5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ひの饅】痛いレビューを晒すスレ5!玉座【自演】

1 :奈菜氏の笛の踊り:2008/08/10(日) 17:40:16 ID:0vJRLsoo
HMV Japan     http://www.hmv.co.jp/index.asp?category=1&genre=700&style=0
レギュラー執筆陣多数 風雷暴、ひのき饅頭軍団(pianomania、ラジオデイズ、ポランスキーのP、ゴロンロネ…)などが定期的に寄稿
@TOWER.JP http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfLayoutA.jsp?DISP_NO=002102000000
HMVよりはレビュー数が少ない
Amazon.co.jp   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/701040/
素人や一見さんが多いが、様々なレビューがある

どんどん痛々しいレビューを晒して下さい。


前スレ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1193046760/l50

2 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 20:57:27 ID:57QLZExq
立てるの早いだろ

3 :名無しの笛の踊り:2008/08/10(日) 22:42:05 ID:y7wNxsDL
3はオモロー!!

4 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 21:02:10 ID:UutZaXVg
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A3MW6A70JAB5E4

さっそく孤高ネタいってみよう

5 :名無しの笛の踊り:2008/08/11(月) 21:12:50 ID:UutZaXVg
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A1DXU2O8YO2A82/ref=cm_cr_dp_auth_rev?ie=UTF8&sort%5Fby=MostRecentReview

孤高(姑息)がゴロンロネに粘着模様

6 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:03:58 ID:ub0IcHOS
            _/      ∠≠ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
       _ -‐ ´/  ,   -‐´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
         ̄ フ´,  /             丶\::V| |      Vl
           //./                   `Vヽl |      ヽ ' .
        / ,イ/                    Y/,       ヽ.\
        |/ /       |               ∨ヘ.      ト、 \_
           /     /  /  l:     /  l           ∨i    、   |  ̄
        l│  /  イ  ,イ.    l  ト、ヽ     / | :l :|   |  l
        | |   l_メ、」_,;./l     L  l V   ∧ /  :|/   ハ.  ト、
        | ト.  |.____ ヽ    l´ヽ{ _⊥イ イ /   /    / l/⌒ヽ
        | | ヽ | 、i┘::::i  \  | r┬┬‐┬ァ V  ,∧.   ,'  ´
        レ   ヽ!  ゝ- '   \l  i,.┘:::::iノ / ,/〉│ :| {
           7/l/l/   、     `'ー‐ ' ∠≠r'ノ:jノ :| |
          .λ    `i`ァー-- 、  /l/l/l ∧‐'.:|:::|  ハ ',
            `、     レ'    ',     ,/| ::| :|:::| ./ ヽ_>
    __    __` = 、 '、    ノ  ,.イ∧'|:l.:/l:::|´
    | l |:    l   `「 ̄│,∠K´ /ハノ┴k、
  ___」 i |:    |i〃: | i〃K ,仆、`Y」´ : :、: : : :\
  ヽ ‐┴ー┴─‐┴─┴ ‐┴'川 トイ」 : : : : : : : : : :\
    ̄`ヽニ ̄⌒`ヽ. ̄ ̄ ̄{'l0| l:八: : :_: ‐-\: : : : :> 、
       ` ー -、  \,、 //-| 「  V´: :/: :トハY´:: : : ::〉
           \ / `7」{ |│   \: : : :,ハjソ:: : : : :/
               /ノ   /了| V      \: : 入┐ : :/
              \_∠_ソ: :l           ∨ ヾーvム
              └'ヘ、:: :}     、 、人    ̄/
                 ̄ヽ      ヽ/   >┬'^

7 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:11:33 ID:ub0IcHOS
                  ____
               ,   ´      ` 、
               /                 \
            /                   ヽ
              /                      ',
          / / /__j|   i  .l          |
           |  |//lハ.   |--、l  |   l     l
          l_|_イヘ  ト、__|__l .l\j  /   ,'
           ハ!l::::j     '7¨ヽ、/  /   /
           /' l`" ,     | :::::j} ,/   /
             /   ヽ、 、__  ー‐'/ノl   /!
         / l |ヽ \   __,..イ ,ハ   |
         | | | |\\. `丁___l  | ! !.  \
        イ|/|/|ヽ \,/`ヽ: : |  |ー| |    \
       lV /V:::::lイ  //   ヽ|  |: :| !     \
      _ゝ__:::::::::l/: : |     j.l  |: :| |  |   lヽ \
      //_ リ:::::/: :. : :j    / | .j: :.l |  |   | ハ |
      / {_ノ 〉 リ:{: :. : :/   /.. j/: :./ l/ ./ l  !/ | j
      L) ⊂⊃ヘ::ゝ::::/    /::::...: : : / / / /l /  ,j/
     _)厂ヽ ー'::::/:_/    /:::: : : : :/ / / // /
   /  || ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   /::::. : : : / / / // /
   }  jj__        /::::. : : : / / /l ./〈 (
    \/ }   ̄/ ―‐--'::::: : : : :. | // ||/  ヽ>
     / リリリjイ: : : : : : : : : : : : : : Y    |j
     |   //: : : : : : : : : : : : : : :/|   |
     jイ_//: : : : : : : : : : : : : : :/ .l   |

8 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:30:14 ID:ub0IcHOS
        ,,.‐ ''"´ ̄ ̄ `"''|´\  _/|
    ,.'^ァ'´           ',   `ア⌒ヽ!
    :/ /    ,         ヽ、_ i   ',>
    |.,' ,  / / / , ヽ.ヽ.  i ∠| i  | .
   .|i ./  i /_,.ィ' ハ 、!,,_|__ハ  ',!.|  ',:
   :||. i   |/レ'__|/u  V _レ' |  .ト、',  ヽ.
    ノ.| | / |≠=ミ    ≠=ミ| , | iヽ.  ',.
  :!ヘ!.|ハ, |。////゚//,//////゚| ハノ .| ',  |:
ト、   :,'  i.ヽ!   ,-ー-、 u ,.レ' |  i ', /./ /|
| ヽ, / i | .|>.、, ゝ  ノ,.イ |  ! ハ ヽ! / |.
| 、ノ\ヘ ,ハ| /_,.!ヘ`二ニ´,ヘ.|_| / / |ノ'´ヽ、_)|:
',    `,ア''´ ̄7:::| \/  |::::Y  ̄`ヽi    /
. ヽ、'⌒/     i:::::|/}><{\|::::::i       Y⌒/.
  ,.ゝ〈   、  |:::::::ヽ、ムゝ'":::::::| _,    〉く、:
∠_____,.ゝ,r'"`ヽ!:::::::::::::Yo::::::::::::!ァ'" `ヽィ'_____,,ゝ
      :',   ';:::::::::::}:::::::::::::::/   /´
      :',   ',:::::::::i:o:::::::::/   / :

