49 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 01:51:33 ID:eoZlmuzc
>>39
グールドの歌が主役で、ピアノはその伴奏(=オマケ)。
知らなかったとは言って欲しくない。

50 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 02:49:16 ID:Z2urTlDD
グールドは歌うからこそグールドである。
それがグールドがBachを消化し昇華させてる要因の1つでもある。
・・と俺は思うんだがな。


51 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 03:49:49 ID:mD0iKu+9
グールドの歌が彼を一番彼らしくさせている要因の一つ。
だが、それは彼自身予期し得ない事実だったと主。
21世紀の今自分の歌がこんなに愛されているとは思いもせなんだろう。

52 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 04:32:38 ID:6I+nJ4/D
今日ふと思った

グールドも小さいときに乙女の祈りなんか弾いたりしたのだろうかと

53 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 06:52:56 ID:EXI3rS7I
GGコレクションのような映像で、鼻歌どころじゃない音量でガンガン歌いまくりながら弾いてる姿を見ると
CDで多少声入ってるのが気にならなくなる

54 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 09:20:36 ID:PqxVSDYD
そういえばグールドのCD(ゴルドベルグ)をヘッドフォンで聴いた時に
外で誰か鼻歌歌っているのかと思わずヘッドフォンを外して窓開けてキョロキョロしちゃったよ。

55 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 09:43:20 ID:e/T/juJB
グールドの「テレーゼ」聴いていたらアニメの「時をかける少女」の女の子を
思い出してしまいました。
「テレーゼ」?ベートーベンピアノソナタ24番だよぉ

56 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 10:09:29 ID:c8eNYKDy
>>50
あぁ、それはあるよ。バッハって2声でも3声でも
それぞれのメロディパートがあって
普通のピアノだったら伴奏+メロディみたいになっちゃうところを
くっきり各々のパートを際立たせることで
バッハらしくなるわけだし。ピアノ界においてはそういう功績があった。

57 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 11:35:56 ID:27Dgdy7z
>>56
まさか、グールド以前のピアニスト達にそうした表現が無かったとか言わないよなw

58 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 12:00:22 ID:mD0iKu+9
>>57
あったけどね。グールドが絶妙なタイミングでもって
ダイアモンドの輝きをして現れたから。

59 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 12:25:52 ID:27Dgdy7z
>>58
アホか。
少なくとも20世紀初頭までのピアニスト達の演奏において、
ポリフォニーとホモフォニーは対立要素ではなく、常に一体となって
有機的に絡み合っていた。
グールドは彼らの用いていた多様な表現技法から一部の要素を抽出して
利用しただけ。そんなこと、バザーナ本でも指摘されてるだろ。

60 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 12:29:44 ID:27Dgdy7z
とりあえず、グールドの演奏の新しさ云々を語りたいのだったら、
ホフマンのショパン演奏ぐらい聴いてからにしろ。

61 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 12:50:05 ID:27Dgdy7z
新即物主義の台頭以来、演奏表現が極端にホモフォニーの方向に
流れてしまった状況下で、危うくロストテクノロジー化しかけた
ポリフォニー表現技法を救出したという意味では、もちろん、
ピアノ演奏史上、重要な役割を果たしたとは言える。

もちろん、音楽美学的観点からの重要性は言うまでもないが。

62 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 12:51:34 ID:6r9hhuEz
>どこまでも登って行く、 いつまでも登って行く。
>雲雀はきっと雲の中で死ぬに相違ない。

グールドの朗読を聞いて涙が出てきた。・゚・(ノД`)・゚・。


63 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 12:59:23 ID:e/T/juJB
私も
彼の朗読はすばらしいね。「北の理念」みたいにCD出ればいいのに。

64 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 13:45:32 ID:c8eNYKDy
>>57は無知だなぁ・・・・

65 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 14:03:25 ID:27Dgdy7z
>>64
悔しいのう悔しいのうwww

66 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 16:05:43 ID:iSJ5OcgA
>>65
ぃゃ
グールドはもっと具体的だよ

67 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 16:40:24 ID:q20Yxtis
>>65
お前前スレでフーガとアラベスクを同列に扱ったりとアホなことを言い続けてた奴か?
結局スレ住民に論破されて涙目で逃げていった情けない奴。
何か草を生やして必死に煽ろうとしている低脳っぷりもソックリ。

68 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 20:00:14 ID:27Dgdy7z
>>66
具体的な内容のレスをお願いします。

>>67
「アラベスク」で検索…

「指の独立」ならともかく、「左右の独立」って、
何なのこの議論w

69 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 20:39:30 ID:27Dgdy7z
>>66
当時だってコンサートレパートリーとしては扱われなかったものの
「平均律」の教材としての重要性は揺らぐことがなかったし、
だからこそ、主旋律と伴奏が別のタイミングで動き、更に
独立したアゴーギクを持つ第三の声部が加わるという
当時のショパン演奏のスタイルが有り得たわけだけど、
で、具体的に何?

70 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 20:45:31 ID:27Dgdy7z
なんで歴史的コンテクストを考慮することに、
一足飛びに「功績があった」などという結論を安易に下すのよ
このスレは?w

71 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 20:47:38 ID:27Dgdy7z
>>70
訂正
×=考慮することに
○=考慮することなしに

72 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 21:13:25 ID:16BzkQB/
グールド信者の俺だが、こりゃ>>56>>58のほうがイタイ
なんだよダイヤモンドの輝きってw
反論されて>>64とかも愚のコッチョウ

73 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 22:17:28 ID:qIIDLdM8
グールドはドーピング

74 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 22:55:35 ID:mD0iKu+9
>>59
そうだよ。オレ、それを否定してたっけ?

>>69
ショパンも平均律を練習レップにしてたらしいな。

>>72
>グールド信者の俺だが、

プ 出落ちダサ杉。 何様? あ、グールド信者なのねw

75 :名無しの笛の踊り:2008/06/03(火) 23:03:09 ID:27Dgdy7z
>>74
てっきり>>56と同レベルの話をしてるのかと勘違いした。
失礼。

76 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 00:55:37 ID:qing1NCx
ピアノ習ってるとわかるんだよ。
グールド聞かずに普通に弾いてたらロマン派みたいになってるか
つまらない練習曲の域を超えることはない。
グールドを最初に聞いてしまった人間27Dgdy7zには当たり前のことだから
あのような反論しかしないわけ。要するにピアノ人じゃないんだな、と一発でわかる。

77 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 03:36:17 ID:EYA8loHI
意味どこ? もしかして意味出す問題? 

ピアノ習うその月謝で

文章構築の能力を買おう。

78 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 05:19:27 ID:ToZ62Lxm
>>76
本旨が何だかよく分からないレスだが、お前の拙劣な演奏能力の言い訳に
ロマン派を利用するのはやめとけ。

79 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 10:18:45 ID:qing1NCx
>>78
聞いたことないくせに。
要は弾いたことないでわかってるふうな人間はあのようなレスしか返せないってことだよ。
>まさか、グールド以前のピアニスト達にそうした表現が無かったとか言わないよなw
こんなの単に知識ありきの頭でっかちが書いたとわかるだろう。
自分の経験がまったく伴ってないから、何の実感もわかずに
ただ1か0かで分類したような結論しか書いてないわけだし。
グールドが芸術的な形でその間の微妙なニュアンスから抜けるように昇華したことを理解できてないから
こんなことを平気で言えるわけで。

80 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 10:48:31 ID:ToZ62Lxm
>>79
> グールド聞かずに普通に弾いてたらロマン派みたいになってるか
> つまらない練習曲の域を超えることはない。

聴いたことなくたって、ここいら辺読めば
お前の能力の程度なんて丸わかりなんだけどねw

81 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 10:51:05 ID:KeGVQXfj
>>80
ほう、では>>80のすばらしい演奏とやらをうpしてみろよ。
どうせグールドの受け売りみたいな演奏しかできないくせに。
オイラは下手糞だからわざわざうpしないけどね。

82 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 11:05:12 ID:c+BR/+cV
>>56がいかにも底の浅い言葉を得意げに連ねる様に苦笑

83 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 11:09:15 ID:Mb83WB6j
そんなことよりも>>80>>56にすばらしい演奏で対抗するから
よ〜〜〜〜〜く聴け。

84 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 12:24:36 ID:EYA8loHI
>>81
これっ、それ以上喋ると君が誰だか判ってしまうよ。
本当のピアノ弾きにとってはピアノを弾くということは特技でもなんでもないんだよ。

85 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 16:31:24 ID:UhkGmcTh
前スレで涙目になって逃げていった奴がまた荒らしてんのか?

相変わらず暇だのうw

86 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 17:46:16 ID:ToZ62Lxm
>>83
こんな明らかに目下の奴に「対抗」って何よw

しかしまあ、俺も恥というもの位わきまえてますので、
安易にうpなんかしませんよ。あしからず。

87 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 18:56:23 ID:jYZ9o0Pr
>>84
大丈夫。おいらピアニストじゃないから。

88 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 20:36:54 ID:Z7QEUCbr
>>67>>85
俺にはお前が左右の手の独立というレベルの低い話を得意気にしたため、
すっかり愛想尽かされて放置されたように見えるがな。
これがグールド信者かと呆れてしまった。

89 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 21:25:55 ID:UhkGmcTh
まだ粘着するとはお前も頑張るな。

何でこのスレにここまで固執するの?
何か嫌なことでもあったのか?
相談に乗ってやるぜ?

90 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 21:41:03 ID:EYA8loHI
>>87
こないだのを聴かせてもらったとだけ書いておく。

91 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 21:41:59 ID:IhLoOqPl
2番打者ですけどバントしたくありません
どうすればよいでしょうか?

92 :名無しの笛の踊り:2008/06/04(水) 22:57:44 ID:B/5nTMYg
オタク同士がケンカしてどうすんの

もっと、グールドを語ってケレ

93 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 00:03:29 ID:jYZ9o0Pr
>>90
キモイやつだな。オイラ、ニコニコにもようつべにもうpしたことないぞ。
そもそも人に聴かせる人間じゃないし。しかも音楽業界の人間じゃないし。
聴かせてもらったって誰の演奏を聴いたんだよ?
グールドか?それともピロコか?????

>>92
月光の3楽章が誰の演奏のよりも好き。

94 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 00:46:17 ID:gO5GehSn
まーそもそも>>50に対して>>56のレスってのがなんだか的外れなわけで
いかにも最近仕入れた知識をひけらかしたいお子チャマって感じね

95 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 03:07:46 ID:/87ngUX/
ショパンの3番のソナタと問題作(?)のモーツァルトのソナタを初めて聴いた時は
かなり笑ったなあ。いかにもwって感じで。
ショパンをあんなふうにリズム取っちゃうのは後にも先にもグールドだけだろうな。

ザルツブルク音楽祭で若かりしグールドがモーツァルトの10番のソナタを弾いてる
録音を先日聴いたんだけど、いわゆる「普通に」弾いてるんだよね。
しかもそれが今まで聴いた誰の演奏よりも美しかったんだ。唖然とした。
グールドは本当はモーツァルトが好きだったんじゃないかとすら思ったよ。
そうでなきゃあんな演奏はできるはずない、って。P協の24番もすごくいいし。
天才は天才を誰よりも理解するのかもしれない。

つまらぬことですが最近聴いたものの感想でしたノシ

96 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 03:14:46 ID:156M6rEw
>>93
わー、月謝の無駄w


グールドの話だけどグールドの晩年から死んだときまで載ってるやつどこいった?
伝記たけぇ。

97 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 03:16:44 ID:156M6rEw
連投ごめん。

>グールドは本当はモーツァルトが好きだったんじゃないかとすら思ったよ。

これ言う人多いね。もっとモーツァルト聴いてみるわ。


98 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 09:03:51 ID:SzWuYi17
>>89みたいなのがグールドファンだとは思ってほしくない。
俺もあのレベルの低い賛辞には呆れたグールドファンの一人だ。

99 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 09:08:08 ID:DoSGmn00
>>88
俺はアラベスクとフーガを一緒にしてしまうような馬鹿がアンチグールドをしているのかと失望したよ。

で君の仕事はこのスレを荒らすこと?
何か精神を病んでいるようだから>>89に相談にのってもらえばw?

100 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 09:18:43 ID:156M6rEw
もう誰が誰だか判らなくなってきた。

101 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 13:31:11 ID:/6w1ii7U
>>96
月謝払ってないから無駄してないよ。
ま、高校の頃までは習ったけど、おまえよりはうまいからそれで満足してる。

102 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 13:37:03 ID:/6w1ii7U
まぁ、あれだ。モツのソナタに関しては、私の演奏に似ている。
だが、私はグールドを真似していない。グールドが私を真似してるのだ。

103 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 17:09:03 ID:VE3UVEwM
モツが嫌いだったら、ソナタ全集、出さんでしょ。

104 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 20:58:05 ID:SzWuYi17
明らかに>>99=89だな。
やめてくれ。
ただでさえ痛いスレと言われてるのに。

105 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 21:18:14 ID:rRq8yhRe
80CD買いました。少しずつ聴いていこうと思います。

106 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 21:43:36 ID:156M6rEw
>>102
>>101
自分は弾かないんだけど?
痛い自己申告もその辺にしておいたらw

釣り -->も<--  下手だし。


107 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 21:59:48 ID:/6w1ii7U
>>106
弾けないのになんでそんな上から目線なの?

108 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 22:15:23 ID:156M6rEw

弾けるから上目線でオッケという線引きの君が馬鹿なだけだから気にしないでね。
つまらん事で自慢する君が馬鹿なだけだからおかまいなく。

109 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 22:27:33 ID:/6w1ii7U
じゃ、弾けなくてもいいからなんでそんなに上から目線なの?

110 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 22:43:23 ID:156M6rEw
じゃ、「弾ける」でいいからなんでそんなに馬鹿目線なの?

ここへは時々あんたのような類がやって来るんだが、ピアノを弾くことを
「弾ける」とほのめかす時点で腕が無いという事は素人でも判るんだけどね・・。

>>95
そのショパンのソナタをさっき聴いた。
他の演奏家のものも聴いてくる。

問題作(?)のソナタは未聴。

111 :名無しの笛の踊り:2008/06/05(木) 23:33:08 ID:EQWZtZ0v
>>105
どこで買った?幾らだった?

