5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武満徹 純正スレッドPart2

1 :7分74秒:2006/10/27(金) 21:31:33 ID:+PGsckje
 

2 :7分74秒:2006/10/27(金) 21:35:44 ID:+PGsckje
理由もなく消さないで

3 :7分74秒:2006/10/27(金) 21:57:34 ID:07tQzhzw
何となく乙

4 :7分74秒:2006/10/27(金) 23:47:44 ID:h9bIJ2L/
なんで消えたの?

5 :7分74秒:2006/10/28(土) 00:08:36 ID:fCHTABFk
>>4
野田憲太郎のほうが武満より才能があるかららしいよwww
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1121099437/726
ゲラゲラワロス

6 :7分74秒:2006/10/28(土) 00:27:00 ID:LBN6DKb0
こっちにも貼っときます。
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_detail?isbn=4093876576

7 :7分74秒:2006/10/28(土) 16:11:22 ID:yxdfXiMd
なんか武満スレが消されたって騒いでるのがいるけど、
スレ削除されたわけじゃなくて、単にレスが長期間なかったから自動的にDAT落ちしただけだろ?

8 :7分74秒:2006/10/28(土) 16:31:57 ID:qXJ6cpL3
>>7
こないだたったばかりだよ

9 :7分74秒:2006/10/28(土) 17:02:55 ID:yxdfXiMd
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1160718487/
これ?立ってることすら知らなかったけど、6レスなら即死したんだろ。

あと過去スレ
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1117689291/

関連スレ
武満徹vs尺八・小濱明人
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1115672490/
【クラシック】武満徹の合唱曲【ポピュラー】
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1125924511/
【素晴らしき】武満  徹【映画音楽】
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1076443144/

10 :7分74秒:2006/10/28(土) 17:07:54 ID:4icpVaHI
過去スレも貼らない、保守もしない、話題もないのにスレ立て、
即死すると他人が意図的に落としたかのように吹聴して他スレでわめく、か…
なんというかおめでてーな

11 :7分74秒:2006/10/28(土) 17:18:48 ID:qXJ6cpL3
純正スレPart1が1000行ってPart2を作るのが何がおかしいの
>>10はなにかひがんでるの?

12 :7分74秒:2006/10/28(土) 17:21:10 ID:yxdfXiMd
というわけで即死回避終了。もう他のスレ荒らすなよw

13 :7分74秒:2006/10/28(土) 17:23:53 ID:R2Knb5oK
というかデカパイがなんとかっていうコピペ虫どうにかして

14 :7分74秒:2006/10/28(土) 18:00:21 ID:5J8IZkdG
でもこの板って、即死するの早すぎじゃない?
10レスに満たない状態がしばらく続くと落ちるっていうのは、2chの大半の板で共通だけど、
たとえば合唱板なんか、数週間くらいたってから落ちる。
ここは3日で落ちる。武満スレのような長く続いてるスレでも、みんなが積極的にカキコしないと落ちてしまう。
過疎板なんだから、運営はこのあたりの設定を考えてほしいと思う。

15 :7分74秒:2006/10/28(土) 18:41:24 ID:mhTblzGb
>>14
運営に設定変更の申請すれば直してくれるとおもふ

16 :7分74秒:2006/10/28(土) 19:51:53 ID:sU4OCDc7
それ以前に例の中年ブタをアク禁にすることが大事ではないか。

17 :7分74秒:2006/10/28(土) 20:45:22 ID:kImUOIAx
中年ブタは必要悪

18 :7分74秒:2006/10/29(日) 00:07:27 ID:YkTw2HMe
まあ、少なくとも現代音楽板で武満スレッドが即落ちして
高本ナントカやら夫婦そろってダイエットなんてのがずっと
残るってのは明らかに異常だ。

19 :7分74秒:2006/10/29(日) 00:49:47 ID:+XE16h0v
じゃむまがを笑う奴はじゃむまがに泣く

20 :7分74秒:2006/10/29(日) 15:43:39 ID:Sei+vd4z
人が少ないと、確かに専門性は高くなるけど
何か空気がよどんで来るよね

21 :7分74秒:2006/10/29(日) 17:30:45 ID:WJY4Iy9P
ここまで一切武満の話題がないな

22 :7分74秒:2006/10/29(日) 19:48:04 ID:P7J3Qai7
きのうおふろばでおじいちゃんをみた
ちぢこまったおちんちんがみえた


23 :7分74秒:2006/10/29(日) 19:54:56 ID:P7J3Qai7
じゃむまが保管庫
http://jbbs.livedoor.jp/news/3197/

緊急で新・管理人を募集しています。

24 :7分74秒:2006/10/29(日) 20:19:04 ID:qwaXLWPt
>>21
こういうスレッドは長持ちさせて話題のあるときに盛り上がるもんですよ
焦るな焦るな

25 :7分74秒:2006/10/29(日) 20:37:03 ID:n2SxJWwQ
にしても1000行くスレがシュトックハウゼンと武満だけとは現代音楽の話題なんかたかが知れてるって事が分かっただけでもよかったんじゃないの(なげやり)

26 :7分74秒:2006/10/29(日) 20:49:13 ID:1XygUG8s
でもまあ、レスは少ないかもしれないけど内容は濃い方なんじゃないの。
他の板はどうでもいいレスが膨大にあるって感じがするし。

27 :驢馬:2006/11/01(水) 06:01:28 ID:nrIvQS86
今日から十一月なので、朝っぱらからNovember Stepsを聞いている。
ところで、鶴田錦史亡き後、この曲は演奏されているんだろうか?
演奏されたの知ってる人、演奏者などの情報kwsk教えてちょうだい。

28 :7分74秒:2006/11/04(土) 20:02:42 ID:7zqjCh72
AJChoir - Shima E (To the island)
http://www.youtube.com/watch?v=YF7gogmWd3g

訛ってますけど、どこの国の人ですか?

29 :213=219:2006/11/05(日) 06:22:00 ID:/WRmL89Y
>>28
東洋人ではあるようだけど……
同じ合唱団がチャンギ空港で歌ってるビデオがあるから、シンガポールかな。
いずれにしてもあんましうまくない。

30 :7分74秒:2006/11/05(日) 09:17:05 ID:8/QZOcib
>>27
演奏されてる。
今年はサントリー20周年記念だったかのコンサートで演奏された(る?)。
去年は昭和音大の管絃楽団がやってたな。

31 :7分74秒:2006/11/06(月) 13:35:19 ID:oqU/W+KH
今日の犬の特価の伶楽舎による秋庭歌一具はどうですか?

32 :7分74秒:2006/11/06(月) 14:15:34 ID:H0enebnH
鶴田錦史の弟子っているの?

33 :7分74秒:2006/11/06(月) 14:19:14 ID:RjUadTZh
ggr

34 :7分74秒:2006/11/06(月) 14:22:29 ID:H0enebnH
作曲者本人が死んだら図形楽譜なんてどう演奏されようが勝手になっちまうな。
武満は音まで演奏者に任せるような偶然性は好みでないというようなこと言ってたけど意外と曲解できるような図形楽譜作品もある。

35 :7分74秒:2006/11/06(月) 14:55:38 ID:Kp6ygtO7
>>34
ノヴェンバーステップスについていえば、特に演奏者の死というのも
大きいね。これは武満自身がラジオで言っていたことだけど、ノヴェンバー
ステップスの琵琶のパートの一部は図形楽譜や任意の順番での演奏の
指示があるが、鶴田さんはいつも自分で決めたとおりに毎回同じように
演奏していたとのこと。横山さんのほうはいくらか自由度があったとか。

36 :7分74秒:2006/11/07(火) 01:41:34 ID:w3Hero5X
この前NHKで第十段をやってましたよ。

37 :7分74秒:2006/11/07(火) 01:44:04 ID:w3Hero5X
連投すみません
>>34
ジム・オルークが「ピアニストのためのコロナ」が2バージョン入ったCDを出したね。
聴いてないけど、どうなんだろ。

38 :7分74秒:2006/11/07(火) 07:55:44 ID:rFRAYEHq
エクリチュール

39 :7分74秒:2006/11/07(火) 11:43:10 ID:dSMTPBhm
>>35
琵琶は伴奏に徹して尺八は旋律楽器(ソリスト)みたいな感覚で即興がなされてたってことかな

40 :7分74秒:2006/11/07(火) 13:16:43 ID:3kC8ZAZe
>>37ノイジシャン・タケミツの面目躍如

41 :7分74秒:2006/11/08(水) 08:53:31 ID:M1BF46Vm
>>28
シンガポールって書いてあるじゃん。

42 :7分74秒:2006/11/10(金) 01:45:41 ID:w/9uIgMD
ジティマルヤってマリンバがカッコイイね。

43 :7分74秒:2006/11/12(日) 16:19:32 ID:y3u+d7EV
NHK-FM

44 :7分74秒:2006/11/12(日) 16:30:03 ID:Wt2DJkI0
>>43
聞いてるよ

45 :7分74秒:2006/11/25(土) 16:54:06 ID:NNEYhQPl
弦楽のためのレクイエムで
あまり感傷的になっていない、明晰な演奏ってありますか?

46 :7分74秒:2006/12/03(日) 23:27:52 ID:4uhTCrSL
こないだSACDハイブリッドで再発した「樹の曲」やなんかが入ったDENONのCD、
もしかして、とは思っていたが第6回クレスト1000シリーズには入らなかったな。
むかつくぜ。

47 :7分74秒:2006/12/04(月) 10:19:37 ID:vGNo1+po
>>46
うるせえよ
しねよ
おれだってがんばってんだよ

48 :7分74秒:2006/12/20(水) 19:52:33 ID:uqjaCZZg
クラシックばっかり聴いてるけど、武満徹さんの音楽気になる
ゲソらしいけど、最初に聞くのによさそうなのおせーて。

49 :7分74秒:2006/12/20(水) 22:35:40 ID:SEg3ltg9
おれは「テクスチュアズ」ではまったが
(最初に聴いたのは違うと思う)
N饗アワー実況では今年の放送でも好き嫌いが分かれてたからなあ。

弦楽のためのレクイエムはどう?

ジム・オルークのピアニストのためのコロナ聞いた。
よかったよ。
使用楽器はアコピとローズとハモンド。

50 :7分74秒:2006/12/27(水) 10:40:33 ID:ycbyxquG
武満徹・音楽創造の旅 「文學界」1992年6月より連載
が単行本化されないのはなぜなのだろう?

51 :7分74秒:2006/12/27(水) 22:23:12 ID:Sdu7Mlvz
>>50
立花隆が早く出さなきゃと思ってるって言ってたよ。N響アワーに出たとき。

52 :50:2006/12/28(木) 12:07:33 ID:QwAUuRuU
>>51
そうなんだ。ありがとう。
図書館でバックナンバー借りてきて、すべてコピーしてしまおう と
考えていたのだけれど、著作権の問題もあるし、今年4月まで
待ってみよう。

53 :7分74秒:2007/01/04(木) 09:50:53 ID:T82h5u/C
>>48
ギター曲なんかは入りやすいよ。
後、谷川俊太郎の詩の朗読の入った「系図」とか。
俺が一番好きな曲は「アステリスム」だけれど。

54 :7分74秒:2007/01/05(金) 08:09:35 ID:ZyWYgSIj
ラストワルツもグー

55 :7分74秒:2007/01/06(土) 15:37:59 ID:aQx3K6Cr
「ひとつの音に世界を聴く」というのは、武満自身のフレーズなのでしょうか
それとも編集者がつけたの?

56 :7分74秒:2007/01/07(日) 18:13:31 ID:75iBRZRY
武満自身が、日本の伝統音楽(尺八だったような・・・)のあり方に感動して
それを表現した言葉だった気がする

57 :7分74秒:2007/01/07(日) 21:18:09 ID:roAmLdSM
最近、秋庭歌一具を聴いて雅楽のよさを知りました。

他にも雅楽を聴いてみたいのですが、どのような作品があるか分からず、こちらの
板でなにかお勧めがあれば御教授いただけると嬉しいです。

ちなみに他に好きな作曲家は
ケージ
リゲティ
クセナキス
です。

58 :7分74秒:2007/01/07(日) 22:58:49 ID:WSEA79gi
おまいら!
こんな暴言書いてるブログみつけましたよ。

つttp://ip.tosp.co.jp/Niki/TosNK100.asp?I=kyokukaki_risu&Dt=20070103&SPA=20&Pw=

59 :7分74秒:2007/01/08(月) 22:53:51 ID:x0BKGSIw
あながち間違いではないな

60 :7分74秒:2007/01/09(火) 18:08:58 ID:lkfaW7Z9
>>59

そなの?

61 :7分74秒:2007/01/09(火) 18:10:48 ID:zvjD0ef0
>>58
>>35にも書いたけど、武満は初演の時のリアリゼーションのみを許した
というわけではなく、結果として演奏者の鶴田さんがいつも同じバージョン
で演奏したということが真相だと思う。
ラジオのインタビューの感じでは、別に他のバージョンの演奏を拒否する
ようなものじゃなかった。

62 :7分74秒:2007/01/11(木) 12:36:30 ID:fwMHJf51
ノヴェンバー・ステップの図形楽譜はケージの様な不確定性・偶然性のそれではなく
タブラチュア=奏法譜ですから、演奏法は一つしかありません。
わずかな不確定要素は「演奏順序の選び方」のみです。
どのような演奏順でもよいということは毎回おなじでもよいのです。

図形楽譜とは言ってもコロナやリングの一部のような物ではないのです


63 :7分74秒:2007/01/14(日) 18:07:48 ID:uzjqwm3W
ピラミッドは三角だぜ!

64 :7分74秒:2007/01/18(木) 17:10:56 ID:b4rR6pZQ
「系図」ってどうですか。
 武満の代表作じゃないかな?
 好き嫌いはあるとは思うけど、
 タケミツが一番書きたかった作品が
 「系図」ではなかったかと。。。

65 :7分74秒:2007/01/18(木) 19:50:26 ID:8jYs7trW
どうですかwww

66 :7分74秒:2007/01/22(月) 12:21:00 ID:zk0x+dpN
「系図」を最初に聴いたのは、かれの追悼演奏会だった。
プログラムを見ると、かなり調性的だとは書いてあったけど、まさか
これほど素直に三和音が出てくる曲だとは……
でも、率直に好きだ。「波の盆」もいい。

67 :7分74秒:2007/01/23(火) 02:12:04 ID:+5PX/QPo
「系図」は最悪でしょう。
ちょっと悲しくなるほどの出来だよね。

68 :7分74秒:2007/01/23(火) 14:14:55 ID:p8EbN751
>>67
いや、系図みたいな現代音楽作品だって、あっていい。
ただ、武満がああいうのしか書かなかったとしたら、彼の作曲家と
しての地位は今とは比べ物にならなかったとはもちろん思う。
それから聴いてみると協和的な音が多い系図だけど、楽譜をみると
複雑だねえ、あれ。

69 :7分74秒:2007/01/23(火) 17:14:55 ID:V6pveeZX
現代音楽に調性を使ってはいけないなんて誰が決めたの

70 :7分74秒:2007/01/23(火) 17:19:48 ID:V6pveeZX
調性感を避けなければならないというのは12音技法を考案する前に自由無調の曲を「心臓をナイフで刺すような音楽」と批判されて自殺考えるほどノイローゼになってたシェーンベルクでしょ
すぐに仲間のベルクに覆されちゃったけど

71 :7分74秒:2007/01/23(火) 17:22:43 ID:V6pveeZX
「お父さん」の章のびっこひくような変なモチーフはいただけない
最終章のアコーディオンのソロ(武満の何かの自作の引用)のあたりがいちばんの泣き所

72 :7分74秒:2007/01/23(火) 18:27:15 ID:p8EbN751
>>71
同意。
アコーディオンのソロのモチーフは、アメリカの映画音楽として作曲
され録音もされたが結局使われなかった曲の再利用。
この幻の映画音楽は、全集では聴ける。予定していた監督が、
「これでは音楽に映像が負ける」といって破談になった。武満は
珍しく激怒したとか(この曲を指揮した池辺晋一郎の話)。

73 :7分74秒:2007/01/23(火) 23:07:17 ID:p0wBx6kg
ここいらで、タケミツはおろか現代音楽すら聴いた事のないおいらにお薦め盤を教えてくれ
できれば安いのでたのむー

74 :7分74秒:2007/01/25(木) 17:23:49 ID:e7LDKN5K
ノーヴェンバーステップスとアステリスムとグリーンとレクイエムと地平線のドーリアが入っているアルバム。
たぶん最初は良さが分からないと思うけれど、著作をあわせて読んだりしてみてください。

75 :7分74秒:2007/01/25(木) 20:17:03 ID:e+W0Ve4i
>>73
最近復刻されたNHK岩城(月のジャケ)がいいんじゃね?
安いし限定盤だし、ライブならではの緊張感があるよ

76 :7分74秒:2007/01/26(金) 08:38:34 ID:BXygdOOU
>>57
遅レスだが、この板の「女の子だって現音聞きたい」スレ(通称女子高生スレ)に
雅楽についてのおすすめCDが書いてあった希ガス。

77 :「翼」好き:2007/01/30(火) 17:18:52 ID:xeZjaBb4
先日、某飲食店のBGMで武満の「翼」そっくりな曲を聴いた。
耳を疑うほど似てるんだよね。誰のなんて曲かはもちろん分から
ないんだけど、「翼」よりも先につくられたと曲という印象。
「翼」の作詞者は武満だけど、あの詞は仏の詩人の作品をモデル
にしてることは明らか。曲にもモデルがあったのか?事情にくわ
しい方いらっしゃいましたら、情報ください。
(タケミツがパクった等と騒ぎ立てるつもりは毛頭ありません。)



78 :「翼」好き:2007/01/30(火) 17:23:59 ID:xeZjaBb4
念のため言っときますが、「翼そっくりな曲」は
プロコフィエフ「ピーターと狼」の「猫のテーマ」
ではありませんので悪しからず。

79 :7分74秒:2007/02/01(木) 00:33:21 ID:PAl3h2o5
実は翼だったりして

80 :7分74秒:2007/02/12(月) 11:29:21 ID:Gix4vVHE
age

81 :7分74秒:2007/02/12(月) 15:54:34 ID:YMQBfu0A
>>78
あははは

82 :7分74秒:2007/02/12(月) 17:26:31 ID:axNWIYQz
武満氏の写真を数多く掲載してるサイトないでしょうか?
武満氏の佇まいはやはり只者じゃない風格。

83 :7分74秒:2007/02/13(火) 17:14:25 ID:ukAAwZ+j
正直74のお薦めは初心者向きとしては最悪だと思う
そこから聴いてしばらく武満嫌ってたので。
やっぱり後期の調性感、色彩感の溢れる曲から
入るのがいいと思う
「鳥は星型の庭に降りる」とか「夢の時」とか

84 :7分74秒:2007/02/13(火) 20:59:07 ID:kP1pKJSx
>>83
鳥は星型の庭に降りると地平線のドーリアは
一緒に入ってるアルバムがあるから、
それをお勧めすることにしようぜ。

85 :7分74秒:2007/02/13(火) 22:32:44 ID:06yXwqRv
DENONの1000円のやつだよな。あれは良いよ。

86 :7分74秒:2007/02/14(水) 10:13:55 ID:0YNLeX4H
初心者なら「PHILIPSのPHCP−11035」を推薦する。
セレモニアル、系図、マイ・ウェイ・オヴ・ライフ、弦レクそして
エアが入ってるやつ。
岩城と東混の「混成合唱のためのうた」もいいよ。現代音楽じゃない
けどね。


87 :7分74秒:2007/02/14(水) 21:12:52 ID://+s9jx+
もうすぐ、「MI・YO・TA」の混声版が音友から出るよ。
なぜショットがこの曲に手をつけなかったかは不明。

>>73
武満だけ入っている盤を買わずに、まず他の作曲家と一緒に
入っているものから買ってみては。

アルトフルートとギターのための「海へ」や、フルート・ヴィオラ・
ハープのための「そして、それが風であることを知った」は聴きやすい。
ピアノなら「雨の樹素描」や「閉じた眼」なども。

初期作では「妖精の距離」。

88 :7分74秒:2007/02/15(木) 12:50:35 ID:0Cev+e1W
>>87
妖精の距離はちょっと。メシアンの前奏曲からの引用ばかりで。
初期ならやはりレクイエムかな。遮られない休息もいいと思う。

89 :7分74秒:2007/02/16(金) 01:25:08 ID:ViRelP2i
初心者ですが、
ノヴェンバー・ステップスで一枚選ぶとしたら、どのCD?