9 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:39:17 ID:ub0IcHOS
  |.::.::!.::.|.::.::,'.::.::.::/:´/.::.::./.:/.::.::.:: /.::.:}.::.::.:|.: !.:iハ      !!    \  \
  |.::.::!.::.|/{}.:.::.:,'::./::x=<//.::./:/.::.:/!.::.::.:j.::.!.:i|リ /    リ` 、     \   \
  |.::.::!:く  八.::.: :/ィう刃!ヾ ////!:::/`ト.::.::/.::.!.:i| {   {  ヽ、  \     ヽ.   ヽ
  |.::.::|.::.∨:)ヘ :イ|!{.ト::jrj  ´   ノ=k. !.::./.::./:://│      \  ヽ  \ \  '.
  |.::.::|.::./く:):ヽl:| 込zソ      f刃ハV:/::.:/j//' l |   ', ヽ´ ̄ヽ │    ヽ } │
  |! .::|: レ:((: ノl:l .:.::::::::      ,ヾ.ソ /-イ/ ´/┼トj ∧ ∨ {\ ∧ !    W !|
  \:.|〈: :ノ(::}l:|      -, :::.:,'.::.:イ  │∧从| \ ∨ 价f心Y    l|コ 八
   `7.〈.::.∨ ::|           イ.:: {. | l │ly价、ヽ  ヾ {ト::::r'ハ}|      |   ヽ
    _入:_}_ .::.::.:|、\    _, <!::|.::. ヽ! ',  Yハ:::r}     込少' !  ∧/l    ヽ \
   〃   ̄ `\|:::`く ̄`丶i:、::. !::| ::.::. |\{\ トゝj少,     :.::::::.: / / ノ !  \   ヽ
  /        \/     \:! j ::.::.::|  \ ヾj.::::.:  r ,     // T゙{   ',    ヽ
. /    ∠ 三二ニ\       ヾ!、.::/     ゝ _        /  _,|八  ヽ
/   / /     `ヽ、      /,ニ二\    /个ト   .__, イ 二ニ--┘\  \
    / /           \   (7'´/⌒‐ヘ    ヽ( \   </ ̄ ̄ ̄`丶/\  ト、
  / //           }    / (/⌒\ ',    \( >'´        \. ヽ } \
. / //      \    j}   l    く⌒ー' }       /            ヽ ∨

10 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:46:13 ID:ub0IcHOS
   r─-- 、..,,___      ____     _,,... -‐‐┐
   /::::::::::::::::::::::::::> --‐'´─‐`--<:::::::::::::::::::::|  
   |::::::::::::::::::ゝ'"            ``''ー-‐ァ::|  
   |::::::::ヽ/                  く::::7
   !::::::::/    / /  /  ,  / ,   i   ! ヽ!.
   `ヽ7    ,'  /   /‐‐/-./ /:|  |‐- /   i
    ,!   i  ,'  /i __」__ | /:::| /」_ /|    ', 
    ノ:|   ノ i  ,ア´ ,.-、`レ':::::::レ´,.-、`i::|  i  ,ゝ
   く__,| ∠___,! /::!  ! l |      |.l | !:| ,ハ i 
   く__!    |/i:::::: ヽ-'    ::.  `'´ ::|//レ'
     ,!    | ⊂⊃      _____   ⊂⊃:!
    イ  i  |  |.     /´ ̄`i    ,ハ`ヽ
    /  | ハ  ト      !.,____ン   ,.イ:::::i::::::〉
  |\〈  ,.へ,,!ヘハ  |ヽ. `''=ー-r‐ァ<´レi:::/、( 
  |ヽ )ヽ/     ヽノ、 ``'''ー-r' |::::::/  レ'::::::ヽ, 
  \ ヽ,i        ';::\/i`ヽ!:::::i     :::::i.
  __\ ノ    ,   ノ::(_ンハ、_)::::ノ       ::|
  \二,ゝ、r、,.-'^ーr':::::::::::/::::!::::::::ゝ、r、/   ,ン
    ∠____,.ヘ.   |:::::::::::::::::::i::::::::`/  `ヽァ'"
       ,.::'" ̄`ヽ、____;;::-─-、/.,______/
      /:::::::::::::::::::i::::::ヽ、:::::::::;:イ´:::::::::::`ヽ.
    /ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::`:::::/::::::::::::::::::::::::::::':, 
  rン´   ヽ/\;:ヘ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::∧/ヽ.

11 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 20:51:12 ID:ub0IcHOS
   ぃょぉぉぅ!ぃょょぉぉぉぅ!ぃょぉぉぉ!
    ゃめてぃょぉぉぉぅ!ぃょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぅ!
      ∧ ∧ ∧ ∧   ∧ ∧  ∧ ∧__     ∧_∧
    /(,,=iωi) (,,=゚ω゚) (,,=゚ω゚) (,,=iωi)/\   (・∀・ )
  /| ̄ U U ̄ U U ̄ U U ̄ U U ̄|\/*─⊂     )
    |_ちびぃょぅ!貰って(以下略) .._|/  ジュッ │ │ │
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    (_(__)


    パチパチパチ
 ( ヽ    ⌒)⌒ )           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (  )  丿 )⌒丿⌒)         | 全く、保健所は何をやってんだか・・・・
   (  ノ ノノ ノ )          \___  ____
 (( 人从从人(((( 人从从人((          ∨
  ))人人从人)))人人从人))          ∧_∧
 (:::从;;ハ;;;ハ人(( (:::从;;ハ;;;ハ人((       (::: ・∀・)
 (::人(=iωi)从(=iω)从ω。)iω(::人(      (:::    )
  )::::从,,.;;;:,.;;(:::(;;;从)::::从,,.;;;:,.;;(:::(      人::  Y
 (:: ::人:::人从::::( (:: ::人:::人从::::(       .し(__)
   ゴォォォーー

12 :simonetta_jp = kanabun150709:2008/08/12(火) 20:57:31 ID:ub0IcHOS
     ,ハ,,,ハ
    (,,・ω・)  キーコキコ
 〜  。(_ ゚T゚
.     ゚ ゚̄

13 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 21:06:35 ID:AcZR66mh
>>6-12
何がしたいんだ?

14 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 21:09:06 ID:fZaOSrqR
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /                    ヽ
     l    \                  l
    .|    ●          /     |
     l  , , ,           ●     l    にゃんだばかやろぉ〜
    ` 、      (_人__丿    、、、   /
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´
        ./        ___ l __
         l   ./    /  |/ |
         `ー-<    /  ./  ./
           `ー‐--{___/ゝ、,ノ

15 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 23:10:56 ID:jLWXamm8
いや、クソスレをね、せめて和ませようと

16 :名無しの笛の踊り:2008/08/12(火) 23:34:36 ID:5YhHYfKF
すばらしい

"AAは嫌いだが、14の猫には和んだ。
頭の大きさ、丸っこさが非常に可愛ら
しいといえよう。この「すばらしい」は
猫だけに対するもので、ほかは「だめ
!」。"

超れびゅあー 日本のどこか
2008年8月12日

17 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 06:46:15 ID:ghRFE6cC
     |┃三        / ̄\
     |┃         | M |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   
     |┃     |    (__人__)     |  
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

18 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 06:52:07 ID:ghRFE6cC
     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃         |     |
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   
     |┃     |    (__人__)     |  
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

19 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 06:56:57 ID:ghRFE6cC
       /      _,. --──l___
      く   __,. - ' ´_,. -一 ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄〉
      _ ヽ /_,. - '´,. -‐ァ' 7TT ー 、     / 
    ヽ  ̄ >'´ , ィ´ !   l /∨|   lヽ_/               ..-. ._
     〈 /  / l   l\l l  | l  l j i}ヽ           .-.、  /..//ノ
     /   ハ ヽミゝ ィテミヽ. _/,.L.// jノ }           ヽ..ヽ/../. ../_ 
    /     j| Y⌒  {ヒソ   ィテ,//ノ  ノ           _ヽ,. -r'_.ノ.~)..)
    `ーァ─/ 八__  ,,, ̄   {ソ/}|          _/ ̄ /'T   、/_..ノ
     {i<ヽ/ r‐ヘハ    r--ァ ''''/<}、_/ヽ _,... -ァZ二// |   L.. _  _ ノ
   .   `メ7⌒__ ミーへ、  ̄__,. <ニ'-‐ '7/_//  ̄//,>、_/  ̄
   ヽー'’ }  {  `>ー 、了__,イ ̄i}`//_// ̄//-‐'  ̄
    ` ー‐〈-1j __{ i 米i }-- }  》// -‐ 'T  ̄ 
  ィニ、 _/| { {__,. 弋__ン、ヽ j {Z´ ハ一'′
 |' / /i〉  ̄| /l_/! ̄  |__>‐く,.ィヽ ̄ヽ\
 ヽ.  マヽlへl   l      /  ̄ `   ``
   \__/ /\ヘ  !  __, | 
   |_,./\/    └─_' |
     7_/    / ̄ ̄_,.| 
    /          ̄ ̄  |