教えてクンで申し訳ない。オレも買うかどうか死ぬほど迷ってるんだよ。

112 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 01:14:49 ID:9oHCJzvT
これ何度か取り扱い終了になってたけど、犬で予約ランク14位にはワラタw

113 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 19:15:25 ID:90lvsD2/
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2647254

114 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 19:59:19 ID:NAAhwycC
グールド関連の書籍では何が面白いですか?
おすすめがありましたら教えて下さい。

115 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 21:02:57 ID:AzCpkDYv
そうですねぇ。ボクの感じは以下の通りです。ご参考になれば幸いです。
伝記または論
1.グレングールド 音楽、精神 ジェフリーペイザント
2.グレングールドの生涯→オットー・フリードリック
2. グレン・グールド伝―天才の悲劇とエクスタシー P・F. オストウォルド
上記、3冊はグールド伝記の定番かな?
3.グレングールド変奏曲→サイードのグールド論が大好き
次点の次点 グールド論 宮澤→NHKのテキストと一緒にみましょう。
グールド自身の著作、発言集
1.ぼくはエキセントリックじゃない B・モンサンジョン→わかりやすい、有名なインタビューのみ
掲出
2.グレン・グールド著作集1 バッハからブレーズへ T・ペイジ→ちょっと難しいかな
3.グレングールド発言集 J・ロバーツ

他にもたくさんあるけどね

以上



116 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 21:06:02 ID:m2Um4L/4
>>114
本を読むんだったら一通り聴いてからな

117 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 21:10:23 ID:HrEr26Nq
著作集、発言集、書簡集、演奏術、ジェフリー・ペイザントの「グレン・グールド」等々、
それぞれ面白いよ。
で、自分で選ぶべきだね。

118 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 21:31:48 ID:AzCpkDYv
そうね、何よりも音楽、そして映像、本はmその次

119 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 21:32:25 ID:aIMPB71p
自分が一番好きなのはミシェル・シュネデールの『グレン・グールド 孤独のアリア』という文庫本。
伝記ではないので初めての人にはお薦めしないけど、
著者の視点が面白い、小説風のもの。
ただ好き嫌いはハッキリわかれそう。哲学的な心理描写が多いので。

120 :名無しの笛の踊り:2008/06/06(金) 21:33:02 ID:jnJElEXb
”WAVE”のGG特集号が面白いよ。
オレは旧版の方が好き。

121 :114:2008/06/06(金) 21:41:31 ID:NAAhwycC
みなさん、どうもありがとう。
他のピアニストに比べるとグールド関連の本は群を抜いて多いので迷っていました。
これだけ語りがいのある人は他にホロヴィッツくらいですかね。
これから一つ一つ調べてみます。
またよろしくお願いします。

122 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 00:44:30 ID:EgdGR4Gx
題名を失念したんだが、グールドの理想のピアノを追い続ける
執着心みたいなものに関する本が何ヶ月か前に出たそうな。
三本脚のなんたらかんたら、、、余計わからなくなったorz

123 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 10:02:23 ID:dApJ92tb
申し訳ないが、ホロには、人間的興味は、湧かない。

124 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 10:08:41 ID:dApJ92tb
ピアノに対する執着ぶりは、グレングールド変奏曲にも、結構、載っているけど

125 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 10:18:03 ID:KXgJZK/s
グールドはバッハ、ブラームスはいいが、ベートーヴェン、モーツァルト
はどうもいただけない。ちょっと荒唐無稽でありすぎる気がする。
テンポの設定もどうも・・・
マニエリスムの絵画でも見てるつもりで聴くのがいいかもしれない。
しかし、バッハの作品を弾いたものには実に驚きと発見があり、素晴らしい。
ゴルドベルグ、パルティータ、イギリス組曲・・・どうしようもなくいい!

126 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 10:38:41 ID:ZwhmKD1J
マニエリスムの絵画???

127 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 10:58:19 ID:dApJ92tb
個人の好き嫌いは、どうしようもないが。

オイラのような半分、ジャズオタには、グールドのモツもベトも
素晴らしい。演奏者の気迫、魂を強く感じるけどね。

128 :111:2008/06/07(土) 11:50:00 ID:f/S2GPe/
>>113
ポチったぜひゃはははははははは!

さあて、嫁にどう言い訳するか。
「定価より1万円も安いんだぜ。だから1万円も得しちゃんだって」
でいいかな?

129 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 12:35:44 ID:euTT+BaL
>>125
グールドとマニエリスムは結びつかないな。

マニエリスム的といって頭に浮かぶのはプレトニョフだ。
確信犯じゃないかと思われるほどにカリカチュアっぽいし、演奏者の体温や匂いが巧妙に隠されていて。
そんなプレトニョフも好きだけれど、ちょっと飽きちゃうところもある。


130 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 12:39:00 ID:QllNZ8A0
>>125
グールドの弾くベートーヴェンの後期ソナタ、聴いたことある・・?
個人的にはすごくいいと思うけど。

131 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 12:40:27 ID:EgdGR4Gx
>>128
生活に困るんでなきゃ、一生懸命働いてるんだし
いいんでないの?と思うけどなー。

132 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 17:22:38 ID:Jxqbd1TK
>>128
旦那に、グールドのCD買っていい?って聞いたら
「お前がどうしても欲しいものなら買ったら?」っていったので、
私も買いました。
届いてビックリするかなあ?枚数言ってないけど。

133 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 17:38:48 ID:uzxznxkU
>>128
言い訳しなくても、一緒に聴けば無問題。

134 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 18:01:56 ID:Z+LstVch
そして合体

135 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 18:08:01 ID:mhmYecmd
いや、離縁を覚悟しとかなきゃ!

136 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 21:11:55 ID:U4hxZASi
米尼から八十枚組買ったら、関税と通関料を取られた。トホホ。

137 :128:2008/06/07(土) 21:51:20 ID:f/S2GPe/
いろいろ考えて、嫁が欲しがってたフードプロセッサを先ほどポチりました。値段は80枚組よりちょい高め。

これで>>135さん的危機は回避出来るんじゃないかと妄想しております。

みんなありがとう!今度合体にもトライしてみるよ。

138 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 22:58:16 ID:ZlJAaWHI
>>

139 :名無しの笛の踊り:2008/06/07(土) 23:01:07 ID:ZlJAaWHI
132と137が結婚すれば問題なし。1セットで済むし。

140 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 00:05:36 ID:mTSNHyLy
30kだっけ?値段。


今ってホントに景気悪いんだねえ。

141 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 00:08:23 ID:uMeCNoHU
ヒント:円高

142 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 01:48:00 ID:8r9HI1gK
80CDの曲の組み合わせって、本当、イイよね。
モツコン24とシェーンベルクのコンチェルトが一緒って、グールドしか
考えられないぜ。

143 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 08:59:06 ID:11qAhIQi
社長業は余技だったとのたまった奴がさ、
ttp://facta.co.jp/blog/archives/20080529000687.html

ところでグールドのライブ盤で必聴、おすすめってある?

144 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 22:37:02 ID:EPFOEwlx
これの話題がないようだが、既出?
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2697064

145 :名無しの笛の踊り:2008/06/08(日) 23:50:35 ID:cX2Gde/w
カラヤンとのベトコン3はこれもあり、
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2637688
また、インベンションとベトソナ30(ウィーン)とのカップリングのものがあるよ。
上のURLと>>144とは2日違いのライブだけど、最後のヤツは57年だけど日にちは分からない。
まだあるのかな?


146 :名無しの笛の踊り:2008/06/09(月) 09:07:04 ID:h3Mmfh00
尼でいつのまにか80CD売ってる。
HMVで注文しちゃったよ。

147 :名無しの笛の踊り:2008/06/10(火) 15:59:17 ID:RJEtJyIg
グールドにはサティを弾いてほしかった

148 :名無しの笛の踊り:2008/06/10(火) 19:34:06 ID:2gNXHCtQ
after festival

149 :名無しの笛の踊り:2008/06/10(火) 22:10:48 ID:Hoyltf7M
グールドにはクセナキスを弾いてほしかった

150 :名無しの笛の踊り:2008/06/11(水) 01:09:41 ID:uCQvjePR
未聴を残さないためにDISC33聴いてるがさっぱりわからん

151 :名無しの笛の踊り:2008/06/11(水) 10:20:14 ID:y9DWc+Ep
グールドにはバーバーとヒナステラも弾いてほしかった
ついでにリストのロ短調ソナタも弾いてほしかった

>>150
別にわからなくたっていいじゃまいか。マイペースだよ。

BOX買った人羨ましいなあ 
ほとんどの曲持ってるから…と思って見送ってるけどやっぱり欲しい

152 :名無しの笛の踊り:2008/06/11(水) 17:38:55 ID:rwiC+M6t
>>149
あのタッチでクセナキスを弾くのは無理があるし
おもしろくもなんともない

フェルドマンの方がいいんじゃまいか

153 :名無しの笛の踊り:2008/06/11(水) 18:17:16 ID:Aq+QegI8
BOXセットは聴くものにあらず。眺め、あがめるものにあり。

でも、音質は良し。

154 :名無しの笛の踊り:2008/06/11(水) 22:25:03 ID:Gh3r7zcg
>>153
あなたのレスを読んで、ヘッドフォン買いました。
もうすぐ、届きます。
80CD。うふ。

155 :名無しの笛の踊り:2008/06/11(水) 23:18:05 ID:rwiC+M6t
許センセイも持ってる80CD

156 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 00:24:02 ID:5Z+1jwEA
番組見逃してしまったのでニコ動のサマリー版をを全部通してみたけど
グールドの二面性(エキセントリックと抒情性)については俺は前者だな。

甘ったるい演奏は彼には似合わないと思う。イタリア協奏曲の3楽章の
猛烈な突っ走り(何年録音か知らんが)こそがグールドの真骨頂。
彼に抒情性は求めない。ゴルトベルクは55年版を(゚д゚)マンセー。ー

157 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 01:10:07 ID:x5gnDEQO
許って、日本人?

158 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 01:28:03 ID:08Hz9nyc
グールドの叙情性は求めるも求めないも、彼自身を構成しているひとつのエレメントだから。
ゴルトベルク55年盤に叙情性を感じないとでも言うのかな?

159 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 05:13:07 ID:/IAZWynp
若い頃の叙情性といえばザルツブルクライブのモツはいいよなぁ

160 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 05:24:44 ID:JamNFc9G
>>159
案外ちゃんと弾いてて(語弊ある言い方だけど)、それが物凄く良いという奴?

161 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 05:30:12 ID:FrUngrwz
>>159
よぅ同志
上の方でまったく同じことを書き込んだぜ
本当にあのモーツァルトは絶品。
ザルツブルクライブ、まだ聴いたことない人はぜひ入手してほしい。
ゴルトベルクも素晴らしいんだ

162 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 05:50:00 ID:/IAZWynp
そうそう、スタジオ録音のモツに比べると上から目線のwイヤみがなくて素直に解釈してて
なおかつ独特の優しさというか柔らかさがあるんだよね
肩の力の抜け方が好き

163 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 10:05:16 ID:JamNFc9G
そういやゴルトベルクもいいよね、と思ったら二つ上にもう出てるw
素直な温かさがあった記憶があるよ。
CDは貸したの返ってこなかったからないけどね。貧ボだからまた買えん。

164 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 10:30:45 ID:PJxy5RzN
自分>>95書いたわw
あのライヴCDはファンはぜひ聴くべし。

>>163
貸せる人がいて羨ましいけど返ってこないのは・・・('A`)
金貯めて買ってね。自分も大学生だけど食費等いろんなもの切り詰めて買ってる。

165 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 10:31:07 ID:x5gnDEQO
>>163
今日び、たいていの図書館に常備してある。
現代の常備薬としての役割を果たしているのかもしれん


166 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 22:15:17 ID:bzEy45Fg
ボクはは、最近(去年?)出た、モスクワ、レニングラードライブの2枚組が
イイと思う。
フーガの技法とゴルトベルクがすごい。まるで、ジャズのライブのような感じだ。
おまけに、グールド自身による新ウィーン学派の講演が入ってる。
ほんと、ロシア人がうらやましい。

167 :名無しの笛の踊り:2008/06/13(金) 23:55:55 ID:bzEy45Fg
ウイーン樂派ね

168 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 12:54:51 ID:GFUMcqLf
え、モスクワ、レニングラードライブって出たの?
あの伝説の名演が・・?
あの公演で旧ソ連で全く無名だったグールドは一躍西側の天才ピアニストと
してかの地で名を馳せたんだったよね。

169 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 17:36:04 ID:72cNQ7Kh
まあB型乙女座なのね

松本人志
大島弓子
斉藤由貴と同じね

170 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 17:50:46 ID:XuMrlAIC
これね!
グレン・グールド/イン・レニングラード&モスクワ(2CD)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1433629

CD-1:モスクワ(モスクワ音楽院の学生たちへのレクチャーを含む)
・ベルク:ピアノ・ソナタ第1番 op.1
・ウェーベルン:ピアノのための変奏曲 op.27
・クルシェネク:ピアノ・ソナタ第3番(抜粋)
・バッハ:『フーガの技法』〜 第1,4,2曲
・ゴルトベルク変奏曲 〜 第3,18,9,24,10,30曲
CD-2:レニングラード
・バッハ:ピアノ協奏曲第1番
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
録音:1957年、モスクワ&レニングラード[ライヴ]

犬の社員じゃないよ

171 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 18:05:40 ID:964SxFki
>>166
>まるで、ジャズのライブのような感じだ。

確かに、「ゴルトベルク」の24番目の変奏なんか、ノリにノッて弾いてる感じで、
ライブの臨場感を感じるよね。




172 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 18:09:20 ID:Vzd907yg
ビル・エヴァンスやレニー・トリスターノのファンで
影響は受けてたし

173 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 18:15:03 ID:964SxFki
あと、確かグールドが19歳位のときに、ベートーベンの「協奏曲2番」を
弾いたレコードがあって、昔好んで聴いてたんだけど、それはCD化されてるんだろうか?

バックは、サー・アーネスト・マクミランていう人の指揮で、トロントのオーケストラ
だったと思う。
モノラルだが、信じられないくらいのハイスピードで弾きまくってて、なんでこんなに指が
回るかな?、て感じでグールドの若き天才に仰天したことを覚えてる。
引越しの時に「モスクワ・ライブ」とともにそのレコードも紛失してしまいました・・(><)

174 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 18:37:56 ID:VEt2cMOb
>>173
「the yaung maverick」という6枚組みにサー・アーネスト・マクミランとのベトコン2がありますよ。
でもこれ録音年月日が記載されてないんだよね。
たぶん同じじゃないかと思うんだけど、オケも一緒だし。
この6枚組み、とっても気に入ってます。

175 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 18:48:48 ID:964SxFki
>>174
ありがとうございます。

検索してみたら、どれも興味津々な録音ばかりでした。
とりわけ、デビュー前の「シンフォニア」、ベートーベンの「28番のソナタ」
なんかは是非聴いてみたいと思いました。

176 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 20:53:13 ID:r0tp98Y4
尼で80CDがなにげに値上がりしている件

177 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 21:13:39 ID:s8bcLJNr
>>176
ほんとだね。
10日に買っておいてよかった(^_^)v


178 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 21:48:42 ID:PKMrubID
>>174-175
ゴルトベルクだけでも買う価値ありと思って買ったんだけど
どれを取っても買う価値あったと思う。>>175さん、これは絶対買い。

179 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 21:53:26 ID:lPAaVNLW
>>176
本日のみ:犬でGould80CD @ \27408

cf.
amazon.fr 150*167=\25050


180 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 22:23:54 ID:+1l0fLqY
¥29,367だが終わったのか?

181 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 22:39:45 ID:FnJB5uG5
TOP中央に出ているよ。カートに行っても確認出来る。

182 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 23:02:21 ID:+1l0fLqY
どもです
一番右下に出てますね
CBSSONYの既存のヤツはだいたい持っているので、上にもあるヤングマーベリックとレニングラード・モスクワライブも足して三つにしましたが

思い通りポチってやったぜ
これでいいんだろ!

183 :名無しの笛の踊り:2008/06/14(土) 23:16:31 ID:FnJB5uG5
あぁ、いいさ。それで。
bonusもらったんだろ。

184 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 01:08:10 ID:9jdn+gcG
\27408 でも高い気がする。

最安はいくらぐらいだろうか?

185 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 01:50:02 ID:dE9BEx2i
$100じゃまいか

186 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 01:52:56 ID:9jdn+gcG
そんなときがあったんか。

187 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 04:45:55 ID:Yan994u3
過去スレ見てみると最初
犬:16,345円+ダブルポイント→日本のSONYエンターテイメントからクレーム?強制キャンセル
仏の尼で送料込182ユーロ位が最安みたいなことが書かれてた

188 :名無しの笛の踊り:2008/06/15(日) 05:45:44 ID:G65yqqvc
243:名無しの笛の踊り :2007/11/03(土) 19:54:41 ID:85U1Dqzd [sage]
64 名前:名無しの笛の踊り[] 投稿日:2007/11/03(土) 16:43:55 ID:6JQ4VUze
グールド箱 $109.99 Shipping & Handling: $7.98 Total for this Order: $117.97
ttp://www.amazon.com/Glenn-Gould-Collection-Amazon-com-Exclusive/dp/B000TJQ75E/

189 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 01:09:24 ID:7qK2hyYy
GGエディションのモツソナよりも、何年か前に出たモツソナ全のほうが音質
がイイと思うのはオレだけか?