90 :7分74秒:2007/02/16(金) 11:25:33 ID:nH7gE3Zz
小澤・サイトウキネン版(PHILIPS PHCP-160)がいいんじゃない?
因に、84年の岩城・N響のコンサートライヴ版は練習番号20の
ところでハープが1小節はやく入っちゃうというドジをふんでるけど
それはそれでおもしろいかも。

91 :74:2007/02/18(日) 07:16:09 ID:gZajYnOK
>>83
そうか。俺は自分が紹介したのからはいって、最初は良さがわからなかったけれど、そのうちはまった。
逆に「鳥は星型の庭に下りる」とかはいまだ良く聴き込めていない。

92 :7分74秒:2007/02/21(水) 20:41:20 ID:u2ONonmn
この人ちょっと過大評価されすぎでは?
いい作曲家だとは思うけど、20世紀を代表するゲンオン作曲家の一人みたいな扱いは、、
同じアジアの作曲家ならユン・イサンのほうが才能あると思う

93 :7分74秒:2007/02/21(水) 22:09:25 ID:hGjxhnba
そうですか。評価なんかどうでもいいです。

94 :7分74秒:2007/02/22(木) 19:25:33 ID:jxYpK6IS


95 :7分74秒:2007/02/22(木) 19:58:37 ID:JCyMaf0t


96 :7分74秒:2007/02/22(木) 22:35:27 ID:gsg8A0SY
http://fr.wikipedia.org/wiki/Liste_des_%C5%93uvres_de_T%C5%8Dru_Takemitsu
TK番号っていうのがあるらしい。

97 :7分74秒:2007/02/23(金) 06:50:28 ID:CAoM3Z3f
20年ぐらい前だかに、NHKでマヌエル・バルエコが
ギター曲の「すべては薄明の中で」を演奏していた。
こんな美しい音楽があるのかと思ったよ。

98 :7分74秒:2007/02/23(金) 15:04:13 ID:xP/U+zzv
>>92
そうかなあ。音楽に対する思索の深さ、それを音にすること、
その他諸々、前衛的作品であっても、大衆的作品であっても常に
一貫した自分の個性を発揮できたことについては武満はかなりな
作曲家だと思う。たとえば無調でこれだけのメロディが書ける人はそうは
いない。

99 :7分74秒:2007/02/23(金) 22:55:43 ID:46xgXwht
ユン・イサン  スルーされてるなw

100 :7分74秒:2007/03/06(火) 04:52:50 ID:qyibfE+b
日本人の中に「敵」はいたが、ユンにはそこまでの才能はない罠。
 

101 :7分74秒:2007/03/06(火) 13:20:39 ID:/WlC3HnH
        /''⌒\
      ,,..' -‐==''"フ  /
       (n´・ω・)η  全集&著作集まとめ買いしたいけど、貧乏で買えねぇぇぇええ〜
       (   ノ   \
       (_)_)
     ~"''"""゛"゛""''・、
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;..:::::::ヽ

102 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/03/08(木) 22:20:30 ID:3D7YnBq7
>>101
ネット上のポイントサイトやアンケートサイトで貯めまくるべ。

103 :7分74秒:2007/03/08(木) 23:15:51 ID:oeVo1KDB
著作集はタワレコとかのCDポイントがたまる店で買え。

104 :7分74秒:2007/03/10(土) 10:50:15 ID:2OVB8hxe
クトゥルー神話辞典に名前が載ってますた。

105 :7分74秒:2007/03/10(土) 19:44:29 ID:1DlhnPlP
作曲家としても音楽家としても、坂本龍一の方が上でしょう?

106 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/03/10(土) 22:45:02 ID:FU7iVKJM
武満徹 音の森への旅
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200703/tuesday.html

107 :7分74秒:2007/03/12(月) 08:01:59 ID:QOe4NkC0
>106
3月13日(火) NHK教育 知るを楽しむ・私のこだわり人物伝
朝5:05〜5:30 「音の魔術師・武満徹」(初回の再放送)
22:25〜22:50 「武満徹・日本の音を探る」

自然の中にある濃密な官能性を音で表現した作曲家、武満徹さんの音楽の世界を、
40年にわたって16本の映画でコラボレーションした映画監督の篠田正浩氏が
ひもといていくシリーズの2回目。
映画音楽が武満さんに与えた大きな影響が「日本」への視線である。
彼は日本の映画に音を付けるためには日本ならではの音が必要と考え、
尺八や琵琶などの邦楽器を積極的に取り入れた。それらの試みの中から、
音楽史に新しいページを開いた「ノヴェンバー・ステップス」は生まれた。

108 :7分74秒:2007/03/13(火) 03:52:01 ID:tRJW4EtU
危ねー、見逃すとこだった。

109 :7分74秒:2007/03/13(火) 08:10:10 ID:e+i2vGpo
うわあ、起きてたのに見逃した。再々放送しないかな。

110 :7分74秒:2007/03/14(水) 04:37:34 ID:RCrSEdCP
初回は黒澤監督と映画「乱」でもめた話が見せ場ぐらいだったかな。

オーケストラの音楽?楽器?ってやる気が湧くというか
盛り上がる感じだが、尺八や琵琶って緊張感があるな。

111 :7分74秒:2007/03/14(水) 13:34:40 ID:EIO6KbO1
武満詳しくないが
昨日ので、武満がドビュッシーなどを日本流にただアレンジしただけだという
アンチの意見が違うということはよくわかった。

西洋音楽に創めて日本の音を持ち込む難しさ。

112 :7分74秒:2007/03/14(水) 15:35:03 ID:+1xe24/q
アンチだってそこまで単純に非難してねえぞ

>西洋音楽に創めて日本の音を持ち込む難しさ
こんなのはそれ以上に単純アホくさな見方だぞ

まったくくだらない番組と見た

113 :7分74秒:2007/03/14(水) 18:07:57 ID:Ja6ZE44C
アンチはそんな事を批判しているわけではない。

「ドビュッシーとベルクを足しただけ(吉松)」
こんな事を言っているのはファン/アンチなんてものではない
ただの検討違い。

114 :7分74秒:2007/03/14(水) 19:41:42 ID:M1j0gdv8
初期の武満はコンクレートの手法で作曲してた。素材を加工して重ねあわ
せるるという手法。「日本の文様」は後のノヴェンバーステップスを予感
させる響きがちりばめられた美しい音楽。驚くのはコンクレートでつくら
れた響きをノヴェではほぼ忠実にオケで再現してる事。天才的だね。武満
音楽ってほんと奥が深い。「ドビュッシーとベルクを足しただけ(吉松)」
なんて言ってるやつはとりあえずほっとけ。(どうせこいつ慶應中退だし)

115 :7分74秒:2007/03/14(水) 21:08:21 ID:V3i2k6jE
吉松そんなこと言ってるの?
出典を教えてくれ。

116 :7分74秒:2007/03/14(水) 23:49:53 ID:sPj1YWzJ
吉松は結局耳も頭も悪いんだよ。
馬鹿なアングロサクソン受けする曲しか書けない。
自分の耳がアメリカに植民地されていることにも気づかない。
根本的に知性が低いよ。

117 :7分74秒:2007/03/15(木) 10:41:41 ID:wCEDM2IN
「ノヴェンバー・ステップス」
の一番良い録音ってどれ?

118 :7分74秒:2007/03/15(木) 12:13:21 ID:PKZGB6Gf
>115
検索キーワード「ドビュッシーとベルクを足しただけのような」

>117
井上盤(音質悪過ぎ)以外はそれぞれ魅力的。
若杉盤はインデックスが付いていて11段がわかる様になっている。
小沢トロント盤は、古いが、演奏者がみな若くて気迫がスゴイ。
小沢サイトウ盤は、円熟の境地。
岩城盤はLIVEのすご味。
ハイティンク盤、唯一の外国人

音質は新しければ新しいほどよいから若杉かな。
初演直後の雰囲気は小沢トロント盤かな。

119 :7分74秒:2007/03/15(木) 13:23:34 ID:1pJe+abB
吉松のその発言は、正確には
「耽美的な微温のハーモニーにまみれてしまった(ドビュッシーとベルクを
足しただけのような)80年代以降の武満トーンより、この60?年代の
天空に星くずをぶちまけたような色彩美あふれるオーケストレイション
の凄さこそが、武満さんの最大の魅力。」
といって「カシオペア」と「アステリズム」をほめている。

こうしてみると、たいして見当違いでもないし、吉松はちゃんと武満の
ことを評価してるじゃないの。
それにしても調性音楽好き、無調嫌いと思われがちな吉松が武満は
前衛的な時代のほうがよかったと言っているのはなかなかな発見ではある。

120 :7分74秒:2007/03/15(木) 21:28:45 ID:BDoUKNjS
そもそも武満は無調とは無縁。前衛的な作品でも音の分布に必ず偏り
がある。つまり(組織的というより偶発的にだが)常に中心音が存在
するということ。だから無調とは言えないんじゃないか?
>>119「たいして見当違いでもないし吉松はちゃんと武満のことを評価
してるじゃないの。」には同意。

121 :7分74秒:2007/03/15(木) 21:41:30 ID:hH7IZmmo
吉松は前衛音楽を聴くのは好きだと公言してる。
「音楽の友」2002年5月号のインタビューを参照。

122 :7分74秒:2007/03/15(木) 21:50:39 ID:RR/sTVCV
前衛音楽「だけが」真の芸術である、という風潮に異議申し立てをしているわけだな。

123 :7分74秒:2007/03/15(木) 21:55:16 ID:pTWDSqn9
そもそも>111が(自分で認めている通り)認識不足。
武満を批判しているのはアンチではない。
しかも(吉松同様)部分的であって全面的に批判している訳ではない。
>112.113の言うように「武満批判」はそんなに単純ではない。

そもそも誰がいつこのような↓単純な事を言ったのか具体例があれば教えていただきたい。
>武満がドビュッシーなどを日本流にただアレンジしただけだという
>アンチの意見

晩年の武満(トーン)は「耽美的な微温のハーモニーにまみれてしまった(ドビュッシーとベルクを
足しただけのような)」物ではない。もっと奥も深ければ、底も深い。

124 :7分74秒:2007/03/15(木) 22:54:47 ID:hH7IZmmo
こんなの見つけたので紹介しとく。
長木の現状批判は的を射ている。

パネル・ディスカッション4 武満徹と日本の作曲
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~sn/msjq2006/takemitsu.html

125 :7分74秒:2007/03/16(金) 01:07:53 ID:vOCuBxQ8
でも、言ってるのが長木というのが……
どうでもいいけど、川島元晴は誤植だな

126 :7分74秒:2007/03/16(金) 07:24:32 ID:kvjtIR17
>>120
「音の分布に必ず偏りがある」から「無調とは無縁」とはいえないでしょう。
それに、本当に中心音がいつもありますかね。
たとえば、ピアノディスタンスの中心音は何ですか? あれは無調とは
言えないんですね?
「ピアニストのためのコロナ」の中心音は? ということになっちゃう。
中期の混沌を狙ったオーケストラ曲なんかだと、わざと音の分布を
一様にしたところだってあるようだしね。

127 :120だが:2007/03/16(金) 09:58:34 ID:F1IpPALC
>>126
調性音楽以外はすべて無調と看なしてもいいという立場もあると思うけど
僕は厳密な無調化は調性音楽とおなじくらい厳密なしかけが必要だという
立場で言ってるんだけどね。ディスタンスやコロナ程度のしかけじゃ無調
にはならない。というかそもそも(厳密な)無調を意図してる音楽じゃな
い。中心音という言葉がいけないのなら核音でもいいよ。核音は複数でも
いいし、偶発的な存在でもいい。武満の創作において無調という概念はも
はや無効だと僕は思うけど。

128 :127だが補足:2007/03/16(金) 10:09:34 ID:F1IpPALC
しつこいようで悪いけど補足させて。モーツァルトのKv522
「音楽の冗談」て曲があるじゃん。あれの第4楽章のさいごの
3小節を無調とみるかどうかなんだけどね。僕はあれは無調で
はないと思ってるわけ。

129 :126:2007/03/16(金) 11:35:53 ID:/CKWbaza
>>127-128
まあ、意図的に中心音をなくして12の音を均等に配分することを狙った
12音音楽とかトータルセリエルぐらいしか無調とは言えないという立場
ということか。
もっとも12音でもベルクのヴァイオリン協奏曲のようなのもあるしねえ。
オレは明確な調性感を感じるもの以外はとりあえず無調と思ってる。
ピエロ・リュネールは12音ではないけど一般的には無調と言われるでしょ。
あれと同程度の無調音楽なら武満にだってあるだろうということ。
たとえば、オレのスタンスでは、「弦楽のためのレクイエム」を聴くと、
無調であれだけのメロディが書ける作曲家はそうはいない、ということに
なるんだけどなあ。もちろん、「レクイエム」はかなりな調性感が残って
いるとは思うし、上に上げた「ピエロ」よりもさらに調性的だと思う。
そう思うけど、やはりあれは自分の感覚では無調。

130 :128:2007/03/16(金) 17:48:02 ID:D2FPfKQH
>>129さん、レスありがとう。
結局 脳の認知の問題になっちゃうかも知れないね。カベにシミが三つ
あると人の顔に見えると言うアレね。コンピュータと違って人間の脳は
順番に情報を処理するのではなくて塊として処理していく性質を持って
るでしょう。。だからある音(群)に対して僕とあなたでは違った核音
を感じてしまう可能性は十分にあるわけだし、武満の作曲意図には最初
からそんなこと組み込まれているようにも感じる。ただ武満の創作手順
というか創作哲学というか、それを考えると「武満の創作において無調
という概念はもはや無効」という考えはやはり変わらない。結局初期の
作品から前衛的作品、そして「微調性」的な作品まで、武満音楽は基本
的にはあまり変わってないような気もするんだよね。まぁ、この話題は
もうこのへんでやめとくけど。。

131 :7分74秒:2007/03/16(金) 18:35:34 ID:VVnzjI1z
白(調)と黒(無調)の間には
無数のグレーがあるということです。

132 :名無しさん@Linuxザウルス:2007/03/16(金) 19:18:08 ID:Kr4AREOr
だとしたら全体からみて
完全な調性や完全な無調のほうが
めずらしいってことだね



133 :7分74秒:2007/03/16(金) 19:55:24 ID:hPmpdZeR
>>125
その先をききたいが。

弔旗もよく言うよ。「研究が不足している」という事実認識以外、
共鳴するところは皆無だな。
だいたい研究が上で、論は「論にすぎぬ」なんて思い上がりもはなはだしい。
批評より研究を上に置きたいだけなのか。
それとも、単に「体験」につきあう気力も実力もないだけなのか。
理科系やってる気かな?大学にいると、あたりまえのこともわからなくなる好例。

彼は、まさか研究で認められた音楽こそが、正統だなどと・・・。
(あと「海外で認められた」もある。むなしい価値観だねぇ。
 そんなことで音楽のよさが決まるわけではない。)


134 :7分74秒:2007/03/16(金) 19:57:03 ID:hPmpdZeR
あと、言うまでもないが、武満のまわりの演奏家>>>∞>>弔旗。
細川の旗振り役をやったものの、大した作曲家でないことがバレバレになってきて、
やっぱり武満でなきゃダメだ、になったのかな。


135 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/03/16(金) 20:51:32 ID:IMqGa+Os
> 生前の武満論は、武満の言葉が強いので、
> 周りにいた音楽評論家もみなひきずられていたと思う。
おお、ここは高橋悠治が全集第5巻で同じようなことを言ってるべ。
http://www.suigyu.com/yuji/ja-text/2004/takemitsu-song.html

>>133
「分ける」というのは何かを上に置いたり、下に置くことではないんだべ。

自戒も含めてなのかもしれないけど、今までの「武満をアカデミックに
とりあげようという人たち」がいつまでたっても「音楽学の基本」に立ち
返らず、「研究まがいの行為」(と長木は考えているはずだ)をしている
現状に苛立ちを覚えているのだろう。

しかしながら、日本の音楽学のなかで、自国の作曲家を研究する
土壌が少ないのは確か。
例えば、『音楽学』のバックナンバーを調べてみたらいいけど。
武満「研究」の環境が整うのにはしばらく時間がかかりそうだべ。

136 :7分74秒:2007/03/16(金) 21:23:47 ID:XWrbW/Pt
>>133
>その先をききたいが
レコ芸に書いてたろ

武満を演奏したり聴いたりする体験が、アカデミックな研究によって
深まるんだったら、いいんでないか
弔旗の書いてるのはそれだけのような希ガス
133=134はバイアスかかりすぎじゃん?


137 :7分74秒:2007/03/18(日) 10:11:00 ID:GGCvnsCT
一柳慧が著作(音楽という営み)の中で
武満論がいつも決まりきった評価の終始になっているのが
残念だと書いていたな。
もっと様々な見解が出てきてもいいのではないか?ということらしい。


138 :7分74秒:2007/03/19(月) 11:33:11 ID:fHiw7iZV
3月20日(火) NHK教育 知るを楽しむ・私のこだわり人物伝
ttp://www.nhk.or.jp/shiruraku/200703/tuesday.html
朝5:05〜5:30 「武満徹・日本の音を探る」(第2回>>107の再放送)
22:25〜22:50 「武満徹の愛した“うた”」

自然の中にある濃密な官能性を音で表現した作曲家、武満徹さんの音楽の世界を、
40年にわたって16本の映画でコラボレーションした映画監督の篠田正浩氏が
ひもといていくシリーズの3回目。武満さんは生涯"うた"にあこがれを持ち続けた。
軍国主義一辺倒の時代に耳にしたシャンソンが
「音楽=自由」への限りないあこがれを彼に植え付けた。
反戦の意志や自由への希求を歌に込めた武満さんの心に迫る。

139 :7分74秒:2007/03/20(火) 03:41:15 ID:O9/WO7v6
ポップス武満

140 :7分74秒:2007/03/20(火) 23:04:22 ID:QpTKH3Yj
武満さんがサザン好きとは知らんかった。

141 :7分74秒:2007/03/21(水) 02:23:00 ID:UmM2sJ43
ギタリストの大萩康司さんも「翼」をアルバムの中で取り上げていますよね。
彼のコンサートに行ったときのことですが、私はアンコールが始まってからずっと
「『翼』を演奏してくれないかなァ」と思いながら聴いていたのですが、
何曲か演奏したあと、最後の最後に「武満徹さんの『翼』を演奏します」って言ってくれて、
そうしたら会場から「おお〜」みたいなどよめきがもれて拍手がわきおこりました。
みんな「翼」が好きなのね〜、と思いましたよ。


142 :7分74秒:2007/03/21(水) 07:12:34 ID:Mq3uK2ox
サザンって叩かれること、一部で多いけど
武満氏は好きだったのか。
他にも井上揚水、ビートルズ、ツェッペリンとかも。

143 :7分74秒:2007/03/21(水) 10:40:08 ID:pPzBj0yF
ビートルズ・サザン・陽水は知っていたが、ツェッペリン・プリンスは初めて知って意外だった。

144 :7分74秒:2007/03/21(水) 21:24:13 ID:t1Z4pv3f
建築家・原広司と写ってるスナップがあったけど、
字幕スーパーが出てなかったのがツボだった

145 :7分74秒:2007/03/21(水) 23:12:49 ID:7iWj14T1
ツェッペリンは一柳慧も好きなはず

146 :7分74秒:2007/03/24(土) 10:34:12 ID:92XBSCb5
自選ってアルバムなんでアマゾンにないんだ?
レア?

147 :7分74秒:2007/03/26(月) 07:35:47 ID:JnAdhcvb
3月27日(火) NHK教育 知るを楽しむ・私のこだわり人物伝
朝5:05〜5:30 「武満徹の愛した“うた”」(第3回>>138の再放送)
22:25〜22:50 「奇才・武満徹の聴いた音」(第4回・ラスト)

148 :7分74秒:2007/03/27(火) 06:05:10 ID:/2LWJPtm
自然の中にある濃密な官能性を音で表現した作曲家、武満徹さんの音楽の世界を、
40年にわたって16本の映画でコラボレーションした映画監督の篠田正浩氏が
ひもといていくシリーズの最終回。「宇宙から聴こえてくる音」を送る。
晩年の武満さんは難解な表現を捨て、自然を題材とした音楽を次々と創作。
彼は、人間とこの世界を貫いている音の川の流れを取り出したのが
自分の音楽であると語っていた。
篠田氏は、武満さんの音楽には日本人のあらゆる自然観が入っていると話す。
その宇宙観や自然観に迫り、現代人に託したメッセージを考える。

149 :7分74秒:2007/04/05(木) 08:25:43 ID:Ymvh/FIx
ttp://www.operacity.jp/concert/topics/070302.php
こんなんあった。タワーでしか売らないみたいだけど
ttp://www.operacity.jp/concert/2006/060528.php
ここを見たらラジオで放送されたみたいだけど、聞いた方いますか?

150 :7分74秒:2007/04/08(日) 05:44:48 ID:NEUU4CIm
なんでこんなつまらん音楽が評価されているのだろう
欧米人のエキゾ趣味にも困ったものだ

151 :7分74秒:2007/04/09(月) 01:31:11 ID:nHkia8Wq
>>150
どの曲きいてそう思った?