20 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 07:01:03 ID:ghRFE6cC
               /    //  /‐───- 、  \
              /x-─‐ァヘf/    /-────-、 \\ヽ
               /∧-―ン´7    /  / /      ヽ、厶. ヽヘ
.              /  \/_,〃   〃 ,{ l  | 、     ヘ ヘ Vハ
            /  _//〉‐/.   `八、/ | l  ! 丶    |  l ト、 ',
           ,'  f⌒∨ /    /ハ {\!. |l {   \   |  | トく l
            / ハ.  V   ,ィfテ女 ヽ八 ヽ   ヽ_ !  l |/ |
             l l 〈_∧   {   lハ{_f::j:リヾ ` ヽ{`> 爪 l  ! |_  |
             | l   _ム _ゝへ | V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|
             | l  > '´    ヽ            ィ=气 ル /  l\/!
             | l  { ー- ―― ヘ   , 、   ヽ   〃/i  ∧. |
          j八 1 、    __}  {  ¨ア    ,ムイ /  ,イ_」 |
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー   ,. イ   lV  / | l リ
        /  /  ハ   _... --‐〈. >‐r<  /  | j/,/' / j!〃
          // /   | ハ     , イl    f  ヽ   ∧/〃 / /'
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>‐メイ、 /
      〈  /     ∨ 弋ヽ   ハ、  -―‐-丶 //丁fヽ
      ∧/      ∨  `-〜 '彡' \′  __ ∨´  |│ l
      l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
      l |          `ー‐ ´ |    \.    |   |│ ヽ

21 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 07:13:32 ID:ghRFE6cC
       j//      /\ヽ∨//∠ヽ.    \\. \
      _/      ∠≠ニ二ニ≧=<´  ヘ.     ', ヘ\ヽ.
 _ -‐ ´/  ,   -‐´、_, '⌒`^  、 \::\ } l     ヽヘ ヽ}
   ̄ フ´,  /             丶\::V| |      Vl 
.  //./                   `Vヽl |      ヽ ' . 
  / ,イ/                    Y/,       ヽ.\
  |/ /       |               ∨ヘ.      ト、 \_
.  /     /  /  l:     /  l           ∨i    、   |  ̄
  l│  /  イ  ,イ.    l  ト、ヽ     / | :l :|   |  l 
  | |   l_メ、」_,;./l     L  l V   ∧ /  :|/   ハ.  ト、
  | ト.  |.____ ヽ    l´ヽ{ _⊥イ イ /   /    / l/⌒ヽ
  | | ヽ | 、i┘::::i  \  | r┬┬‐┬ァ V  ,∧.   ,'  ´
  レ   ヽ!  ゝ- '   \l  i,.┘:::::iノ / ,/〉│ :| { 
.      7/l/l/   、     `'ー‐ ' ∠≠r'ノ:jノ :| | 
     λ    `i`ァー-- 、  /l/l/l ∧‐'.:|:::|  ハ ', 
      `、     レ'    ',     ,/| ::| :|:::| ./ ヽ_> 
        ` = 、 '、    ノ  ,.イ∧'|:l.:/l:::|´
              `>-r  =ニi´、.,_`::: |:| { |:::l
          _,.イ´ヽ.7   /  /:\;八:V:ノ
       /7:::::!  ○O'´  /::::::::/ヽ.   

22 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 07:26:48 ID:pf7WwXRQ
              /     l                      \
             /     l l  l   l                  ヽ
             l   l  l l   l    l        、           l
             |  l l  l l   l   i  l l  ヽ   ヽ          l
               !  l l 1TL ll l  | l l  ヽ   ヽ   i      l
              l  ll l llj__l゛l l l  li l、l 、 ヽ 、 l   l i    ヽ、l
             /l l|l ll 彳代 ll l  lll l宀,l-、_j_ ヽ  l  l 丶    ヽ、
             / l l l ll lヘT’ l ヽ l lヽォヲ=ゝヽヽi  l  l ヽ    \ヽ、
             // / lヽll ェ_j   ヽl " トイ::ヽh il 、l l  ヽ   _  ヽ、ー
           // / /   | , ,        j、じソlヾll ll、l l\  \  ゛-、__ヽ__、
         // / /   l          ヽ-'''  / ll /  >ミ- __\  ヽ、ヽ 
         ' / _ ,l /  / ヽ、 丶     , , ,   / //ゾ ′  i ̄ヽ,\ヽヽヽ
      _  ー- ' l il  /l l  ヽ、 ァー,       / //' ゞ、l   l   iヽヽ i ヽl
     /7l       l !  l l l   ,l ヽ、゛´      /_ //--/1 l、 ll  l l ヽl
   イ  /   _    ヽ l  l !  / l lヽ、_,,,,, ---<∠ ー'  l} /ヽ ll /
 / l  l   /∩   ヽl  lヽ l ヽl _,_∠--- 、ヽ 、ヽ\   // l / ' ヽ、
∧  くl  l    ! ヽ       ヽl  , -'        ヽ、ヽ ヽ\ " /    \
ヽ l  l  ヽ、 ヽ ヽ       /           \ \ヽ\        \
/ヽ!      ヽ'  ヽ      /             ヽ ヽヽ ヽ        \
\           /      l               ヽ ヽ ヽヽ        ヽ

23 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 07:33:58 ID:pf7WwXRQ
     |       .  -──‐-  .._
     |.   /: : :   -──- ヽ: :`: : 、
     | /: :/   -─ァ冖ー‐--ヘ、: :\
     |/: :/ / : :/ : : : : : : : : :  ヽ-┐ヽ
     | : :j/: : : :〃: : : : : : : : : : : : :  :、「ヽ.}
     |/ /: : : :/: : : : :/: : / : : : : : : : : }: : ト、
     | イ: :/: :/; / : /: : /: /: : : ′: : : : : : :j ',
     | ,′ : : {:{ {: イ : : ハ: { : : : i: } : : : : : : : : ',
     |{{: : {: : 从 厂[__"フ7: ト : : i ハ: :}: : | : : : : '.
     |八 '. jノrf爪匚ヾ! 从: : jノノメ、丿: : : : :
     |{ l\ !{!仏ィ:::リ   ノイノィう刈レ': : : }: : : }
   r 、 ト、 | : :\. 弋ツノ     ん:::ハ}}ノ: : : リ ノ : }
.   \\ } | : : | `         〈シノ ィ : :j/ イ: :jノ
  (二二 ヽ| : : ト、       '   /厶イ// ノ/
  (二二 ヽ} : ',:| \    `’  _. イ丿|: レ'
     | ` ): :ハ\___`__ -‐ 7フ j/ : : | 八
     |. /: : ' }::.::. 0/::.::/_,厶=彡 : : 人 : :\
     |/: : : :リーァ'´ ̄ .  -─…r─ァ 、ヽ : :ヽ
     |入: : j// : : /       / ,ハ '. } : : ',
     |  |ノl/ : : /丶       / /.::.::} |ノ: : : : '
     |  | 儿ノ/.:.\ \   / /.::.::.::{ |: : } : : }
     |  |::.::.::.厂:::.::..\ \/ /.::.::.::.: }.│ノ: : : }
     | 人::. { ::.::.::.::.:.:..\ /..::.::.::.::丿 | : : : :丿