アンド、セレニティのシベリウス、これ、GGエディションと違うで?

詳しい人、お願いします。



190 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 01:12:32 ID:VMhxOTlh
>>189
GGエディションのほとんどは、現代的な音にするため
コンプ&イコライジングがかけられてるから
例外もある<55年ゴールドベルグ

191 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 09:55:13 ID:1Gbqd3E4
>>190
>コンプ&イコライジングがかけられてるから

アマチュアの録音じゃないから、プロダクションの過程でこうしたことを
まったくしてないものはないでしょ。

192 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 10:18:17 ID:RKiWjJcL
GGエディションは基本的に20bitデジタルリマスタリング
最新のDSDデジタルリマスタリングのほうが音はいい
20bitデジタルリマスタリングの前のやつはほとんど持ってないので分からんけど

193 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 10:29:22 ID:VMhxOTlh
>>191
そんなことあたりまえ
「現代的な音にする」って言えば、それが昨今のトレンドにあわせてきついって分かるには十分だろ
手取り足取り言われなきゃ理解できないのか?

194 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 19:26:44 ID:1Gbqd3E4
>>193

「現代的な音にするためコンプ&イコライジングがかけられてるから」(駄目)って書いてあるんだよ。

「コンプ&イコライジングをかけて現代的な音にしてあるから」(駄目)

なんて書いてないよ。後者の意味を意図して前者の文にしてるとしたら日本語
が稚拙。きたない言葉の書き込みに返事するのも嫌だったけど、一度だけ教え
てあげます。


195 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 22:18:44 ID:VMhxOTlh
前者の意味だが?
馬鹿じゃない?

196 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 22:20:14 ID:WeGDLM85
すまんせん、アンド セレニティのシベリウスには、エコーがかかっていなかった
んですよ。グールドが、シベを録音するとき、マイクをたくさん吊るしている
映像ありますよね。たぶん、GGエディションのやつは、そんな感じで聞こえます。
でも、アンドセレニティは、普通にとっているような感じなんですが。


197 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 22:41:20 ID:zMbSYED9
ゴルトベルク'81盤、SACDハイブリッド最強。
これ、CD層ですらいいわ

198 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 22:55:37 ID:jlWtnJiB
SACDプレイヤーを持っていない人はすぐに買うべき。

199 :名無しの笛の踊り:2008/06/17(火) 22:56:36 ID:RKiWjJcL
ゲートキーパー乙

200 :名無しの笛の踊り:2008/06/18(水) 07:00:09 ID:wmQz+M4E
>>197-198
そんなの出ていたっけ?

201 :名無しの笛の踊り:2008/06/18(水) 14:12:59 ID:HTXbeydS
>>200
ググったら直ぐ出たぞ。

1981年
ttp://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/272901.html

↓こっちはUS盤だけど、
1955年
ttp://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/2533802.html

202 :名無しの笛の踊り:2008/06/18(水) 14:50:55 ID:hLPZeoEX
>>201
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/272901.html
これはハイブリッド盤ではない。SACD専用。
CDプレイヤーでは再生できない。

1981年盤ハイブリッドSACDは某サークルでしか入手できない。
もちろんソニー公認正規盤。

203 :名無しの笛の踊り:2008/06/18(水) 22:10:59 ID:tnntjyXG
聞いたことはないが
ハイブリッドのCD層は普通に売ってるDSDデジタルリマスタリングのCDっしょ?
ハイブリッド用に新たにリマスタリングした16bit44.1kHzデータではないと思うが

204 :名無しの笛の踊り:2008/06/19(木) 21:52:09 ID:y6BIS8YH
80CD-BOXの1981goldberg-var.で十分高音質だと思うが・・・

205 :名無しの笛の踊り:2008/06/19(木) 23:29:25 ID:WnLughn2
J.S.バッハの平均律やゴルトベルクを、
ピアノじゃなくチェンバロで弾くべきという意見に、
グールドさんは反論していたと思います、
もっともだと思った次第ですが内容は忘れちゃいましたwテヘ

誰かご存じの方ご教授お願いします。

206 :名無しの笛の踊り:2008/06/19(木) 23:36:40 ID:sdYiPmKu
ピアノは幾つかのボイスに弾き分けられるから、対位法が際立ってバッハの意図するところが解かりやすい。

てなことを言っていたように思うが、、、、うろ覚え。

207 :名無しの笛の踊り:2008/06/19(木) 23:43:30 ID:sdYiPmKu
追伸
バッハは特定の楽器など想定して書いたわけじゃない、、とも言っていたね。

208 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 00:19:32 ID:hHIV8Ln/
チェンバロはあまり弾かなかったとは聞いているけど、どうなんだろうね。
でもグールドのチェンバロの平均律2巻9番は素晴らしい演奏だったよ。

209 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 01:24:55 ID:BXX6nSEY
グールドは、楽器(道具)にこだわらないと言いつつも、自分でピアノを改造していた。
LDのブランデンブルグは、フォルテピアノみたいのを弾いてるよね。

ソロのパート、ほんと、すごい。こんなの生で聴いてみたかった。


210 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 08:08:06 ID:Scj3Pu3P
これね。神だ
http://jp.youtube.com/watch?v=ljojjoBGLYw

211 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 23:00:13 ID:H5sxzbDy
>>192
一般的に行って、DSDって評判悪いよね。ワルターとか。

SBM方式は、ちょっと古いけど割とまともだと思うけど。
最低20bitはないと、キツイ。


212 :名無しの笛の踊り:2008/06/20(金) 23:05:53 ID:H5sxzbDy
>>187,188
3ks

$118*110 -> 12980
半額だな。


213 :名無しの笛の踊り:2008/06/21(土) 18:55:22 ID:CeMh3R8o
音の善し悪しなど全然わからん・・・

214 :名無しの笛の踊り:2008/06/22(日) 04:58:06 ID:1FGyxLQx
>>210
それのCDでないかなあ・・・ビデオあるけど音が割れてきた

215 :名無しの笛の踊り:2008/06/22(日) 06:16:23 ID:zaF2dzcu
>>210
ピアノ、きったねー・・。磨くなりなんなり・・・。

216 :名無しの笛の踊り:2008/06/23(月) 19:38:56 ID:1E7pEkiv
BWV 828 - Gigue
ttp://jp.youtube.com/watch?v=oyJUnZmWFmM

神技!再生回数少な過ぎ。。。

217 :名無しの笛の踊り:2008/06/23(月) 20:45:50 ID:dE7yNx4C
汚いのはピアノだけではありません。
髪を洗ったり、鬚をそったりは絶対しない、ゴミだらけの部屋、洗たくもんだらけの車
オフィスやスタジオではめったに靴をはかない、靴下もズボンのケツも穴があいても平気、
イイね、グールドは

218 :名無しの笛の踊り:2008/06/23(月) 23:12:14 ID:5YitnC5w
Gouldってやっぱ臭かったのかな
コロンとかつけないんだろうな。

219 :名無しの笛の踊り:2008/06/23(月) 23:37:21 ID:svEo9FLR
一つのことに没頭し、誠実に生き、多くの人がそれを認め、許容する。
いい時代、だったってことかな

220 :名無しの笛の踊り:2008/06/23(月) 23:55:26 ID:G1mF1u+C
>>217
剃るときは剃るけど結構傷付けるみたい。
首元傷だらけの画像とかあるし。自堕落だったみたいね。
靴の底をガムテープで貼ってたりしてたんだったかな・・。

若いときは浮浪者に間違われて職務質問受けたりしたそうで。
ビルに入るのも警備員のIDチェックが入る始末。


221 :名無しの笛の踊り:2008/06/24(火) 00:41:22 ID:WjRGvZNS
ほんと、汚いピアノだな〜
食事したりいろいろ普通にテーブル代わりにしてたんだろな
ところでグールドは煙草は吸わなかったのですか?

222 :名無しの笛の踊り:2008/06/24(火) 01:21:09 ID:UjRNt0Kt
>>215
放映のために、誰もきれいにしようとしなかったのが不思議

223 :名無しの笛の踊り:2008/06/24(火) 02:18:30 ID:PByoa1Q9
酒も煙草も駄目だったってさ。

224 :名無しの笛の踊り:2008/06/24(火) 06:58:50 ID:8WPLOkTU
く〜想像するだけで素敵過ぎる‥

職務質問されるような風貌の男が
いざピアノを弾き出したらあまりの
才能に驚愕する‥

絵に描いたような天才ですな

225 :名無しの笛の踊り:2008/06/25(水) 02:50:24 ID:BlDsTyYf
>>222
無理だろ
ちょっとでもピアノに触ろうとしたら、グレンが飛んで来るぜ

226 :名無しの笛の踊り:2008/06/25(水) 21:48:11 ID:aWej6r1b
80BOXが明日の8時ごろに金払ったコンビニに入るから受け取れと犬からメール
ウズウズウズ

227 :名無しの笛の踊り:2008/06/25(水) 23:02:22 ID:UZRF2fpQ
ttp://jp.youtube.com/watch?v=sKkY3oSsCNg
(・∀・)ニヤニヤ

228 :名無しの笛の踊り:2008/06/26(木) 21:29:28 ID:X1eO6Vur
>>216
この映像のDVD発売されてますか?

229 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 00:54:13 ID:t2lLzcNs
80CDが着たのでとりあえず55年ゴルトベルクで聞き比べ
1、CBSSONYの前のSBM(super bit mapping)、20BITデジタルリマスタリング
2、81年ゴルトベルクのアナログ録音のCD化で話題になった三枚組から24BITデジタルリマスタリング
3、金ディスクのDSDデジタルリマスタリング
4、80CDのやつ
5、MYTHOSのレコードを再生して録り直したやつ

SBMより前のCDは持っていないので知らん
まず5は音量が大きいのでだまされやすいがレコード再生時のノイズに埋もれて細かいディティールが潰れてる、つまり鼻歌が聞こえにくくなってる
ただダイナミックレンジは上がってるのかな?音のメリハリ、強弱がよりはっきりついている
でもきちんとレコードを洗浄してホコリとって、針もきれいにして、いいプレーヤーでかけりゃここまで汚いノイズが出ることはないと思うんだが、、、
録音環境、マスタリングが下手、マニアにもあまりお勧めできない、ネタ買いにはいいかもというレベル
んで1、2、3、4は
1と4のグループ
2と3のグループ
で全然音が違う、てか1と4は完全なモノラルじゃない
2と3は完全なモノラル
どういう意味かというとうちのDACはステレオ-モノラル切り替えができるんで確かめたが、
DSDと24BITは再生中にモノラルに切り替えても(orまたステレオに切り替えても)音が全く変わらないのに
SBMと80枚組のは明らかに音が変わる
音質としては80枚組>SBM>>>>DSD>>24BITかな
80枚組とSBMは残留(ホワイト)ノイズが大きめなんだけれど、その分ピアノ本体の音もダイナミックレンジ・強弱がはっきりしてる
逆にDSDと24BITはノイズが少ないんだが、その分ピアノの音が平坦で薄く、グレンの鼻歌も聞こえにくい、特に24BITはその傾向が顕著
80枚組とSBMは似てるんだが、80枚組のほうがより音の粒状感がよく、グレンの鼻歌が一番よく聞こえる
とりあえず55年はそんな感じ

230 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 19:48:56 ID:iMwWWcZw
↑その中にSICC-327はある?

231 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 20:09:34 ID:iMwWWcZw

ナンバーで具体的に書いてほしい。ASINナンバーってAMAZONだけで通用するものなの?

232 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 20:54:56 ID:RVCuNRhO
うん.

233 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 21:50:56 ID:t2lLzcNs
1、SRCR8923
2、SICC98〜100
3、SICC561
4は省略
5、MPCD6015
かな

ハイドンの二枚組み(手持ちのは56DC267〜8)でも80枚組と比較してみたが
全体的に80枚組みは元の音量上げて、その代わりにコンプかけてる気がする
56DC267、268で音のレベルが高くなりすぎてクリッピングしているところがあるんだが、そこが修正されてるね
その代わりに本来のダイナミックレンジが落とされてるように思う

234 :名無しの笛の踊り:2008/06/27(金) 22:05:50 ID:4rHKKL1G
ゴールドベルグ81は、38DC35がいちばん素直な音
他のは例外なくコンプとフィルターかかってる
56DC267は持ってるけど、それほどクリッピングは感じないなあ


235 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 01:17:36 ID:KD0llfF7
ブランデンブルグのあの熱い演奏を古楽器のグループと演奏して欲しかった
と思うのはオレだけか。


236 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 08:19:21 ID:8MRokJxJ
>>234
30DC717はどうですか? 38DC35とは違いますか?
INDEXではでは32分割されているが、トラック分割されてないやつです。

237 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 21:33:08 ID:zrDHDCpC
>>236
悪くない
38DC35がみつかるまでのつなぎには最適

238 :236:2008/06/28(土) 22:06:50 ID:8MRokJxJ
>>237
Thax. 最新盤を買おうと思っていたけど、もう少し聞き込むことにします。

239 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 22:32:49 ID:+YnHmxTJ
うわ、俺のも30DC717だった。

ちなみに80CDはゲット済みなんだけど、最初から順番に聴いているので
81ゴールドベルグにたどり着くのは2ヶ月くらい先になりそう。

ちなみに今聴いてるのは詩の朗読とセットになってるなんだかよくわかんない
ヤツ。いったいナニこれ?


240 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 22:42:12 ID:LaEAN059
再発LPレコード55年ゴルトベルク擬似ステレオもっている。
CDとどっちがいいい?

241 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 22:55:13 ID:zrDHDCpC
>>240
CDったっていろいろあるぞ


242 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 22:57:57 ID:MH7fHE60
81年盤は独プレスLPが最高

243 :名無しの笛の踊り:2008/06/28(土) 23:33:17 ID:zrDHDCpC
>>242
とは限らない
たしかにノイズフロアは米盤より低いが、音色が冷たくきつい
38DC35にくらべると、あたりまえだがコンプがかかってる
(そのかわり38DC35は、装置によってはピークがきつく感じられる)

244 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 00:01:22 ID:yQeOCfvH
>>239 「詩の朗読とセットになってるなんだかよくわかんないヤツ」

「イノック・アーデン」か?
あれは輸入盤で買っちゃって、詩がわかんないとちょっと辛いかもね。
オレは古い世代なので日本盤LPで持ってるけど、対訳でも送ってあげたい気持ちだよ。
ちなみにこれのアメリカオリジナルジャケってこんなんだったのか。
珍しく日本盤LPの方がいいね。

245 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 00:24:35 ID:F7kPJG/c
>244
オジサンのコマ写真と並べてある奴?あの写真滅茶苦茶男前。

246 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 02:53:35 ID:Qz1EVXTe
イノック・アーデンの邦訳はいくつか出てるから、普通に本屋で買えばいいかと。
岩波文庫もあるし、最近では原田宗典が訳してる。

プロットだけ読むとめちゃくちゃ陳腐だが、そこは詩の力があってこそだと思ってくれ。

247 :名無しの笛の踊り:2008/06/29(日) 08:26:18 ID:qwV1nc/r
英語もそれほど難しくはないよ

248 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 18:42:42 ID:qIUck4Qk
グールドの知るを楽しむ、再放送がありますよー

7月4日、金曜午前10時5分からです

249 :名無しの笛の踊り:2008/06/30(月) 23:58:45 ID:+F7t+Ar5
>248
ありがとう!

