5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Lachenmann/ラッヘンマン 

1 :7分74秒:2007/12/25(火) 01:05:19 ID:QLXlvi3I
聖なる夜はやっぱマッチ売りの少女だろ


ってスレないのかよ! てめーら正気か?

しゃーねえ、  ラッヘンマン聞き始めて三日目の俺がたてちゃる

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_m?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=lachenmann
HMV
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?target=MUSIC&category=1&adv=1&keyword=lachenmann


さあ、このマッチの灯し火が消えないうちに語れ

2 :7分74秒:2007/12/25(火) 02:52:05 ID:dUYpKWCo
ポスト・シュトックハウゼン。
すでにスター作曲家。
作曲科の先生辞めてフリーになったら収入が倍になったとか?
現在アメリカのハーヴァード大学で高収入で客演教授しとる。
これはシュトックハウゼンがやっていたポスト。

3 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:10:04 ID:QLXlvi3I
あ そーなんだー

>>すでにスター作曲家

そーだよね〜  各地でテーマ作曲家に取り上げられたみたいだし
2009年には武満徹作曲賞審査員やるらしい

オレが入手したのECMのマッチ売りとardittiの弦楽四重奏なんだけど
弦楽四重奏きいたときちょっと衝撃的だった 

特殊奏法デハートって言うけど非常に有機的に機能していて自然に音楽に溶け込んでるって感じ


来年一月にardittiで弦楽四重奏1〜3まで出るみたいだし非常に楽しみ


4 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:19:07 ID:dUYpKWCo
ヘルムートの作曲審査はおかしな曲しか選ばないよ。
頼まれたらやるけど責任は持たないといっている。
もちろん調性・メロディー・リズム・動機展開・クライマックス・オクターヴ・繰り返しは問題外。
図形楽譜や偶然性も好きでない。

SQは結局第二番が一番いいね。
3番は付けたしって感じ。

5 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:39:12 ID:QLXlvi3I
きびしい笑
そうなんですか かなりの変態ですね

6 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:58:27 ID:4stHAFun
>>3
>特殊奏法デハートって〜
そりゃ70年代までのいくつかの曲の特徴だもの。
例えば、pression、gran torso、gueroなど。


7 :7分74秒:2007/12/25(火) 04:06:37 ID:QLXlvi3I
wikiにも書いてあったんだけど一番過激な時に比べ学習しやすくなった、
というか特殊奏法詰め込むこと自体が彼の一時の作風の特徴だったということ?

というと最近の彼の作風の特徴どんなんでしょ?

8 :7分74秒:2007/12/25(火) 05:19:45 ID:dUYpKWCo
ペンデレツキがあの「広島」などでの凄い特殊奏法やめたので、
ラッヘンマンが出て来やすくなった。
彼の場合は普通の楽器で鳴る音自身が「退屈」を引き起こすため原則として使えなくなった。
曲の構造も従来のやり方だとその繰り返しになり「退屈」になるので、
全部否定して新しく音楽を考え直した。
その結果出てきたのが和声法でも対位法でもない得体の知れない形式。
名前はまだ付いてない。
ラジカル変容法とでも言っておこうか?
彼のような特殊奏法はよほど楽器に精通してないと使えない。
楽器奏者よりも遥かにすべての楽器を知ってないと思い通りの音が出てこないよ。
演奏の制限が無数にある。
特殊奏法そのものが彼の作曲技法で極めて高度なもの。
日本の音大であそこまで教えられる作曲家はいないと思う。
ヴァイオリンとかピアノは進化しつくしたので、
重箱の墨のような特殊奏法も立派に学問体系として成り立つのがミソ。
何でも出来るアンサンブル・モデルンのメンバーも彼らよりも知っているのでびっくり。
最近の彼はもう新しい境地は出てこないね。
もうあの手法で円熟の境地に達したとでも言うべきか?