24 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 14:48:07 ID:IidLBZra
     |┃三   \_______ /
     |┃三   /    , ._. 、    \
     |┃.    |    ( ̄Y ̄)     |
´゙ 4 |┃     \  <●>::::::<●>  /
  ̄ ゙  .|┃三    \ :::/:::\:::: /
     |┃  ノ//   .\___ /
     |┃            |
     |┃          / ̄\
     |┃           |    |
     |┃三       \_/


25 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 14:55:04 ID:IidLBZra
       (゚д゚ )
wwwwwwノヽノ |
        < <

          (゚д゚ )
vvvvvvvvvvvvノヽノ |
           < <

               (゚д゚ )
〜〜〜〜〜〜〜〜〜ノヽノ |
                < <

                   ( ゚д゚ )
―――――――――――ノヽノ |
                    < <


26 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 15:01:43 ID:IidLBZra
           _,,.:ー--- --ー.,_
        ,x="          `ヽ、
       /          ,     \
      /     , ,   i   ∧      ヽ
     /     ,i ,i  /!  / `i  i      i
      !  i   L,i__∠!,_ /   i |!,  i   |
    |  |    | / / / ,/    | +L_| i  |
     |  |   | / //     | .! | ||ヽ|   |
    .|  |   |" _∠,;_      | / | i | |  │
    .| r-|  //::::oi`     _,,ニ,、/ | |  │____
    .| { i   i {:::::::::}      /::o!i i │ /⌒  ⌒\
     | ヾ|  |..:`ー-"      {:::::::::! i│ |/( ●)  ( ●)\
    |   :i  |:::::::      ,   `ー ' | i/::::::⌒(__人__)⌒::::: \ えへへ
      |  ::| :  i          :::::::/..|       |r┬-|      |
     .|  :::ii i  iヽ,,         /'ゝ.\      `ー'´     /
     .|  :::i:!:i: |::::::i`=:: `_',,.. -=r// /rっ/             |
    |  .:::i_ヽi; i;=/    !;;;;;;;:| !/ / /(_⌒) ・    ・  ! !
    ノ .::;==ヾ!,ヽ      ,/|    {   l⌒ヽ     _ノ |
    /  /   /iヽヽ - 、 ,.(_/!,    i.   |  r `(;;U;)   )__)
  /./| i    |iノi!! ヽ、     /}   }i=(_ノ ──/ /ゝ
 / / .| :i    ヾ)`ヽ、      /   ノ "        _/_/
 | :| } .ヽ    ヾ^i=-iヾ, ,_,= /   /!   i=- '' ̄ ̄ ̄`
 | | / ::::ヽ    ヽI二Iコ`-/    /コ!   |
 ヾ/ /! :i :ヽ    ヽ__I_,/     /I |.   |
/メ、 | |! ::::i\    y     /Iコiニ|    |
     .!| ヽ:::|+ヽ   '       /__i__I__|.     |


27 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 15:04:00 ID:IidLBZra
     |┃三       / ̄\
     |┃        |     |
     |┃         \_/
     |┃           ||
     |┃          ,r-、
 ガラッ. |┃      ,,  ''  ̄.| ̄ `  、
     |┃     , ''     |     ヽ
     |┃    ,:'   / ̄ ̄ ̄ \   ':,
     |┃三  i  / ::::\:::/:::: \  i
     |┃    { /  <●>::::::<●>  \ }  
     |┃   ヽ|    (__人__)     |,'   
     |┃    .\   ` ⌒´    /'
     |┃三     `` ヾ ̄ ̄ ̄ r' ´
     |┃三      / }  ̄ ̄ { \

28 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 15:07:34 ID:jv783SYp
           ... ...
         .. / ̄\..
         i.|     |i
           \_/
          .. .. |.. .. ..
        ..:/ ̄ ̄ ̄\..
       .. / :::\:::/::  \..
      ../  <○>::::::<○>  \.
      ::|    (__人__)    |::     
      \    ` ⌒´    /     
     .../           \..     
       :.! イ  °    °  ト-..'.  
       .i|           |::   

29 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 15:27:41 ID:jv783SYp
                  ▲
                ▲▼▲
               ▲▼ ▼▲
              ▲▼   ▼▲
             ▲▼     ▼▲
            ▲▼       ▼▲
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
 ▼▲       ▲▼           ▼▲       ▲▼
  ▼▲     ▲▼    _ノ  ヽ、_   ▼▲     ▲▼
   ▼▲   ▲▼  o゚((●)) ((●))゚o  ▼▲   ▲▼
    ▼▲ ▲▼   ::::::⌒(__人__)⌒:::::   ▼▲ ▲▼
     ▼▲▼         |r┬-|       ▼▲▼
     ▲▼▲         | |  |       ▲▼▲
    ▲▼ ▼▲        | |  |      ▲▼ ▼▲
   ▲▼   ▼▲       | |  |     ▲▼   ▼▲
  ▲▼     ▼▲      | |  |    ▲▼     ▼▲
 ▲▼       ▼▲    `ー'´    ▲▼       ▼▲
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
            ▼▲       ▲▼
             ▼▲     ▲▼
              ▼▲   ▲▼
               ▼▲ ▲▼
                ▼▲▼
                  ▼

30 :保存用:2008/08/13(水) 16:19:35 ID:vyFbr2yR
「音楽における多様な価値観を気づかさせてくれるアルバム」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-25.html
 西欧音楽で長らく発展しなかったものにリズムの要素があります。
例えば、民族音楽学者であるクルト・ザックスが非西欧圏から来た客人をコンサートに連れて行って、
西欧クラシック音楽の代表作とされるベートーヴェンの第九交響曲を聞いてもらったとき、
その客人が言った言葉が
「とても素晴らしい。しかし単調な曲だ」
と、そのリズムの単調さに辟易した話を著作中に書き記しているように、
普段から西欧音楽のみに触れている身ではなかなか気づきにくい、リズムの単調さが西欧の伝統的な音楽にはあります。
このアルバムはアフリカのピグミーの間に長らく伝わっていた伝統音楽と、リゲティ、ライヒそれぞれの曲を組み合わせて、
そういった西欧の音楽世界で長らく顧みられてこなかったリズムの要素に陽を当てたアルバムなのですが、リゲティ、ライヒはともかく、
ピグミー達の民族音楽の精緻な構造と複雑なリズム、多様な曲種には誰しも驚嘆するでしょう。
ドビュッシーがパリの万国博覧会で初めてインドネシアのガムラン音楽に触れたとき、
彼らの音楽を「パレストリーナにも匹敵する美しい音楽」と評したように、
決して音楽の美の世界は西欧の芸術音楽のみの一極集中ではありません。
そういった多様な価値観を改めて気付かせてくれる貴重なアルバムと言えるでしょう。