250 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 14:48:28 ID:Kc62Hpow
グールド ベートーヴェンピアノソナタ全部弾いて欲しかったなあ 

クレメンティ、シューベルト・・・もっと聴きたかった

251 :名無しの笛の踊り:2008/07/01(火) 18:58:56 ID:Wn5MHXnE
知るを楽しむ選 私のこだわり人物伝 
再放送は7月7日(月)からに変更になっています。
午前10時05分〜10時30分です。
ttp://cgi4.nhk.or.jp/topepg/xmldef/epg.cgi?setup=/shiruraku/shiruraku

252 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 01:12:12 ID:5q3rmF7n
吉田翁のグールド感が印象的でした。

253 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 04:10:00 ID:DSvYBh9v

グレン・グールド(火星人+) セロニアス・モンク(火星人―)   w。

254 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 13:17:04 ID:BqlbTltO
80CDいいんですね!さっそく注文します

255 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 21:09:30 ID:TB3qdGzo
お好きな人には、悪いが、
グールドとモンクあたりを同列に見て語るのは、どうもねぇ
別に、ジャズを卑下しているわけではないが。

256 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 21:29:16 ID:Ov/hCT3r
>>255
ジョージ・デュークと同列に見て欲しいか?

257 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 21:30:24 ID:VpDx7dUr
チョーチュ

258 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 21:54:41 ID:jwPbRbB1
アルゲリッチのトッカータよりグールドのトッカータ、
アルゲリッチのイギリス組曲よりグールドのイギリス組曲のほうが
ズッといいと思った。

259 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 21:56:19 ID:0FW0FJpu
それならそれでべつに

260 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 22:31:29 ID:woconbbw
アルゲリッチたんもグールドもどっちも好きだお。

261 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 23:28:27 ID:3i7R1w9b
イギリス組曲だけはポゴレリッチが好きだ

262 :名無しの笛の踊り:2008/07/02(水) 23:43:14 ID:W5DyUUGn
>>255
いや”奇人”つながりって意味。
あと弾きながらうめく、とかねw 
(個人的に両方とも天才だとは思うが、両方をそう思える奴って少ないだろうね)












263 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 01:17:55 ID:yt5JnWNr
http://www.youtube.com/watch?v=BTUAC070R9A
この音源が含まれているDVD或いはCDを
ご存じの方はいらっしゃいませんか?
探してます。

264 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 04:20:28 ID:h0eisc4a
>>263
無い。VHSかLDならある

265 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 06:28:38 ID:JoTo0y7U
>>262
弾きながらうめくと言えばキース・ジャレット。
こまったことにうめきがグールドほど音楽的じゃないんだ。

266 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 07:59:46 ID:etyqdbj7
バド・パウエル

267 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 10:20:53 ID:92tu9Pzf
>>261
同志ハケーン
もちろんグールドのイギリス組曲も大好きだけどポゴレリチの方がもっと好きだ。
グールド好きな人にはポゴ好きな人も多いんじゃないかとひそかに予想。
ポゴ本人もグールドには多大なる影響を受けたようだけど

268 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 22:27:54 ID:26LHNS7w
グールドは、ポゴやアルゲのバッハ、どう思ったのかねぇ
シフは、褒めたらしいけど。

269 :名無しの笛の踊り:2008/07/03(木) 23:12:06 ID:1FYs4ELf
>>261
( ・∀・)人(・∀・ )

270 :261:2008/07/03(木) 23:43:15 ID:66P79TYB
自分で自分のことを異端だと思っていたのにオトモダチが世の中に二人もいた。

生きててよかった。

271 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 00:29:00 ID:VRNhCRnd
何が理由かわからんが、ただ単に、他と馴染めないだけの
人とグールドを同列に捉えるのは、どうもねぇ。
まだ、ヂュークのほうが冗談として面白い。

272 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 08:27:27 ID:90PCapZR
>>270
そういうことは異端とは言わない。
ポゴのイギリス組曲もいいが、グールドにくらべると少々単調だと思う。

273 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 10:08:42 ID:8Tk7q/dH
>>271
>ただ単に、他と馴染めないだけの人とグールドを同列に捉えるのは、どうもねぇ

それは思い込みというものでは
あなたの脳内ではえらく単純な括りですね

274 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 10:45:37 ID:KyDrgxL5
ポゴは手がでかすぎるのでパス

275 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 14:07:32 ID:uUx7iyEU
>274
偶然去年の写真見た。デカイ上にちょっとムクんで来てる感じ。
デカイ中尾彬みたいになってたよw いなせじゃなかったけど。

276 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 20:07:39 ID:xTf8vjkv
>>216でも出てるが、バッハのパルティータ4番のジーグ。
http://jp.youtube.com/watch?v=oyJUnZmWFmM&feature=related
この1分12秒付近の右手の部分ってミス?
それともわざとああやって弾いてるの?
CD収録バージョンが最高に気に入っていて、↑の演奏はそれよりも速く、初めて見たときは興奮した。
でも1分12秒付近だけどうにも気になってしまって。


277 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 21:15:13 ID:E7FbUm33
>270
60才の私も生きていてよかった。
私は古楽愛好者なのですが、
グレン・グールドだけは別腹です。

278 :名無しの笛の踊り:2008/07/04(金) 23:39:30 ID:90PCapZR
>>276
ミスじゃないでしょう。
アクセントをつけているんでしょう。
繰り返しをしていたらまた違っていたんだろうと思うけど。
まぁドシロウトなんですけどね。

279 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 19:59:34 ID:3/3ooyfq
>>276
今私のヘンレ版で確認。少なくともこの版では違うわ。
トッカータやフランス組曲でも自分の持っている楽譜(版はいろいろ)とは違う時ある。

>>277
天国のグールドに聞かせてあげたいよぉ。



280 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 20:27:16 ID:bLMzhcrb
7歳から17歳までピアノを習っていて、バッハが大好きでした。
仕事は小学校の教諭しておりました。
退職して、50歳になってグールドを知りました。
私も生きていてよかったです。

281 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 20:30:34 ID:wIM4JMMJ
>>278
やっぱりミスじゃなかったのか。
グールドは時々楽譜通りに弾かないから、ああいう一発録りのものはわからなくなる。
そこが魅力なんだけどね。

282 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 20:45:23 ID:3vo+IukW
フランス組曲なんて、私が弾くのと全く違ってて、ビックリした事がある。

283 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 21:58:11 ID:XLQvU49Y
>>271
あんた、頭悪いっていわれるでしょ?w

284 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 22:00:49 ID:KoIsSque
>>281
録画といえど、1発録りかどうかは判らないよグールドだから(笑
アングルが違ったときはテープ差し替えってこともありえるから。

このジーグの場合はどう見ても1発録りだとは思うけどね。
問題の部分は「ハイもうそろそろ終わりですよ」っていうようなアクセントだと思って聴いていた。

285 :名無しの笛の踊り:2008/07/05(土) 22:01:01 ID:XLQvU49Y
>別に、ジャズを卑下しているわけではないが。

↑ この日本語など特にw




286 :名無しの笛の踊り:2008/07/06(日) 06:34:37 ID:12kHHcdu
>285
なんで同一って判るん?

287 :名無しの笛の踊り:2008/07/06(日) 09:48:09 ID:wAddOf5E
>>280
今は思い切りピアノ弾かれているのでは?
私もグールドへのあこがれを励みにしてピアノ勉強していまぁす。
(上原ひろみさんはアメリカ留学中、グールドのポスターを壁に貼って頑張ったそうですよ)

>>282
プロのピアニストは普通いろんな版の楽譜を研究しているんじゃないかな?
そういえば前に園田高広氏のドキュメンタリー観ていたら
ベートーベンのピアノソナタだけでも、相当たくさん所有されていたよ。
自分が実際弾いていたら、確かにそこの部分にくるたび、びっくりするよね・

288 :名無しの笛の踊り:2008/07/06(日) 12:13:27 ID:fGEq4Wka
>>287
マジで!
ゴル婆の番組で飛翔弾いてた頃から気にしてたけど
ひろみタンの好感度がうpした。

289 :名無しの笛の踊り:2008/07/07(月) 09:09:54 ID:avLv8mD/
私は グールドは その後の世界中の
>280や>287 のような人々のために録音に励んだんだと思う。

話は違うが
迎合度を時々考える。
モツ君は意識的には迎合度100%だったかも知れないが、音楽深すぎなんでマイナス70。
ベト君は意識摘には迎合度40%位だったかも知れないが、無意識部分の篤さでプラス40。
バッハさんは、偏屈だったようなんで迎合度20%位だったかも知れないが普遍性でプラス100。
グールドさんは 演奏家だが、意識的な迎合度0%だが、共感度で120ってとこかな。
迎合度は演奏時の聴衆へのサービス度。プラスは本人の預かり知らぬその後のサービス貢献度(?)

290 :名無しの笛の踊り:2008/07/07(月) 09:59:53 ID:X+3QCnl/
はじまるよ〜

291 :名無しの笛の踊り:2008/07/07(月) 10:00:13 ID:X+3QCnl/
あ、まだニュースだった

292 :名無しの笛の踊り:2008/07/08(火) 22:32:56 ID:G1rLsfZv
正直な人

293 :名無しの笛の踊り:2008/07/09(水) 23:12:30 ID:rDWGG/eE
自分に正直な人

294 :名無しの笛の踊り:2008/07/09(水) 23:48:41 ID:y9Ql4f2N
姿勢の悪い人か

295 :名無しの笛の踊り:2008/07/10(木) 10:32:42 ID:Q96wXo/A
知るを楽しむの再放送4日間見てしまった
そしてまた草枕の朗読で泣いた

296 :名無しの笛の踊り:2008/07/10(木) 20:42:34 ID:CaSP5nU5
知るを楽しむは私も観た。
ただ吉田秀和翁の出演時間が長すぎ。
翁の部分だけをカットして保存した。

297 :名無しの笛の踊り:2008/07/10(木) 21:10:19 ID:+5y743mQ
それはもったいない。切った部分だけちょうだい。

298 :名無しの笛の踊り:2008/07/10(木) 22:50:05 ID:YxetQ80Z
あのロックンロールみたいにインパクトの強烈なモーツァルトを聴いて
ふと思った。

もしもエリック・ハイドシェックと連弾してもらえたら。。。

お客の半分は
ブー!やめてくれ、こんなのモーツァルトじゃない!

半分はブラーヴォ!ブラーヴォ!スタオベしまくりというすごい場面になりそうww

怖いものみたさで、その場にちょっといてみたい。

299 :298:2008/07/10(木) 22:57:11 ID:YxetQ80Z
レコーディングで、膨大な録音の中からものすごい集中力で
一番いいテイクを小節ごとにみっちり選び続ける姿は
なんか何も言えなくなるくらい感動した。

純粋に音楽のために音楽をしている、という点で
いまごろあちらで彼と一番気があっている指揮者はクライバーかもしれない。。。なんて思いが頭をよぎった。

300 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 06:40:24 ID:Hhj3vKKq

ゆ〜らゆ〜ら楽しそうにやってんだろねと思いたい。

301 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 07:10:36 ID:Ojf9nheW
グールドって弾きながらかなりハミングしてるはずだけど、アルバムではだいぶ
編集されて小さく聞こえるね。

302 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 08:44:32 ID:b2Ia5x6u
最近はグールドがハイメ・ラレードと共演したバッハのヴァイオリン・ソナタ
が気に入ってそればっかり聴いてるなぁ。

303 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 09:13:22 ID:eVvKOIVt
>>302
いいよね。漏れも最近入手して、こればっか聴いてる。
最初は(4番だけだけど)メニューインのほうが勢いあって好きだったが、
今はこっちの丁寧さ・音の美しさがたまらん。

グールドの協奏モノはハズレない。名演ばかり。
他の演奏者とのバランスが絶妙なんだよなあ。さすが指揮者志望?

304 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 10:57:46 ID:/ZRD2CeB
>>299
音楽はただ音楽のためだけに存在するっていう考えの音楽家ってすごいよね。
最近は商業主義に走る人ばかり目立つけど、本来はそういう考え方であって欲しい。
聴衆なんて置いてけぼりで全然いいと思う。演奏を聴いて感じたことから学べばいい。

>>302
そんなにいいなら買ってみよう。情報dです。

305 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 19:59:47 ID:gWWgF1U/
>>302
自分が書いたのかと思った。
ちょうど一昨日くらいからこればっかり聴いている。

306 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 21:21:59 ID:6lto3m8G
グールド初心者です
グールドの魅力が良く分かる、お勧めをお願いします
なるべく安いもの希望です

ちなみに、バッハの平均律は聴きました
リヒテルに比べて妙にあっさりというか軽妙というか・・・・・
基本的にはこんな感じの路線なんでしょうか?

307 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 21:35:17 ID:wv/SKrDo
>>306
マルチ君、
そんなにまでしてグールドを聴きたい理由を言いなさい。

308 :名無しの笛の踊り:2008/07/11(金) 22:57:49 ID:Hhj3vKKq
>>304
聴衆(=市場)は大事だから無理もないとは思うけど、
それに媚びる音楽なんて聴きたくないよね。

>聴衆なんて置いてけぼりで全然いいと思う。

同意。共感する者のみ後をついて来なさい、というか周りは気にしねーよ
というのが芸術家の骨頂であって欲しいかも。直の周囲はかなり迷惑だろうがw

309 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 08:55:31 ID:2jJ3Xnwk
>>308
そうそう。芸術家の骨頂ってまさにそれだと思う。
でも最近感じるのが、芸術家じゃない一般の人と同レベルの感受性の演奏家が多いってこと。
手先だけ器用なね。
だから本人たちは聴衆に「媚びる」つもりはなくても、
必然的に大衆ウケのいい演奏家になる。
でも本来芸術家は一般人の我々が全く持ち合わせていないような豊かな感性の持ち主で、
それを楽器なり何なり、色々な手段を使って伝えてくれる人たちであるはず。
そういう意味で、感性と技術が見事に一致した例がグールドだったと思うんだよね。
最近はついていきたいって思わせるくらいに「伝えるもの」を持った演奏家が少なくなった気がする。

310 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 09:20:04 ID:0+v2s5j/
あがりを克服するって本で読んだな

311 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 20:15:44 ID:uSvulERM
>>310
ワロスwなぜそんな本をw

まあグールドは真の芸術家だってことでおkだね。
今さらながら27歳の記憶を買って観たらかなり面白かった。
ウェーベルンがシャイだったって話を聞いて「これがシャイ?」と言ってソナタを弾くところ、
「シャイっていうのはこういうこと」って言ってシューベルトの交響曲?を弾くところ。
すごく印象的だったな。
アルケミストも欲しいんだけど犬では廃盤なんだよね。

312 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 21:27:16 ID:fS3N0r1O
>>311
あの楽器に手を出しちゃったから・・・

アルケミスト、ツタヤに置いてある率高いのが救いだね。

313 :名無しの笛の踊り:2008/07/12(土) 22:47:24 ID:uSvulERM
>>312
ピアノ弾いてる方ですか。自分も大学で勉強中です。

ツタヤにあるとは知らなかった!貴重な情報ありがとうございます。

314 :名無しの笛の踊り:2008/07/13(日) 01:11:45 ID:NmA0DM2B
グールドのジークフリート牧歌はいいなあ  ピアノ版もいいけど

315 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 07:48:43 ID:dDphe9Gh
>>313
借りてDVDに焼けばいいし

316 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 13:24:43 ID:YFuQbnhm
ハイメ・ラレードはアルバムで共演してから結構グールドから電話かかって
きたらしいね。
夜中の1〜2時頃が多かったらしいが「やあ、まだ起きてたよね?」とか
いう感じで始まって2時間くらい平気で喋ってたらしい。
国際電話だったからグールドの月々の電話代はすごい額だったみたいだね。
それにしてもグールドは完全に夜行性だったんだなあ・・。
相手してたラレードも大変だったろうな。


317 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 13:48:21 ID:dDphe9Gh
電話代は家賃よりうんと高かったみたいだよ。
家賃っても多分月600ドルしなかったみたいだけれどね。


318 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 20:14:14 ID:mnDi+mtd
バッハもええけどモーツァルトもベトベン後期ソナタもええなぁ。
明日は休みやし嫁はお産で里帰りやし、今夜は酒飲みながらグールド三昧。

319 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 20:51:38 ID:qSwDwWYZ
嫁がいない隙を狙わないと酒も音楽も満足に楽しめないのか...
ある意味不幸だな...