152 :7分74秒:2007/04/09(月) 02:04:59 ID:creDFP/l
>>151
CD十数枚聴いた限りではほとんど全て

153 :7分74秒:2007/04/09(月) 09:58:33 ID:creDFP/l
>>149
その音源悪くなかった
個人的には、武満聴いたことないけど興味ある、って人に今後薦めようと思う一枚

150や152みたいなこと書いてる俺の意見は参考にならんかもだけど

154 :7分74秒:2007/04/09(月) 10:42:27 ID:O8DMLoS5
ARCの新録音聞いた?
ロンドンシンフォニエッタの

155 :7分74秒:2007/04/10(火) 02:29:42 ID:i4KLEzA4
>>153
返答に困るwでもありがとう、参考にします

156 :7分74秒:2007/04/16(月) 00:46:18 ID:n0Z3jKY3
カシオペアはツトム・ヤマシタのと聴き比べると面白いよ。
ライナーにカシオペアとジェモーの楽器配置図(ジェモーは写真も)が載ってていい感じ。

157 :7分74秒:2007/04/21(土) 00:35:38 ID:YYey449m
出身校の校歌が武満作曲だということに今日気付いた orz

158 :7分74秒:2007/04/21(土) 13:08:51 ID:Mt/AMXG6
>157
どちらの学校ですか?
普通に気になります。

159 :7分74秒:2007/04/21(土) 18:56:50 ID:k8qq5WvN
>>158
作曲:武満徹、作詞:谷川俊太郎
というもの凄い校歌です。超絶曲過ぎて歌えません(嘘)
ググると簡単に判ります。

160 :7分74秒:2007/04/25(水) 11:18:58 ID:AE48QSVf
四日市の高校と、東村山市の小学校ぐらいかな。
どっちも全集に入れる予定だったが権利関係をクリアできずに
未収録。この他北海道美幌町町歌というのもある。

161 :7分74秒:2007/04/25(水) 11:21:44 ID:AE48QSVf
ちなみに谷川俊太郎作詞の校歌は結構多いね。
これに曲をつけた作曲者の顔ぶれを見ると、
武満のほか、湯浅譲二、林光、諸井誠、広瀬量平などという現代音楽
バリバリの人から、小室等、谷川賢作(笑)、なんてのまである。

162 :7分74秒:2007/04/26(木) 08:37:10 ID:RdLJAi9G
なぜ谷川賢作に(笑)をつける。結構いい作曲家じゃないか。

163 :7分74秒:2007/04/26(木) 12:57:14 ID:g5BVnrje
>>162
そりゃ、そうかもしれないけど、親子共演って、依頼元がはじめから
この2人に依頼したのか、作詞を依頼したら作曲家がついてきたのか
にもよるな。
谷川賢作に作曲だけ依頼したら谷川俊太郎の詩がついてきたりしたら
すごいけど。

164 :7分74秒:2007/04/26(木) 12:58:29 ID:g5BVnrje
まあ、しかしいくら谷川親子が実力があるとはいえ、芥川龍之介・也寸志
親子には負けるな。

165 :7分74秒:2007/04/27(金) 17:52:43 ID:ElZaTsBb
確かにな。
でも谷川家は俊太郎の親父の徹三さんも凄い哲学者だったらしいからな。

166 :7分74秒:2007/04/27(金) 23:08:05 ID:RKqDNAx3
親子で思いつくのといえば、こんなもんかな?

高浜虚子・池内友次郎親子
諸井三郎・諸井誠・諸井虔親子
石井漠・石井真木・石井歓親子
松平頼則・松平頼暁親子
尾高尚忠・尾高惇忠・尾高忠明親子
坂本一亀・坂本龍一親子
夏田鐘甲・夏田昌和親子

167 :7分74秒:2007/04/28(土) 10:38:22 ID:k56ER5og
坂本龍一の親父って何していた人なの?

168 :7分74秒:2007/04/28(土) 22:06:21 ID:0B5jQsUD
河出書房新社の編集者

169 :7分74秒:2007/04/30(月) 09:48:37 ID:kJDYZdyh
>>168
めっちゃ普通の人じゃん。

170 :7分74秒:2007/04/30(月) 14:03:51 ID:29mSMLyQ
>>169
ただの編集者ではない。
三島由紀夫をはじめとする純文学小説家を何人も世に出した、文壇や出版界の中では伝説的な人。

171 :7分74秒:2007/05/01(火) 03:21:01 ID:XH4bRX9g
伝説の編集者〜とかって本出てるしな

172 :7分74秒:2007/05/02(水) 04:21:27 ID:nbGPekd3
「仮面の告白」を出版させたのは坂本一亀の力が大きい。
大岡昇平も書いてたけど、YMOの中に一亀さんの息子がいるのでビックリしたよ、的なノリのほうが
先だったと思うが。

173 :7分74秒:2007/05/02(水) 10:01:25 ID:BbvFjqpD
>>172
>「仮面の告白」を出版させたのは坂本一亀の力が大きい。

当時23歳の大蔵官僚で、短編のみで知られていた新進作家の
三島由紀夫の才能を見抜き、書き下ろし長編を依頼した眼力は凄いよ。

174 :7分74秒:2007/05/02(水) 10:04:16 ID:BbvFjqpD
>>172

>大岡昇平も書いてたけど、YMOの中に一亀さんの息子がいるので
>ビックリしたよ、的なノリのほうが先だった

今では、坂本一亀自身が、自己紹介で「坂本龍一の父でございます」と
言って笑いを取るらしい。

175 :7分74秒:2007/05/02(水) 18:42:17 ID:nbGPekd3
>>174
ハハハ
それ面白いね。
君は詳しそうだから、あの世のことをもっと教えてよ。

176 :7分74秒:2007/05/02(水) 18:47:26 ID:nbGPekd3
>>173
うん。
それに、三島本人は作家志望ではなかったでしょ。「花ざかりの森」を書いて以降は、
やる気なかったと語ってるし。初期作品だけでは、見方によっては、ダメぽな青年とも断ずることができる。

そこから才能を見抜いて、オラオラと突っ切らせパワーは坂本一亀でこそなしえた仕事だと、
とりあえずほめておくこともできる。

177 :7分74秒:2007/05/04(金) 10:31:06 ID:Gd0U64nB
武満徹のギター作品集でおすすめの音源があれば、ぜひ!

178 :7分74秒:2007/05/05(土) 22:12:50 ID:ySCTPXlM
広島と言う名の少年が俺は好きだ。

179 :7分74秒:2007/05/11(金) 10:17:20 ID:LjW0TEIu
♪青空み〜たら

180 :7分74秒:2007/05/14(月) 02:59:26 ID:PRD4Q91a
>>177
鈴木大介『どですかでん』(fontec FOCD9145)をお薦めします。
正確に言うと「ギター作品」集ではなく、
ギター演奏による武満の映画音楽作品集(一部ギター作品も含む)、ですが。
ゲストとして渡辺香津美さん(g)と岩佐和弘さん(fl)が参加されています。

181 :7分74秒:2007/05/14(月) 13:04:17 ID:C7p0DY8H
>>177
鈴木大介、ブランドン・ロス、ツトム・ヤマシタの『夢の引用』
映画音楽をギター三本(山下はベースギター)でやってます。

182 :7分74秒:2007/05/21(月) 11:07:25 ID:BKlm63nw
>>180
>>181
ありがとう

183 :7分74秒:2007/05/27(日) 19:34:06 ID:+JHUwsX9
弔旗もよく言うよ。「研究が不足している」という事実認識以外、
共鳴するところは皆無だな。
だいたい研究が上で、論は「論にすぎぬ」なんて思い上がりもはなはだしい。
批評より研究を上に置きたいだけなのか。
それとも、単に「体験」につきあう気力も実力もないだけなのか。
理科系やってる気かな?大学にいると、あたりまえのこともわからなくなる好例。

彼は、まさか研究で認められた音楽こそが、正統だなどと・・・。
(あと「海外で認められた」もある。むなしい価値観だねぇ。
 そんなことで音楽のよさが決まるわけではない。)
あと、言うまでもないが、武満のまわりの演奏家>>>∞>>弔旗。
細川の旗振り役をやったものの、大した作曲家でないことがバレバレになってきて、
やっぱり武満でなきゃダメだ、になったのかな。


184 :7分74秒:2007/05/27(日) 19:34:58 ID:+JHUwsX9


185 :7分74秒:2007/05/27(日) 21:31:12 ID:tI9idNDP
>>182
何ヶ月も遅れている

186 :7分74秒:2007/05/27(日) 22:35:53 ID:T3eYomMr
武満賞は誰がとったの?

187 :7分74秒:2007/05/28(月) 00:19:25 ID:djVXeKEA
>>185
?

188 :7分74秒:2007/05/29(火) 09:09:19 ID:qKpAmWyk
5月30日(水) 朝10:05〜10:30 NHK総合 知るを楽しむ選
「私のこだわり人物伝・武満徹・音の森への旅“映画という実験室”」
※全4回で5月30日(水)〜6月1日(金)&6月4日(月)の同時間帯にて放送

189 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/05/29(火) 10:23:41 ID:Lw1TMGLP
しばらく気になってたんだけど、武満の死因を複数の書籍から調査し、
Wikipedia日本語版において、「膀胱がん」とあったのを「間質性肺炎」に訂正した。

190 :7分74秒:2007/05/29(火) 19:15:40 ID:UOGdUSGm
美空ひばりといい、武満といい、
間質性肺炎はこわい病気じゃおのう。

それにしても、なっち殿は細かい方じゃ。


191 :7分74秒:2007/05/29(火) 19:47:18 ID:wyDBmIW7
tp://p2.chbox.jp/read.php?url=http://music6.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1133321348/152-159

192 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/05/29(火) 21:45:59 ID:Lw1TMGLP
ショスタコーヴィチは心臓病で死んだというのを何かの評伝で見たけど、
直接の死因は肺がんらしいべ(千葉潤『ショスタコーヴィチ』音楽之友社)。

年をとると、病気を複数抱えることが当たり前になるから、
何が死因なのかはっきりしないことが多いんだべ。
武満ががんで死んだというのは間違ってはいない。
がん治療は、手術にせよ、抗がん剤にせよ、放射線にせよ、
体の抵抗力を落とす起因になりうる。
従来抱えていた病気が悪化したり、新たな病気を抱えることはごく普通。

193 :7分74秒:2007/05/31(木) 11:01:27 ID:k+X0lP3K
死ぬ少し前に筑紫の番組に石川セリと二人で出てきたけど
ひどく孤独な顔してたな
なんで石川セリなのかよくわからなかったけどユーミンよりはいいと思った
魅力のある男で友達がたくさんいたってのはあちこちに書かれてたけど
あんな孤独な顔になっちまうんじゃ
金や友達はいくらあっても仕方ないと思ったな

194 :7分74秒:2007/05/31(木) 20:52:42 ID:FaUSqKQH
武満さんを最後にみたのはサントリーホールだったけど、ロビーでハナ歌うたってた。
あの花歌、おぼえておけばよかった。タケミツ最後の作品だったかも。(なわけないよね)
でも、この前テレビで、武満浅香さんが「私が武満とやってこられたのも、映画という共通の
ものがあったからかも。」と言ってたけど、武満って、奥さんや娘には、けっこうワガママで
ヤなやつだったのかも。浅香さん「家で仕事してる人の奥さんて、けっこう大変なんですよ。」
なんてことも言ってたしね。家で仕事してる人の奥さん、どう思います?

195 :7分74秒:2007/06/02(土) 00:37:34 ID:kPenYzO0
大変の中身は、私のほうを向いてくれないという女共通の話なので、
武満徹の仕事とは関係ありません、と言いたい。

196 :7分74秒:2007/06/05(火) 23:45:13 ID:EcHURG2B
194は違うよ。武満はたいへんな恐妻家。妻と娘の奴隷だった。少しそばで観ればすぐ分かる。
ほんとうにかわいそうな人だった。結核時代に妻に養ってもらって一生頭が上がらなくなったんだね。

197 :7分74秒:2007/06/05(火) 23:50:54 ID:EcHURG2B
でもあの妻が働かせたから、あれだけ曲書けたんだとは思うよ。

198 :7分74秒:2007/06/06(水) 00:14:28 ID:/t6o8LNF
浅香さん、鼻の穴でかいしね。

199 :7分74秒:2007/06/06(水) 06:17:13 ID:/OWy75vV
なんで芸大落ちたんですか
なんか15才位から才能は露わで武満がポロンポロンってピアノから音出してみせたら
天才が目の前にいるって驚嘆した友人がいたらしいが

200 :7分74秒:2007/06/06(水) 07:32:13 ID:r6tKUNU2
>>200
自分で大学行くの止めたんだよ。
受験の日に映画見てた。

201 :7分74秒:2007/06/06(水) 14:04:54 ID:QQ7F/QLZ
受かる自身がなかったから映画みてたんでしょ。準備は相当し、学内の様子を聞き出すために芸大の学生に粘着し迷惑がられていた。
それは複数の証言があるので、あと何年かすれば本にも載るようになるだろね。
若い頃の武満はただのへんな奴で、秋山邦晴でさえ鈴木博義や福島和夫よりも才能がないと思っていた。
それを努力して逆転したのが凄いとこなんだよ。
「15才位から才能は露わ」とか、有名人によくある、とってつけた後出し伝説。



202 :7分74秒:2007/06/06(水) 18:22:25 ID:B+cf2ZGm
>家で仕事してる人の奥さん、どう思います?

よく聞いてくれたわ。あたしねえ・・・

あ、オレ男だった。


203 :7分74秒:2007/06/07(木) 14:58:34 ID:KIgEiDi9
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
心のド真ん中に いつも 昔の恋人がいる part.7 [既婚男性]

泣いた

204 :7分74秒:2007/06/07(木) 19:59:34 ID:eYTFD9hW
>>201
15才の時の話しは、もしかしたら「とってつけた後出し伝説」かもしらん。が、
20才の時には、もう明らかに天才だと、わかる人にはわかったと思う。
伝説があっても、なんの不思議もない(秋山にわかったかどうかは、極めてあやしいが)。
武満の努力は疑わないが、才能の欠如を補うような努力はしてないよ。
むしろ才能あるゆえの努力しかしていない。

念の為、言っておくと、そういう香具師だけが、いい作曲家だとは言っていない。

ただ、一見「晩成」型であっても、努力だけでああなれるもんじゃない。
(もちろん「ああなる」とは、単に「国際的に活躍する」とかではなくて
「武満のようにすぐれた作曲家になる」ことを言っているのは言うまでもない。)
 

205 :7分74秒:2007/06/07(木) 21:02:43 ID:4d1yh3/4
いやあ、そうじゃないんじゃない?
才能のある奴って言うのは、才能の分だけ努力しないと、才能につぶされるんだよ。
才能と努力は対義語ではなくて、ほとんど同義だよ。
才能のない奴が努力で何とかなるって持ってるかも知れないけど、
その程度の努力じゃどうにもならんのよ。

206 :7分74秒:2007/06/07(木) 21:26:48 ID:eYTFD9hW
>才能の分だけ努力しないと、才能につぶされる

>>才能あるゆえの努力
って、むしろそのことが言いたかったくらい。


207 :7分74秒:2007/06/07(木) 22:30:04 ID:vhdbPL6k
>>204
確かに武満は響きのイメージを持っていたと思う。ほぼ最初から。
その意味で天才かもしれない。
でも、それをいかにリアライズするか。
映画や放送の現場を含め、楽器をどう使うとイメージ通りになるかとかさ、
その努力を怠らなかったことが凄いって話だと思うけど。
作曲は職人芸なんでさ。
武満は特に職人芸なんでさ。
年季が入ったから、晩年の大きなオーケストラを使って、あれだけいい音させられたわけで……。
いくら天才でも技をおぼえないと、作品で天才を証明することはできないわけで。
特にオーケストラ書くのはそうでないかと思う。

208 :7分74秒:2007/06/08(金) 10:15:33 ID:1t/OfypP
ヨーロッパでは貧乏人の小倅が音楽で財をなすことは可能だったんだろうけど、
武満以前は、日本で作曲家になれるのは財力も人脈もある恵まれた環境に生まれ
た一部の人間に限られてたわけだからね。武満音楽に対する好き嫌いはあるにし
ても、日本からああいう人が出たという事は、やっぱりすごい事じゃない?
あれは天才と認めていいと思うよ。だからこそ作曲やりたいやつは、決して武満
をモデルにしてはいけないって事にもなるけど。

209 :7分74秒:2007/06/08(金) 11:49:18 ID:T0vFO22E
岩城宏之なんかが彼の初期のある種の楽譜を見ると、それはもう
うまく書かれていないことが歴然としているそうだ。
たとえば管楽器のための室内協奏曲とか、合唱のための風の馬とか。
これが弦楽のためのレクイエムなんかだとそうでもないらしい。
彼の楽器の使い方については、元から持っていたある種のイメージを
実現するためのエクリチュールは、後から身につけたものというのは
明らかだ。

210 :7分74秒:2007/06/08(金) 11:51:52 ID:T0vFO22E
>>208
早坂文雄なんかは財力も無ければ人脈も無くて苦労したけど
最後はいっぱしの作曲家になったのでは?
チュレプニン賞なんかは誰でも応募できたのだろうし。

211 :7分74秒:2007/06/08(金) 15:47:46 ID:RJbILDMb
人が何事かをなすには若く無名で貧乏でなければならない
なんて言葉を信じて
戦後の平等教育を受け
身近にいた裕福な家庭の子女子弟は馬鹿ばっかりだったから
確かにそれはその通りだなんて思って今
若さを失いささやかな虚名と財をなして省みると
漏れなんかは例外中の例外だったんだな

格差社会が広がると日本はいったいどうなってしまうんだろう
再びからゆきさん生み出すつもりなんだろうか


212 :7分74秒:2007/06/08(金) 23:42:05 ID:6wbAFf48
「ある種のイメージ」は、しかし音楽的なものだし、
(たしかに彼は、絵を描いたり、言葉を記したりして発想したが)
「あとから身につけた」と言っても、
「才能無しが、努力して追いついた」ようなものとは
全く違うことは、確かめておかないと。
   

213 :7分74秒:2007/06/09(土) 17:44:02 ID:p/GWmMox
そんなの当たり前だろ。

214 :7分74秒:2007/06/10(日) 00:18:46 ID:AEFdRwCC
>>213
「当たり前」とオレも思うけど、
209氏のように言う人だっている。

ちなみに「風の馬」は、レクイエムよりそうとう後の曲。




215 :7分74秒:2007/06/10(日) 02:06:42 ID:TAv3zn0V
才能があると、それに見合う努力をしないと、本人が才能につぶされる可能性がある。
これは正しい。
結局、本人に備わったものとつきあっていく。
「徳」という言葉を中国哲学は考えたわけだが、そうなると才能の有無は問わないわけです。

216 :7分74秒:2007/06/11(月) 08:14:32 ID:RRyQhJ+L
中国は広いゼ

中国人の目は△だゼ

217 :7分74秒:2007/06/11(月) 13:28:05 ID:DqacbZE6
Toru Takemitsu (武満 徹 Takemitsu Toru, October 8, 1930 - February 20, 1996)
was a Japanese composer, author of crime fiction, writer on aesthetics and music theory,
and celebrity chef.[1]

作曲家であり、犯罪小説作家であり、美学・音楽理論家であり、セレブリティ・シェフである。
っておいおい!

218 :7分74秒:2007/06/11(月) 18:16:45 ID:Hshllxy4
 

219 :7分74秒:2007/06/12(火) 21:26:56 ID:53kcuu9k
>>210
若くして死んでなければ、武満のポジションにいたかもね。ただ、黒沢監督に言われるままに、
ラヴェルのボレロをダメにしたような音楽を書いてたけど、あれはちょっと。。。。

220 :7分74秒:2007/06/12(火) 21:31:12 ID:iQzfHiCs
あのボレロがいいんだよ。

221 :7分74秒:2007/06/19(火) 20:16:36 ID:FaDJ8TFI
>>219
それなりの立ち位置にいたと思われるが、
武満の才能は、前の世代にはなかったタイプに思える。



222 :7分74秒:2007/06/20(水) 21:07:45 ID:iKkAiJnO
>>220
あれはいいな
笙の霧が立ち上るような音に続いてボレロのリズムが始まるとこなんざ
ラヴェルよりよほどゾクゾクする

ところで鶴田と横山のエクリプスっていくつか録音あるけど
フィリップス
ビクター(66)
ビクター(70)
ポリドール
の四つで全部?

エクリプスの楽譜の写真とか詳細な解説が見られるサイトは、ないでしょうか


223 :7分74秒:2007/06/25(月) 19:16:23 ID:vb0eoHQ0
さいとはなかったけど うんちをした

224 :7分74秒:2007/06/25(月) 19:57:42 ID:W0Nodkx0
age

225 :7分74秒:2007/06/30(土) 13:15:37 ID:uvoifUld
>222

ビクター(70)
これなんだっけ

226 :7分74秒:2007/06/30(土) 14:55:07 ID:Kc2Iprpa
水の風景が一番好き

227 :7分74秒:2007/06/30(土) 22:25:29 ID:swq+43GY
水の風景ってなに?

228 :7分74秒:2007/06/30(土) 22:42:25 ID:m0gIf2yD
>>225
タワーで最近CDが出た
全集とは別の録音

229 :7分74秒:2007/07/01(日) 03:52:27 ID:hcqNyqDZ
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        | ○。         l  
       ノノ)            从   
      ( i从 〓〓ノ   〓〓 从从   
     从从 -=o=-   -=o=- 从从  
     从从        l      从从) 
     (从:.|.∴ヽ    ∨    /∴从人)   <まあいやらしい…
    (人人| ∴!  ー===-' !∴.|从人)  
     (人人| ∴!  しw/   !∴|从人) 
    (人人| ∴!        !∴|从人) 
    (人人人_______ 人人ノ

230 :7分74秒:2007/07/02(月) 13:27:53 ID:9jSSqQcu
Toru Takemitsu Film Music
http://www.youtube.com/results?search_query=takemitsu+shinoda

231 :7分74秒:2007/07/09(月) 19:47:19 ID:VYFqRVeO
タワレコ横浜で完売、再入荷ナシですと。
さすがに格が違うね。

残りは早い者勝ち
武満徹の宇宙/東京オペラシティ コンサートホール 開館10周年記念盤
h ttp://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1522330&GOODS_SORT_CD=102

232 :7分74秒:2007/07/09(月) 20:25:34 ID:H+USx8mL
さすがに格が低くてプレス枚数が少ないと言うことか。

233 :7分74秒:2007/07/09(月) 21:33:00 ID:1rroH4vB
格云々の問題じゃなかろう

234 :7分74秒:2007/07/10(火) 15:36:48 ID:QPRhFH8/
え、もう無いの?
早く買っておこう。
悠治の演奏も貴重だしな

235 :7分74秒:2007/07/12(木) 20:04:40 ID:hcKl7bsx
そもそも武満って、作曲家としてのポジションはどのへんになるのかな?
僕は、レスピーギの次ぐらいじゃ無いかと思うけど。(それじゃ低すぎ?)