9 :7分74秒:2007/12/25(火) 08:20:40 ID:QLXlvi3I
ほえー

10 :7分74秒:2007/12/25(火) 10:27:26 ID:9yk3A92Z
昔むかし、どんな変なの聞いても逃げなかったうちの猫タンが、ラッヘンマン聞き出した途端に、飛んで逃げてった

11 :7分74秒:2007/12/25(火) 17:41:09 ID:FBbGslMI
>>8
楽器の機能、というものを無視しているから演奏家では思いつかないんだと、グラーツ音大の某教師は笑って言っていたよ。
ラッヘンマンは楽器を熟知しているわけではなく、それを全く違うものだと考える事で様々な特殊奏法を生み出した。だから、説明がうまいわけ。もちろん、楽器の基本的な構造や発音原理を知った上での話だけれど。
ラッヘンマンは特殊技法を特殊に使って、特殊な音響を生み出す事に興味があるわけだから、通常の楽器法やら形式に難色を示すのも理解できる。
へたしたら楽器の機能をそこなう特殊技法を多用するのもそのせいだろう。

シャリーノみたいに、自分が出したい音を出す手段として特殊奏法使う人とは根本から違うわけだよね。


12 :7分74秒:2007/12/25(火) 18:40:47 ID:upJJ9UZ1
彼自身は自宅に安ヴァイオリンなどを持っていて、
自分でいつも特殊奏法探してますね。
それで曲を書いて音の出し方をいちいち指揮者と奏者に教え込む。
楽器が完成しているので特殊奏法の音は世界共通。
そこが毎年改良されるエレクトーンと違うところ。


13 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:27:51 ID:VKBxFGCQ
>>曲の構造も従来のやり方だとその繰り返しになり
kwskプリーズ
反復進行のこと??セリー主義者たちは反復進行は絶対しなかったらしいけど

14 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:29:10 ID:VKBxFGCQ
すまん
>>8 ね

15 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:35:33 ID:7tKp4532
クラリネットのリードを噛んで雑音をたてるとか
そんなのに何の価値があるの

16 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:46:23 ID:b9f3jNpS
「クラリネットのリードを噛んで雑音」は独特の雑音が出る。
それを音楽の素材に使えば響きが新しくなり、
素材そのものの退屈さからは開放される。

彼の繰り返し概念はすべてを含む。
セリエル的パラメーター、構造、歴史的認識、オクターヴ、楽器法など。
独特のポリフォニー音楽を書いただけで、
それは過去のポリフォニー音楽の繰り返しでマンネリ化に過ぎない。
オクターヴしかり。
Beethovenの繰り返し。
彼に反復進行はもちろん存在しない。
チェロとホルンのユニゾンは伝統的管弦楽法の繰り返し。
イサン・ユンでさえ禁止している。
例えばトランペットの弱音器フラッターツンゲと、
チェロのフラジオレットのトラット・トレモロのユニゾンだったら許容される。
そういう意味。

17 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:54:38 ID:VKBxFGCQ
おー さんくす(ほんとは昨日の朝投稿したかったんだけど制限でできんかった)
要するに過去に常用化されてたテクニックだとか観念自体を否定したってわけか

18 :7分74秒:2007/12/26(水) 03:01:21 ID:7tKp4532
それは何年前の話だ

19 :7分74秒:2007/12/26(水) 03:10:57 ID:VKBxFGCQ
それを非生産的な不毛なことと捉えるマンネリズムとする独特の美学
そして「かれの考えるマンネリズム」に対する徹底的な忌避

ちょっとこの姿勢に軽く衝撃

20 :7分74秒:2007/12/26(水) 06:15:14 ID:b9f3jNpS
ダルムシュタットに行ってみな、今でも通用するから!

21 :7分74秒:2007/12/26(水) 18:13:59 ID:PWE3tG95
OKベイビー

22 :7分74秒:2007/12/26(水) 22:08:18 ID:Es4FASsL
ドナウエッシンゲンでも良いとも!

23 :7分74秒:2007/12/27(木) 00:35:29 ID:qa4H3vaM
どっちでも通用してないと感じるがね。
確かに、マニアから見ればクールなんだろうけど実際の聴衆の反応を見る限りでは…('A`;)