320 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 21:02:52 ID:mnDi+mtd
家庭があるとなにかと大変やねんで、にいちゃんよ。

321 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 21:19:58 ID:r36udio0
結婚するかもしれない彼氏にはクラシックを聴かせて洗脳している。
お陰様でこの一年でドイツ・ハルモニア・ムンディ箱を買うまでに成長した。
二人で音楽聴けるとなかなか楽しいよ。

322 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 21:35:39 ID:1huyMg6G
>>321
なんてうらまやしい話だ
オレは妻になった彼女の洗脳に完全に失敗したw

323 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 21:43:51 ID:KyZ8O/Qc
>>321
うまくいくといいね。
私と夫が出会ったのは、コンサート会場。
音楽から学ぶことが多いと言っていた。

10年後の今は、夫は読書と酒だけが趣味です。
音楽はただの娯楽でお金の無駄遣いだと言っている。
私は80CD買いましたけど、一人で聴いています。

324 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 22:18:03 ID:5EUuFugv
>>318
ほんと、バッハはいいとは思ってたけれど、モツもいいねえ。
最初テンポやリズムにとまどい、ホロヴィッツのモツをわからず
もてあましているような演奏と同じかと思ったんだが、聴いているうち、
感じ良くなってきてね。例によって、すべてを分解して再構成する
グールド本来の演奏だね。ベトはまだよくわからんが。

325 :名無しの笛の踊り:2008/07/14(月) 23:54:21 ID:YFuQbnhm
>>323
いいんじゃないですか。
所詮は配偶者といえども他人。
自分が好きな音楽だからとて他人も好きになるとは限らないのですから。

326 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 00:09:55 ID:jHu1Brql
俺は妻とよくバッハを聴いているよ。特にグールド。
もちろん、子供も自然に洗脳中w


327 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 00:59:01 ID:KuY2VFcd

子供にはグールド聴いて育ってもらってる。ピアノはやらせてないしね。
ノリノリ楽しいクラシックピアノ音楽となるとやっぱグールドのが一番。

328 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 01:16:30 ID:cYdXmclM
グールド聴くとおもすびがコロコロ坂を転がっていく感じだw

329 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 01:18:34 ID:sH8rH6qM
ハイドンのあのリズムでか?

330 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 08:18:12 ID:SpHND9vn
確かに子どもにはグールドばかり聴かせている。
たまにはアニメソングなんかも聴かせてやらないと可哀想かな?

331 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 08:43:31 ID:JAEkS3/E
誰か私も洗脳してくだちい><

332 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 10:55:02 ID:KuY2VFcd
>>330
いんや、子供はグールドをアニソン感覚で聴くからね。

333 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 11:34:24 ID:ZhE/PNWC
うちの子はハイドンアルバムで毎日踊ってるよ。
ニ長調のがことのほかお気に入り。

334 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 12:49:09 ID:OmrU+fVh
>>332
グールドがピアノで弾く「ぼくは正太郎」を聞いてみたかったw

335 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 14:05:20 ID:cYdXmclM
たしかにソナタ58番の二楽章は凄すぎる でも60番もいい

336 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 21:26:04 ID:M6H9kna6
インヴェンションとシンフォニア
グールドの変態声はいいとして、録音状態悪くね?
背後からカチャカチャ音がしてくるけどあれは何だ?

337 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 23:15:41 ID:I0IQ/K2O
録音状態は悪くないと思うが
改造したピアノとか、改造した椅子のノイズなんじゃまいか?

338 :名無しの笛の踊り:2008/07/15(火) 23:47:46 ID:SzE4DHvm
イスの音だね、目をつぶって聴くと、グレンの体の動きがわかるように
なるんだな、これが。タマラン

339 :336:2008/07/16(水) 07:26:22 ID:B7+lYvPS
>>337-338
どうもありがとう

340 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 10:37:40 ID:OvdflAUv
>>327-333
グールドが子供だましだということがよーく分かった。

341 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 10:39:16 ID:khND8ly1
>>340
松坂世代の大人だけど今朝もベートーヴェンのP協2番で
踊ってきました。

342 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 10:52:40 ID:aXBrNIam
グールドは、大人もだます悪いやつということがよーく分かった。

343 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 11:39:38 ID:wHRALPA8
通ぶって騙されるやつが多いということがよーく分かった。

344 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 13:23:07 ID:pYwunk5H
>>340
おまえはそれでいいや。

345 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 14:07:06 ID:khND8ly1
>>342-343
そんなこと言ってないで明日はヒンデミットで踊るぞ!

346 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 18:13:04 ID:I4e4SzAI
グールドがシューマンの謝肉祭とか弾いたら面白かっただろうなぁ

347 :名無しの笛の踊り:2008/07/16(水) 19:54:51 ID:MCd7BzcH
2日に米尼177$でぽちった80CDBOX 今日届いた !
37枚目とりあえず確認してみたけどさすがに問題なし

ただ長い船旅で蓋の両サイド少しやぶけてたのは 
しゃーあんめ て感じだな・・・


348 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 00:44:42 ID:gfbz6jt4
モツのコンチェルト、全曲出してほしかった、なんで24だけ

349 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 06:04:31 ID:Y+o4/F7S
レニングラードライブを購入
コントラプンクトゥスの四番はロシアンジャーニーのDVDで流れてたんで知ってたが
コントラプンクトゥス一番において当時すでに晩年に録られた映像のような(GGコレ収録、CDでも出てるヤツ)スローペースで弾いてたのが驚きだった
ああいったゆっくりと抑揚を抑えながら次第に強いアタック、メリハリを出して独特の感傷性を出す弾き方は晩年得たものだと思ったけれど
若い時から一番はピアノではこういう弾き方のほうがいいっていうのを持っていたんだなぁと
晩年のはレニングラードのと比べるとよりレガート-ノンレガートの弾きわけを細かく意図して使い分けていて完成度をそのまま高めた感じ
しかしスローペースの一番、流れるような指使いの四番、叩き付ける様な弾き方の力強い二番と
こんなバッハを突然まったく知らないピアニストの演奏会で聞いたらそらロシアじゃなくても普通びっくりするやね
地球人じゃないんじゃないかと思ったという感想もうなずけるな

350 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 08:58:46 ID:b/3Htdu7
フーガの技法に関しては、弾き方にほとんどブレが無いね。
採り上げる変奏もいつも同じだし。
http://jp.youtube.com/watch?v=L_PUdFZ6SaU

351 : ◆Keith./SXw :2008/07/17(木) 12:28:05 ID:6EW+CvBL
NHKのグールド特番で81年版ゴールドベルクはテクニックに蔭りがとか言ってたがあれは嘘。
デビュー盤よりはるかに丁寧でシュアーな演奏。
ようつべで落としたこれの動画が今激しくへヴィーローテーション。

352 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 12:57:15 ID:VWSYIRCH
CDくらい買えよ
安いだろ

353 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 13:23:14 ID:LbHKau7E
ツッコミ方が間違ってるぞ。
DVDくらい買えよっ。
だろ。

354 : ◆Keith./SXw :2008/07/17(木) 13:35:32 ID:6EW+CvBL
アルケミストは買った。

355 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 17:35:56 ID:wwxTLYh6
>>351
>NHKのグールド特番で81年版ゴールドベルクはテクニックに蔭りがとか言ってたが
そんな戯言誰が?

356 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 18:04:21 ID:b/3Htdu7
宮澤だろ

357 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 19:38:31 ID:yUBwQFHn
イタリア協奏曲、最高。
出だしの「チャーラっチャチャチャーラ ♪」がまるでオルガンのように
響く。

いろいろピアノクラシックを聴いてきたし、自分も演奏するが
最終的にグールドがやはりいい、と結論に達した。
グールドは、月並みだが、やはり天才だと思う。あんなふうにクリアな
ピアノの音は出せないし、対位法をいとも簡単に操る技巧もすごいし
決して情緒に訴える演奏じゃないのに(バッハは数学のように精緻だから)、
心にズシリと響かせるのは何なのか。少しでもピアノでバッハを弾く人間なら、
グールドにひれ伏してしまうよ。


358 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 21:19:36 ID:1kN1Etvt
でも自分はバッハの曲の解釈が全てグールドのものがいいとは
思わないんだが。
ゴルドベルクやWTCはグールドの解釈のものが好きだがイギリス組曲や
フランス組曲はヴァルヒャとかコープマンの方が好きかも・・。

359 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 21:41:10 ID:VWSYIRCH
楽器から違うwww

360 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 21:57:16 ID:1kN1Etvt
>>359
楽器は違うんだけどさ、ヴァルヒャのイギリス組曲なんて重厚感満点で
好きだな。

361 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 22:14:11 ID:yJyCgi15
重厚感満点のバッハはどうも

362 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 22:22:52 ID:9dv1sdMA
チェンバロやオルガン聞くと、やっぱりバッハはこれだな〜と思うよ
ピアノでバッハを弾くって事は本当に大変だと思う
自分のスタイルで弾ける人は尊敬するね


363 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 22:33:03 ID:Y0CD59bx
バッハなら誰が演っても面白い。

364 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 22:45:16 ID:HAdY0XTi
バッハは弾き手が一番面白い

365 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 23:26:33 ID:yJyCgi15
重厚さよりも「躍動感」、グレンが最高、バッハの鍵盤曲は、グールドしか
聴かない、

366 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 23:37:03 ID:Y+o4/F7S
使う楽器の違うはあるんだが、
レオンハルトのバッハは美しい
あれはあれで一つの頂点だと思う

367 :名無しの笛の踊り:2008/07/17(木) 23:58:41 ID:VWSYIRCH
レオンハルトは苦手だったりする。
チェンバロ使うならもうちょっとにぎにぎしい音色のほうがいいな…
レオのはきれいすぎてペナペナに聴こえる

368 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 02:13:00 ID:z5adUflt
レオンハルト(笑)

369 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 12:53:29 ID:l7qOnheN
隔離スレなんだからレオンハルトの話しは程ほどに
グールドの話しをしたくてたまらないヲタが他のスレに書き込みをしています

370 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 19:11:09 ID:4ippVYAI
いまだに隔離スレだなんて言ってるヤツがいるんだ、笑える。
書き込みしたくなったら何処でもするさ。

371 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 23:03:13 ID:tQho59If
インベンション録音に使ったピアノはチェンバロに近いキーアクションに改造したらしいね。
今もどこかに保管されていないのかな。
一度、弾いてみたいよ。



372 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 23:14:42 ID:CkqEPSj9
しゃっくりピアノね。
ホロヴィッツのピアノみたいにコントロールがめちゃくちゃ難しそうだ。

373 :名無しの笛の踊り:2008/07/18(金) 23:36:33 ID:D0gCcvdM
ずっと前に、軽めに調整してって言ったらハンマーがリバウンドするようになったことあった
そんな感じじゃないの?

374 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 00:13:36 ID:twBDccrG
ブラームスは美
バッハは理
ベートーベンは情

375 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 00:26:56 ID:pAQRy6SM
>>374
ナンセンス

376 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 00:31:07 ID:Ns42/W+a
エログロ

377 :名無しの笛の踊り:2008/07/19(土) 19:19:52 ID:4yPUFBdC
みんなはラルフ・カークパトリックは聴かないの?
私はあの人の演奏好きだよ。


378 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 20:23:50 ID:Dw5CkB89
あぁ、今日80枚組が届きました。

懐かしいです(私は60才)。

80枚組のことをこのスレで知ったので
皆様に感謝します。

379 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 22:16:33 ID:r34JFigt
よかったですね。楽しみが増えたでしょう。

380 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 22:17:41 ID:3i49lUnU
みんな80CDどこで買ってんだ。犬に注文したが全然来ない。

381 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 22:22:42 ID:1THQyDKL
誰かがニコニコ動画にポアンカレ予想を再うPしてくれた。
改めて思ったけど、ぺリルマン博士と晩年のグールドがすごいダブる。
グールドはペルリマン博士ほどに病的なヒッキーではなかったけれど
ある領域を超えた人って孤独で痛々しくて、だから超えられるんだと。

でも結局のところ、天才数学者の凄みは俺には分からん。
ポアンカレ予想も相対性理論も、きっとすごいんだろうなって感じ。
グールドのすごさは芸術に無縁だった俺でも分かる。だからいい。


382 :名無しの笛の踊り:2008/07/20(日) 23:19:05 ID:588xYfEb
>>380
犬はキャンセルして、amazon.comで買えば幸せになれると思う

383 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 01:01:01 ID:CWdPLevX
>>382
まさに私もそうした。。個人輸入初めてでwktk

384 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 10:27:31 ID:hOBpuclj
>>380
未だに犬に注文しているのがおるんだ。
米尼のほうが1万円は安かろうに。10日ほどで届くよ。

385 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 16:38:02 ID:pCw3gYnJ
カード払いをしたくないような人間はどうすれば・・

386 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 16:39:48 ID:qeR2QTs4
カードにも慣れなさい

387 :名無しの笛の踊り:2008/07/21(月) 17:17:00 ID:hOBpuclj
>>385
高い値段で買いなさい。

388 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 13:22:41 ID:y/e9Nodc
ノブレス・オブリージュと思えば吉

389 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 18:52:11 ID:NFjvsulp
よくわからんけどアメリカのアマゾンで日本のVISAとかのカードで買ったら
ドルを円に換算して勝手にさっぴかれるのか?


390 :名無しの笛の踊り:2008/07/22(火) 19:13:04 ID:Ehnt3YWD
>>389
どこから?

391 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 02:00:41 ID:uALfVJFd
ラレードとのバッハヴァイオリンソナタ良いっすね〜
6番が好き。
>>316
グールドはお気に入りだったんだ。
チェロのローズのほうはどうだったんだろ?
CDブックレットの写真じゃもの凄くガン飛ばしてるけどw

392 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 02:42:00 ID:CURsg7fr
ローズは共演してる映像とか見ると仲良さそうだけどね
ガン見は二人とももともと目つき怖いから・・・

393 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 03:10:11 ID:uALfVJFd
あ、仲良かったんだ。よかったよかった(?)