236 :7分74秒:2007/07/12(木) 21:30:03 ID:PF2GJWej
じゃあレスピーギの次でいいです。

237 :7分74秒:2007/07/12(木) 21:48:45 ID:kjstSc0v
ベリオの次ぐらいだろ

238 :7分74秒:2007/07/13(金) 01:32:52 ID:BuZq0/Rh
フリージャズが好きなんですけど 一部の現代音楽と聴く
時の感覚が 似てる気がするんすけど

239 :7分74秒:2007/07/13(金) 06:15:10 ID:zr9kb6Xl
ジャズは即興表現のために色々な方法論を融合した音楽だから、当然現代音楽も取
り込まれてる。フリー系に話を限らなくても色々影響は見て取れる。
1973〜75年位の電化マイルスは出してる音はロックやファンクだけど、自身も語る
通りシュトックハウゼンの影響を大きく受けてる。
キースジャレットのソロピアノもフォークやゴスペルっぽいのやったと思ったら、
クラスターばんばんの演奏始めるし。キースと武満は対談もしてる。

240 :7分74秒:2007/07/13(金) 12:30:52 ID:mL/TcMYh
>>235
それじゃ低いと思う。

241 :7分74秒:2007/07/13(金) 21:56:55 ID:uml+6o3p
>>235
それじゃ高すぎると思う

242 :7分74秒:2007/07/13(金) 23:23:57 ID:gm96q8Sa


















































勉強になるなあ

243 :7分74秒:2007/07/14(土) 18:13:02 ID:9do3o+ny
作曲家の偉大さってやったことの斬新さ
作曲界における作品の影響力みたいなもんで測られるもんでしょ
武満さんは音楽史的にみて何か斬新なことしましたか?
海外の作曲家に何か影響を与えてますか?

個人的には日本という欧米のインテリからみて独特の情緒があり
それなりに有名な国だったからこそ
日本の代表にさせられて、本来の実力より巨大化させられた存在って
気がする(スポーツ選手でもいますね、そういう人

来日した海外のオーケストラが申し訳ていどに武満の短い曲を演奏していくのを見ると
日本=武満でくくられてしまってる安易な状況が透けて見えるなあ
海外の表面的には高い評価を変に勘違いして
無批判に武満を崇高化続けている日本の現状も気に食わない

244 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/07/14(土) 18:36:18 ID:gbwNVNxD
ブラジルの作曲家といったらヴィラ=ロボスだし、
アイスランドの作曲家といったらレイフスだし、
オーストラリアの作曲家といっ(以下略)
みたいなもんだべ。

スメタナやドヴォルザークやヤナーチェクがいなかったら、おそらく
マルティヌーが「チェコにおける最も偉大な作曲家」として語り継がれたろう。
武満だって、未来の人によって「日本の偉大な作曲家」の椅子から
蹴り落とされるかもしれない。

245 :7分74秒:2007/07/15(日) 04:11:40 ID:2DEawQ7H
ノルウェー人の書いたグリーグの本なんて読むと、ものすごい持ち上げよう
なんだよね。
私見では、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア以外の国で、その国を
代表する作曲家の国内での評価が国際的にも通用するのはショパンと
バルトークぐらいしか思いつかない。

で、武満はどうかというと、彼と同世代の日本には国際レベルで見ても
すぐれた作曲家は何人かいると思うけれど、やはり武満の独自性と
普遍性はちょっとリードしていると思う。国際レベルで20世紀後半を
代表する作曲家の一人だとは思う。

246 :7分74秒:2007/07/15(日) 08:55:18 ID:2VfeeBUc
坂本龍一が、メシアンは百年後には数曲残っているだけかもしれないけれど、
武満徹とビートルズは百年後にも確実に残るって話していたね。

247 :7分74秒:2007/07/18(水) 02:13:34 ID:nNdypxnh
>>231
「武満徹の宇宙」ってDVDというわけにはいかなかったのかな?
特に「カシオペア」はヴィジュアル的要素が強くて、ソリストの
振りまで細かく指示されているはず。
>>246
ビートルズっていうところが、いかにも坂龍らしいねW

248 :7分74秒:2007/07/18(水) 03:21:58 ID:4DpYsMOq


















































ふーん

249 :7分74秒:2007/07/19(木) 05:05:42 ID:hQ+MI8PS
ブラジルの作曲家といったらジョビンなんだよ。現実社会では。
そして坂本も武満も百年後には残らないんだよ。現実社会では。

250 :7分74秒:2007/07/19(木) 17:12:43 ID:AGhKEDbO
>>249
ブラジルの作曲家といったらジョピンには同意だが、
武満さんの音楽が100年後残らないには反対。
多分今より知名度上がっている気がする。

251 :7分74秒:2007/07/19(木) 20:05:35 ID:ccZo5Iuy
>>250
i think so.

武満徹は残ると思う。実験工房時代のヴァイオリン作品を聴いて、驚嘆した。
ここまで強さを持ってるとは思わなかった。それまで馬鹿にしてました、スイマセン。
坂本龍一と比べると、坂本の作品には武満さんほど強度を持ったそれが少ない。


252 :7分74秒:2007/07/19(木) 20:44:26 ID:8+0adLLC
実験工房時代のヴァイオリン作品たってメシアンのものまねじゃないですか。

>驚嘆した
>ここまで強さを持ってるとは思わなかった

小泉純一郎ですか?

253 :7分74秒:2007/07/19(木) 20:46:31 ID:ccZo5Iuy
はい

254 :7分74秒:2007/07/19(木) 23:39:57 ID:k/oOzijX
>>253
わー本物の小泉さん!?
前から聞きたかったんだけど、セックスはどうしてるの?
やっぱエロいセフレが何人もいるの?いーなー!感動した!

255 :7分74秒:2007/07/20(金) 04:52:51 ID:mn5k6Mcl
大した作曲家でもないメシアンの、さらに二番煎じの武満が、
百年後の人々に聴かれてるわけないだろwww

256 :7分74秒:2007/07/20(金) 12:48:12 ID:BCv/HHCD
ヽ(`Д´)ノ ベンベン ゴシゴシ ベン ゴシゴシ !!


257 :7分74秒:2007/07/20(金) 16:24:14 ID:2C5IhHJJ
武満は本物だと思うけど、>>251の言う「妖精の距離」はあまりに
メシアンからの影響が強すぎる。
メシアンの「ピアノのための前奏曲」のいくつかの曲と全く同じフレーズ
が登場するのであれっと思う。
同時代の「遮られない休息」はメシアンの
影響を見せながらもあれだけ独自の世界を持ってるのに、って思う。

258 :7分74秒:2007/07/20(金) 20:30:49 ID:dMNWK8A2
カトレーンなんか、メシアンの「世の終わりのための」に酷似した
フレーズで溢れてるね。編成についてはメシアンの許可をもらったらしいが。
常々思うんだが、例えばショパンの子犬のワルツってシュトラウスの「春の声」
がヒントになってないか?革命のエチュードに至ってはベートーヴェンを研究し
つくした跡がありありだし。まァ、武満は結局、彼独自の世界を持ってるから。
テクスチャーの点ではメシアンを超えてると思う。やはり高く評価したい。

259 :7分74秒:2007/07/21(土) 00:20:23 ID:0+MNuOt2
>ショパンの子犬のワルツってシュトラウスの「春の声」

時代逆じゃないか

260 :7分74秒:2007/07/21(土) 03:18:17 ID:nwkcigKr
そのうち、メシアンが武満をヒントにしたって言われるようになると
言いたいんじゃないのw

261 :7分74秒:2007/07/21(土) 04:16:14 ID:veJ9MWMG
アナルで遊んでて、こんにゃくをグッと押し込んだんです。
そしたら出てこなくなっちゃって。いくらりきんでもダメ。
先を細くした方から入れたからでしょうか。
どうなるんでしょう。皆さん、教えてください。

262 :7分74秒:2007/07/23(月) 19:39:31 ID:Cj4R5SA9


263 :7分74秒:2007/07/23(月) 22:20:13 ID:PvsxFpLO
 ブラジルの作曲家といったらジョビンだが
ポーランドの作曲家といったらチョピンだな

264 :7分74秒:2007/07/24(火) 13:05:13 ID:FWR+r6O3
君、良いよ、センスある。

265 :7分74秒:2007/07/26(木) 16:10:11 ID:fvINvk/u
突然だけど、武満の作品と最も相性のよさそうな指揮者はケント・ナガノだと思う。
小澤征爾がサイトウキネンを次世代に譲るときがきたら、毎年の武満プロはナガノに振ってほしい。

266 :7分74秒:2007/07/27(金) 00:26:13 ID:5sBvTVLE
( ^ω^)ベンベンゴシゴシベンゴシゴシ!!




( ^ω^)ベンベンゴシゴシベンゴシゴシ!!




( ^ω^)ベンベンゴシゴシベンゴシゴシ!!

267 :7分74秒:2007/08/03(金) 22:20:14 ID:u5iZzX+K
>>258
歴史を棄てろ、って書いてたよ

268 :7分74秒:2007/08/03(金) 22:36:16 ID:GmcRqUOr
系図って武満のなかでは評価の低い曲なんだろうか。

269 :7分74秒:2007/08/03(金) 23:36:32 ID:aw3+vCJh
「マイ・ウェイ・オブ・ライフ」や「系図」から、武満晩年の「オペラ」が
どのような響きを構想していたのかを推測することができよう。

「系図」は作品として出来がいいとかわるいとかいう問題ではなく、
武満の最晩年の、わかりやすい、「うた」を重視した作風の代表作
として考えるべきだろう。

270 :7分74秒:2007/08/03(金) 23:58:48 ID:U3EGv4Mi
>武満の最晩年の、わかりやすい、「うた」を重視した作風の代表作

「系図」は若いときからの映画音楽のまんまという一言だけで足りるし
「うた」を重視した作風にふれたければ
映画のサントラ聴いた方がずっといい

271 :7分74秒:2007/08/04(土) 00:00:49 ID:2qqXXnI2
だいたい谷川の陳腐なテキストの語りが
誰がよんでも恥ずかしくて聴いていられないよ

272 :7分74秒:2007/08/04(土) 00:02:35 ID:2qqXXnI2
まんことちんこだけずっと言ってろよ>谷川

ほんとうに幼児的な詩人だ。

273 :7分74秒:2007/08/04(土) 07:07:22 ID:7WNQkT4D
まあまあまあ。
「系図」は、最初から最後までべったりの調性音楽というわけじゃなくて、
ほのかな調性が見え隠れする中で、時折、明確に調性のあるフレーズが
出てきて、そういう場面になると、不覚にもほろっとくる。
最後のアコーディオンの部分なんか、こんな安っぽい、なんて思いながらも
だめなんだよなあ、ああいう仕掛けはずるいよ。
で、楽譜見るとずいぶん複雑なリズムで声部の「ずれ」が記譜されてて、
そういうもどかしさみたいな表現を奏者のエスプレッシーヴォに期待
するのでなしに譜面として定着させる技術も凄いと思う。

274 :7分74秒:2007/08/04(土) 08:20:30 ID:CFB/vu8W
自筆楽譜の全集があればなぁ。

275 :7分74秒:2007/08/04(土) 08:45:44 ID:wuSyIPV7
その前に「ソリチュード・ソノール」の出版をどっかに希望しようか。

ちなみに、かなり前にショットの人に聞いたら、楽譜を管理して
いないので、出版できないって。

276 :7分74秒:2007/08/04(土) 10:38:19 ID:CFB/vu8W
世田谷美術館で見た武満徹自筆楽譜は作品から受ける力と同じくらいのものを感じさせた。

277 :7分74秒 :2007/08/04(土) 15:44:20 ID:2qqXXnI2
「ソリチュード・ソノール」は音友版をどっかでコピーすればいいじゃないか。
古書でもときおり売りに出ている。

278 :7分74秒:2007/08/04(土) 21:14:27 ID:MZLdpBgu
なるほどね うまいこというね 
なにがそうなのかは別にして

279 :7分74秒:2007/08/04(土) 23:24:26 ID:BZu0fdx6
NAXOSの新譜(ピアノ作品集)聴いた人いますか?
感想聞かせて。

280 :7分74秒:2007/08/06(月) 07:45:08 ID:y1VhKjAN
>>268 >>269 >>270 >>273
系図に関して言えば、同時代の我々には今ひとつ安っぽい音楽に
聴こえるのはしかたがないことでね。マーラーなんかも同時代の
人々にはそんな聴かれ方をしてたんじゃないかとも思う。
まぁ「系図」の評価は100年後の人たちにゆだねましょう。
僕は好きだけどね、系図。

281 :7分74秒:2007/08/06(月) 11:52:05 ID:/5WIrup5
「系図」は現代音楽の演歌だ。

282 :7分74秒:2007/08/06(月) 12:05:33 ID:/5WIrup5
>>259
作品が発表された年代を考えると確かに逆。でも『春の声」
の原型をショパンが聞いてた可能性はある。

283 :7分74秒:2007/08/08(水) 16:14:42 ID:dZ+GFbqA
>>282
ないな。

284 :7分74秒:2007/08/08(水) 16:54:53 ID:hnse6p5V
>>282
春の声の原型ってのは何だよ。そんな曲があるわけ?
それに子犬のワルツと春の声ってそんなに似てないと思うが。
むしろショパンは前人に似た曲がほとんどない作曲家だと思うね。
それに比べてブラームスなんて他人のをぱくった曲がいっぱい。

あ、武満のスレッドだったか。武満は初期はメシアン、晩年は
ベルクに似た曲が多いといわれるけど、初期のメシアンはそのとおり
として、晩年のベルクとの類似はそうかなあ、と思う程度。

285 :7分74秒:2007/08/08(水) 19:39:01 ID:QCc9V4mK
ベルクはデカダンだったけど、武満の晩年は聖者だったからな。

286 :7分74秒:2007/08/08(水) 20:03:14 ID:qwkDIbpq
なんでこんなパクリハゲが評価されてんだか。

287 :7分74秒 :2007/08/08(水) 23:54:37 ID:6IsXCWuW
聖者に見えることで得をした俗人

ほんともの凄い俗な人だったよ。ただ神秘的に見せるのがうまい。
それは確かだ。

288 :7分74秒:2007/08/09(木) 00:19:39 ID:9R5NQCQU
ある意味、南京大虐殺とか従軍慰安婦とかと一緒でしょ。
武満徹を天才/聖者として語る=虚構から利権を生み出す連中がいるんだよ。

289 :7分74秒:2007/08/09(木) 00:54:51 ID:437/Ab25
ぜんぜん違うよ

290 :7分74秒:2007/08/09(木) 04:21:37 ID:uUg5BouF
死んだ男の残したものは…。

291 :7分74秒:2007/08/09(木) 05:38:32 ID:oclWJWfo
アンチがいることも武満が偉大だったことの証拠だな。
どうでもいいものにわざわざケチつける奴はいない。

292 :7分74秒:2007/08/09(木) 08:59:06 ID:LvbbItSd
松村禎三って武満と親交があったんだよな
互いに面と向かって作品を酷評しあえるような関係だったそうだが。

年とってくると親しい人の批評なんか当人の前でやりづらくなってたけど
松村だけは例外だったと語っていた。
作風はだいぶ違うが結構気が合ったんだろうな。
武満逝去のときもいち早く病院に駆けつけたそうだが

293 :7分74秒:2007/08/09(木) 09:43:59 ID:nXBgNrpy
あっ、松村禎三、亡くなったんだっけ?

294 :7分74秒:2007/08/09(木) 11:44:11 ID:9R5NQCQU
アンチ(武満)がいたことも松村が偉大だったことの証拠だな。
どうでもいいものにわざわざケチつける奴はいない。

295 :7分74秒:2007/08/09(木) 14:06:42 ID:SPmvm3Ew
武満も松村も、誇っていいんじゃないか。あと、岡本太郎と藤田嗣治も。
経済や技術だけではなく、芸術文化大国の日本って理想なんだけどなぁ。

296 :7分74秒:2007/08/09(木) 14:45:06 ID:9R5NQCQU
雑誌の取材で風葬の死者を勝手に暴き、その親類を発狂させてしまった岡本太郎が、
日本の芸術文化人の理想の姿だと?

297 :7分74秒:2007/08/10(金) 15:20:19 ID:TfvfZ+ZQ
>>296 kwsk

298 :7分74秒:2007/08/10(金) 21:17:03 ID:AcQc5IpH
>>297
この辺にちょっと書かれてる。
ttp://www.hekisonjuku.jp/katudou/1310/130626/130626.html
ttp://ameniji.ti-da.net/e981560.html
まあこういった意見は正しいよね。
ttp://aori-kanto-gakuin.net/column/20040620.html
ttp://www2.tontonme.ne.jp/users/myoo/b-24-okamoto.htm

299 :7分74秒:2007/08/11(土) 04:45:37 ID:5KaTIPKj
デカダンに見えるベルクの方が実は聖者だったりして。

300 :7分74秒:2007/08/21(火) 18:40:06 ID:VFq7I/Pg
あげ

301 :7分74秒:2007/08/29(水) 11:42:13 ID:m3hmea3L
今日「大沢悠里のゆうゆうワイド」に谷川俊太郎がゲストで出ていて,
毒蝮三太夫と谷川が会話交わす部分があって,毒蝮が
「昔,松戸の花火大会で花火に合わせて武満徹の音楽が使われてた」
「電子音楽のはしりだね」と言っていた。
まさか普段ばかばかしい話ばかりしてる毒蝮三太夫の口から武満徹とか電子音楽という言葉を聞くとは思わなかった。
普段,ロケ地に集まった毒蝮ファンの年寄りに「くそばばあまだ生きてやがったのか」とか「もうそろそろ死んでも本望だろ」とか言ってる番組で。

302 :7分74秒:2007/08/29(水) 11:48:08 ID:m3hmea3L
日本よりアメリカとかでの評価が高いとかいうことまで言っていた

303 :7分74秒:2007/08/29(水) 14:45:28 ID:HukkNbzn
毒蝮はもとは新劇俳優。いんてりだもん。

304 :7分74秒:2007/08/29(水) 16:14:14 ID:Vg6FywpS
毒蝮は東大中退だろ

305 :武満ファン:2007/08/29(水) 16:20:52 ID:/avWxj5s
あの〜話を戻して申し訳ないんだけど、

>>124 
の「なぜ武満しか評価されないのかについて」の結論ってどうなんですか?


306 :7分74秒:2007/08/29(水) 17:35:55 ID:RwYF9JwI
>>304
東大中退じゃなくて日大芸術学部卒だが、れっきとした大学客員教授
だな。

307 :7分74秒:2007/08/29(水) 19:18:31 ID:LLpuMJop
いや毒蝮はポン芸中退だ
谷川俊太郎は東大受験しようとしたが試験の途中でこれは無理だと中座したらしい
昔は共通一時試験(今のセンター試験)はなかったのか。

308 :7分74秒:2007/08/29(水) 23:52:03 ID:n0ZAmIHE
映画も色々出てるし、電子効果音の走りみたいなウルトラシリーズでも大活躍だ。

309 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/09/01(土) 20:43:13 ID:kD3ndVFN
>>305
(クラシック音楽の歴史における)周辺国では「有名な作曲家」は
1人か2人ぐらいが定員だとかいう話を何かのCDの解説で読んだことがある。
日本では武満徹だと。

我々だって、オーストラリアやカナダやトルコの「有名な」作曲家を
挙げろと言われたら、いっぱい挙げられないはずだべ。
でも、当の国の楽壇関係者は、彼らと同等に評価されるべき作曲家を
何人も挙げたくなるだろう。
「シェーファーが有名なのに、○○が無名のままでいるのはおかしい」って。

そういうこと。

310 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2007/09/01(土) 20:55:45 ID:kD3ndVFN
武満と同じように、いや、彼以上に評価されるべき作曲家を何人も
出すことだけなら誰だってできるだろうけどさ、我々が「周辺国」の
作曲家をそんなにたくさん覚えられないように、外国人も覚えてくれない。
できないことを要求してもしかたがないのだ。

「いや、俺はたくさん覚えられるぞ」と言って、100カ国について、
それぞれ3人以上そらで挙げられる人は、北半球にどれだけ点在して
いるかわからないから、絶滅危惧種として保護しておくべ。

311 :7分74秒:2007/09/04(火) 13:56:55 ID:ByX2jXVe
久しぶりに「どですかでん」聴いて思った。
やっぱりこの人天才。
武満は(どですかでん、で)普通の音楽を書いてる
つもりだったんだろうけど、普通じゃない。
天才の音楽だと思う。
西洋の天才論では武満の天才は説明できない。

312 :7分74秒:2007/09/04(火) 14:40:55 ID:Q5fo8aIb
>>311
もうちょっと具体的に説明してよ。

313 :7分74秒:2007/09/04(火) 15:54:18 ID:wixFKu9s
僕も「どですかでん」好きだな。

314 :7分74秒:2007/09/04(火) 15:56:40 ID:remMifBN
>>310
黙れよブタ

315 :7分74秒:2007/09/04(火) 15:58:41 ID:remMifBN
>>310
ブタのくせにコテハンなんか使ってんじゃねえよブタ

316 :7分74秒:2007/09/05(水) 16:20:41 ID:+GQPCz/R
ttp://www.youtube.com/watch?v=a7MVzdT-tX4
おれもこのどですかでんは良いと思う。

317 :7分74秒:2007/09/09(日) 15:53:55 ID:fSfofBBI
黒澤はここに、アルルの女のどの曲をつけてたんだ?