31 :保存用:2008/08/13(水) 16:22:08 ID:vyFbr2yR
「クープランの全アルバムの中でベストのもの」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-70.html
 クープラン自身がチェンバロの学習教材として書いた「クラヴサン奏法」の著作に練習用曲として書き下ろした8つの前奏曲集は初学者でも弾けるレベルの曲ながら、
音楽自体の密度は非常に濃く、組曲などの大形式の曲と違いミニアチュールで、彼の曲の大形式な曲にありがちな、形式にとらわれた様式的な面が少なく、
純粋に魅惑的な音の響きだけを追求したというべきもので、弾いても聴いても非常に楽しく、私のクープランの全作品の中で最も愛する曲の一つです。録音に恵まれず、
手に入りやすいものとしてはレオンハルトによるアルバムしかありませんが、レオンハルトの演奏は全体にいかめしく、クープランの洒脱さとは相容れないもので、
このマルシャン盤はこの曲集が入った貴重なアルバムというだけでなく、演奏様式の再現、軽やかさ、洒脱さ、調律の見事さと、
クープランを演奏する上で理想的な要素を全て備え、その高い演奏の質からも間違いなくクープランの全アルバムの中でベストに入るものです。

32 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 16:24:28 ID:vyFbr2yR
「パルジファルの最高の名演」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-26.html
 雑音がひどく、音質はかなり悪いです。
しかし、演奏自体ではパルジファルの最高の名演です。
絢爛豪華な歌手陣の豊かな声量に裏打ちされた、陰影のある息遣いの伸びやかな歌唱、アンサンブルの美しさは特筆もので、ボダンツキーの劇の起伏、
曲の響きの美しさを踏まえた指揮ぶりとあいまってえもいわれぬ美しい音楽の世界を作り上げています。
ヘルデンテノールの代名詞というべきメルヒオールも、ジークムントやトリスタンでは英雄的な声の深みを出す彼がここでは軽い声を出し、
いかにも何も知らない無邪気な青年という印象を与え、ここまで愚者のパルジファルを演じきれるところがすごいです。
第二幕ではラインスドルフが体調不良のボダンツキーに指揮を代わっているのですが、ラインスドルフの指揮は間延びしており、
ボダンツキーのようなまとまった劇の盛り上がりが感じられず、明らかにボダンツキーに比べて劣った印象を与えます。
フラグスタートのクンドリ、ガボーの恐ろしいまでのクリングゾルが聞けるだけに残念です。
しかし第一幕、第三幕は感動の名演で、ただ単にパルジファルにとどまらず、私が全てのワーグナーの演奏、音楽で最も感動した演奏です。
もっとすばらしいリマスタリングが出て広く知れ渡るのを望んでやみません。

33 :保存用:2008/08/13(水) 16:32:41 ID:l2/9qBXa
「これ一つでストラヴィンスキーの主要作品はほぼすべて網羅されているといっても過言ではない」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-23.html
 これ一つでほぼ全作品が網羅されていると言っていい内容ですが、
私個人的にはこの全集の神髄はCD15の歌曲集にあると思います。
後期ロマン派の作風そのままの最初期の牧神と羊飼いの娘から火の鳥の幻想的な作風を思わせるヴェルレーヌの2つの詩、
シェーンベルクのピエロの影響を受けた日本の3つの抒情詩、
バーバリズムの諸作品を通り最後期のセリエリズムに至るまで一分ほどの作品が並び、
CD一枚で彼の生涯の作風の全変遷をたどることができ、一曲一曲の曲の内容の密度も濃いです。
いろいろなアンサンブルの伴奏も見られるので、聴き続けて飽きるということはありません。
それ以外では、例えば三大バレエのような作品ではさすがに本職の指揮者のようなオーケストラの鳴らし方はできなくて、
響きが貧弱ですが(CD22のロバート・クラフト指揮の諸作品の演奏と聞き比べると歴然とします)、
リズムの取り方は完璧で、結婚や狐のような曲では見事な指揮を見せてくれます。
ペトルーシュカなどでは(先ほども言った通り演奏としての印象は薄いですが)彼のスコアで意図したもののようなことは解釈ではっきりとします。
たとえ三大バレエの演奏の印象が薄くとも枚数と値段、このボックスでしか聞けないような作品群のことを考えれば問題なくベスト・チョイスに推すことができます。
これ一つで他のストラヴィンスキーCDは必要ないといってもよいほどです。
紙ジャケットなのに間口が広く、CDが取り出しやすいというのも実は大きな魅力です。

34 :保存用:2008/08/13(水) 16:34:00 ID:l2/9qBXa
「ボダンツキーの神々の黄昏」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-4.html
 メルヒオール、ホフマン、ハービヒ、ショルと驚異的な歌手陣がそろい(家臣の一人にはガボー!)、
男声面ではこれ以上ない最強のメンバーです。
しかし、惜しむらくはこのオペラで一番大事な役回りを演ずるブリュンヒルデのローレンスの声が一人弱い。
彼女の声は現代の普通のソプラノといった声量しか持っていません。
ボダンツキーと長く共演しただけあって、ボダンツキー自身の音楽づくりとの息遣いはもっとも合っているのですが、
もしこれが圧倒的に深みのある声のフラグスタートだったら(それこそ38年パルジファル録音にも匹敵する)
驚異的な名演が残されることになったでしょう。
そういった点で惜しまれてなりません。
しかし、ホフマンのハーゲンは恐ろしさを十分に出し、ショルのグンターも見事です。
ヘルデンテノールの代名詞ともいえるメルヒオールのジークフリートはこの演奏では精彩を欠いているように思われますが、
ジークフリートの死の間際の歌唱の部分は素晴らしいです。ボダンツキーの指揮もここでも見事に劇を盛り上げています。
音質に関しては盲目の名復刻者ウォード・マーストンが復刻しただけあって、さすがに明瞭そのもので、
(人によってはやや乾きすぎている印象を受けるかもしれませんが)その点文句はありません。
ブリュンヒルデのローレンス一人が弱いですが、このオペラの男声陣を楽しみたいという人にはこれ以上の録音はないといえます。

35 :保存用:2008/08/13(水) 16:35:16 ID:l2/9qBXa
「細部まで行きわたるシュトックハウゼンの感性」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-11.html
 シュトックハウゼンは非常に理知的な作曲家として知られていますが、
彼の著作などを見ると、たとえばこのコンタクテでも一瞬電子音が沈黙したのちに打たれる金属打楽器の音がかえって静寂の中で存在感を示すというようなことまで意図して作曲されており、
細部に至るまで彼の(あくまでも効果をも計算しつくした)神経の行き届いていないところはありません。
彼においては理論はあくまでも彼自身の音楽上の感性(と聴き手の聴取上の印象を意図するところ)と一致するものであり、
たとえば彼は音程、リズム、音の密度などといった楽譜上に明らかに見えるようなものの他に、「わかりやすさ」といったような曖昧なものまでバロメーター化することを意図しており、
(究極的にはそういったものも神経生理学で説明できるにせよ)あくまでも耳に聞こえる音楽効果の追求を狙った「センス」の人であるということが首肯できるでしょう。
こういった、12律にとらわれない(作曲する側からしたら茫漠たる大海に身を乗り出すような)作曲のよりどころがない電子作品の中でこそそういった彼のセンシティブな面が最も感得されると思います。
私の現代音楽の作品の中で最も愛する曲の一つです。