>>391では主語がわかんなかったですね、
ガン付けてるのはローズのほうですw
ttp://www2.imgup.org/iup651984.jpg.html

394 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 03:35:58 ID:CURsg7fr
ベトのチェロ・ピアノソナタの映像が1960年でバッハのチェロソナタの録音が1973、1974年だから付き合いは長いはず

395 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 09:12:10 ID:xvvv9z81
ラレードとのヴァイオリンソナタいいのかー。聴いてみようかな

ピーター・オストウィルド『グレン・グールド伝』でこの曲について
「…くねくねとした演奏で、奇抜な装飾音だらけで、ばかげているとは言わないまでも、
適切ではないと思った。…」と著者は感想を持ったようで、それをグールドにそれとなく伝えたら
不愉快になったグールドは著者が研究を始めたシューマンについて「ロマン派の屑」というような
失礼なことを言い返してきて、それ以来二度と会うことはなかったらしい。

こんないわくを知ったので結構好みが分かれる演奏なのかなと思ってた。
まあグールドの演奏の評価が分かれるのはいつものことですがね。

396 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 09:33:41 ID:FxDJarTf
他の演奏者で聴き慣れてたら、違和感が耳につくのかもね。
私的にはグールド最高の1枚と言ってもいいくらいだけど。
音色の美しさと併せて、3声の絡み合いっぷりが素晴らしい。

Vnソナタに限らず、ピアノ協奏曲とかもそうだけど、協奏モノって
どちらかがどちらかの「伴奏」に成り下がってるつまんない演奏が多い中
グールドの協奏モノって各パートが対等に音を奏でてて、みんな生き生き聴こえるんだよなあ。
そのパートが存在する必然性を感じさせてくれるっつーか。

397 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 09:46:32 ID:KNGlXPBv
ローズと仲良かった?
そうは思えないんだけどな。
ベトの録音もすべきだとのローズの誘い水を、巧みにシカトし続けていたんじゃなかった?
ローズの「バッハの録音は、グールドの気に入るように演奏した」との述懐も、
グールド本の何かで読んで違和感を感じた記憶あり。

398 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 09:54:56 ID:ReihFU49
>>395
これは10年ぶりにグールドを訪ねたときのお話かな?
明らかにムッとした顔をしたとか。
グールドは自分に対する苦言はNGな人なのに。

399 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 10:38:15 ID:xvvv9z81
>>398
そうそう。
>自分に対する苦言はNG
このエピソードを読んで、わかってたことではあるけどグールドって子供じみてるというか
いつもちやほやされてないと気が済まないんだなーと思った。著者への言葉もひどい。
あれだけの才能の持ち主だから許されることだよね。

ラレードとのヴァイオリンソナタ、やっぱり若干違和感のある演奏なのか。探してみます。

400 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 11:31:09 ID:uALfVJFd
amazonではずっと品切れなんだよな〜>ラレード
中古マーケットにはあるけど
http://www.amazon.com/Bach-Sonatas-Harpsichord-1014-1019-1027-1029/dp/B0000028NN/

401 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 11:38:25 ID:KNGlXPBv
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=291002
これもあてにならないのかな?
後になって在庫切れなんてこともあるしね。

402 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 18:55:23 ID:xvvv9z81
さっき十字屋に行って馴染みのオヤジさんに在庫ないか見てもらった>ラレード
国内盤はもう廃盤らしいね。輸入盤を予約してきたけど「いつになるかわかりませんわ〜」
と言ってたorz
しかもオヤジさんはラレードとグールド、ローズのCDを所有してらしくて
「あれはいいですよ。間違いなく名盤ですわ。いや〜お客さんいつもいいところに目ぇつけはるわ〜」
云々言い出し散々CDの良さを語られた…
こっちはいつ手に入るかわからないというのにwオヤジめw

でも検索してみたら犬では買えそうだよね。ローズの方は入手困難になってたけど。

403 :名無しの笛の踊り:2008/07/23(水) 22:45:04 ID:uALfVJFd
通販が嫌じゃないなら↓で輸入盤新品買える。
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B0000028NN/

>>395
くねくね、かあ・・・どっちかというと正反対のくっきりかっちりした印象だけどなあ。
おもしろいですね

404 :名無しの笛の踊り:2008/07/24(木) 23:08:44 ID:cynQs9/8
グールドは、歌伴もうまいし、デュオも最高



405 :名無しの笛の踊り:2008/07/24(木) 23:46:36 ID:ihNPE7IK
グールドが一番うまいのは、鼻歌

406 :名無しの笛の踊り:2008/07/24(木) 23:51:11 ID:m+TpNU51
そりゃママは歌の先生だったから。
ママにピアノ習ったとき、一緒に声を出すよう教えられたんだろうね。

407 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 00:14:10 ID:NRMYtsKR
ママとか書くと、ろくでもないコピペがはられる悪寒

408 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 04:01:15 ID:yxTvhhgx
個人的にはろくでもないコピペのほうが、安心して読めるから
そのほうがいいよ。

409 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 08:00:43 ID:2gT3jJbC
>個人的には 

( ´,_ゝ`)プッ

410 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 08:19:19 ID:y6gtkeJ7
衒学的にはろくでもないコピペのほうが、安心して読めるから
そのほうがいいよ。

411 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 08:56:16 ID:2gT3jJbC
>衒学的には 

( ´,_ゝ`)プッ

412 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 10:17:52 ID:QU9zW42C
ママが性処理してくれるっていう、毎日新聞のアレか?

413 :名無しの笛の踊り:2008/07/25(金) 22:52:38 ID:qWpZ3Um6
牧原れい子でお願いします

414 :名無しの笛の踊り:2008/07/26(土) 00:48:53 ID:2x3a0qZu
楠真由美でおながいします

415 :名無しの笛の踊り:2008/07/26(土) 18:01:19 ID:IISrvyaD
♪〜夏休みぃー
子供も大人もバカが沸く〜
それーでも〜 やーあっぱぁりー

416 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 03:23:11 ID:FYrRwOy9
皆さんグールド関連の本で何か気に入っているものはありますか?
自分は
・グレン・グールド、音楽、精神
・天才の悲劇とエクスタシー(本題失念…)
・グレン・グールド 孤独のアリア
が気に入っています。あとは知るを楽しむのテキストもよく読み返したり。
図書館で「グレン・グールド」で検索して、かなりの数のグールド本を読んだのですが
この3冊が自分と相性が良かったです。
宮澤淳一氏のグレン・グールド論は意外にあまり面白くなかったと記憶しています。
伝記なら上記2冊目が一番お薦めかな。近々買うつもりです。
ベタですがグールドが亡くなるまでの詳細も書かれてあって号泣しますた…

417 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 05:31:54 ID:O77LS9GM
孤独のアリアは作者の思い込みつーか妄想がちょっとうざい
グールド自身が書いたものを読み、それを何度も読み返したほうがいい
発言集、著作集、対話集、書簡集だな

418 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 06:41:44 ID:9mHKyXQg
文庫化されてるのは「孤独のアリア」ぐらい?

419 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 07:09:22 ID:Yl8eFKSP
>>418
んだ。

価格とかは手に入れやすいけど中身は(ry

420 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 11:12:33 ID:MgDj2dHL
>>416
亡くなるまでの詳細は伝記にはどうしても出てきますね。
最新のバザーナ氏の伝記もそうだった。
上から二冊目(多分)の本からの引用も多かったですが。

421 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 21:28:45 ID:FYrRwOy9
孤独のアリアは皆さんあまりお好きじゃないのかな?
確かに妄想っぽいですが最初にフィクションと書かれてあるし、小説として読むには面白いです、自分は。
まあいかにもフランス人が書いたという感じの小説ですね。

上記2冊目は「グレン・グールド伝」でした。
その中ですごく印象的だったのが、グールドが"Dell"という人へ書いた、日付なしの手紙。
自分は恋をしている、と告白する内容なんだけど、それがティーンネイジャーでもこんなに純粋か?
と思うほど純粋な思いがひたすら綴られていて、びっくりすると同時に感動すらしてしまう。
初恋をしている子供みたいで、知性溢れる演奏とのギャップがものすごいです。
機会があればぜひ読んでみてください。

>>420
バザーナ氏の本はまだ読んでないんです。
ファンとしては、亡くなるまでの詳細を読むのは辛いものもありますね。

422 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 21:59:05 ID:A6Thr7A2
CBSのプロデューサーの人が書いた本が面白かったなあ

423 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 23:25:42 ID:MgDj2dHL
>>421
デルへ・・は結構知れてますね。
去年話題になった元愛人の旧姓と引っ掛けて、別れたその人のことだろう
という考えも出てますが、今となってはなんとも言い様がないと思います。

>>422
カズディンさんかな?

424 :名無しの笛の踊り:2008/07/30(水) 23:50:22 ID:FYrRwOy9
>>423
結構知られてるんですか。恥ずかしながら自分はその本の中で初めて知りました。
本当に純粋というか無垢というかロマンティストというか…
とにかく感動的な手紙ですね。なんて清らかな心なんだろう、と。
ベートーヴェンの不滅の恋人への手紙と少し比較されてましたが、ベートーヴェンの手紙よりも
自分にとってははるかに感動的でした。

425 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 00:29:57 ID:+EuXHiNA
クラのピアノ曲ファンかつグールドファンのオイラとしては、
ショパンやラフマニノフ、モツのコンチェルトを残してほしかった、、、、

例の「再創造なんだらかんたら」のノリで、実現、できんかな?

できれば、映像もCGで実現してほしい。

426 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 00:41:08 ID:SnSaLEL+
スクリャービンはもっと録音してみてほしかった。

427 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 00:52:46 ID:at/XlKgz
モツP協は超名演の24番があるけどそれ以外で?
ショパンもラフマニノフもモーツァルトも嫌いだってあんなに言い切ってるわけだから
仕方ないんじゃないかな。誰にでも好き嫌いはある。
ただモーツァルトは、本当は好きとは言わないまでも複雑な感情を抱いてたんじゃないかと思うけど。
CGの映像なんてあんまり見たいとは思わないなあ・・

スクリャービンは確かにもっと聴きたかったね。

428 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 01:13:02 ID:o/nftYoP
前にも少し話が出てるけどシューマンなんかかなり親和性が高かったろうにね。残念でしかたがない

429 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 02:01:37 ID:2uPLNXRT
グールドの高速 調子のいい鍛冶屋聴いてみたかったw

430 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 06:30:48 ID:SnSaLEL+
>>429
最終変奏はイタリア協奏曲の3楽章をはるかに超える
超速だったりしてw

431 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 10:11:15 ID:U+6QrqQ7
モツの24番、すばらしいですよね、やはり全集のこして欲しかったッス
ベトやバッハ、シェーンベルクもそうだけでど、グールドのコンチェルト、
迫力があって、最高!



432 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 10:15:40 ID:i2RFTdZj
コンチェルトならベートーヴェンの2番がカワユス!
3楽章は左手が踊っている。

433 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 15:28:34 ID:g74ROYyl
>>425
ショパンのピアノソナタならある。
80CDには入っているのかな?

434 :名無しの笛の踊り:2008/07/31(木) 15:48:53 ID:g74ROYyl
ググった一枚でも売っていた。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/B00005G8JK
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ~ グールド

435 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 00:33:35 ID:EtniRjS9
「知るを楽しむ」最終話を30回観た。

436 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 16:11:52 ID:pUOGFEc4
ショパンもグールドも好きだけど、グールドのショパンは・・・・

437 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 16:54:15 ID:6NNILa8D
>>436
3番ソナタは・・・だけどプライベート録音らしきop.10-2は凄すぎるwww

438 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 17:09:51 ID:MZgrP+5V
ソナタいいじゃん

439 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 18:09:11 ID:TxHzL4va
んだ。いかにもグールドらしくて大好き。

よく不思議に思うんだけど、グールドはリストのロ短調ソナタには興味なかったのかな?
他のリストの作品が嫌いなのはわかるけど、あのソナタだけは素晴らしく緻密な構成・構築だよね。
スクリャービンのようなロマンチシズムもあるし、もちろん名人芸的な技巧だけに留まらないし。
グールドが弾いたら間違いなく歴史的名盤になったと思うんだけどなあ。残念だ。

440 :名無しの笛の踊り:2008/08/01(金) 23:39:37 ID:rvDmL5AF
ショパンの3番が入ってるアルバムのメンデルスゾーンが
めちゃめちゃ(・∀・)イイ!

441 :名無しの笛の踊り:2008/08/02(土) 01:18:23 ID:0jEQW6yp
>>437
あぁ、練習曲はグールド得意な感じがする。
スピードに乗ると結構いいと思う。ソナタは普通の人よりもモッサリと弾いたからなぁ〜。

>>439
リストの音楽ってハイドンもそうだけど、訛があるというかちょっと垢抜けないところがあるような・・・
特にソナタは。

442 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 22:52:24 ID://ahyT9Q
グールドは小フーガト短調の録音を残さなかったの?

443 :名無しの笛の踊り:2008/08/03(日) 23:55:40 ID:iaA05B7z
バッハが弾けるチンパンジー

444 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 02:41:26 ID:rilMD9pG
youtubeのop.10-2どこだっけ?

445 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 12:17:43 ID:56stA5Og
>>443
親の資産を食いつぶすだけのチンパンジー

446 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 14:27:04 ID:WaV/t/op
フーガの技法をヘッドホンで聴いてるんだけど、カチカチって雑音がかなり入ってる。
これは仕様?

447 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 21:44:29 ID:w5IkbVrE
>>444
確かヒアアフターに入ってた。それで検索するとか。

>>445
大成するまでは確かに食いつぶすだけだったろう。親御さんの出資は計り知れない。
だが、20代で世界的に売れてからは別だろう。
莫大な収入源のコンサートを辞めたといってもレコーディングで食いつないでたわけだし
株投資もしてたしね。
少ないとはいえ死んだ時点で75万ドルほど自分の資産があった。

448 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 22:38:22 ID:YF0VfsmU
>>444
べ、別にあんたのために貼るわけじゃないんだからねっ!
ttp://jp.youtube.com/watch?v=MqkS1JIHBig

449 :名無しの笛の踊り:2008/08/04(月) 23:46:50 ID:aWqcFdUb
グールドクラスでも演奏家ってあんまり儲からないんだね
コンサートやってればまた違ったかな

450 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 00:12:55 ID:78fA1WmZ
グールドはコンサートやっていればドンと儲かるのは保障されていたんだ。
それを気にせず辞めた。金銭には基本的なこと以外あまり貪欲ではなかったようで。
トップクラスレートで常に満席状態をキープできるのに何故辞めるのか?
と言われていたからね。

451 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 00:41:26 ID:zuIyC3zX
>>447
グールドのことを言ったんじゃないんだw

452 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 01:02:11 ID:bfVWXSao
指揮者として人前に出るのはオッケーだったのかな?
それとも指揮者になったとしてもスタジオ録音だけのつもりだったのか

453 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 01:08:20 ID:78fA1WmZ
そう、スタジオ録音だけ。 
ピアノパートがあっても影武者雇って入れ替える。
あの体力では指揮者のハードな仕事は無理だったろうという意見もあったような覚えがある。

454 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 21:26:39 ID:4yGApFGA
やっぱり株で相当もってかれたのかな
もう少し遺産があってもいいと思うが・・

455 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 21:54:57 ID:78fA1WmZ
物欲みたいなの持ってる暇無かったんでないか。
金も仕事を継続できる分だけあればいいという構えだったようだし。
ただ、田舎の島かどっかに動物を保護する施設を設けたいとかいう夢があり、
実際不動産もみたらしいが十分な金を持っていないと思っていたらしいね。
グールドなら自分で動き回らなくても人に頼んでいくらでもなんとかなったのに。

456 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 23:01:11 ID:DSq3cjVC
>>455
やっぱ動物好きだったの?
象に向かって歌ったりしてたけどw

457 :名無しの笛の踊り:2008/08/05(火) 23:10:15 ID:cPHxVH3i
>>454
マシュー・カスバートみたいだな カナダだし

458 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 00:00:59 ID:HXNWOzQW
>>456
それ気になるんだけどwwww

459 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 00:24:07 ID:38DaI5YQ
>>455
人より動物の方を信頼したタイプというのがグールドの周囲の印象。
動物愛好家にありがちといえばありがち。
犬がどれだけ咳をしようが涎をたらそうがじゃれ合えたとか。
動物愛護の念は強かったということらしい。

460 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 00:25:30 ID:38DaI5YQ
う、ごめん
>>456あてだった

461 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 01:31:46 ID:M0axMMUU
>>458
たしかマーラーの『魚に説教するパドヴァの聖アントニウス』を歌っていた。
ゾウは思いっきりシカトで、撮影のスタッフ爆笑。グールド苦笑い。

462 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 01:34:24 ID:72JaBcjb
苦笑いじゃないぜ。大口あけて笑ってた。

463 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 04:59:01 ID:38DaI5YQ
歌詞間違っちゃったじゃないか、って言ってなかった?