318 :7分74秒:2007/09/10(月) 22:27:32 ID:LwZuxIKG
ふっと行った図書館の楽譜コーナーに、なんとノヴェンバー・ステップスの
Petersの楽譜があったので借りてきて楽譜を見ながら演奏をきいてみた。
ううむ、琵琶のパートってかなり楽譜を無視してるなあ。
あと、後半のカデンツァの書き方、あれはもう完全に演奏は楽譜から
乖離してる。どこ弾いてるのかまったくわからん。
この曲は、結局武満のふわっとしててはいても完全に楽譜に
定着されたオーケストラの書法に対して、それに触発された琵琶と
尺八の演奏家が武満の意をくんで自らのやり方で壮絶な戦いを
挑んだもので、ひとえにこの曲の凄さはそういう気持ちを起こさせる
武満という人そのものとオケの書法にあるような気がした。

319 :7分74秒:2007/09/11(火) 01:30:14 ID:CGzDwYsg
楽譜か 新ウィーン派の楽譜はよく見るんだけどね
武満さんの楽譜かりてみよう。

320 :7分74秒:2007/09/11(火) 02:04:29 ID:dwHN/T5Q
<「民営化で忙しい」と下半身露出 郵便局員を逮捕>

 出勤前に公園で下半身を露出したとして大阪府警住之江署は5日、公然わいせつの疑いで大阪市住之江区の住之江郵便局総務課職員、日野上学容疑者(32)=同府東大阪市=を逮捕した。

「郵政民営化の準備で忙しく、気を紛らわせるためこれまでに5、6回やった」と供述しているという。

 調べでは、日野上容疑者は8月9日午前8時5分ごろ、大阪市住之江区の公園で、通行中のアルバイトの女性(19)に、ズボンのチャックを下ろして下半身を露出した疑い。

 女性から8月末、住之江署に「同じ男に4回見せられた」と相談があり、捜査していた。同署は日野上容疑者が若い女性が1人で通行するのを狙い犯行を繰り返したとみて余罪を追及する。

(産経新聞 2007/09/05 12:24)

321 :7分74秒:2007/09/19(水) 14:34:51 ID:YlUjaXt7
「スタンザII」の楽譜がほしい。
入手方法ご存知の方。
オ・シ・エ・テ

322 :7分74秒:2007/09/19(水) 18:12:33 ID:fUhMKn3S
>>321
サラベールから出てます。
http://www.salabert.fr/

323 :7分74秒:2007/09/19(水) 18:16:49 ID:eJ9SqyYq
>>321

タモリ「ググれカスTシャツ(赤)差し上げましょう」

324 :7分74秒:2007/09/19(水) 19:26:07 ID:e4+69+Ug
武満の楽譜は、
・ある時期以降はほぼすべて日本ショット
・それ以前は多くがサラベール
・一部、ペータース(ノヴェンバーステップス)、音友(地平線のドーリア)
 などがある

325 :7分74秒:2007/09/19(水) 19:46:40 ID:gRizU6vH
楽譜情報はこちらに載ってる。
http://www.schottjapan.com/composer/takemitsu/works/index.html
http://chorch.fc2web.com/e/takemitsu_t2.html

昔の「音楽芸術」の付録に載ってた時代もある。
古書店で安く手に入るかも。

326 :7分74秒:2007/09/19(水) 23:09:22 ID:u/le47qE
>>325
あと、以前は音友に結構な数の作品の版権があったのを、一括して
サラベールに移管したということがあったような。
家には音友の遮られない休息とピアノディスタンスの楽譜のコピーが
ある。
音楽芸術の付録楽譜にはお世話になった。柴田南雄の徒然草からはじまって、
三枝のラジエーション・ミサぐらいまで。

327 :7分74秒:2007/09/20(木) 07:50:14 ID:Clpq4amU
「スタンザII」
情報くださった方々、ありがとうございます。

328 :7分74秒:2007/09/25(火) 08:10:47 ID:P3XKU7pT
武満映画祭

ttp://www.rcsmovie.co.jp/shiga/2007/10/take2.swf

329 :7分74秒:2007/09/27(木) 16:33:07 ID:08LCNbf6
それなりに優秀ではあるが独創的ではない作家なのに
あまりにも日本で巨大化しすぎてるよな、この人
指揮者の小澤みたいに海外でサクセスを成し遂げたということが
コンプの強い日本人にって大きいのだろうか

330 :7分74秒:2007/09/28(金) 18:43:05 ID:aoSQCzME
>>329独創的だと思うよ、充分に。優秀という程度ではないと思うよ、武満は。
武満は優秀程度ではないでしょう。優秀程度は三善晃でしょう。
もう少し研究してみれば。

331 :7分74秒:2007/09/28(金) 23:43:44 ID:8cCXmSB1
>>330
ワロタ

332 :7分74秒:2007/09/30(日) 18:27:15 ID:tsbGHBxG
>>331自分と意見が違う相手にはすぐ「ワロタ」か。
バカのひとつオボエに大いにワロタ 。

333 :7分74秒:2007/09/30(日) 22:17:03 ID:dd9MoZOS
>>332
いやいや、330は日本語がおかしいからワロタ

334 :7分74秒:2007/10/01(月) 12:23:43 ID:Ae6zOuQA
>>333なるほど。で、どこをどういうふうにワロタ の?

335 :7分74秒:2007/10/01(月) 12:27:36 ID:Ae6zOuQA
ワロタ って日本語だったんですね。ワロタ

336 :7分74秒:2007/10/17(水) 00:39:07 ID:lxJSNUc9
そしてそれが風邪であることを知った。

337 :7分74秒:2007/10/17(水) 00:39:55 ID:xcjWIp5y
日本ビクターが66年に制作した4枚組の「武満徹の音楽」。
以前から抜粋してCD化され、最近ではタワレコから「武満
徹の世界」として抜粋CD二枚組が発売されたが、もとの
LP4枚組完全復刻CDを出してくれないかな。欲しい。

338 :7分74秒:2007/10/20(土) 09:06:29 ID:IJtrBGvH
>>318
1966年コルトレーン来日時、尺八手にしたらすぐ吹けて持って返ったらしい。
もう少し生きてたら尺八コルトレーンでノヴェンバー・ステップス演奏とか
あり得たのかなあ。

339 :7分74秒:2007/11/03(土) 10:08:30 ID:QdLzefin
>>107
その番組で、武満と仕事をする予定だった(?)人が
武満の顔すらまだ知らなかった時に

電車の中で偶然、武満とでくわした。
武満の顔すら知らないのに、「・・これが武満徹か!」と驚愕したって言ってた。(実際これが武満だった)

確かに武満はオーラのある雰囲気。

340 :7分74秒:2007/11/04(日) 09:58:14 ID:HFBT+JS0
>>339
高橋悠治だっけ?
…いや高橋のは逆の話だったか。
高橋は武満のことを知っていたが、自身はまだ無名の青年にすぎなかった。
いつも電車の扉のところに立って外を眺める高橋の姿に、武満と奥さんの浅香さんは、
「彼はきっとそのうち大きな仕事をするようになるね」とよく話していた。
…そんな話だっけか。

341 :7分74秒:2007/11/04(日) 18:05:24 ID:IrgnMzku
>>339
その話は篠田正浩本人が武満を最初に見たときの印象だったと思う。

342 :7分74秒:2007/11/09(金) 02:29:50 ID:wKh5ZWF6
いきなりだけど、武満がどのようにモティーフを作ったのか、とか中心音を設定した話とかはちょいちょい見かけるのだけど、
時間軸についてはあまり見かけない気がする。分かりにくい話だけど。
例えば、フルートソロのair4小節目に出て来る印象的なフレーズが、一曲の間に何度も変奏されていくのだけれど、ものすごく単純にいうと、変奏される回数に意味はあるの?とかそこでそのモティーフを出すのはどうしてだ?とか気になってしまう。
古典派のソナタ形式、などだったらまだ分かるんだけど、武満に限らず、現代曲はその形式がつかめない。
そもそも現代曲に形式はあるのかな。
曲ごとに形式を作曲者自ら作り上げるんだろうか。
武満徹はどう考えていたんだろう。

どう思われます?

343 :7分74秒:2007/11/09(金) 02:44:02 ID:Ofodri0L
>>342
武満は和声進行に数的秩序を持たせていたのは知ってるかな?
分析した事ないから確かな事は言えないがもしかしたら、ソロ楽器の曲は音列的な秩序を作って、そこから主題のだしかたを決めていたかもしれない。
Airの場合、変奏の方法が固定されれている感じがするからもしかしたらそういった可能性があるかも、と思っただけなんだけど。
主題の余韻が引き伸ばされたり縮められたり、スライドしていったり、それらを音列と組み合わせてどこで出すかを決めているんじゃないかな?

344 :7分74秒:2007/11/09(金) 13:27:26 ID:Yc08QE5J
>>342
その手の話はピーター・バートの「武満徹の音楽」の中でかなり詳細に
論じられていたと思った。書店で邦訳が簡単に手に入る。

345 :7分74秒:2007/11/09(金) 14:35:41 ID:OvvhE7js
ちなみに全然詳細じゃないよ。

346 :7分74秒:2007/11/09(金) 17:27:40 ID:uHSceOni
ピーター・バート最低だよ。

347 :7分74秒:2007/11/09(金) 17:28:04 ID:dbW3j6r4
>>342
>そもそも現代曲に形式はあるのかな。

さまざまな価値が1945年以降目まぐるしく現れ、多様化してきました。
基本的には「形式」は在ると考えるのが普通です。あまりにも多い美学の中で、少しだけ例を挙げると、
ライヒの「ヴァイオリンフェーズ」は、きわめて短いフレーズを反復し、徐々にそれをずらしていきます。その経過を積み重ねていくと
別のメロディーパターンが生まれてきます。そういったプロセスを聴く醍醐味がこの作品にはあります。
ブーレーズの「主のない槌」では、いわば主題とその変奏という形をとっています。しかしここでは、はっきりとした主題然としたものの後に
変奏が続く、というものではなくそれらが入り乱れた格好になっています。
そんな中でも、例えば終曲では器楽のアンサンブル(アルトフルートを除く)とアルト(ヴォカリーズ!この楽章では言葉が「溶けて」いるのです!)が続いた後
アルトフルートのソロが現れます。それが2回あって、最後3回目に銅鑼を伴った長いアルトフルートソロが現れます。
この楽章ではもはや言語は溶解し、声がアルトフルートへと変貌していくのです。

348 :7分74秒:2007/11/09(金) 17:34:09 ID:uHSceOni
言語は溶解し、声がアルトフルートへと変貌していくのが形式なのか。

349 :7分74秒:2007/11/09(金) 17:40:07 ID:JueHbmQv
溶けてるのは>>347の脳味噌

350 :7分74秒:2007/11/09(金) 17:45:45 ID:dbW3j6r4
連続投稿です。すいません。(>>347です)
武満さんの場合は、もちろん時期によっても、作品によっても多少の
変化がありますが、ある時期、彼自身の言葉によると、「庭を歩く」という言い方をします。
日本庭園を散策すると、例えば「角」を曲がると今まで見えなかったものが現れてきたり
今まで見えていた風景がそれまでとは違った様相を呈したりします。
また、武満さんは映画を愛していました。
>>342さんがいみじくも書かれた様に
>とかそこでそのモティーフを出すのはどうしてだ?
というのは、映画でのエクリチュールにヒントがあるように思います。
武満さんの音楽を聴いていると、そのメロディー(シンボリックなモチーフ、と言った方が良いかもしれません)
を出すタイミングの素晴らしさに思わず溜息が出るときがあります。
そういう「時間の計り方」みたいなものを作曲中意識していたのではないかな、と思っています。
楽譜におこすときは、まるで絵を描くように、このタイミングでこのフレーズ、という風に考えていたのではないかな、と思います。

351 :7分74秒:2007/11/09(金) 18:07:54 ID:uHSceOni
だからそれが形式なのかよ

352 :7分74秒:2007/11/09(金) 18:38:33 ID:BFXFUkDF
さすが>>351はIDが「鬼」なだけある

353 :7分74秒:2007/11/09(金) 20:22:26 ID:tBJyzbBl
上の方の書き込みを見ると、
武満の目くらまし(自作の作曲法についての言及)
は、じゅうぶんに功を奏したと言うべきだろうな。
  

354 :7分74秒:2007/11/10(土) 08:38:46 ID:bbpI5ztg
    ____
    /\   \
`___ //\\   \
/|ロ L/ \/\\  /
 ̄ ̄//\ \/\\//
「「「/ \/\ \/ /:/
LL//\ \/\ /:/
「/ \/\ \/ /:/ _
//\ \/\ /:/ /|ロ
`\/\ \/ /:/ | |ロ
\ \/\ /:/ | |ロ
、/\ \/ /:/⌒`| |ロ
)\/\ /:/ "⌒ヽ|ロ
⌒Y⌒ヽ_ノ⌒Y⌒Y
(⌒ヾ::(:::_人.....
ノ⌒Y⌒ヽ:: ∧_∧
゙....::::Y (Д` )
ウエーンコワイヨママー/  ヽ
  ∧∧ //  /|
..(´A`///  /L_つ
::/つ_(ノ ( V
:人 Y  /\ \
し"(_) ノ / > )
    / / / /
   し" ( ヽ
      ヽ_)
あなたがこんなクソスレ
たてるからよ
さあ早くこっちへ!

355 :7分74秒:2007/11/10(土) 14:51:01 ID:MTgVG1h2
>というのは、映画でのエクリチュールにヒントがあるように思います。
武満さんの音楽を聴いていると、そのメロディー(シンボリックなモチーフ、と言った方が良いかもしれません)
を出すタイミングの素晴らしさに思わず溜息が出るときがあります。
そういう「時間の計り方」みたいなものを作曲中意識していたのではないかな、と思っています。
楽譜におこすときは、まるで絵を描くように、このタイミングでこのフレーズ、という風に考えていたのではないかな、と思います。

この作曲法は、DTMで細かい打ち込みをする、、というのと本質的には同じなのでしょうかね。

ただそれだけだと自分の感覚を超えることは出来ない。
そこで初めに数字などである程度の束縛、ルールを作ることであえて不自由を作り、手癖で作曲しないようにする、という感じでしょうか。
マシュー・バーニーの作品にも同じようなコンセプトのものがありますね。

武満徹はティンパニをほとんど使いませんでしたね。
ティンパニはトニック、ドミナントを強調する、という役目を必然的に担う楽器です。
それを避ける、、、ということは明らかに西洋音楽を鏡として、それに対してどういうアプローチをするか、で自ら、そして作品のアイデンティティ
を確立しようとしたのでしょうか。
結局は西洋音楽からどれだけ離れるか、、どれだけ近づけるか、、
そこにいる限りは結局は西洋音楽の範疇にとどまっていると言えるのでしょうね。

武満徹の形式に関する話ですが、、西洋音楽にすでにある形式に対して、どれだけ離れられるか、、というその距離間を一つの目安としていたと考えることは間違いでしょうか。

思いつくままにざっと書いてます。
意味不明瞭ですが、お許し下さい。

356 :7分74秒:2007/11/10(土) 18:20:11 ID:3gQmf+gP
何イッテンダよ。武満は形式的には単純。三部形式が多い。

357 :7分74秒:2007/11/10(土) 20:03:17 ID:ovBlZ/9r
>>356
一見、単純そうな曲の方が、複雑(てか一筋縄でいかない)。
>>355
「まるで絵を描くように」に100%反対はしないけど・・・
実際、そういうスケッチ帳もある・・・
が、「まるで絵を描くように」と「時間の計り方」は、けっこう矛盾するぞ。
それをしばしば巧みにクリアしたというふうにも思えるけど、
案外、武満自身は、自覚してなくて、それで後期が
だら〜っとなっちゃんじゃないかって希ガス。


358 :7分74秒:2007/11/11(日) 00:49:15 ID:4WmJm5xR
武満がティンパニ嫌いだったのは、単にいくらチューニングしても音が濁るからだよ。
自分でそういってた。

359 :7分74秒:2007/11/11(日) 13:39:07 ID:JLHtHkhg
>>358
それもあるかもしれないけど、それだけじゃないでしょ。
彼のハーモニーの構造には根音がない。だからティンパニとは
あわない。それはメシアンも同じ。トゥランガリーラ交響曲には
ガムラン系の打楽器が多く使われるけど、確かティンパニは使われ
ていなかったような。

360 :7分74秒:2007/11/11(日) 17:53:13 ID:08+IH+So
>>359
根音がある和音なのに省略してるって意味?
たしかに省略してしまって、根音が鳴らない曲もあるかな。

でも、武満の和音って、五音音階系の組み合わせもあるけれど、
属和音に付加音いっぱいつけたのをよくつかってるでしょ(MTLも含めて)。
古典的な調性でなくとも、ソシレファのソに該当する音はどうしても根音に聞こえるよ。
だいたい最後期は、ふつうの長三和音も鳴らしまくり。
「ハーモニーの構造には根音がない」は、何を指しているのだろう?


361 :7分74秒:2007/11/11(日) 22:39:27 ID:1UppX89t
>>360
ハーモニーの一番下に来る音が低音で強調されたくないってことかな。

362 :7分74秒:2007/11/12(月) 00:05:42 ID:qP4n7erp
まぁ、ティンパニ使わないのはただの好みだよ。
彼は金属打楽器好きだからな。基本的に膜質打楽器はバスドラを使ってた位じゃん。
楽器の好みに迄夢みなくてよろしい。

363 :7分74秒:2007/11/12(月) 01:30:29 ID:o9NXHc2c
ベートーヴェンなど分析してみると、、
ティンパニは、おーきな括りで見たときの「ドミナント」でドーン!・・・
て楽器じゃないですか?やはり、、

象徴?打楽器奏者の友人もそういう楽器だとおもって叩いているといっていました。

ティンパニは、叩いただけで地面(調性の重力)にたたき落とされる感じがします。
過去の音楽が染み付いちゃって、条件反射みたいになってるだけかな、、

ーー

別の話なので、スルーして下さって全く構わないのですが、
昔から良く分からないことがあって、、
「夢と数」のP15
そこの下に0-5まで和音が6つ、数の操作で作られていますよね。
それの0は分かるのですが、1番からなんでこうなるのかが分かりません。
そもそも+2か-3での上下なのだから、hの上にcがくるわけがないのですが、、
自分が何を勘違いしているのかもわかりません。 
もし分かる方いらしたらご教授していただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

364 :7分74秒:2007/11/12(月) 17:06:23 ID:0CvcaJ0A
>>363
武満が組み立てた「魔方陣」は手元にありますか?それを見てください。
0は「Cis,Es,Fis,As,B」の5音ですね?
1は0の各音にそれぞれ次の操作を加えてください。
「Cisを長2度下げて、Esを短3度下げて、Fisを長2度下げて、Asを長2度上げて、Bを短3度
 上げる。」どうですか?1の和音になりましたか?
2は1の各音に(0のではなく、さっきつくった1の各音にですよ!ここ間違えないでね!)
それぞれ「魔方陣」の「たて2」で与えられる操作を加えてください。
「Hを短3度下げて、Cを長2度下げて、(中略)Desを長2度上げて」というぐあいに。
どうですか?2の和音になりましたか?
3は2の各音に「魔方陣」の「たて3」で与えられる操作を加えてください。
どうですか?3の和音になりましたか?
文章だけで説明するのって難しいですね。
こんな説明でお分かりいただけましたでしょうか?

365 :7分74秒:2007/11/12(月) 17:13:16 ID:0CvcaJ0A
>>364ですが、ひょっとして>>363氏は次のことを誤解していたのかも知れないので
補足します。
プラスは音程を「上げる」マイナスは音程を「下げる」ではありません。
プラス3は「長3度」マイナス3は「短3度」のことです。同様に、
プラス2は「長2度」マイナス3は「短2度」です。
ここを誤解していたのでは?

366 :7分74秒:2007/11/12(月) 17:17:35 ID:0CvcaJ0A
>>365です。ごめん間違えた。
プラス2は「長2度」マイナス3は「短2度」です。 誤)
プラス2は「長2度」マイナス2は「短2度」です。 正)


367 :7分74秒:2007/11/12(月) 20:40:28 ID:fuoWtUzc
November Stepsという曲
どちらの方がいいのでしょうか?どちらでもOK???

http://www.hmv.co.jp/product/detail/125015
http://www.hmv.co.jp/product/detail/579664

368 :7分74秒:2007/11/12(月) 20:43:45 ID:o9NXHc2c
364さん!
完全に分かりました!
ご丁寧にありがとうございます!!