36 :保存用:2008/08/13(水) 16:39:37 ID:n/Xt/XcC
「私にとってもっとも圧倒されたベートーヴェン体験」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-9.html
 ベートーヴェン後期ソナタの文句ない最高の名演です。ベートーヴェンの後期のソナタに見られる即興性、幻想性を余すところなくスコアから再現して清新さを与え、
各楽章間の有機的な連関を示してみせ、変奏曲では各変奏の流れを驚異的なテクニックで完璧に表現する。
彼は知的でエキセントリックだというのが一般の衆評ですが、実際は完璧なテクニックを持ち、
ピアノのタッチとペダリングを変幻自在に変えて、オーケストラ並みに音色の変化とダイナミクスの変幻を出すことのできる
(そういった場合の解釈の決断もきっぱりと示してみせる)、 真にピアノと一体化したヴィルトゥオーゾです。
先の変奏部分でも多くのピアニストがテクニック的にてこずるところを苦もなく弾いてみせ
(おそらく彼ほどのピアニストにとってテクニックの克服は彼自身の曲の解釈を示すために解決するべき「当り前の」問題なのでしょう)、
彼は他とは次元の違う偉大なピアニストであると認めざるを得ない演奏です。音楽における静寂、
「間」の問題も言うは易しですが、この演奏のように見事に表現された例を他に私は知りません
(よく彼や彼の周辺が音楽を論ずる際にウェーベルンが引き合いに出されますが、この演奏を聴けば納得できるでしょう)。
この演奏も私は聴いた時ただただ唖然として、 茫然自失しました。
ただ単に後期ソナタのみならず、 私の全ベートーヴェン体験でもっとも圧倒された演奏です。

37 :保存用:2008/08/13(水) 16:41:14 ID:n/Xt/XcC
「オペラ全体の交響的構成を俯瞰させる演奏」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-21.html
 この演奏は最大の特徴に快速さがありますが、
シュトラウス自身が自ら創設したオーケストラで団員達を訓練してスーパー・ヴィルトゥオーゾ・オーケストラを作ろうとしたことを考えれば、
それほど不自然にも思われないでしょう。
クライバーの指揮はまさに爆発的で、これほど劇全体が短く感じられる演奏もなく、
音楽が一気呵成に展開するため一息にオペラ全体の構造を見渡すことができ、
そのためこのオペラに内在する交響的構成に無意識のうちにも気付かされます。
スタジオでの、密閉された空気のつまった空間のような印象を与える録音状況も、
閉塞感に包まれた当時のウィーンの都市を表しているようで興味深いです。
歌手のレベルや、演奏様式の問題などで、最高の演奏かどうかは無条件に言えませんが、
この曲の私の最も愛する演奏ではあります。

38 :保存用:2008/08/13(水) 16:43:15 ID:n/Xt/XcC
「シュトラウス晩年のスイス時代の作品ばかり集めたアルバム」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-7.html
 メタモルフォーゼンではロマン的な表現に溺れて熱い演奏を目指すあまりアンサンブルが雑になったり、
解釈がいい加減になる演奏が多いのですが、この演奏はアンサンブルのリハーサルをしっかりとし、
ジンマン自身の楽譜の読みこみも入念で、この曲本来の対位法の積み重なり、
見事な和声の動きを正確に把握することができます。
オーボエコンチェルトも小編成オーケストラの音楽の演奏の愉悦にあふれており、
四つの最後の歌も含めたこれら三曲ともの演奏からは晩年のシュトラウスの枯淡の境地や諦念といったものがまぎれもなく浮かび上がってきます。
晩年のスイス時代の曲ばかり集めたカップリングが功を奏した感じで、決しておどろおどろしい情念といったものではなく、
スイスの山の上の涼しげな空気といったものが感じられる演奏です。

39 :保存用:2008/08/13(水) 16:47:28 ID:fmnHx8+m
「古代の儀式を思わせる女声の延々とした朗誦」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-10.html
 シェルシは神秘家として有名ですが、 この山羊座の歌はゴング、リコーダー他の楽器の伴奏のもと、
古代の儀式を行っているのを思わせる女声が延々と朗誦を唱えるすさまじい曲です。
人声だけあってその恐ろしいまでの詠唱は聞いているほうに鳥肌を立たせるほどのもので、 これほど人の心にダイレクトに食い込む音楽 (?)はないでしょう。
私の最も心を動かされた曲です。

40 :保存用:2008/08/13(水) 16:48:36 ID:fmnHx8+m
「ショルのヴォータンが素晴らしい」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-8.html
 第1幕が1935年、2、3幕が37年の録音ですが、ヒストリカルの音に慣れた耳としてはそれほど音質が悪くは考えられません。
私はワルキューレの第二幕のヴォータンの超政治判断の苦悩にこそワーグナーの音楽の真髄を見ますが、
その部分のショルの歌唱はすさまじく、まさに電撃的で、素晴らしい音楽が伝わります(ただ、第三幕ではやや明るすぎる印象を受けますが)。
しかし、ブリュンヒルデ役のマージョリー・ローレンスの声が明らかに弱く、
前述のショルとの共演の場、さらにその後のメルヒオールとの歌唱の場では二人のそれぞれの声とオーケストラにかき消されてしまって、
このオペラでの大事な役回りを完全に損ねてしまっています。これは興ざめで、ジークリンデ役のフラグスタートと役を入れ替えてもらいたいと思うのは誰もが思うところでしょう。
第1幕はジークムントをアルトハウスが歌っていますが、声は十分素晴らしく強いです。
しかし、ローレンス以外は無論問題なく素晴らしく、ボダンツキーの指揮も圧倒的です。

41 :保存用:2008/08/13(水) 16:51:30 ID:fmnHx8+m
「シャーンドルのバルトークの素晴らしい演奏」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-22.html
シャーンドル自身によるバルトークのピアニズムの感想は興味深いものです(「彼の弾き出したスケールはまるで生き物のようだった」等々)。
バルトークのピアノ曲は豪快のようでいて微細な楽想の間にも様々なニュアンスがあるのですが、
それはシャーンドル自身が見聞きし、驚嘆したバルトークのピアニズムと彼のピアノ曲の作曲語法が結びついていた何よりの証左でしょう。
この演奏からはベートーヴェン弾き、リスト弾きなどと同じくバルトーク弾きという範疇があることを思い知ることができ、
シャーンドル自身そうした理想的なバルトーク弾きであるということを感じさせられる演奏です。
また、バルトークの曲はバーバリズムばかりが喧伝させることが多いですが、
実際にはドビュッシー、ラヴェル、シェーンベルク、ストラヴィンスキー等同時代の様々な作曲家の語法を吸収し、
(特にドビュッシー等に見られる)魅惑的な和声を作品に多く取り入れている箇所があります。
一部の曲のみを取り出したアルバムでなく、こういった全集だとそのような作品もくまなく鑑賞することができます。

42 :保存用:2008/08/13(水) 16:55:58 ID:VY3YiK9n
「牧神の素晴らしい演奏」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-2.html
 このブーレーズ指揮は牧神が素晴らしいです。
禁欲的な響きで演奏される牧神はかえって曲の香気を際立たせ、
この響きを聴くとき同時期のブーレーズ自身によるマラルメの詩の作曲の精神とはこういうものであったのかと納得させられます。

43 :保存用:2008/08/13(水) 16:57:44 ID:VY3YiK9n
「ヒンデミットの擬古的な作品集」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-66.html
 ヒンデミットの擬古的な合唱作品ばかり集めたCDです。
学生のソルフェージュ教育にグレゴリオ聖歌を使用したというヒンデミットですが、
グレゴリオ聖歌に限らず、縦の和音の倍音の澄明な響きを意識したということで(その対位法作法への傾斜もあわせて)
中世、ルネサンス音楽への偏愛を示したのは有名な話です。
このCDに収録されている作品集はヒンデミット独自色は少ないですが、
終始一貫してモノトーンな澄明な雰囲気を漂わせる極めて洗練されたものです。