464 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 08:39:18 ID:Yln/p13x
象にマーラーを聴かせるグールド
http://jp.youtube.com/watch?v=57kR6RsV2iA

465 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 08:44:31 ID:Yln/p13x
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/20/YoungGould.jpg

犬もアレだけど、楽譜にインコとまってんだね。
動物にまみれて満面の笑み

466 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 20:33:33 ID:IgbYhAyg
腕長く手大きく見える。

楽譜、何だろう。

467 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 21:40:32 ID:Yln/p13x
パルティータらしい。

468 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 22:06:11 ID:wAG6K0A0
>>465
うわぁ可愛ええ・・・
インコは気づかなかったよ。

469 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 22:57:49 ID:38DaI5YQ
モーツァルトとかいう名前だったような。

470 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 23:45:49 ID:5K/UWDKC
>>465
手大きいね。

471 :名無しの笛の踊り:2008/08/06(水) 23:58:26 ID:2pkME7qj
俺もオカメインコ飼おう。
そんでシェーンベルクと名づける

472 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 00:21:46 ID:xf1T4UCe
>>464
字幕付き 7:30から
http://jp.youtube.com/watch?v=ZgPDz1fVhrY&fmt=18

まさに象のとこで、6歳までに人間より動物と仲良くできると気付いたって言ってるね
牛の話おもしろいw

473 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 06:51:38 ID:2q7zxVrx
>>464>>472
ありがとう。楽しく見させてもらいました。
群がる牛とともに感動に打ち震えるグールド・・・ワロスw

手デカイよねー。そして女性のようにツルツルで綺麗。

474 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 09:59:54 ID:mgyVdmT2
演奏中に10度ぐらいのを楽々掴んでる映像を見たことがあるけど
本当に手が大きいね。
そして年とっても手だけはきれいなまま。

475 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 12:41:59 ID:M3QqHWp8
みんなそこに萌えてるわけか

476 :名無しの笛の踊り:2008/08/07(木) 22:04:59 ID:1IAunpGj
>>474
人生を通してあれだけ守っていれば綺麗にもなろうが、爪はきちゃない。
自堕落風でお手入れタイプではなさそうだものね。そこがいいわけですがw

477 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 18:24:44 ID:s27/aHF9
お前らにとっての「最高のグールド」は何だよ?
俺は81年ゴールドベルクな。

478 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 18:47:53 ID:UPiUa4S8
http://jp.youtube.com/watch?v=koNY1UYvRYM

どなたかこれの詳細をご存じですか?
グールドが連弾で第九を弾いてたなんて・・・

479 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 18:48:11 ID:55qaPOH6
81年ゴルドベルクのアナログ盤が「出るかもしれない」
という話。
ttp://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=DYJC000000105

オーダーの規定数が何枚なのかが問題だが、
CDの場合は500枚だったそうな。
実際にCD化されてものもある。南沙織とか久保田早紀とかだけど。

480 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 18:50:29 ID:UPiUa4S8
>>477
フーガの技法モスクワライブとリスト編曲の田園五楽章が一番好きです。

481 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 20:00:02 ID:f5YCtK0S
>>477
スクリャービンの3番。
色んな人の演奏聴いたけどグールドのが一番親密な感じがする。

482 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 20:33:54 ID:GYk9An6m
>>477
ヒンデミットの3番。

2楽章はまさに神懸かり的名演。

483 :名無しの笛の踊り:2008/08/08(金) 23:33:19 ID:auPVyCyC
>>480
ツウだね旦那

484 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 00:47:11 ID:A7toeHcc
>>481
グールドの演奏を聴いて初めて、スクリャービンってこんなに格好いいのかと
思った。ホロヴィッツとかもいいけどね。

485 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 10:19:52 ID:ReqvLYzC
>>478
一応長いことグールドを聴き、結構グールド本を読んだんだけれど、この演奏については知らんぞ。
こりゃいったい何だ!?

486 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 11:01:15 ID:Fy2WyFYA
>>478
う〜ん、本当にグールドなのか?

487 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 12:16:29 ID:ReqvLYzC
この曲でしかも連弾でグールドを聴きわけることは難しいね。
でもこういったものがあっても不思議は無い。
しかし、今まで出てこなかったのに、今出てきたって事の理由は何だ。
グールドの口から語られていないってことは、お蔵の一番奥にあったってことか。
グールドのすべてを網羅したわけじゃないけど。
あるいは壮大な釣りなのか?

488 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 13:13:45 ID:jGP1+XP+
一ついえるのはあれだけの完璧主義者で自分大好きなグールドだから
連弾するのであればよっぽど好きな、仲のいいピアニストとじゃないとやらんだろうということだな
録音技術マニアなグールドなら自分で二つ録って後で重ねるだろうし

489 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 13:57:49 ID:YGx3AMlh
>>479
こんなのわざわざ買うのかね?デジタル録音なんだし。
無意味の極地だな

490 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 14:56:05 ID:Jq/zO1wn
スクリャービンの3番は聞いたことないなぁ・・・・

491 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 17:25:38 ID:jGP1+XP+
>>489
俺も前からSONYのMUSICSHOPで見ていて不思議だった
アレだけ有名なものなんだから、中古LPいくらでもあるし、未開封新品のLPだって安くそんなに苦労なく手に入るしね
いまレコード再生にこだわっているオーヲタなら中古レコードでも抵抗ないだろうし
よっぽどの特典でもつけない限り今更新品のものを正規の値段で買うヤツいないと思うんだが、、、
最近SMEがSHM-CDに参加するって言い出したけれど、次にグールドをSHM-CDシリーズとして再販しないか心配だ

492 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 18:25:56 ID:ReqvLYzC
>>488
完璧主義といっても共演者にはそんなに頓着しなかったんじゃないかな。
ソロの楽譜で連弾なのか、編曲しての連弾なのか。
リストの楽譜そのままだったらソロで弾くでしょ。
後者だったらグールド編曲だろうし、そうだったら「編曲したんだよ」ってしゃべっちゃうだろうし、
実験的に連弾してみてボツになっても、その話題が今まで無かったなんて信じられない。
ヘッドフォンで聴いてみたが、グールドは歌ってないしな。
しかしベト5のフォルテ音なんかとちょっと似てるんだよこれが。
一体何なんだこの音源は!

493 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 18:52:51 ID:GlZCIkqU
>>455
は? 株でもうけてたの知らないかよ。

494 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 19:02:20 ID:GlZCIkqU
robert silverman, "money and the pianist2
the bulletein of glenn gould society, vol5, no.9, 1988 ,pp.49-52

495 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 19:27:43 ID:YHm/SCrR
グールドが手がけていた銘柄知りたす。
「スタインウェイ空売りプギャー」とかやってたのかね

496 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 19:37:36 ID:GlZCIkqU
株売買はもっと下世話なもんだよ。石油とか貴金属とか。
レイ・ロバーツがセレブ関係の投資クラブで情報を得、それをグールドが徹底的に調べたそうだ。
売り抜ける時期もね。
自由のためだ。一時は株投資が好調なので、CBSとの契約を更新しないことまで考えてたそうだ。

497 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 21:20:02 ID:2Kc/K9Ge
>>495
生産数が少なく利益も薄い伝統的ピアノメーカーの株で儲けられるわけないだろ

スタインウェイはずいぶんと前に買収されて他社生産とはいえ廉価品も作る
会社になってしまったし、ベーゼンドルファーは最近ヤマハに買われたよ

498 :名無しの笛の踊り:2008/08/09(土) 23:13:46 ID:xmHkVbWu
>>493
株のことくらい周知だと思うんだが。株投資する奴は欲張りだとういうことか?
株では儲けばかりじゃなかったんだよ。が、496の言うように調査上手だったらしいね。
調べることが大好きというか自分の給与明細も徹底的に見てちょっとでも間違いがあると
電話したらしいから。これはケチ感覚というのではなく本人にとってはあくまでもゲーム感覚ということらしい。
遺産の金額を見るといい、グールドクラスの他がどれだけ持ってたと思う?


499 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 01:00:31 ID:kpxX/nHR
75万ドルってその当時の為替レート250円/ドルにすると1億8750万円。確かに金持ちには違いないけど
グールドぐらいの名声にしては少ないかなという気もするが。




500 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 01:51:46 ID:KkeUuRYT
>499
カナダドルはそんなにしてたのか。米ドルも同じくらいだったのかも知れないが。

ホロウィッツやカラヤンと比べられていたと記憶しているが、格段に少なかった。
カラヤンなどは3億ドルとかだったと思う。グールドの75万なんて馬鹿みたいだ。
まぁグールドは仕事で自腹切ることも多かったらしいが。つぎ込む仕事量に比べて
の収入が割りに合わないことが多かったようで。

501 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 02:54:40 ID:iG1IOisl
>>480
そういえばライブ盤はまだ聴いたことがなかった。
早速取り寄せる。

>>481
スクリャービンは小品しか聴いたことがない・・・orz

502 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 05:06:13 ID:ZeaZ7zOM
>>478
視聴探すのめんどくさいから検証的なことはしてないけど、これくさくね?
http://www.amazon.ca/Beethoven-Symphonies-Schubert-Sonate-No-19/dp/B0000007HI

503 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 17:51:08 ID:YM77Gkhn
株で失敗しちゃったの?

504 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 19:14:27 ID:jGPxQmza
コンサートよりはレコード出して売ったほうが利益率はいいと思ってたがそうでもないのかな
クラシックだとやはり売れる枚数に限界があるのか
コンサートで顔を見せることでレコードの売上につなげるという相乗効果があるのだろうな
グールドもテレビに出てたけれど、ほとんどカナダだけだろうし
カナダの人口なんてしれてるしな

505 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 20:43:37 ID:OjCqFmyy
生前、グールドは125万枚を売った。
没後、新ゴールドベルグ変奏曲だけで200万枚以上(20世紀末の時点で)

506 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 21:46:18 ID:T6FKF1kL
>>505
あの素晴らしい演奏はもっと売れてほしいな。
馬鹿には理解できない なんて思わないんだよなぁ、これ。

507 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 23:13:55 ID:KkeUuRYT
>>503>>504
株では普通に手堅く投資できていたようだよ。まぁ株市場も上下するんで
下落が続いたりしたろうが、全体としては株投資が上手だったらしいよ。
グールドの株ディーラのおっちゃんが多分「32章のショートフィルム」で
いってた。同映画ではグールド(役)が食堂で上手に株市場の性格みたいなものを操る場面もあるね。

コンサートはグールドの場合やれば必ずドカンと儲かっていた。1コンサートでかなりの
額が手に入る計算だったし、実際活動中は年ごとに金額が跳ね上がっていた。
トップクラスの料金で毎回満席にできる人が何故止めるのだ?と訊かれていた
インタビューがあったような。そこで(集団としての)オーディエンスが嫌いだからといっていたと記憶してるが・・。

>>506
クラシック界では超人級だよ。

508 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 00:20:38 ID:099CBb4K
>>507
超人なのは分かるけど、もっと聴いてもらいたいよ。
グールドのオーディエンス嫌いには同感。俺も俺以外の観客が大嫌いだからライブには行かなくなった。

509 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 01:18:44 ID:tRlz1MjP
>>508
久々に爆笑させて貰ったw
ありがとう

510 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 01:47:58 ID:ntwofkMp
古いCDをいろいろ集めて今のマスタリングと比較してるが
一番音が違うと感じたのはブラームスの4つのバラード(op.10)、2つのラプソディ(op79)だった
前々からこのCDはグールドの録音にしちゃなんか音が最初からこもってるなと思っていたが
元の38DC51と今のDSDマスタリング(SRCR2624、SICC566)を比較すると
ジーとかサーっていう残留ノイズを少なくする代わりにどうも音がボケたっぽい
あと元のはダイナミックレンジ越えて音が一部クリップしてる
今出てるヤツは全体的にリミッターかけてるけど、そこは当然直ってる
あとDSDマスタリングでは2つのラプソディ 第一曲ロ短調の出だしで
低音を左側に、高音を右側にしているために変に音が左右に触れて気持ち悪い
元のを聞くと硬いカッチリしたグールドらしいピアノの音が聞けて、正直曲の印象が変わった
20bitリマスタリング、SBMを元にして作ったつー80CDもDSDマスタリングとマスタリングの感じは同じだったので
GGエディションのSBMもDSDマスタリングのと多分かわらんはず

511 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 19:54:29 ID:SN8dFw2H
>>509
どういたしましてw
ホントにそう思ってるんだけどな。

512 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 20:49:17 ID:436cjHsL
最近は余裕がなくてコンサートに行ってないけど
曲間になると必死に咳払いをするやつらとか(のど飴でもなめとけよ)
曲が終わる前から拍手だのブラボーをするやつとか
たしかにうざい

それとクラシックの観衆にはリズムに合わせてつい体がゆれることすら
嫌うヤツがいるらしいね
全員が終始じっと固まって聴いてるほうが不気味なんだけどな

513 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 22:17:54 ID:qeL0FBvr
>>512
そう、それ。
音楽が完全に終わってないのに拍手する馬鹿。
一瞬で音楽が崩れる。

514 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 22:21:31 ID:mZxed8Ln
>>512,513
演奏会のマナーについて論じるスレ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1210252017/

515 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 00:20:03 ID:/xrA6zWb
同時代でグールドに匹敵する天才ピアニストっていたの?
リヒテルくらい?

516 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 01:06:28 ID:CMB1WShJ
>>515
君がグールドを「リヒテルくらいしか匹敵する者のいない天才」と
判断した根拠は何ですか?
グールドの他にどういうピアニストを聴いたことがありますか?