24 :7分74秒:2007/12/27(木) 01:29:23 ID:5H2XfK0Q
確かに繰り返しがないので彼の音楽の理解は難しい。
「マッチ売り」も聞き込んで行ったが実演ではノーノのようにきつかったし、
途中で数人は出て行った。
じゃ認められていないのかというと、
実際に何を上演するか決める人は違う意見を持っている。
重要なのは衆愚な民主的な投票で決めるのではないということ。
専門家だけがその権限を持っているということだ。
なぜこういった曲が未来に認められるのかというと、
過去のクラシック音楽がみんなそうだったからそうなるであろうという予測に基づく。
日本は聴衆の反応を見て上演曲を決めるが、
ヨーロッパはそれ専門のドラマトゥロギーが一つのオペラハウスで数人はいて、
常に議論して決めている。
上演されれば次の日以降に批評が「地方紙」に出るし音楽雑誌にも書かれネットにも出る。
放送局もしかり、指揮者はこういうものを振れるという実績がないと放送響の常任は難しい。
また聴衆の反応に関係なく同じ曲でも演奏家を換え、場所を換え、ドラマトゥロギーを換え何度も演奏して試すわけだ!
CDもしかり。
「マッチ売り」だけで2枚目だろう。
これが「タブロー」や「塵」・「終止音」になると数枚は出ている。
WergoやKairosなんかは公的な補助で作っているらしい。
現代音楽専門のCDだけでやっていけるわけがないから。
売れるのは97%日本の顧客のみ。
音楽大学の作曲科でもゼミなどで何回もアナリーゼされる。
時には本人をゲストで呼んで説明させ質問する。
ドイツの音大はどこでもこういうことはやっているしそのための予算も十分にある。
また同様に楽譜やCD・本もそれぞれの市立図書館においてあって誰でも借りられ公開される。
こういう仕組みが出来上がっていて初めて曲は再演に再演が重ねられる。
それがFM放送でも何回もかけられるわけだ。
「マッチ売り」だけでSWRは3回ぐらいFMでOn・Airしたと思う。
ハンブルクとシュトットガルトとバーデン=バーデンの演奏。
TVでは全部見てないがそのインタビューを数回やったと思う。
そして最終的に残されるわけだ。
日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

25 :7分74秒:2007/12/27(木) 01:42:05 ID:cYE9kslb
ほえー
やるねーヨーロッパ

26 :7分74秒:2007/12/27(木) 05:53:49 ID:5H2XfK0Q
日本の「マッチ売り」はあれが最初で最後であろう。

27 :7分74秒:2007/12/27(木) 07:03:30 ID:cYE9kslb
なんで?
例の演奏会バージョン?

28 :7分74秒:2007/12/27(木) 13:24:25 ID:8txPEVl0
>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。



>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

29 :7分74秒:2007/12/27(木) 15:04:18 ID:rg7e9MQo
>>24
おいおい ドラマトゥロギー ってなんだよ 情けな・・・

30 :7分74秒:2007/12/27(木) 18:04:02 ID:qa4H3vaM
>>24って、何かいけない薬やってるか、いけない妄想に取りつかれてるかのどっちかだよね。

31 :7分74秒:2007/12/27(木) 18:13:02 ID:HMU5Zwth
ドラマトゥロギー:舞台演出法を考える人のこと

32 :7分74秒:2007/12/27(木) 21:05:40 ID:8txPEVl0



>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。



>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。




33 :7分74秒:2007/12/27(木) 21:50:11 ID:cSCNy/po
>WergoやKairosなんかは公的な補助で作っているらしい。
>現代音楽専門のCDだけでやっていけるわけがないから。

これは必ずしもそうではないようだ。
ヨーロッパではかえってクラシックのCDが売れない、
アンサンブル・ルシェルシュなんかはコンサートを開くたびに
自分のとこのCDを全部持ってってせっせと売り、
その売り上げが結構馬鹿にならないらしい(3年くらい前に聞いた話)。

34 :7分74秒:2007/12/27(木) 22:18:45 ID:8txPEVl0
ジャズとノイズとクラとゲソに関しては、日本人が買わなくなったら確実にマーケットが壊滅する。
幸い日本の景気はどんどん悪化しているので、ゲソのCDは全て廃盤になれ。新譜も出すな。

35 :7分74秒:2007/12/28(金) 00:52:26 ID:cwJKtVba
やっぱり病気の人だ。

36 :7分74秒:2007/12/28(金) 01:11:42 ID:jfjPmUYV
>>34
そんなに日本人しか買ってないの?
日本てそんなに大きなマーケット?にわかに信じられん

37 :7分74秒:2007/12/28(金) 01:25:57 ID:kXQ8r9dA
ヨーロッパではしょっちゅうラッヘンマンは直に生で聞けるし直に会えるし、
ラジオでもいつでも流すし、
CDが聴きたけりゃ近くの音楽図書館でいくらでも貸し出してくれる。
売ってもいるけどよほど安くないと買いたくないなあ!