369 :7分74秒:2007/11/13(火) 19:05:24 ID:r7PU0yq+
>>367
初演者のものが良いと思います。


370 :7分74秒:2007/11/13(火) 20:00:27 ID:HuiZKfYr
メシアンもあんまりティンパニ使わないやろゴキブリ

371 :7分74秒:2007/11/13(火) 22:47:43 ID:WhZBWNTM
>>370
>>359

372 :7分74秒:2007/11/14(水) 11:59:09 ID:N151a44I
ティンパニを使わないことに、なぜそんなに夢を見るのか理解できない。
メシアンにしろ武満にしろ、音楽の輪郭を強調してしまうのがいやで使わなかっただけの話でしょ。
逆に、三善やデュティユーがティンパニを好んで使うのは彼らの音楽は輪郭がはっきりしたものが多いからにすぎないと思うし。


373 :7分74秒:2007/11/14(水) 17:32:39 ID:pT1hqTF2
武満さんの本を文庫化させることは永遠に不可能なんだろうか?
物凄い名著だから、もっと多くの人に読まれるべきだと思う。
どこで署名をしたら効果的なんだろう?

374 :7分74秒:2007/11/14(水) 18:58:22 ID:+O2VXi69
そんな本ばっかり読んでると>>347みたいな人間になる

375 :7分74秒:2007/11/14(水) 19:25:27 ID:KrgbA/dn
>>369
最初は小澤指揮のを聴いた方がいいすね。

若杉弘 / 東京都soのは1050yenですが
小澤指揮を聴けばこちらは聴かなくてもいいでしょうか?
こちらも同じくらいの名演ではないですか?

376 :7分74秒:2007/11/15(木) 15:53:14 ID://oBhBY5
>>375
最初は小澤の聴くのが良いと思う。
そこから、安い盤を色々買い集めて自分のお気に入りの演奏探せば良いんじゃないかな?
と言ってもそんなに録音はないか。確か岩城も録音してたと思ったが。

377 :7分74秒:2007/11/15(木) 23:47:02 ID:RBNRpW5H
俺は小澤→若杉→小澤トロントの順で聴いた。正解だったと思う。
同曲異演を聴くのは楽しいよね。

378 :7分74秒:2007/11/17(土) 16:02:29 ID:lIZBulgX
>>372
そ、武満とデュティユーは、和声を始め、凄く共通点がある。
でもデュティユーはティンパニを使うし、武満はあまり使わない。
単に趣味の問題。

それはそうと
ドビュッシーやメシアンにも似ているところはほんとうに似ているのに
(あまり言われないけどデュティユーにも。)
それは楽譜上のことで、音楽全体を聴くと全然別の音楽に聞こえる。
音楽なんだからそれはあたりまえのことだけど、不思議と言えば不思議。
(楽譜上そっくりだから、武満は独創性がなくて駄目とかいう香具師がいたら、
 そりゃ超大ヴァカだもんね。)



379 :7分74秒:2007/11/17(土) 17:07:20 ID:a7sUjJ1o
>>378
気持ちはよくわかる。
俺も前の彼女が飯作るとか言って、いきなり出てきたのが皿の上のウンコてんこもりで、「今まで隠したけど、私そっち系なの。食べて」って言われた時は、瞬間的にマジでこいつとは違う星で生活したいと思ったよ。つうか、嘘だと思いたいよ、今でも。
ぜんっぜん普通の女の子だと思っていたのに、前振りなしでウンコ食べてって言われてもさ。
「あのね、いつか話さなければいけないし、どうせわかる事なんだし、多分凄く驚いてると思うけど、私、好きな人には食べて欲しいの。勿論○○のも私食べるよ。全然嫌じゃないし。やっぱ、驚いた?私もね、黙っていようと…」
この辺りで速攻で玄関に行って外に出て走って帰った。
あの皿のウンコと臭いが目と鼻に焼き付いて、半年くらいの付き合いだったけれど、走馬灯のように思い出されて、俺がキスしたあの口でウンコなんてあいつ食っていたのかって思うと、馬鹿みたいだけど涙が止まらなくて、駅から電車なんだけど車中でもずっと泣いていたよ。

380 :7分74秒:2007/11/18(日) 01:01:22 ID:Yz9TZkYo
NHKの芸能花舞台でオケ無しのノヴェンバーステップスやってました。
来週の土日に再放送あるはず。
http://www.nhk.or.jp/hanabutai/yotei.html
芸能花舞台は伊福部さんの箏曲やったりとか、時々現音番組と化すので侮れん。

381 :超大ヴァカ:2007/11/20(火) 00:19:37 ID:ziMBS8SN
>>378今デュティユーの夢の樹のスコアをみてるけど、
武満とデュティユーが「凄く共通点がある」
が全然わからない。
教えて、先生。どこが?「凄く共通点がある」の?
超大ヴァカからの質問です。

382 :7分74秒:2007/11/20(火) 16:43:27 ID:QAL0l9e7
オーケストレィションみれ。
和声を書き出してみれ。

383 :超大ヴァカ:2007/11/22(木) 15:45:56 ID:WhEMoxua
>>382
オーケストレィション見たんだけど。
超大ヴァカの感触としては
デュティユー =ペダルを全く使わないで弾いてるピアノ
武満     =ペダルを踏みっぱなしで弾いてるピアノ
ぐらい違うような気がするのですが?
まずそこから教えてください。和声書き出しはまた今度。

384 :7分74秒:2007/11/22(木) 22:14:09 ID:WhEMoxua
http://www.jade.dti.ne.jp/~ebakos/michi/michi3.html
を見た。すばらしい分析。でも少し疑問もある。
武満音楽をインターバルから分析するのはどうなんだろう?
1−aの音列など、変ホ長調と解釈できてしまう。
武満音楽は、あいまいな調性をふくんだ音群を、無調的に組み合わせた
ものとは解釈できないんだろうか?

385 :7分74秒:2007/11/23(金) 19:51:19 ID:JhRLTCGk
ストリングアラウンドオータムに、
夢の樹の、協和音が下の方でずっと響いているところに
すごく似ているところがあったような気がする。(スコアはない。)

似ているって言っても、なんていうかたぶん楽譜の上では、って感じだけど。


386 :7分74秒:2007/11/23(金) 20:35:59 ID:zSHne3Bx
>>384
このどこがすばらしいのかちっともわからないよ。



387 :7分74秒:2007/11/23(金) 21:59:45 ID:HAEyMPt/
プッ
おまえら何にもわかってねぇのなwww

388 :7分74秒:2007/11/23(金) 23:22:38 ID:OFkoUTiD
最近タワレコで『武満徹の世界』を試聴していた究極のブスを見た。
「武満徹好きなんですか?」と声をかけてみると、
「特に…」
ブスのくせに女王様気取りかよ、と思ってパンツの中に指を入れてみたら、
びしょびしょに濡れていた。
「下の口は好きだって言ってるぞ」とささやくと、
「別に…」と不機嫌そうに答えるブス。
俺は興奮したのでそのままバックでぶち込んでやった。そしたら、
「ありがとうございました…」
だってさ。かわいいとこあるじゃん。

389 :7分74秒:2007/11/25(日) 20:45:11 ID:HHadob9D
ちょっとおもしろい

390 :7分74秒:2007/12/02(日) 19:43:46 ID:69ROClpY
昔から思ってるんですが、
武満徹さんに限らず、現代音楽界には、ずいぶん年をとってから音楽を始めた人って多いですよね。
そういう人たちのソルフェージュ能力っていうのはどの程度あるものなのでしょうか。
ソルフェージュを小さい頃からやってる人がベートーヴェンのスコアをみると音が頭になるのは、まあ分かるのですが、
武満徹さんのように遅くなってから始めた人が、複雑な現代音楽のスコアを書けたり、読んだり出来るのが不思議なのです。
いったいどのくらい聴音やスコアリーディング能力があったのか、分かる方いらしたら教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

391 :7分74秒:2007/12/02(日) 19:54:30 ID:d9p1fIwD
絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです
よね。10cm位の一本糞でした。うんちが出る瞬間をゆっくり見たかったので
なるべくゆっくり出してと御願いしといたんですが、次のうんちが肛門から
顔を出した時、「も−だめ、出ちゃうよ−。」と言ったとたん我慢できずに
一気に排泄しました。 「ブリブリ・ビチビチ・ブヒ」等すごい音を立てて
「おいおい俺でもそんなしね−ゾ」と言う位の大量便で本当に感動し、また
びっくりしました。その子は痩せの大食いで、調子のいい時は一食で
カツ丼・天丼両方を平気で食べちゃうらしく、しかし細身なのでその分うんちが
大量に出るらしいのです。いや−ホントすがい量でした。そして早速味見を
しようとしたのですが、キョ−レツな臭いが襲ってきました。うんちをした瞬間は
そ−でもなっかたのですが、しばらくすると耐え難いにおい。おならなんか比較
になりません。とりあえず、夢にまで見た18歳の女の子の生ウンチなので、
手に取って鑑賞したのですが、その間余りの臭さにげっぷは出るは、涙は出るはで
もお大変。食便は無理かなとあきらめかけたのですが、こんなチャンスはあまり
ないと思い、気合を入れ、息を止めてうんちの小さい塊を口に含みました。
うんちの味は確かに苦かったです。
そのまま吐き出せば良かったのですが、うんちを飲み込んでしまったので、ゲップ
をすると確かにうんちの臭いがして辛くて大変でした。そして手に取って鑑賞し
ていたので手がしばらく臭くてこれもまた大変でした。
いやいや、本当に臭いですようんちは。可愛い子のうんちでも関係ありません。
初めての人はまず食便は無理だと思います。かなりきついですよ。
それでもと言う方は、舐める程度にした方がいいと思います。
しかし、掲示板等でうんちを食べたとか書いてありますが、本当だったら
本当にすごいことですよ。尊敬しちゃいます。まだ私は1回しかこのような
経験がありませんが、次ぎあったとしても食べれる自信はありません。
やっぱり、うんちをしている所を鑑賞する程度がいいと思いますよ。
私もみなさんが思っているくらいに絶対食ってやる。思ったのにこの様ですから。
あと、うんちは体に良くないらしいですよ。おしっこは平気ですが。
長文になってしまい、ごめんなさい。
これから、食便をしようとしている方はあまり無理をしない方が身のためです。
うんちは本当に臭くて、苦いですよ!!

392 :7分74秒:2007/12/02(日) 21:48:39 ID:ee3h1GTP
>>390
音大でやってるような聴音のテストが好成績かどうかはわからない。

しかし、
・音大のテストだけよくて、しかし音楽性のないヤツ
・テストもよく音楽性もある
(それで、いわゆる音楽家にならなかった人もいる。
 ブーランジェのような。)
・テストは苦手だが、把握力のめちゃ長けた人

最初のタイプでも、どうしようもない。
武満は、最後のタイプでは?

20歳に時には、もう作曲しているし、「年とってはじめた」かどうかわからないよ。

393 :7分74秒:2007/12/02(日) 21:53:08 ID:ee3h1GTP
自己レス

正確には、もっと前から作曲している。デビューが20歳というだけ。
それに、音大風テストが苦手だったかどうかも定かではない。
なんとなく苦手そうな感じがする、というだけ。
  

394 :7分74秒:2007/12/02(日) 22:27:33 ID:tCkkTJ2D
>>393
武満は芸大を受けて落ちたというのは事実だ(小学館の全集による)。
だけど、あまり本気で受験はしなかったらしい。

395 :7分74秒:2007/12/02(日) 22:28:08 ID:tCkkTJ2D
ところでブーランジェというのが、ナディア・ブーランジェのことなら
立派な音楽家でしょう。作曲家ではないけど。

396 :7分74秒:2007/12/02(日) 22:37:19 ID:d9p1fIwD
絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです
よね。10cm位の一本糞でした。うんちが出る瞬間をゆっくり見たかったので
なるべくゆっくり出してと御願いしといたんですが、次のうんちが肛門から
顔を出した時、「も−だめ、出ちゃうよ−。」と言ったとたん我慢できずに
一気に排泄しました。 「ブリブリ・ビチビチ・ブヒ」等すごい音を立てて
「おいおい俺でもそんなしね−ゾ」と言う位の大量便で本当に感動し、また
びっくりしました。その子は痩せの大食いで、調子のいい時は一食で
カツ丼・天丼両方を平気で食べちゃうらしく、しかし細身なのでその分うんちが
大量に出るらしいのです。いや−ホントすがい量でした。そして早速味見を
しようとしたのですが、キョ−レツな臭いが襲ってきました。うんちをした瞬間は
そ−でもなっかたのですが、しばらくすると耐え難いにおい。おならなんか比較
になりません。とりあえず、夢にまで見た18歳の女の子の生ウンチなので、
手に取って鑑賞したのですが、その間余りの臭さにげっぷは出るは、涙は出るはで
もお大変。食便は無理かなとあきらめかけたのですが、こんなチャンスはあまり
ないと思い、気合を入れ、息を止めてうんちの小さい塊を口に含みました。
うんちの味は確かに苦かったです。
そのまま吐き出せば良かったのですが、うんちを飲み込んでしまったので、ゲップ
をすると確かにうんちの臭いがして辛くて大変でした。そして手に取って鑑賞し
ていたので手がしばらく臭くてこれもまた大変でした。
いやいや、本当に臭いですようんちは。可愛い子のうんちでも関係ありません。
初めての人はまず食便は無理だと思います。かなりきついですよ。
それでもと言う方は、舐める程度にした方がいいと思います。
しかし、掲示板等でうんちを食べたとか書いてありますが、本当だったら
本当にすごいことですよ。尊敬しちゃいます。まだ私は1回しかこのような
経験がありませんが、次ぎあったとしても食べれる自信はありません。
やっぱり、うんちをしている所を鑑賞する程度がいいと思いますよ。
私もみなさんが思っているくらいに絶対食ってやる。思ったのにこの様ですから。
あと、うんちは体に良くないらしいですよ。おしっこは平気ですが。
長文になってしまい、ごめんなさい。
これから、食便をしようとしている方はあまり無理をしない方が身のためです。
うんちは本当に臭くて、苦いですよ!!

397 :7分74秒:2007/12/02(日) 22:42:57 ID:Wt8nSRgt
>>390
私の乏しい知識と経験から意見を言いますので、一般化しないで聞いてほしいのですが。

音楽で重要なのは、音の絶対的高さを認知することではなく、音と音の関係を認知することである
というのが私の基本的な考えです。したがって、演奏、作曲、音楽の聴取、に必要なのは、絶対音
感ではなく相対音感である、という立場を私はとります。そして、相対音感は、特別なトレーニン
グを受けなくても、言葉をおぼえるのとおなじように、誰にでも自然に身に付く能力であるという
のが私の考えです。

議論を分かりやすくするために、話を少し極端な方向へすすめてみます。チンパンジーがメチャ
クチャにピアノを弾いたとしても「平均律、オクターブ、5度」等の制限がかかりますので、そ
こにある種の秩序を認めることは可能です。鳥の声には「文法」と呼べる秩序があることは科学
的に証明されています。私たちの脳は、「ゆるい秩序」に対しても「積極的に意味づけ」をする
ようにできています。そのような進化が生存に有利だったからです。

さて「音楽には秩序がある」と言うことを今ここで「正しい」という事にしてしまいましょう。
秩序(=法則)に対して私たちは、積極的に意味づけをする (=解釈)という反応をします。

音楽作品への「意味づけ」は、私たちひとりひとりの「脳の個性」に強く依存している、とい
う事はほぼ疑いのない事実です。(作品を味わうことの醍醐味はそこあるのだと私は思います)
したがって、演奏、作曲、音楽の聴取に必要なのは、入試でためされるソルフェージュ能力より
も「私たちひとりひとりの(脳の)個性」のほうがより重要な意味を持つ、と私は思います。

さて、武満の「聴音やスコアリーディング能力」について。

試験として試されたならおそらくごく平凡なものであったろうと思います。ひょっとしたら合格
はむづかしい、ぐらいのものだったかも知れませんね。これは、武満のスコアを見れば何となく
分かります。しかし聴こえた音や書かれた音を解釈する能力は天才的だったのでは?これは武満
の音楽を聴けばはっきりとわかります。複雑な現代音楽のスコアを書けたり、読んだり出来るの
は武満の解釈の能力の問題だと思います。それが私の結論ですが、あなたはどう思いますか?

398 :7分74秒:2007/12/02(日) 23:03:35 ID:d9p1fIwD
>>397

 俺もそう思う!
絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです
よね。10cm位の一本糞でした。うんちが出る瞬間をゆっくり見たかったので
なるべくゆっくり出してと御願いしといたんですが、次のうんちが肛門から
顔を出した時、「も−だめ、出ちゃうよ−。」と言ったとたん我慢できずに
一気に排泄しました。 「ブリブリ・ビチビチ・ブヒ」等すごい音を立てて
「おいおい俺でもそんなしね−ゾ」と言う位の大量便で本当に感動し、また
びっくりしました。その子は痩せの大食いで、調子のいい時は一食で
カツ丼・天丼両方を平気で食べちゃうらしく、しかし細身なのでその分うんちが
大量に出るらしいのです。いや−ホントすがい量でした。そして早速味見を
しようとしたのですが、キョ−レツな臭いが襲ってきました。うんちをした瞬間は
そ−でもなっかたのですが、しばらくすると耐え難いにおい。おならなんか比較
になりません。とりあえず、夢にまで見た18歳の女の子の生ウンチなので、
手に取って鑑賞したのですが、その間余りの臭さにげっぷは出るは、涙は出るはで
もお大変。食便は無理かなとあきらめかけたのですが、こんなチャンスはあまり
ないと思い、気合を入れ、息を止めてうんちの小さい塊を口に含みました。
うんちの味は確かに苦かったです。
そのまま吐き出せば良かったのですが、うんちを飲み込んでしまったので、ゲップ
をすると確かにうんちの臭いがして辛くて大変でした。そして手に取って鑑賞し
ていたので手がしばらく臭くてこれもまた大変でした。
いやいや、本当に臭いですようんちは。可愛い子のうんちでも関係ありません。
初めての人はまず食便は無理だと思います。かなりきついですよ。
それでもと言う方は、舐める程度にした方がいいと思います。
しかし、掲示板等でうんちを食べたとか書いてありますが、本当だったら
本当にすごいことですよ。尊敬しちゃいます。まだ私は1回しかこのような
経験がありませんが、次ぎあったとしても食べれる自信はありません。
やっぱり、うんちをしている所を鑑賞する程度がいいと思いますよ。
私もみなさんが思っているくらいに絶対食ってやる。思ったのにこの様ですから。
あと、うんちは体に良くないらしいですよ。おしっこは平気ですが。
長文になってしまい、ごめんなさい。
これから、食便をしようとしている方はあまり無理をしない方が身のためです。
うんちは本当に臭くて、苦いですよ!!

399 :7分74秒:2007/12/02(日) 23:34:33 ID:Z3eheYf2
むづかしい?

400 :7分74秒:2007/12/03(月) 00:35:54 ID:m24x3Gvn
私女だけどちょっと言わせて。
女はバカって決め付ける男って最低だと思う。
女だって読書するし、知性と感性は男とは比べ物にならないぐらい輝いてる。
今の愛読書は恋空とディープラブとリラックマの絵本とNANAと、あとキャンキャン。
恋空とディープラブは切なくて泣けちゃう。つい自分と重ねちゃうんだよね。
昔の元カレのこととか、すごく思い出して悲しくなる。やっぱりYoshiは天才だよね。
リラックマの絵本は超癒されるよね。疲れた心を癒してくれるマイサプリ、みたいな。
そういえば、2個前の元カレがちょっとリラックマに似てたカナ? 慶應生だったけど、
チェリーだったからちょっとね……(苦笑)会話もつまらなかった。
NANAは私のバイブル! 夢を追うナナも本当の愛を探すハチも私を見てるみたいで、
NANA読んでて本気で感情移入しちゃった。あ、そうそう。NANAの影響でタバコ吸い始めました。
キャンキャンは女の子の基本ブックでしょ! これ読んでない女の子ってこの世にいるのって思っちゃう?
お手本はもちろんエビちゃん。身も心もエビちゃんのようなデキる愛されガール目指して毎日頑張ってます!
っていうかさ、女の子は恋も仕事もファッションも自分磨きも完璧に頑張ってるけど、男は貢ぐ機械だよね(苦笑)
貢いでくれない男と、話のつまらない男には殺意を感じちゃうよね(苦笑)

401 :7分74秒:2007/12/03(月) 22:46:18 ID:IXMBdfiN
>>400
はげどう。
絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです
よね。10cm位の一本糞でした。うんちが出る瞬間をゆっくり見たかったので
なるべくゆっくり出してと御願いしといたんですが、次のうんちが肛門から
顔を出した時、「も−だめ、出ちゃうよ−。」と言ったとたん我慢できずに
一気に排泄しました。 「ブリブリ・ビチビチ・ブヒ」等すごい音を立てて
「おいおい俺でもそんなしね−ゾ」と言う位の大量便で本当に感動し、また
びっくりしました。その子は痩せの大食いで、調子のいい時は一食で
カツ丼・天丼両方を平気で食べちゃうらしく、しかし細身なのでその分うんちが
大量に出るらしいのです。いや−ホントすがい量でした。そして早速味見を
しようとしたのですが、キョ−レツな臭いが襲ってきました。うんちをした瞬間は
そ−でもなっかたのですが、しばらくすると耐え難いにおい。おならなんか比較
になりません。とりあえず、夢にまで見た18歳の女の子の生ウンチなので、
手に取って鑑賞したのですが、その間余りの臭さにげっぷは出るは、涙は出るはで
もお大変。食便は無理かなとあきらめかけたのですが、こんなチャンスはあまり
ないと思い、気合を入れ、息を止めてうんちの小さい塊を口に含みました。
うんちの味は確かに苦かったです。
そのまま吐き出せば良かったのですが、うんちを飲み込んでしまったので、ゲップ
をすると確かにうんちの臭いがして辛くて大変でした。そして手に取って鑑賞し
ていたので手がしばらく臭くてこれもまた大変でした。
いやいや、本当に臭いですようんちは。可愛い子のうんちでも関係ありません。
初めての人はまず食便は無理だと思います。かなりきついですよ。
それでもと言う方は、舐める程度にした方がいいと思います。
しかし、掲示板等でうんちを食べたとか書いてありますが、本当だったら
本当にすごいことですよ。尊敬しちゃいます。まだ私は1回しかこのような
経験がありませんが、次ぎあったとしても食べれる自信はありません。
やっぱり、うんちをしている所を鑑賞する程度がいいと思いますよ。
私もみなさんが思っているくらいに絶対食ってやる。思ったのにこの様ですから。
あと、うんちは体に良くないらしいですよ。おしっこは平気ですが。
長文になってしまい、ごめんなさい。
これから、食便をしようとしている方はあまり無理をしない方が身のためです。
うんちは本当に臭くて、苦いですよ!!