517 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 06:03:24 ID:i+rBIyGg
そういう問題ではない

518 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 09:37:01 ID:r0diNTqz
>>517
ああ、問題は>>515が釣りか否かということだと、そういうことですね。
…そうだよな。いくら隔離スレだとはいえ、
マジでこんな厨臭い質問する奴が存在するはずないし。

519 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 09:51:15 ID:0Lp3IKkM
いまだに隔離スレだなんて言ってるヤツがいるんだ、笑える。
書き込みしたくなったら何処でもするさ。

520 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 12:55:04 ID:QAkQWyUh
>>516
いいから答えろよヘボ

521 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 14:53:59 ID:6Lby11/K
グールド最高

522 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 18:08:05 ID:9HIKtEoj
>>507
なるほど。サンクス。グールドって現代のニートにちょっと似てるよね。
ヒッキーで株が上手でピアノも上手で動物好きで・・・。

523 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 18:24:48 ID:0jwTjE6R
というかどう見ても元祖ヒッキーです

524 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:58:34 ID:h7NVTUZS
元祖ヒッキーはお前だろw↑

525 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 12:12:26 ID:bWcYCi3K
ということは>>523はグールドよりも昔の人ということだね。

526 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 16:06:10 ID:M6tTLx1p
グールドこそ至高のピアニスト

527 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 17:49:54 ID:a8Zk4v1H
ニートだのヒッキーだの、どこがそう思うのか聞いてみたけど
やめとこ

528 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 18:11:54 ID:1XkT9dbv
グールドはまずニートではないわな。
ヒッキーでもない。

529 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:48:48 ID:j9aodAJX
グールドは、サムライさ、

530 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:52:20 ID:uKh4OOHP
ちょん髷付けてはしゃいでいるグールドを想像してしまった

531 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:56:29 ID:oN3783s7
やべ、簡単に想像できる上に、めちゃくちゃ似合ってそうなのが嫌過ぎるw

532 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 00:33:22 ID:nVAsu1Wo
ベーリング海の蟹漁を邪魔するグールド

533 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 00:59:47 ID:GJUVVEME
チュチュを着てピルエットを練習するグールド


534 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 07:11:28 ID:V1XzG/Q6
>>530
偏屈&奇矯な言動故、藩主に疎まれ浪人となった侍。
でも本人まったく意に介さず。

...ホントだ、簡単に想像できすぎw


535 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 10:20:30 ID:Ck2jlU06
>>534
意外と大村益次郎w

>>533
・・・勃った


536 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 10:45:27 ID:3q3W6aho
>>532
「ただちに漁をやめろ!」とモーターボートでベーリング海を荒らしまくるグールドか・・w

537 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 11:05:58 ID:V1XzG/Q6
>>535
村田蔵六ですか。
でも彼は芸術面には疎そうな気がするw


538 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 11:07:45 ID:H6zO41QF
チンパンざむらい

539 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 21:28:53 ID:I8sf8yMy
シルバー・ジュビリー・アルバムでやって欲しかった

540 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 23:29:20 ID:8BBBgBCU
↓ただちにオナニーをやめろ!!

541 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 08:25:47 ID:8R4IbLTn
あ、なんでもないよママ。

542 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 20:58:05 ID:+jkiBRy0
グールドのモッツァルトピアノソナタ最高だな

543 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 21:11:53 ID:OLKZVYl6
オラは、GGエディションのモツソナの写真が好きだ。


544 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 21:14:28 ID:+jkiBRy0
そういえば壁紙に使えるようなグールドの画像ないかな?
検索したけど、使えそうなのがなかったよ。

545 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 22:26:24 ID:OLKZVYl6
グールドオタってどんなオーディオ装置使っての?
ちなみにオイラ
SP  ディナsp25
アンプ モグラ
CDプレイヤー 中古のフィリップス

546 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 06:48:13 ID:0dl5r8qv
PC

547 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 08:19:39 ID:f2wfHOP/
7000円ぐらいのポータブルにHD-600つないで聴いてるお

548 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 10:42:59 ID:2uZbINCA
8cmフルレンジスピーカーのCDラジカセ

549 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 20:38:46 ID:pmqbsImM
軽自動車の純正カーオーディオ

550 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 01:03:28 ID:hJEg1E6D
ipod

551 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 03:08:52 ID:ssnP4ay1
ヌーヴォmp3プレーヤー

552 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 10:15:33 ID:OX6E9m+O
>>545
グールドはラジカセでもハイエンドでもたのしいね。
ディナ使っているのだったら、
小さい高能率のフルレンジも試してみるといいよ。
モツが破壊的にカラコロハジケて面白い。


553 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 10:34:23 ID:iZoHfDFs
グールドの録音はそもそも優秀でもなんでもないからなあ

554 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 10:38:35 ID:RIyl24VZ
結局、録音より音楽が大事だと気づかされるね。

555 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 10:44:00 ID:CcNIvejP
2回目にゴルドベルクとハイドンあたりは、弾力性のある
グールド特有の音色がかなり生々しく聴こえる感じですが。
GGエディションの音質は、全体にまずまずではなかろうか。
ゴルドディスクはどうなんでしょうかねぇ 3000円のやつですが。

556 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 10:48:42 ID:iZoHfDFs
>>554
いや、録音がいいにこしたことはない
それに、グールドのような奏法だと限界があるし、
カラヤンといっしょで本人がいろいろ口出ししていたのもネック

557 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 10:55:36 ID:RIyl24VZ
もちろん録音が良いに越したことは無いんだが、、、、


録音やミキシングに口出ししない演奏家は殆ど居ないぞ。
自分の望んだ形がリスナーに伝わるかどうかを問題にするからな。

558 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 11:09:38 ID:iZoHfDFs
>>557
>録音やミキシングに口出ししない演奏家は殆ど居ないぞ。
程度問題だよ

559 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 11:26:30 ID:RIyl24VZ
>程度問題だよ
グールドは演奏の記録としての録音を求めず、
新しい演奏方法として録音を捉えていたんだから、
完璧を目指すのは当然だろ。
他の演奏家のライブパフォーマンスそのものなんだからな。

口出ししない演奏家は殆ど居ないと書いたのは俺だが、
録音・編集してプレスするまでが演奏であるグールドに
通常の概念を持ち出しているのがそもそもおかしいのかもしれない。

560 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 11:30:00 ID:iZoHfDFs
>>559
「グールドは完璧を目指していない」とは一言も言ってないが
なんでいきなりそんなことが出て来るw

561 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 11:34:17 ID:RIyl24VZ
>>560
559は「録音・編集を終えた後での完璧」と書いたつもり。
そうは読めなかったな、失礼。

562 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 18:04:22 ID:TzKBBtd5
>>545
聞かれてもないのにその程度の機器を列記するお前、かわいいよ

563 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 20:02:22 ID:OX6E9m+O
俺はイギリス組曲が五月蝿くて、聴けないんだけど
皆さんどうですか?
編集のせいかなあ、なんだか呼吸のようなものを感じない

564 :名無しの笛の踊り:2008/08/18(月) 18:44:37 ID:qf3Adgr9
>>563
因みに誰のが好きなの?
自分はポゴレリッチのは暗すぎると思う。
暗いのが聴きたいときはポゴレリッチので聴いてるけど。
グールドにはそういうのがないから安心して聴ける。
イギリス組曲ってウザイっていうより鬱曲だな。

565 :名無しの笛の踊り:2008/08/18(月) 19:07:35 ID:FWTp6rsD
>>563
アルゲリッチタンはどうよ?

566 :名無しの笛の踊り:2008/08/18(月) 23:58:07 ID:6tNkm7mP
>>564,564
他にあんまり聴いたことが有るわけではないんですが
ANGELA HEWITTの演奏が気に入っています。
ポゴレリッチ聴いてみようかな。
ときどきグールドは解釈がユニーク過ぎて?のときがあります。
暗い曲やエロイ曲って何かの事情で渋々演奏したのかと思うくらい。


567 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 12:30:18 ID:66ALD/Hm
グールドってもしかしてノンセク?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E6%80%A7%E6%84%9B

568 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 16:43:32 ID:J7NaitzP
その話題は出尽くしてる。
グールドはノンセクでもゲイでもない。
それにどうでもいいじゃないか、そんなこと。

569 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 20:44:06 ID:66ALD/Hm
>グールドはノンセクでもゲイでもない
何、そのプライベートを覗き見してたかのような言い方。
もしかして守護霊?

570 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 20:56:34 ID:r5tmiY7K
はいはい、ノンセクって言葉覚えて使ってみたかったんでちゅね〜

571 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 21:13:00 ID:kbDGazDy
グールドはなるかまでーす

572 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 21:41:34 ID:y/oDJHtM
ノンセクションの30!

573 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 22:18:33 ID:Bg5rpn9f
>>563-566
宮澤が論文で書いていたように、時々グールドは嫌いな曲をわざと露悪的に弾くから困る

574 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 22:40:18 ID:K/GNPyoy
>>569
女性関係あったよ。結婚を強く望んでいたのもあるし。
あの生き方だったから噂が付きまとうのは仕方ないことなのかも知れない。

575 :名無しの笛の踊り:2008/08/19(火) 23:48:54 ID:Xj8B9mhe
グールド・・・あんた最高だよ

何故日本でグールドが人気なのか分かった気がする

576 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 09:52:55 ID:CCC5uHIn
>>575
グールド人気は別に日本だけではないよ。

577 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 17:54:45 ID:KpVeZlQ/
そんなことは分かってる。

578 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 20:39:58 ID:KfJLRfIb
グールドこそ真の天才

579 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 20:52:38 ID:ulwAIKqq
ビゼーでマターリ

580 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 23:29:14 ID:u2MfSBDm
>>572
文学歴史の40!

581 :名無しの笛の踊り:2008/08/20(水) 23:54:54 ID:B9G7snXw
クイズグランプリごっこはその辺で止めとけおっさん

582 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 05:40:21 ID:R9m5nLje
ベトの三大ソナタ、月光の第二楽章を聞いていたら違和感が
あれ???
と思ってよく見ると演奏時間が長く(1分56秒)、繰り返しを省いていない
1989年に出た「グレングールドの世界」シリーズの一枚ね(28DC 5260)
ところが94年以降に出たSBM盤では繰り返しが省かれ短くなっている(1分40秒)
(手持ちのはSBM洋盤SMK87858、あと80CDBOXで確認)
もちろん録音自体はどちらも同じ日のスタジオ録音で演奏は一緒(1967/5/15)
グールドの死後、94年以降になってマスタリングエンジニア(カズディンか?)が意図的に短くした??
つーかなんで死後になってそんなことするかな
まさかグールドが遺言で月光の繰り返し省いておいてくれなんて書くわけ無いと思うし

583 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 05:58:50 ID:pE29V9V7
>>574
だからAセクじゃなくノンセクなのかなぁ、と思って。
女が夫のところに戻ったのもセックスレスが原因なのかなぁって。

584 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 06:06:24 ID:8NbY+Om7
違いますよ。かいつまんで言うと
元々の原因はグールドの精神状態が不安定過ぎたからですよ。

585 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 06:58:37 ID:L7Rv1uBB
>>582
カズディンは屈折してるからね。
やりかねないね

586 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 08:06:16 ID:8NbY+Om7
あれだけ長く共に仕事してきたというのに、最後は蔑ろにされたみたいですからね。

587 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 11:05:01 ID:DGLAMup5
さすがグールドだ。一筋縄ではいかん。

588 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 19:36:02 ID:Xf2QXWsi
グールドが一番愛していた曲はやはり未完成の最終フーガ?

589 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 22:06:10 ID:pP23jfKk
時期によって違ったりするんだよね。
晩年はギボンズが精神的支えだなどと宣り給うていたのでは?

590 :名無しの笛の踊り:2008/08/21(木) 23:59:05 ID:YJghFH8D
バッハ、ギボンズ、シェーンベルク

誰が一体・・・

591 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 03:51:12 ID:jd7q2IMc
>>588
曲というなら、ギボンズの"Thus Angels Sung" (賛美歌)じゃね?
自らピアノで何度となく弾き、デラー・コンソートによる演奏で何百回、
何千回と聴いたそうだから。

一応ソース。
ttp://shop.thewelcomestranger.org/new-naxos-recording-and-
virtual-strangers-reunion-49-p.asp

一応、というのは、最近までここに記されてる発言のソースと思われる、
モンサンジョンとの対話もネット上で読めたからね。でも、そっちは
今調べたら無くなってた。悪しからず。著作集か、あるいは、映像に
残ってるのかもしれないけど、俺は全部持ってるわけじゃないから
知らない。詳しい人いたら、フォロー頼みます。


592 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 12:06:21 ID:/kSA59GG
>>591
CD化されてないよね?

593 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 23:31:14 ID:9VSe6ZHK
今朝起きてテレビをつけたら、ペトゥラ・クラークの「恋のダウンタウン」が流れてきた。
グールドのお気に入りだったなぁと、寝惚けながらも聴き入ってしまった。
ファルセットがどうのこうのと言っていたと記憶していたが、実声と裏声の区別がつかない澄んだ奇麗な声だった。

594 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 15:12:16 ID:a6+G2omn
グールドの1955年の方の「ゴルトベルク」の録音風景、演奏風景を撮った動画ってないよね・・・?
あったらぜひ見てみたい! て思うよ。

彼がまだバリバリ若くて、ビジュアル的にも超イケてる時で、さぞカッコイイ絵になってんだろうな。て思う。
特に、あの速い第2変奏とか、第5変奏を、どんなアクロバットで弾いてるのか、確かめてみたい。

595 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 15:16:57 ID:a6+G2omn
あと、全然関係ないけど、卓球の「福原愛」ちゃんの試合の様子をラジオで聞いてて、
なんとなくグールドを思い出してしまった・・。
興にのってくると、もうしょっちゅう「サー!」、「サー!」とか声を出して、館内に響きまくってる。
愛ちゃんは、「卓球会のグレングールド」だなぁ・・・て思ったのは俺だけ?

596 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 16:27:17 ID:0dA913hO
>>594
あれだけ売れると知っていたらカメラ入れてたかもね

597 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 16:28:28 ID:JX6qpKeC
>>594
無いと思う。
居合わせた人の証言はあるみたいだけど、あれを出してスターになったみたいだから。
爆速は第一だね。第五はそうだよね。

598 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 16:50:31 ID:a6+G2omn
>>596
>>597
やっぱ、無いですか・・・。
>>597、失礼しました。第1変奏の誤りでした(汗

確かに、グールドのデビュー盤なわけだから、こうなるのを見越して録画することもなかったのかと。

よくグールド本で出ている55年の「ゴルトベルク録音風景」てやつで、金髪をなびかせ、鍵盤に覆いかぶさるように
颯爽と弾いてる有名なモノクロ写真があるよね。 ちょうど、あの画像が動いているサマを思い浮かべればイイのかな。


599 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 17:05:11 ID:0dA913hO
グールドは若い時も晩年も黒に近い栗色の髪だと思うが

600 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 18:50:56 ID:O6WFqoSe
晩年は無い。

601 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 20:28:33 ID:QqUPT4iU
クイズ:
「もしも無人島に一曲だけ音楽を持って行くのを許されるとしたら、何を選びますか?」

グールドは何と答えたでしょうか?

602 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 20:54:52 ID:hPszop23
カラヤンのシベ5が大のお気に入りだったらしいね

603 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 21:17:27 ID:QqUPT4iU
しかし答えはシベ5ではないのです。
おっしゃる通り、大のお気に入りだったらしいですが。

604 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 21:54:35 ID:p/Q7iCMn
>>601
気になって寝れません

605 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 22:13:34 ID:0dA913hO
発言集でシュトラウスのカプリッチョと答えているが、カラヤンシベ5と言ったこともあるらしいが
ttp://berlinhbf.exblog.jp/8399731/

606 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 22:24:31 ID:QqUPT4iU
>>605
そうでしたか。シベ5も答えの1つだったのですね。失礼いたしました。

私の意図していた答えはR.シュトラウスのカプリッチョです。
グールドは年代ごとに言うことが変わっていたりするからややこしいですね。
作曲についても、1ページ目を書いて投げ出してしまうと言ったり、
最後の1ページが書けないのだと言ったり。

とはいえカプリッチョはいかにもグールドの好みそうな、耽美的で美しい歌劇ですよね。

607 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 22:33:53 ID:hPszop23
ああ、カプリッチョか
そう言えばグールドってシュワルツコップの大ファンだったね
共演して録音まで残してるし、あのオフィーリアの3つの歌は名演
お蔵入りと伝えられてる他の録音が日の目を見ることはないのかな


608 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 23:50:38 ID:jGyFmpjT
グールドは耽美は好まないと思うなぁ。ショパンだって好きでなさげだし
結局淡々と弾いてる。

148 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)