38 :7分74秒:2007/12/28(金) 02:22:57 ID:jfjPmUYV
うらやましい。。

39 :7分74秒:2007/12/28(金) 06:25:22 ID:cwJKtVba
>>37
ヨーロッパ在住わりと長いけど、みんなCD買ってるよ?
値段は日本とあまりかわらないけど。

40 :7分74秒:2007/12/28(金) 06:56:51 ID:kXQ8r9dA
全然ないわけではないが買わないなあ。

41 :7分74秒:2007/12/28(金) 07:12:13 ID:jfjPmUYV
色々いるようですねえ
音楽図書館でCD貸し出しできるの?はいいなあ


42 :7分74秒:2007/12/28(金) 18:16:13 ID:xO088prH
東京の区立図書館もそうでしょう?
ラッヘンマンがあるのかどうかしらないけれども。

43 :7分74秒:2007/12/28(金) 19:04:22 ID:cwJKtVba
大学の図書館いけば持ち出しは不可能でも、録音は可能。

44 :7分74秒:2007/12/28(金) 22:47:34 ID:jfjPmUYV
うん 
けど学外の場合はむりっしょ?
学校はコピー禁止してる


45 :7分74秒:2007/12/28(金) 22:50:47 ID:xO088prH
貸しCD屋だったらコピー可能かも?
国立音大なんか学外生にも貸してくれるね。

46 :7分74秒:2007/12/28(金) 23:06:11 ID:SCBH1a/d
違法コピーについて語るスレですか?

47 :7分74秒:2007/12/29(土) 06:19:49 ID:lK6afZIZ
そうです。

48 :7分74秒:2007/12/30(日) 06:36:08 ID:LKT2gv1H
『ワルシャワの秋』でルペルト・フーバー指揮のSWRオケでラッヘンマンの日本で初演した「Schreiben」がポーランド初演。
残る曲というのはこのようにいろいろな演奏家によって世界を一回りする。

49 :7分74秒:2007/12/30(日) 06:55:41 ID:Zo1ct26q
んだんだ
この人の曲の中で最も熱いやつって何?
うわさではマッチ売りの少女以外にもう一つオペラ作品あるらしいけど

50 :7分74秒:2007/12/30(日) 07:50:39 ID:EEWKiIOQ
>>49
個人的にはコントラカデンツが一番熱い。

51 :7分74秒:2007/12/30(日) 14:20:43 ID:CWheR8nd
まー「セミナーで信者増やして権力握れば評論家も聴衆もお金もついて来る」という伝統芸の一ページであることは確かだな

52 :7分74秒:2007/12/30(日) 18:25:29 ID:PDXrn7WS
オペラはもう書かないだろう。

「セミナー」は自分の作曲法を確信するために必要。
どんどん質問させて批判させて、それに確実に答えれば相手も納得してくれる。
日本人はこれやらないだろう?
だから日本人作曲家は不信感の塊なのさ。
誰も信用しないからせいぜい初演だけで消え去る。

53 :7分74秒:2007/12/30(日) 19:27:25 ID:QVPK6NG1
言葉の意味通りの「セミナー」であればね。
実体は政治家の「セミナー」と同じになってしまっている。

54 :7分74秒:2007/12/30(日) 23:57:10 ID:NPudAhli
>>53
あなたはラッヘンマンの「セミナー」に参加したことがある?

55 :7分74秒:2007/12/31(月) 05:57:35 ID:6CkLrqhF
ラッヘンマンはフーバーやシュトックハウゼンのように個人的に音楽政治にかかわるのが大嫌いだ。
だから誰にも自分の曲をやってくれとか一切言わない。
自分の音楽の防衛のためにだけセミナーで答える。

アンサンブル・モデルンから広告が来た。
また「終結音」と「ヌン」の新録音だって。
54分45秒、41分18秒。
ステンツ指揮のあそこのオケ。
この人同じ曲でもいろいろなオケの録音がありすぎて全体がつかめない。

56 :7分74秒:2007/12/31(月) 21:12:17 ID:nu/HATUI
>>54
どんな感じだった?

57 :7分74秒:2007/12/31(月) 21:52:51 ID:lKCtRLvj
彼ほど長くダルムシュタットに来た人はいない。
宿敵の質問にも的確に一言で答えると場内はみんなシーン!
決しておっかない人ではないが、
音楽論になると泣く子も黙るぐらい説得力があった。
言うことがすべて正しく思わされるのはウォルガング・リームと似ている。

自分の曲は演奏家に押し付けないで、
自然に興味を持って勝手に演奏してくれるのを待っていた。
彼のところに今度演奏するんだけど特殊奏法などどうしてやるのかわからないと聴きに行くと、
レッスン料なしで丁寧に詳しく教えるので演奏家から喜ばれている。
時には自宅まで呼んでレッスンしてくれて、
最後に菅原さんの自慢のシャブシャブを食わせて返してくれる。

58 :7分74秒:2007/12/31(月) 22:25:05 ID:nu/HATUI
>>菅原さんの自慢のシャブシャブ
なんすかそれ!笑

へ〜
あんさん楽器奏者とお見受けしますがやはりどうですか?
あんさんから見て自分の専門楽器についてもラッヘンマンは相当わかってる感じですか?
それとも時に見当違いなこと言う?