44 :保存用:2008/08/13(水) 17:00:58 ID:VY3YiK9n
「サティの神秘主義のピアノ曲ばかり集めた曲目、演奏のCDでベストのもの」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-64.html
 サティの神秘主義のピアノ曲ばかり集めたCDの中でおそらくベストのものです。
演奏のアーティキュレーションの巧みさ、ややもすると滞りがちな音楽の流れになることの多いこれらの曲のに与える演奏の伸びやかさ、
録音の美しさはもとより、録音のきわめて少ない(デッカのティボーデによる全集には入ってますが)サティの神秘劇「ユスピュ」のピアノ版の演奏が入っている貴重なCDです。

45 :保存用:2008/08/13(水) 17:04:34 ID:/n/Kae5i
「マイスタージンガーの完璧な演奏」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-20.html
 マイスタージンガーの最高の名演です。
完璧主義者のトスカニーニの指揮するオケ、 アンサンブルは全く破綻がなく、歌手のレベルも素晴らしく高い。
劇の流れと音楽の流れが全く途切れず、その瑕疵のない完全な演奏にはただただ唖然とするばかりです。

46 :保存用:2008/08/13(水) 17:05:11 ID:/n/Kae5i
「ドビュッシーの歌曲の体系的に録音された中で最も美しいもの」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-62.html
 私はドビュッシーのジャンルで歌曲が一番好きですが、体系的に全集として録音されたものはほとんどなく、手に入りやすいEMIでの全集も演奏、録音ともに粗雑な印象を与えるものですが、
このディーチーソプラノによる全集はディーチーの張りのある伸びやかな声、伴奏のピアノのつややかさ、
録音の美しさとおそらくはドビュッシー歌曲に必要なあらゆる要素を満たしているものです。
廃盤ですが、復刻されることを強く望んでいます。

47 :保存用:2008/08/13(水) 17:06:14 ID:/n/Kae5i
「音楽の水平的な流れを最も強調した演奏」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-63.html
 最近はプロコフィエフのソナタはただ激しく弾かれるばかりでなく内在する楽想を様々なピアニズムを駆使して弾き分ける演奏が多いのですが、
グレムザーのこの演奏は音楽の「水平的な」流れをもっとも強調したもので、部分的な迫力、感情を押し出すのではなく横の音楽の流れの推進的な進行を強調したものとして、
プロコフィエフの音楽がここまで音楽の流れの「時間」を感じさせるものなのかと驚かされる演奏です。

48 :保存用:2008/08/13(水) 17:09:14 ID:V5WzuzP8
「機械達の伴奏、人間シュナイダーハン」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-61.html
 ロスバウトというと精緻な演奏という衆評ですが、
シュナイダーハンソロのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番を聞いてみてください。
ここでのロスバウトと伴奏のベルリンフィルは完全な機械です。
機械的な足並みで動く伴奏のロボットたちの間に囲まれて、同じ足取りで歩かねば倒され、
踏み潰されると、必死に足取りを合わせようとするシュナイダーハンの縮こまった様子がフルエている印象を与える以上に、
こういう機械的な人間に囲まれたシュナイダーハンにむしろ同情まで誘うほど整然としたロボットたちの行進です。
時に伴奏の指し示した線を踏み外しながら必死で合わせようとするシュナイダーハン。
協奏曲の主導権が伴奏かソリストか?そういう議論を無意味に思わせるほど容赦なく伴奏がソロを掌握した
(肝心な点ですがロスバウトの音楽作り、 ベルリンフィルの一糸乱れぬアンサンブルがモーツァルトの音楽にもたらした緊張感と求心性は比類のないものとなっています)
一つの貴重なドキュメントです。

49 :保存用:2008/08/13(水) 17:10:19 ID:V5WzuzP8
「ドコーの月の光」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-28.html
 このアルバムはやはり何といってもドコーの月の光が聞きものです。
この作品はよくシェーンベルクの無調音楽を先取りしたものとして喧伝されますが、
シェーンベルクが作品10の弦楽四重奏曲の第三楽章や作品11のピアノ曲で一足飛びに倍音と関係のない和音や跳躍的なバスラインの和声進行を用いたのとは違って、
やはり倍音に基づく和声の残滓を感じさせ、むしろドビュッシーの後期作品(遊戯やクラリネットのためのラプソディーといった作品)を後世の我々の耳からは連想させます。
第三曲ではメシアン風のオスティナートの和音の動きの上に付加音で奏でられる珍妙な和声と旋律、第四曲ではドビュッシーの「金魚」の作品を思わせる和声とピアノ書法が見られ、
1900年の作品とは思われないほど革新的な響きに満ち溢れています(同年までのドビュッシー、サティ、ラヴェルらの作品と比べても隔絶しています)。
ドコーはオルガニストだったそうですが、ストップ操作から得られる様々な音色、オルガンの豊かな倍音、残響からこういった和声を思いついたのでしょう。
ヴィルトゥオーゾ的なピアノ書法も独特で、アムランの得意かと思われます。
さまざまなピアニズム、音色の使い分けを駆使してこの曲を弾いています。

50 :保存用:2008/08/13(水) 21:03:33 ID:V5WzuzP8
「マイスタージンガーの完璧な演奏」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-20.html
 マイスタージンガーの最高の名演です。
完璧主義者のトスカニーニの指揮するオケ、 アンサンブルは全く破綻がなく、歌手のレベルも素晴らしく高い。
劇の流れと音楽の流れが全く途切れず、その瑕疵のない完全な演奏にはただただ唖然とするばかりです。

51 :保存用:2008/08/13(水) 21:04:31 ID:V5WzuzP8
「レーウのピアノの演奏が生硬」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-13.html
 レーウの演奏は音楽の息づかいが感じられず、 調律法も変。教会での録音も響きにまろやかさを与えず、
結果として聞こえる音、音楽は非常に生硬な印象を与えます。
しかし、このアルバムはサティの神秘主義時代の曲ばかりが一つのディスクに収まっており、そういう点で私の最も愛するCDの一つです。
三枚目には歌曲も入っており、こちらの演奏はなかなか素敵です。サティのシュザンヌ・ヴァラドンとの恋愛が描かれた映画のDVDがおまけで入っているのもお得です。
私はこのCDが大好きなのですが、演奏の印象がいまいちなので、好みで買われるとよいと思います。

52 :保存用:2008/08/13(水) 21:07:20 ID:V5WzuzP8
「素晴らしいブラームスの後期歌曲」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-29.html
 私はブラームスでは作品105以降の後期の歌曲を一番高く評価しています。
シェーンベルクが指摘したmusical prose(音楽的散文)の伸縮自在の動機、楽節法がもっとも洗練された息遣いの形で見られ、
伴奏の和声も透明感に溢れて実に見事です。
私のもっとも愛するブラームスの曲種であると同時に、近代以前の機能和声の作曲法として最も参考にするものの一つです。
ブラームスの後期歌曲の録音はまとまった形では出ていないので、(まだ作品106以降が収録された第9集は出ていないのですが)
このcpo.のブラームスの歌曲全集は非常に有意義な企画だと思います。