402 :7分74秒:2007/12/05(水) 19:51:24 ID:lviNZlr8
武満の作曲の能力には関心があっても、
とりわけスコアリーディングや、ソルフェージュのことには
関心はないな。

逆に、音大なんかのソルフェージュなんか、ある意味大変だなと思う。
意味がない訳じゃないし、できることは必須に近いんだろうが、
できたからって、単なる音取り機みたいな香具師もいるし、
必ずしも、よい音楽家につながらない面もあることが、
大変そう。


403 :7分74秒:2007/12/05(水) 21:24:45 ID:tti+RJc0
>>402
親のせいにするのって大嫌いだし、そのつもりはさらさらないけど。
自分の周りって、どうして悪い人、嫌な奴ばっかりなんだろうって、
世の中ってどうしてこんなに最低の奴しかいないんだって思ってた。
でも、最近薄々気づき出した。世の中って、同じような人間が集まってるだけなんだよね。
要は自分がその程度ってだけで。元をたどれば、親に虐待され、付加抗力的に支配され、
気分で暴力や罵倒に晒されてきた自分の、卑屈さや、なげやりさ、猜疑心、全てがなせる業なんだよね。
最後の最後で、親のせいにはしたくない。でも、最初から負け戦なんだよね・・・。

404 :7分74秒:2007/12/05(水) 21:55:17 ID:9Kpj9WYq
アインシュタインが落第生だったことを拠りどころにするようなもんじゃない?

405 :7分74秒:2007/12/06(木) 19:22:45 ID:pk2s3Uep
>武満音楽は、あいまいな調性をふくんだ音群を、無調的に組み合わせた
>ものとは解釈できないんだろうか?

全くそのとおりじゃない?
武満がどう作ったかは別問題だけど、
違うプロセスだったとしても、その認識は正しいと思う。


406 :7分74秒:2007/12/06(木) 23:34:43 ID:CwTs1qKl
ママ、この前はありがとう。俺、あれ以来腑抜けになっちゃってさ。四六時中ママのことばかり考えているんだよ。

ママとのセックスを思い返しては、オナニーをしたり、ソープで相手をママだと思って他の女を抱いたりさ。

俺さ、改めて思ったんだよ。俺はママに惚れているんだってね。どうだい、ママ。俺とつき合ってくれないかな。目的はズバリ、

ママの体なんだ。ママとのセックスが目当てでつき合いたいんだ。

そんな顔するなよ。俺たちだって、もういい年だろ。今更何も、愛だの恋だのって、めんどくせえじゃんかよ。ここはひとつ割り切ってさ、

セックスだけの関係を持とうじゃねえかよ。な。

それとさ、提案なんだけど、俺の見立てたところ、ママのセックスのテクニックはプロ顔負けだ。ここでこうしてスナックをやるのもいいけれど、昼間に

熟女ソープでパートでもいいから働いてみないか。一人相手にして2万円になるとして、1日3人の客を相手にすると6万だ。決して悪い話じゃないだろ。

俺も、ママとヤリたがっている連中を何人も知っているんだよ。そいつらだったら週イチくらいで通うだろうから、客がつかなくて困ることはないと思うんだ。考えてみてくれよ。

それとさ、頼みがあるんだけど、今夜また例のホテルで俺とどうかな。この間以来、もうママの裸が頭を離れなくてな。今もママが目の前にいるだけで、ペニスが完全に勃起しているんだよ。

今日は、2人でゆっくり湯船でいちゃいちゃと乳繰り合おうな。ベッドでは、たっぷりとおまんこを舐めてやるからよ。ママもたっぷりフェラチオ頼むぜ。

あんまり飲むと勃たなくなるから、今日はビール1本でやめとくわ。じゃあ、先に部屋で待っているから、この前と同じ部屋に来てくれよ。待ってるぜ。



407 :7分74秒:2007/12/08(土) 10:46:38 ID:ri3HHSfr
作曲家の玉木宏樹が武満作品についてコメント
ttp://d.hatena.ne.jp/tamakihiroki/

>デンオンの良く知っているスタッフ制作なので買った武満徹作品集。
>「弦楽のためのレクィエム」。これは面白くはないけど、シリアスさが伝わってきて好感がもてる。
>「ノヴェンバーステップス」。最悪。尺八と琵琶の古典の手に頼りきった商売上手さが頭に来る。
>こんな感想を持つのは自分も作曲家だからなんだろうなあ。
>「遠い呼び声の彼方へ」これもワンパターンの最悪。何が「フィネガンズウェイク」だ。
>ジェームズ・ジョイスによりかかって芸術風を装うペテン師そのもの。
>武満徹のいい曲は調性のあるものに限る。特に「系図」なんか好きだなあ。

408 : ◆8davq0AF/k :2007/12/08(土) 11:29:26 ID:zqu/w7rd
玉木宏樹って誰だい?

409 :7分74秒:2007/12/08(土) 12:31:57 ID:bBcTCt/M
>>408
> 作曲家の玉木宏樹

補足すると、純正律推進派で、バイオリン弾きでもある。

410 :7分74秒:2007/12/09(日) 19:23:50 ID:BP81URXu
>こんな感想を持つのは自分も作曲家だからなんだろうなあ。

だってさ。


411 :7分74秒:2007/12/09(日) 21:09:24 ID:Mp94Kae4
玉木宏ならいけめんだが

412 :7分74秒:2007/12/09(日) 21:36:12 ID:8dpxbQyB
プロフィールみたら結構おっさんだな
池辺・三枝と同年代で直純の弟子だそうだ

413 :7分74秒:2007/12/09(日) 22:53:15 ID:LP5kZmiC
昔日曜の昼に歌謡曲番組の司会してなかったけ?


414 :7分74秒:2007/12/09(日) 22:59:16 ID:cm/CHDrd
それは玉置宏だろと突っ込んで欲しいのかw

415 :7分74秒:2007/12/10(月) 01:51:51 ID:jiHkOdqg
>>412
ナチスに鬱病の母親が殺されて、一方父親は熱烈な党員で自ら最前線で戦死して
まったくの戦争孤児として取り残されたという苛烈な人生を送ってる人だからね。
ヒトラーの文化顧問の指示でラジオで全国民を同調させたマーチ音楽の周期性に対して
すごく嫌悪があるみたいだよ。アシッドハウスのレイヴカルチャーも更なる快楽を貪るためにドラッグにつながるし。
シュトックハウゼンは変人扱いをまぬがれない人だけど、まあそういう体験を伴う理由もろもろで
「広大な意識と倫理的責任感を持つにいたることの意義」を拍節のないリズムに見出してる。
でも彼はガムランやアフリカのポリリズミックだったり複合テンポを感じさせる民俗音楽は大好き。
音楽は宗教的な祭事と深く関係していて快楽と退廃のためではなくそれを大事にすべきという考え。

416 :7分74秒:2007/12/12(水) 18:40:42 ID:bDnPJLMe
玉木は結構偏った聞き方するからね。
徹底的にドイツ系音楽嫌っていてベートーヴェンやブラームスには糞ほどの価値も認めてないほどだよ。
日本人作曲家にも基本的に辛らつ。ただし交友があれば評価は極端に甘くなる。

417 :7分74秒:2007/12/12(水) 22:27:12 ID:f8XktrHv
○木って名前がよくないのかも。
 

418 :7分74秒:2007/12/13(木) 00:00:46 ID:9g4hNA/l
糞スレ

419 :7分74秒:2007/12/13(木) 14:03:33 ID:TB00bNGQ
というか、あのレベルのやつが作曲家を名乗って、糞みたいな文章を垂れ流している事実がオカルト。
はたから見てたら、ただのやっかみにしか見えなくて哀れ。

420 :7分74秒:2007/12/21(金) 22:47:05 ID:T+Ew9T+f
弦楽のためのレクイエムって誰の演奏がいいのかね?
小澤/サイトウキネンで初めてこの曲を聴いたんだけど、
なんか無意味に情熱的で気に食わなかった。
もっと低体温というかひたすら響きの美しさに淫するような
感じの演奏が聴きたいんだけど。

421 :7分74秒:2007/12/21(金) 23:06:13 ID:bows67SX
DENONの若杉/都響

422 :7分74秒:2007/12/22(土) 09:06:58 ID:UC1NiTu+
>>421
ありがとう。聴いてみるわ。

423 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2008/01/05(土) 17:15:28 ID:c68rLlGh
『田村隆一全詩集』の中に「一滴の涙」という詩があったのを見つけた。
武満の「マイ・ウェイ・オブ・ライフ」についてのもの。

「ロンドン初演の映像をNHKで見たんだそうな。
この作品を「交響曲」としてあったのが気になったけど、
それは詩の世界での「仮構」なのかもしれない。

  歌手はバリトンのドワイン・クロフト
  曲がフィナーレに入って小澤征爾の目から
  一滴の涙がおちるまで
  三十五秒

424 :7分74秒:2008/01/06(日) 07:16:56 ID:LaT8gTNF
ちょっと井上陽水の「背中まで45分」を思い出させるね

425 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2008/01/07(月) 03:54:20 ID:oRwSdz1K
間違った。
田村が聴いたのは「ロンドン初演」じゃなくて、小澤征爾と
サイトウ・キネン・オーケストラによる日本での演奏模様らしい。

年譜には、1997年にはじめてこの曲を聴いたとある。
田村が死ぬ前年。
「近所のオールド・ボーイ・スカウトの/元気な老人に教えられて」
聴くぐらいだから、曲によっぽど関心がなかったんだろう。
いちいち例をあげないけど、固有名詞をやたらに列挙することで、
いい感じに音楽との距離感を醸し出してる。

426 :7分74秒:2008/01/10(木) 12:16:17 ID:+sEHefph
        / ̄ ̄\   
      /    u  \      .____
      |::::::      u |   ./      \  
     . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \  武満徹と伊福部昭って、経歴や生き方に
       |:::::::::::u:    |/  (●) (●)   \ おいて、似てる部分が多すぎですよね?
     .  |::::::::::::::  u  } |    (__人__)     | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

427 :7分74秒:2008/01/19(土) 00:36:24 ID:IQKt9jmo
今日の沼尻&都響のレクイエム、アステリズム&系図は良かった。
目が潤んだよ、マジで。

428 :7分74秒:2008/01/19(土) 15:14:13 ID:C5jjMckm
それにしてもベリオが源流だったとは知らなかったよ

429 :7分74秒:2008/01/19(土) 15:51:28 ID:ZYVHqEHF
源流がベリオじゃ新しすぎるだろ。
ベルクとメシアン、途中でデュティーユ?
アステリズムはa day in the life
http://jp.youtube.com/watch?v=gZez_k4vAzU

430 :7分74秒:2008/01/21(月) 00:12:20 ID:6zvIn/C5
>>427
いまライヴで最高の武満が聞けるのはこの組み合わせか。
何度も録りなおせるレコーディングは知らんが。

431 :7分74秒:2008/01/21(月) 00:13:54 ID:4Z+ZwrjI
んなこたない

432 :7分74秒:2008/01/21(月) 01:40:21 ID:6zvIn/C5
じゃ誰なら?

433 :7分74秒:2008/01/21(月) 04:32:37 ID:4Z+ZwrjI
小澤さん。

434 :7分74秒:2008/01/21(月) 09:09:31 ID:cuxD5cOp
小澤はどのオケと組めば?
サイトウキネンとか言うなよw

435 :7分74秒:2008/01/21(月) 10:32:26 ID:4Z+ZwrjI
サ…

436 :7分74秒:2008/01/22(火) 13:12:44 ID:UIBaWhSA
サイトウキネン

437 :7分74秒:2008/01/24(木) 00:00:21 ID:eGCpE88W
沢尻&高城剛

438 :7分74秒:2008/01/25(金) 02:57:50 ID:oyaFWeGU
>>436
あー、言っちゃったw

439 :7分74秒:2008/02/01(金) 20:54:09 ID:kCSU4K7k
「翼」という曲知ってます。
まあ、かなり俗っぽい曲なんですけど。

なんか、FMで流れていた曲で、思い出したのでカキコしてみました。

440 :7分74秒:2008/02/02(土) 20:49:36 ID:rZroiEja
「翼」については、かなり前に書いたんだけど、
ディズニーのアニメかなんかで「翼」そっくりな曲を
聴いた憶えがあるんだよね。
勘違いかもしれないが。
クリスマスに因んだ(?)曲だったような気がするけど…
 情報モトム。
(翼そっくりな曲は、プロコフィエフ、ピーターと狼の
 猫のテーマではありませんので悪しからずご了承を)

441 :7分74秒:2008/02/02(土) 22:33:00 ID:2Rgb0ESw
Vince Guaraldi の "Christmas Time Is Here" かな?
Vince Guaraldi Trio の "A Charlie Brown Chtistmas" ていうアルバムに入ってるんだけど、
スヌーピーのアニメでもクリスマスの話なんかだと使われてたと思う。
ちがったらゴメン。ていうかそんな「そっくり」っていうほどでもないからちがうかも。

442 :7分74秒:2008/02/03(日) 05:00:33 ID:qChSbnir
>>440
懐かしい書込みだな。
ピーターと狼の話まで出てくるとは、本当に以前に書き込んだご本人だね。

443 :7分74秒:2008/02/03(日) 11:47:39 ID:zsw816ho
ディズニーは結構、武満さんのアイデアを採用してる。
ファンタジア2000の「ローマの松」のクジラが空を飛ぶのも武満さんのアイデア。


444 :7分74秒:2008/02/05(火) 22:44:11 ID:8FJkVAwT
みなさん、情報ありがとうございます。
「翼」ほんとに大好きなんです。
どんな些細なことでもかまいませんので
これからも情報をください。
武満さんの音楽には、古い映画から影響を受けた
と思われる「フレーズ」がたくさんあります。
「エデンの東」を見ていて、「あ、これはタケミツだ」
と思ったことがあります。
タケミツ音楽の魅力は、ほんとに奥が深いです。

445 :7分74秒:2008/02/15(金) 23:05:14 ID:oNpVPkXJ
系図のナレーションは12〜15歳の少女と指定されているのに
なんで吉行和子や小澤の娘みたいなおばさんがナレーションやってる録音ばかりなんだろう
やっぱ「はんばーぐはなかったけどうんちをした」「おふろばでおじいちゃんをみた。ちぢこまったおちんちんがみえた」ってのがやばいのかな

446 :7分74秒:2008/02/15(金) 23:16:15 ID:oLy6QJp9
初音ミクに朗読させればよい

447 :7分74秒:2008/02/17(日) 13:57:39 ID:jIW64Vrw
>>446
その発想はなかった。
おちんちん駄目なんかなぁ。児ポ法も所持だけで違法の方向に流れる時代は
つまらんのぅ。

448 :7分74秒:2008/02/18(月) 03:03:16 ID:QjZESO2D
おちんちんが駄目なわけじゃなくてナレーターに何を期待しているかの問題でしょう

449 :7分74秒:2008/02/21(木) 00:34:57 ID:gNyR0LMa
>>445
遠野凪子の盤は作曲者の意図を忠実に守った、ほぼ唯一の貴重な録音なのだ。
ガキが朗読すると拙くて、聴いてて恥ずかしいという意見もあるが、馬鹿野郎! そこがいいんじゃないか(*´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ

450 :7分74秒:2008/02/21(木) 17:49:08 ID:/XXcbXFd
凪子はきっともう
若いそそりたった真っ赤なおちんちんを
見たり触ったり
なめたりいれたりだしたり
したんだろうな
      俊太郎

451 :7分74秒 :2008/02/22(金) 00:13:11 ID:xgZqI1kl
遠野が選出されたナレーション決定オーディション。
たしかボールを使って演技することを求められたみたいなことを
遠野本人が後でテレビで語っていた記憶がある。

だが演技をおもいっきり失敗し、自分は絶対選ばれないと思ってたらしい。

452 :7分74秒:2008/03/10(月) 23:46:07 ID:AsrGQDXH
リングのスコアのギターのパートにある「S.D.効果」ってなんですか?


453 :7分74秒:2008/03/11(火) 00:02:14 ID:A8m/1+gI
セックス・ダイヤモンド効果

454 :7分74秒:2008/03/11(火) 00:30:16 ID:gZIUQ3Em
>>452
太鼓っぽい音出すやつじゃなかったっけ。

455 :7分74秒:2008/03/11(火) 09:20:44 ID:SQfSGLbu
こんにちは。草井満子です。すけべな殿方のみなさま、お元気ですか?
実は、現在、私は本気で離婚を考えています。それはすでにお気づきのように、
この名前です。私は旧姓・佐藤と言いました。佐藤満子というありふれた
名前だったのですが、なぜか愛した男性の名字が草井だったのです。
当時は、名前のことなんて全く気にしていませんでした。周囲の反対を押し切って
彼と結婚することばかり考えていました。彼は公務員で特に結婚に障害になるような
要素はありませんでした。しかし、私の両親、兄弟、親戚がこぞって私たちの結婚に
反対したのです。反対されればされるほど燃え上がる愛。私たちは半ば駆け落ち同然で
結婚してしまいました。しかし、今、落ち着いてみると、私は「くさいまんこ」に
なってしまっていたのです。愕然としました。もしかしたら両親たちは、そのことで
反対したのではと、それとなく確認したところ、赤面しながら頷きました。
あまりにもモラルに厳しい家庭だったため、誰も「あなたの名前がくさいまんこ」に
なるよ、と口にだして注意できなかったらしいのです。なんということでしょう。
ひとこと、「くさいまんこ」と言ってくれれば、こんなことにはならなかった。
そうとしっていれば、なんで今の亭主と結婚なんかしますか。稼ぎは少ないし水虫だし
ハゲだしインポだしいぼ痔だし、口は臭いし、そのくせフェラチオを強要するのです。
それも会社から帰ってきたすぐに生尺をやれっていうのです。ああ、こんなやつと
どうして結婚したのかしら・・・。しかし、さらに考えてみれば、私の名前って普通、
「みつこ」って読みますよね。どうして「まんこ」って読ませるのかしらん。
それを両親に尋ねたところ、まさか「草井」という人と結婚するとは思わなかったと
答えました。そういうことを聞いたわけじゃないんだけど。
あ、主人が帰ってきました。今日も恥垢が苦いんだろうな。いやだなあ。
じゃ、みなさん、またね。

456 :7分74秒:2008/04/27(日) 13:13:50 ID:VVms5Mao
「武満徹氏がおれに言った。

『えっ。楽器をやりたいの。ははあ。クラリネット。あれは難しいですよ。
えっ。そんならテナー・サックス。およしなさい。あれは楽器じゃありません。強いて言うなら風鈴です。
窓ぎわに置いとけば、風で勝手に鳴ってる』

『うん、本当に鳴りますよ』と、これはテナー奏者・中村誠一の証言」

「天狗の落とし文」筒井康隆 新潮社 P214

457 :7分74秒:2008/04/27(日) 21:05:36 ID:L0BgayBz
>>456
筒井の短篇「諸家寸話」(『原始人』文春文庫)にも同じ話が書いてあるぜ。

458 :7分74秒:2008/04/27(日) 22:38:38 ID:uEubXmpn
なんとも武満さんらしいというか。

ふと今思ったんだが、武満徹が今も生きてたら、ピアノじゃなくて
コンピューターを使って作曲するような気がする。
それもオーケストレーションではない曲を。



459 :7分74秒:2008/05/16(金) 06:04:18 ID:Iez24Zya
武満徹の島へ、が好きで石川セリのアルバム買ったんだけど、アレンジも歌声も好きになれなかった
もっとシンプルにカバーされているアルバムとか無いんですか?