59 :7分74秒:2008/01/01(火) 07:07:32 ID:6ScI77mk
今のピアニストの奥さんはシャブシャブを作るのが上手い。
それで本人もいちころとなって前のドイツ人の奥さんを捨てた!

この話はアンサンブル・レッシェルシェやアンサンブル・モデルンのメンバーから聞いた話!

60 :7分74秒:2008/01/01(火) 10:19:43 ID:g6pW0ff7
それは違うシャブシャブが上手かったからだと思われ…ジュポ…んっ…ジュル…。

61 :7分74秒:2008/01/01(火) 13:34:55 ID:YbcNrOHo
いいえ、ノーパンしゃぶしゃぶです。

62 :7分74秒:2008/01/01(火) 13:39:01 ID:Rm6ZlfP0
ラッヘンマンはアレグロソステヌートみたいな曲が似合ってると思うのだけれど。

63 :7分74秒:2008/01/01(火) 18:43:18 ID:eBbVOsvv
61:夫のラッへンマンの監視が行き届いているので、
菅原さんはそこまでは出来ないでしょう。
それにしても二人の娘の綺麗なこと綺麗なこと!

64 :7分74秒:2008/01/02(水) 02:57:19 ID:Rj4cweBI
何歌ってもテクノじゃけえとか言ってるのがいいんじゃん。
のっちとかしゆかはテクノじゃないのに気づきつつあるけど
あ〜ちゃんはまじでテクノだと思ってる。

65 :7分74秒:2008/01/02(水) 02:58:32 ID:Rj4cweBI
何でもいいんだよ。
本人たちはテクノっつってんだから。
あ〜ちゃんは一生テクノやってくって宣言してるんだから
演歌歌ってもテクノなんだよ。

66 :7分74秒:2008/01/02(水) 17:52:35 ID:L9un0jpV
テクノなのはシュトックハウゼンだろうぞ。

67 :7分74秒:2008/01/02(水) 20:49:21 ID:9/dJ8raw
さっきからお前ら何の話してるんだ?

68 :7分74秒:2008/01/02(水) 22:59:36 ID:L9un0jpV
ラッヘンマンの電子音楽?

69 :7分74秒:2008/01/02(水) 23:08:46 ID:9/dJ8raw
本人電子音楽作品とかあるの?

70 :7分74秒:2008/01/02(水) 23:43:31 ID:L9un0jpV
ゲントで作った一曲だけ!
永遠に未発表。

71 :7分74秒:2008/01/03(木) 21:21:45 ID:dnrJYrXJ
菅原とは別れたと聞いていたが、より戻したのか?

72 :7分74秒:2008/01/03(木) 23:12:58 ID:6aekJbU8
イタリア以外にレオンベルクにも住んでいると去年言っていたので、
ヘッヒンゲン以外泊まるところはないはずだから別れていない。

73 :7分74秒:2008/01/05(土) 05:36:26 ID:ADJXFTIW
取り敢えず、新譜が楽しみだな。

74 :7分74秒:2008/01/05(土) 05:59:16 ID:c8HDUvPK
でも昔の曲の演奏家を換えての再録音よ。
この人ほど初演よりも再演ばっかしが多い人はいない。

75 :7分74秒:2008/01/05(土) 18:50:52 ID:ADJXFTIW
>>74
むしろ、そっちのほうが正常なんだがな。


76 :7分74秒:2008/01/05(土) 20:36:26 ID:2PRIH/1a
>>70
「ヘント」だろ

77 :7分74秒:2008/01/05(土) 20:44:53 ID:GZyVWSVq
昔見つけたが全然完成しない。
h ttp://www011.upp.so-net.ne.jp/saisourou/lachenmann/top.html

78 :7分74秒:2008/01/05(土) 23:13:13 ID:BOHZibQX
76 :スペインじゃなくベルギーだから「ゲント」だろう。?