53 :保存用:2008/08/13(水) 21:11:46 ID:WhZwaeQ4
「夜のガスパールオーケストラ版!,」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-18.html
 このアルバムの聴き物は何といっても夜のガスパールのオーケストラ編曲です。
大先達への編曲者の恐れと遠慮があるのか、音色を忠実に再現することを大事に考えすぎるあまり、
オーケストラの魔術師ラヴェル自身が自作を編曲したものと違い、編曲に破天荒なところが少なく、
聴き手をはっとさせるようなところがあまり見られず、出来上がった編曲は予想通りの音色しか生み出しませんが、
それでも十分に面白いです。エッシェンバッハ自身のピアノの演奏による夜のガスパールの原曲の演奏も末尾に収録されていますが、 そちらの演奏も見事です。

54 :保存用:2008/08/13(水) 21:16:20 ID:WhZwaeQ4
「ベルクの弦楽四重奏曲二台ピアノ版」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-56.html
 ベルクの作品3の弦楽四重奏は魅力的な和声ながら単調なリズムと音楽の展開が支配する叙情組曲と違い、
個々の楽想のコントラストや動機の破天荒な性格が顕著で、機能和声から脱却した手法だけが持ちうる、
固有和音そのものを楽曲の動機細胞とする手法も用いられており、非常に革新的な面も見せているため、
私のベルクの最も愛する曲ですが、このアルバムはその作品3の二台ピアノ版の演奏が収められています。
特に最もテクスチュアが明確に示されやすいピアノでこの曲を聴くときベルクの精妙な和声が特に感じられます

55 :保存用:2008/08/13(水) 21:19:37 ID:WhZwaeQ4
「シェーンベルクの私の最も愛する曲」
http://nekossika.blog27.fc2.com/blog-entry-58.html
 私はシェーンベルクの作品の中で作品9の室内交響曲第1番が最も好きです。緊密な構成、楽想の多彩さ、
fruidlyな楽節の旋律、機能和声を極限まで押し進めて四度和音までをも使用しているとはいえ、
まだ調性を維持しているため(後の無調音楽からは失われる)転調による各調のセント値の取り方の変化によるダイナミックな音の変化が味わえ、
ただシェーンベルク自身の最高の作品にとどまらず、ベートーヴェン以来特に突き詰められてきた弁証法的な西洋音楽作法の頂点をも極める傑作です。
ラトルの指揮は特筆もので、複雑で奔放な対位法の中でも失われない一つ一つの楽器の音の澄明感、縦の和音のみずみずしい美しさ、
音楽の論理的な展開の把握、決して滞ることのない音楽の流れと、ここまで音楽を完璧に統率できるのかというありさまです。
問題なく同曲の最高の名演といって差し支えありません。また、よく低く評価されるラトルですが、
彼ほどの才能があればこれだけテクスチュアが濃密な作品でなければ存分に腕を振るえないのではないでしょうか?

56 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 22:35:43 ID:Oxc+8mON
>>30から>>55
おそらくさらしてもゴロンロネのブログの売り上げに貢献するだけかと

57 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:00:27 ID:aarrcrlE
黄色いおサルさんのインテリごっこ。

58 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:07:25 ID:X7kFg1Kq
>>57
それはクラ板の大半の連中にも当てはまるのでは?

59 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:19:01 ID:Oxc+8mON
おそらく>>57はクラシック音楽=高尚なものという先入観があり、クラシック音楽について語る→インテリに通ずるというイメージがあるのかと
ある意味哀れではある

60 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:32:30 ID:I/hs7cQr
>>53

 おまけに入ってるピアノ版の「ガスパール」はエッシェンバッハの演奏じゃないぜ。

ついでだが、ここからamazonをたどって見つけた↓

http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1DXU2O8YO2A82

こいつもキてますぜ。

61 :名無しの笛の踊り:2008/08/13(水) 23:39:36 ID:Oxc+8mON
>>60
おそらく孤高のゴロンロネへの粘着アカウントかと

62 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 02:43:35 ID:QgrC961/
孤高のレビュアー=チャット荒らし氏は中古CD屋で働いた経験あり

63 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 03:25:25 ID:QgrC961/
訂正魔りひ狂

http://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/1892729.html

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1431244

http://www.hmv.co.jp/product/detail/userreview/2598629/

http://www.hmv.co.jp/product/detail/533810

http://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/1071251.html

http://store.shopping.yahoo.co.jp/hmv/1892729.html

訂正訂正訂正・・・

64 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 10:44:52 ID:WlqQfo4j
>63
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1431244

オレ的には、柏のHaruって人も相当痛いんだけど。

例えば、
http://www.hmv.co.jp/product/detail/51031
http://www.hmv.co.jp/product/detail/901449
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1345119

典型的な宇野厨さんですかね?

65 :名無しの笛の踊り:2008/08/14(木) 13:51:02 ID:1VnH5GD8
>>56
いや、ゴロンロネが自分で貼ってるんじゃない?

66 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 12:29:36 ID:t/pmBlX9
もうネタ切れかと

67 :名無しの笛の踊り:2008/08/15(金) 13:56:49 ID:OJX4zkjt
>>31
マルシャン盤wwwwwwwwwwwwwwwww
アホだwwwwwwwwwwwwwww

68 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 09:56:11 ID:IAUaDCyt
いっそのこと全部の記事貼り付けてゴロンロネにもうけさせて、その金でCD買わせて記事書かせてそれをネタにしろ

69 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 12:08:10 ID:ALqjUBRL
おまえら買ってやれよ

70 :名無しの笛の踊り:2008/08/16(土) 12:53:00 ID:Yd2nZwff
SHM-CDとやらのサンプル盤。
礼賛レビューばっかで胡散臭い><
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2750833

71 :名無しの笛の踊り:2008/08/17(日) 11:01:49 ID:sO06GXA5
http://unkar.jp/read/pc11.2ch.net/net/1209910014

yano17は神!批判する奴は死ね!!

72 :名無しの笛の踊り:2008/08/18(月) 06:28:41 ID:bmu4NAi+
頭悪そうな煽りだな

73 :名無しの笛の踊り:2008/08/18(月) 21:45:29 ID:tAQIYDO9
>>72

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/haken/1216783637/

元ネタはこれかと

74 :名無しの笛の踊り:2008/08/22(金) 18:00:55 ID:5dVpY/L7
交響曲第8番『千人の交響曲』 インバル&フランクフルト放送交響楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/111825

【いまいち】
"私はこの初版盤をDENONレーベルで6,000円も出して手に入れたのに、今は単独でもこの値段。
全集はもっと格安でびっくりの価格ですね。それにしても、、このシリーズ。本当のオーケストラの音を
知っている人が聞くと、徐々に疑問点が増大して、その音作りに嘘っぽさを感じるのです。演奏も、
細部には小細工をしますが、大局的に見ると退屈で、少々つまらない演奏なんですねこれが。
安さの秘密はそんなところにあるのかな?"
もんすたー, 東京都 2005年04月06日

【すばらしい】
"私はこの次版盤をDENONレーベルで2,000円も出して手に入れたのに、今は単独でもこの値段。
全集はもっと格安でびっくりの価格ですね。それにしても、、このシリーズ。本当のオーケストラの音を
知っている人が聞くと、徐々に疑問点が融解して、その音作りに本物っぽさを感じるのです。演奏も、
細部には小細工をしまくり、大局的に見ると破綻している箇所が多く、怪しい匂いがプンプンで楽しい。
安さの秘密は単にメーカーの思惑でしょう。繰返しになりますが、録音はオケの質感を確実に
掴んでおり、最高です。"
オーヲタ, 裏日本 2007年03月10日

75 :名無しの笛の踊り:2008/08/23(土) 12:41:43 ID:n7zgHH2s
>>74
・・・

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)