460 :7分74秒:2008/05/16(金) 08:41:38 ID:Ov2ZDTMw
石川セリ
井上陽水の妻

461 :7分74秒:2008/05/16(金) 17:55:31 ID:sgR1TwEh
【ピアノ演奏してる人がジム・ビアード】

クイックタイムで観れます
http://www.apple.com/jp/quicktime/download/win.html
ジム・ビアードのライブ
http://www.jimbeard.com/boomer.html
ライブ
http://jp.youtube.com/watch?v=e6re4Xmydik&feature=related
ファーストアルバムSong of the Sunのお薦め
Camieff
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Song%20of%20the%20Sun%20128/Camieff%20Wb.01_01.mp3
BakersAnnex
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Song%20of%20the%20Sun%20128/Bakers%20Annex%20Wb.01_01.mp3
Crossing Troll Bridge
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Song%20of%20the%20Sun%20128/Crossing%20Troll%20Bridge%20Wb.01_01.mp3
Parsley Trees
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Song%20of%20the%20Sun%20128/Parsley%20Trees%20Wb.01_01.mp3
Lost at the Carnivalのお薦め
Poke
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Lost%20at%20the%20Carnival%20128/Poke%20Wb.01_01.mp3
Jigamaree
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Lost%20at%20the%20Carnival%20128/Jigamarie%20Wb.01_01.mp3
Trulyのお薦め
Gonna Tell on You
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Truly%20128/Gonna%20Tell%20on%20You%20Wb.01_01.mp3
Hand to Hand
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Truly%20128/Hand%20to%20Hand%20Wb.01_01.mp3

http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Arranging%20128/My%20Funny%20Valentine%20Wb%20Bn.mp3
http://www.jimbeard.com/Beard%20mp3s/Composing%20128/Flash%20in%20Dreamland%20Wb.01_01.mp3

ホームページhttp://www.jimbeard.com/index.html
新作"Revolutions"聴けます
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=185531794

462 :7分74秒:2008/05/16(金) 18:05:40 ID:Iw8ykT23
秋庭歌 一具のCDを買いたいのですが、東京楽所と伶楽舎のどっちが良いですか?

463 :7分74秒:2008/05/16(金) 18:51:24 ID:Ko0IlW07
伶楽舎

464 :7分74秒:2008/05/21(水) 12:29:52 ID:C2o4GQDO
依布サラサ
井上陽水と石川セリの娘

465 :7分74秒:2008/05/22(木) 19:54:16 ID:Ep0qWMwB
スタンザの、声が入ってくるまでがいい。

466 :7分74秒:2008/05/23(金) 20:39:39 ID:fYPLL4IL
http://jp.youtube.com/watch?v=bvchuBhuupA&feature=related

467 :7分74秒:2008/05/25(日) 19:49:12 ID:7XSQbUPU
武満賞は順当だったな

468 :7分74秒:2008/05/25(日) 21:34:53 ID:zfu6Y9Ig
http://imepita.jp/20080525/704320

469 :7分74秒:2008/05/25(日) 22:55:45 ID:nbugel+E
>>458
武満が生きていた時代にコンピューターは存在していたが。

470 :7分74秒:2008/05/25(日) 23:35:18 ID:N5H4IlXy
>>469
いや、今の技術で。

471 :7分74秒:2008/05/26(月) 23:32:47 ID:SXxEAol4
>>470
はい?

普通に電子音楽も書いているし。

472 :7分74秒:2008/05/27(火) 00:28:55 ID:DyRsQhxi
そういえば「アーク」はもともと電子音楽パートもあったんでしょ?
聞いてみたいなあ。

473 :7分74秒:2008/05/27(火) 01:02:52 ID:EuxYkEZ5
>>471
今の技術=電子音楽って捉えたのか……

474 :7分74秒:2008/05/31(土) 01:42:05 ID:4nvkclIU
>>472
ソースは?

475 :7分74秒:2008/06/01(日) 19:17:26 ID:8pVGL90o
>474
作曲家の個展のライナー

476 :7分74秒:2008/06/04(水) 08:00:25 ID:6XrD1alg
>>458
武満の生前だって、1990年代ともなれば普通にパソコンで作曲してる人は
うじゃうじゃいたけど、彼はそういうのには興味がなかったみたいだよ。
昔ながらのアナログチックな手法の電子音楽どまりだった。

477 :7分74秒:2008/06/04(水) 08:26:54 ID:qIwRhxIa
所謂、タケミツトーンを継いでいる人って国内外で誰かいるのでしょうか。
研究者は数多いますが、音楽を実践する作曲/演奏家となるとよくわかりません。
知っていたならば教えて下さい。


478 :7分74秒:2008/06/04(水) 12:21:27 ID:03Jy3yf4
武満トーンは武満のもの。
それをマネする必要は無い。

479 :7分74秒:2008/06/04(水) 12:36:24 ID:mPSUGcro
ブーレーズトーンはブーレーズのもの。
それをマネする必要は無い。

480 :7分74秒:2008/06/04(水) 14:39:23 ID:XpgbQRrG
エロゲートーンは今堀拓也のもの。
それをマネする必要は無い。

481 :7分74秒:2008/06/04(水) 17:55:13 ID:JncMMVwz
          .,..-'''''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''- 、
    . . -''´;;;;;;;;           `'''-、    コクッゴクッ
   .,,ー.;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.   ...-'''''''''l、゙`., 
 ,,i´";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: : : : : : .:.._,,..v.‘ゝ..、
 l;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:: :       :υ      . `i    某! 中に出すぞ? 
.l;;;;;....;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;..;;;;;;;::: : :          .:!::::'゙;: !.^)       ウ"ゥゥゥゥア"ァー!!!>
il.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;__;;;;;:;:;;;;.;;...:: : : : : : : : :      //""'''''''---,,,,,,______ ;;;;--
.|;;';;;;;υ;;;;;;;;;/lニ'-、:::::::::;:;;;;;;::::: : : : :      : /;/  υ  ・  υ""""::::::::●〜
.l.;;;;;;;;;;;;;;;;.l丶::゛,!:ili.._:::;:;;;;;;;;;;:.::::::: : : : : : : ::!υ\:::::::::::υ.........  〜  〜
lli;;;;;;;;;;;;;;;;ゝミ;;-:: `″;.'!   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...´: : : ゙υ ) ̄"""---,,;;;;;::::::::::
 .゙!i_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~'T'ー-;;;..;;;.;;;;;;;;;;..;;;;;..............;   ;;;;      /  ̄ ̄  〜    \
  ゙゙k.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;...;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  〜   :    υ ::::::::丶
   `!l、;;;;;;;';;;;;;;;;...υ;;;;;;;;;;;;;;;;..;......'-、,;;;;;;;;;;;;;;;;;./     `、  υ  ::    〜  :::::|
     .゙'!ii;い;.;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;;;~''.;;;'''γ         ヽ 〜   ..::: 〜 〜  ::::::/
     i'゙ ゙̄''- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;υ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!         `i、__;;;;;;:::/\  :::::::/
     !;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

482 :7分74秒:2008/06/27(金) 15:23:15 ID:wUHHkPZ+
島へ、をピアノでシンプルに弾き語りしてる音源って何かに収録されてない?
先生が弾き語りしてくれて、それで武満徹を知ったんだけど

483 :7分74秒:2008/06/27(金) 16:03:24 ID:5WWpgtdy
ばななイカは三角だぜっ ふー

484 :7分74秒:2008/06/27(金) 16:09:15 ID:58iPz7yN
「語り」とな!?

485 :7分74秒:2008/06/27(金) 17:27:02 ID:vHuQayou
>477
去年の武満賞に応募した中国人

486 :7分74秒:2008/06/27(金) 19:08:30 ID:h4h63wsD
>>485
二人いるけど、どちらかな。


487 :7分74秒:2008/06/28(土) 00:28:02 ID:SUE+2yez
>>486
どっちとも。


488 :7分74秒:2008/06/28(土) 21:33:51 ID:916ic9m5
>>452
振動する弦(低い弦)を右手爪にぶつけてビーーーーンっていうノイズを出すやつじゃなかったっけ
スネアをつけたままのドラムみたいに独特の音色を狙うという
現代クラシックギターの本調べないとわからんが

489 :7分74秒:2008/06/28(土) 21:35:49 ID:916ic9m5
右手じゃねーや
フレットを握ってる左手

490 :7分74秒:2008/06/28(土) 21:40:15 ID:916ic9m5
川崎市の図書館の音楽辞典にクラシックギターの特殊効果についていろいろ書かれてるのがあったんだけど今東京にいるので調べに行く気力がない

491 :7分74秒:2008/06/28(土) 23:58:50 ID:3Woqw+cH
ノーベンバーステップスを気に入ったんですけど、他に武満さんの作品で現代音楽の名曲はありますか?


492 :7分74秒:2008/06/29(日) 00:01:38 ID:uc+UzfEa
ありません。

493 :7分74秒:2008/06/29(日) 01:19:03 ID:4PQfNOvw
>>491
ピアノ作品集は取り敢えず聞きなよ。

494 :7分74秒:2008/06/29(日) 01:38:20 ID:BRERQp3P
>>491
武満は70年代までは神々しい曲を書いた。
80年代以降は紋切り型のロマンティシズムに
沈潜した。
70年代までの作品を聴くといいですよ。

495 :7分74秒:2008/06/29(日) 02:39:35 ID:hRsAs3FX
S.D.効果ってスネア・ドラム効果ってことでしょ。
フレット上で六弦を五弦上に無理やり重ねて左指で押さえておき(場所によって音高が変わる)、
右手で六弦だけ弾く。

496 :7分74秒:2008/06/29(日) 21:13:35 ID:YzmrK6aJ
>>491
「地平線のドーリア」は絶対に聴いてください。
あと「カシオペア」も。

497 :7分74秒:2008/06/30(月) 15:29:20 ID:wtTJjuw1
春が来たのになにもない

498 :7分74秒:2008/07/01(火) 01:53:24 ID:BvENoxFY
襟裳岬か・・・

499 :7分74秒:2008/07/03(木) 02:26:15 ID:S6mkqx0Z
全集は買う価値ありますよね? 
凄ーくハマっているんですけど。

500 :7分74秒:2008/07/03(木) 02:45:02 ID:S6mkqx0Z
小沢-トロント響の69年の名盤とストルツマン、タッシのアルバム
「ファンタズマ/カントス」を買ったのですが。もう、、なんというか
全曲凄すぎカッコよすぎw
アステリズム、地平線のドーリア、ウォーターウェイズ、ウェイブス
なんてもう、形容する言葉もないw 
音楽でここまでやられたのは正直中学のロック体験以来かなw

いやもちろん武満を知らなかったわけではないんだけども、
自分に合うとも思っていたが(タルコフスキー好きだし)なぜか
今日までちゃんとCDで聴いてなかったのです。

501 :7分74秒:2008/07/04(金) 21:56:49 ID:moaq7JLU
70年代までの武満は神だったんだ。

502 :7分74秒:2008/07/06(日) 21:32:03 ID:KVQAZfjW
あーーーーーー!!!!!
NHK-FMの武満賞チェックすんの忘れたーーーーーーーー!!!!!


503 :7分74秒:2008/07/16(水) 00:59:40 ID:DVJJVX+R
チェックしたけどここ電波が悪すぎでザーザー言いっぱなしなんだーーーーーーー!!!

504 :7分74秒:2008/07/16(水) 01:01:47 ID:DVJJVX+R
全集は図書館で借りてきなよ。買いたいけどつらい。

505 :7分74秒:2008/07/16(水) 04:46:09 ID:RlFtPiaq
武満にはもっと長生きして欲しかった。。。
もう亡くなって10年以上になるけど,亡くなったの60代だったんだよな
早すぎるよ

506 :7分74秒:2008/07/16(水) 04:56:48 ID:RlFtPiaq
なんだかんだ言ってもゲソやってる日本人は批判的にでもなんでも武満の音楽は結局どこか頭の片隅にあったじゃん
アカデミックでクラシック偏重のボンボンの奴らと違う何かに魅力を感じてて
ポップスも好きで偏ったものに批判的で
かなり特殊でいい意味でも悪い意味でも影響力の強い人材だったわけで

507 :7分74秒:2008/07/16(水) 14:35:35 ID:+B1cI3dU
ここの住人はポップス馬鹿にしてて偏ったゲソに肯定的なヤツばかりなのだが

508 :7分74秒:2008/07/20(日) 00:08:58 ID:cEq5pp0b
日々初演される新作でも、出版もされずCDにもならずに消えていく曲はさぞ多かろうと思います。

その中でも幸運な作は「現代の音楽」で放送され、録音として残る曲はありがたいと思う。

10回を迎えた「武満徹作曲賞」受賞作もさぞや珠玉のような作ばかりと存じますが、放送が終わればそれっきり。

いくら話題になったり問題作と評価されても、再演もなく音源にも容易にアクセスできないのなら、何のための栄誉であり努力であったのであろうかと思う。たった一度の放送や演奏を聴くしかないなど、この時代おかしなことではないか。

せめてエアチェックした音を個人的に聞き返したり、CDにして車の中で聞いたりしたいものだと思います。

509 :7分74秒:2008/07/20(日) 00:52:26 ID:KirSrDhO
つか、著作権がなー

510 :7分74秒:2008/07/20(日) 15:31:13 ID:vPbnnXvx
僕あんな顔じゃいやだ
僕あんな顔じゃいやだ
僕あんな顔じゃいやだ

511 :7分74秒:2008/07/20(日) 22:34:57 ID:hXNPi7g/
あんなサル顔じゃいやだ?
しょうがないじゃないか。


512 :7分74秒:2008/07/21(月) 01:25:27 ID:ypIcL6he
武満徹と立花隆はおばさん顔。

513 :7分74秒:2008/07/22(火) 23:05:43 ID:iU4tx81S
>>511
でも人間性は魅力ある人だったんだろ
友達は多かったらしいじゃん、ノーマンメイラーなんかアメリカ行くと空港まで出迎えて
くれた事もあったって言うし
あの大江健三郎でさえ
『ぼっ僕ぁ、いっ石原さんに作品について何言われてもへっ平気なんです。
たっ武満さんや、その他にっ二、三人の人の評価はきっ気なりますけど。』って言ってるし

でも大江とかムツゴロウみたいに多くの人に毛嫌いされるヤシに
親友みたいに言われる人ってなんか八方美人の腹黒みたいで
痛し痒しだね。

514 :7分74秒:2008/07/24(木) 00:39:03 ID:g1FOIl5z
腹黒じゃないけど俗っぽいところはあったようです。
氏が誰かと「楽壇」内の人のゴシップめいた話をしていたとき、

(例:作曲家の誰それは政治力があるのないの)

そばにいた高橋悠治は不愉快になって出て行ったそうな。
(出典:全集関連本のどこか)
高橋悠治こそいまや孤高の風がある。

515 :7分74秒:2008/07/24(木) 01:29:36 ID:Aui8reNZ
武満は俗っぽさと厳格さが同居し得た稀な例

516 :7分74秒:2008/07/24(木) 16:36:14 ID:Jfo0wl9p
取りに行ったけどなかった。次は一時間後に取りに行くです???


517 :7分74秒:2008/07/27(日) 01:24:36 ID:TNC8qSR5
晩年のロマン主義の作風を
「この頃いくらなんでも甘すぎないか」と
岩城宏之に言われた武満は自分でもそう思っていて

「うむ、今度は前衛で行くよ」

と答えていたが、やはりまた同じであった。
前衛時代に始めた「ジェモー」がその頃の香りを
残してはいるが、どうしても甘美な印象はぬぐえない。
特に最後の長三和音の輝かしさ!
60年代にはありえなかった。

もし武満が長生きしていたら、甘さの果てのきわみに達した
恐るべき音楽を作っていたように思う。
(まったくの空想)


518 :7分74秒:2008/07/27(日) 06:39:44 ID:aYwvRH+5
>>517
すでに系図あたりで行くところまで行っちゃってるからなあ。
あそこから更に甘さの果てのきわみに達した音楽にはなりえなかったように
思う。といって前衛にゆりもどすこともなかったろうし、結局同工異曲を
作り続けたのじゃないかな。

519 :7分74秒:2008/07/27(日) 13:11:55 ID:lbn2UTuG
某合唱団の指揮者が系図を聴いて「うーん、なんかBGMみたいな曲で物足りなかった」って言ってた。
なんという感性だと思った。

520 :7分74秒:2008/07/28(月) 22:15:51 ID:ylrNQivt
>>519
いや、そういう感想はそれはそれでわかるよ。
ただ、あの曲、楽譜見ると複雑なんだよね。

521 :7分74秒:2008/08/01(金) 17:20:13 ID:lfq2flCV
「系図」がBGMみたいというのは
詩の伴奏曲だからでしょうか

522 :7分74秒:2008/08/02(土) 04:47:40 ID:h4mLn8L+
そんなことより聞いてくれよ
俺のキンタマ3個あるんだが病気じゃないよな?

523 :典雅で感情的なスケルツォ:2008/08/02(土) 11:21:04 ID:SpP1bj8Q
死後出版の「サイレント・ガーデン〜滞院報告」(病床日記)に、
「系図」について

「もうあのようなものは書かない」

と記していた。自身じくじたる思いがあった様子。
決して駄作ではないけれど。

この日記には、氏の今後の作品の構想が書かれている部分があって
空想をさせてくれる。


524 :7分74秒:2008/08/02(土) 12:19:20 ID:k9T2iv2/
演出が上手なんだよ
この男に本心はない
たいいんにっきも公開を想定して書いてるからね
何も信用してない

525 :【疑問】:2008/08/02(土) 12:34:04 ID:SpP1bj8Q
初期の佳品の弦楽合奏曲「ソン・カリグラフィ」(1958-60)は
1〜3あり、いずれも良い曲です。

1、3はサラベールから出版されているが、
2だけ未出版なのが疑問です。
音源は現在全集盤の中のみの1種。いずれも同一メンバーの演奏。

初期の選集「武満徹の音楽(4)」に1、3番のみの収録。
室内楽全集であるライブ盤「武満徹・響きの海」(全5巻CD10枚・キングレコード)には
何故か室内楽とみなされなかったか収録なし。

研究書も出版譜がないからか1、3のみで語られている。

この2のみ委嘱者あり、ラモー室内楽団。

委嘱者が出さないのか、作曲家が思うところありなのか分からないが
隠されているような「ソン・カリグラフィ第2番」。

何か知っている方はご教示ください。

526 :7分74秒:2008/08/02(土) 13:16:32 ID:SpP1bj8Q
「本心がない」は言い過ぎと思うけど、
自己演出にたけていたとは、論考集「武満徹 音の川のゆくえ」の中で
しんらつに書いていた人もいました。
名著と言われている著作も「気取った文章」とかボロクソでした。

別のある人は、彼は知ったばかりのしゃれた言葉を早速文章や作品などに使うと語った。
シニフィエ、ヴィトゲンシュタイン、ジョイス・・・

527 :7分74秒:2008/08/17(日) 22:00:05 ID:YIfevTkc
詳細
 − 名フィル 第348回定期演奏会 −

「交響曲 第9番 ニ短調」         ブルックナー作曲
                      (57分30秒)
          (管弦楽)名古屋フィルハーモニー交響楽団
                (指揮)マイケル・クリスティ
「フーガ ト短調 BWV578」 バッハ作曲、小塚憲二・編曲
                       (4分50秒)
              (管弦楽)セントラル愛知交響楽団
                     (指揮)小松 長生

「ノヴェンバー・ステップス」         武満 徹・作曲
                      (19分10秒)
                     (琵琶)北川 鶴昇
                     (尺八)野村 峰山
              (管弦楽)セントラル愛知交響楽団
                     (指揮)小松 長生
  〜愛知県芸術劇場コンサートホールで収録〜


528 :7分74秒:2008/08/18(月) 14:16:30 ID:NMAnicAg
何かテレビかラジオの番組でしたか? 教えてください

529 :7分74秒:2008/08/18(月) 14:23:08 ID:NMAnicAg
これでしたか

http://www5.atpages.jp/~prabbit/index.php?2008%C7%AF1%B7%EE25%C6%FC%A5%BB%A5%F3%A5%C8%A5%E9%A5%EB%B0%A6%C3%CE%B8%F2%B6%C1%B3%DA%C3%C4%A1%A1%C2%E889%B2%F3%C4%EA%B4%FC%B1%E9%C1%D5%B2%F1

セントラル愛知交響楽団第89回定期演奏会?〜至高への歩み〜
2008年1月25日(金)?愛知県芸術劇場コンサートホール
武満徹:ノヴェンバー・ステップス*
〜休憩〜
J.S.バッハ/小塚憲二編曲:小フーガ ト短調 BWV.578
サン=サーンス:交響曲第3番 作品78 「オルガン付」**

? 指揮:小松長生
? 琵琶:北川鶴昇*
? 尺八:野村峰山*
? オルガン:椎名雄一郎**

530 :7分74秒:2008/08/18(月) 14:27:04 ID:NMAnicAg
名フィルは9/6に
「ファンタズマ/カントス」やるようです
いきたい

531 :7分74秒:2008/08/19(火) 18:42:33 ID:LegR2EgY
今度の日曜日にFMでやります。

532 :7分7:2008/08/20(水) 13:08:06 ID:7+Pz7TkU
これだったんですね NHK-FM「オーケストラの夕べ」19:20〜
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=300&date=2008-08-24&ch=07&eid=12472

名フィル定期とうたいながら セントラル愛知のが多いとは?
「ノベンバー・ステップス」は指揮者も袴姿であったと。

533 :7分74秒:2008/08/23(土) 11:16:51 ID:imiqW0d2
全盛期の頃の小室哲哉と武満が共演する話が
あったらしいが武満が断ったらしい。
二人の間に坂本龍一が入っていたら共演が実現したかも?

534 :7分74秒:2008/08/23(土) 14:15:41 ID:7e7rgNkB
晩年の武満と坂本龍一が共演する企画があったことは有名だね。
武満と小室哲哉ではさすがに接点がなさすぎるな。

153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)