79 :7分74秒:2008/01/08(火) 13:29:33 ID:3ov8445h
>>78
ふらまん語読みでヘント フランス語読みでガン だ

80 :7分74秒:2008/01/08(火) 17:55:15 ID:BbP+yzjG
あそこはフラマンかフランスか?

81 :7分74秒:2008/01/09(水) 00:53:49 ID:3VTRlux8


この人の作品でどこら辺がいちばんおもしろい?
いくつかあげてもらえるとうれしい
こんど少ないCD予算から買おうと思ってるんで参考にしたい



82 :7分74秒:2008/01/09(水) 01:52:41 ID:cKNe50a5
CDにはないが「ハルモニカ」や「アカント」などの協奏作品が面白い。
「ファッサーデ」や第二SQなんかも悪くない。
合唱曲の「慰め」I,II,IIも加えておこう。

83 :7分74秒:2008/01/09(水) 11:25:54 ID:7qJXxdKI
ハルモニカってCD無かったっけ?どっかで聴いた覚えが…。
ECMから出てる白いアルバム(Movementとか入ってるやつ)や、KAIROSから出てる緑のアルバム(コントラカデンツ入ってるやつ)あたりを買えば大体の傾向はわかると思う。個人的にはアレグロソステヌートとか、好きだけど。
弦四も全集出るし、コルレニョから出てる入門盤みたいなやつもあるし、自分が好む編成から選ぶのも乙な気がする。

84 :7分74秒:2008/01/09(水) 17:07:11 ID:3VTRlux8
>>82 >>83
サンキュー
参考になりますた

85 :7分74秒:2008/01/09(水) 17:19:07 ID:OsGYwrsE
accantoだってCD音源はあるよ。でも、入手困難。

86 :7分74秒:2008/01/09(水) 17:57:29 ID:g3ghMlKo
Accantoは初演以来かなり録音されたね。

87 :7分74秒:2008/01/09(水) 20:17:05 ID:2XEEcDfX
>>86
録音が多いのは、Allegro Sostenutoで、Accantoの録音は1つだけ。
Metz音楽祭のコンピのみ。

88 :7分74秒:2008/01/09(水) 23:43:12 ID:g3ghMlKo
レコード時代のブルンナーとツェンダーのでしょう?
SWRもAccantoは録音しているはずです。
いつかCDで出てくるかもしれません。

89 :7分74秒:2008/01/10(木) 00:05:21 ID:AXADD2eb
他は知らないがザール放送とSWRの録音が少なくともあるはず。

90 :オスのさが:2008/01/12(土) 02:01:10 ID:x2REMvmk
>>69>>70
おまいら!ついに彼の電子音楽が!?
http://www.subrosa.net/index_fr.htm

91 :オスのさが:2008/01/12(土) 02:07:58 ID:x2REMvmk
ごめん、詳細はこちら。これは楽しみ!!!
Helmut Lachenmann - Scenario (1965) 12'30
IPEM-Studio Gent
http://www.posteverything.com/releases/23680

92 :7分74秒:2008/01/12(土) 02:14:34 ID:5LqfXrI8
電子音楽ヲタのDTMERきめえ
死ねよ

93 :7分74秒:2008/01/12(土) 02:18:33 ID:iWihIHlD
おおサンクス
アンソロジーの内の一曲だね
もう出とるか 1月7? かおうかどうかは迷う

94 :7分74秒:2008/01/13(日) 01:34:55 ID:3fFhpjYp
彼が一曲しか作ってないのは、
その仕事自体がつまらないからだそうだ!

弟子にはそのくせ電子音楽を必修にさせる。
メシアンも同じことをやってたね。

95 :7分74秒:2008/01/13(日) 02:07:32 ID:+bJf5/mw
そういえばメシアンも一曲あったよね笑?

96 :7分74秒:2008/01/13(日) 03:57:46 ID:3fFhpjYp
インタビューでは全然ないとか?

97 :7分74秒:2008/01/13(日) 10:39:02 ID:OaXvrQ09
「音色=持続」だろ。
CD化済み。
けっこうミニマルな内容。
ペンデレツキにもあるぜ。

98 :7分74秒:2008/01/13(日) 13:20:09 ID:D7e51GD5
シャリーノも1曲作ってたな、確か。
しかし、ラッヘンマンもメシアンもシャリーノも、音響の実験で得た知識を生の楽器で再生するからおもしろいんだろうな。

99 :7分74秒:2008/01/13(日) 18:09:13 ID:yzKAx/dK
シャリーノはオペラを電子音楽で伴奏したり複数あるはず。
ラッヘンマンよりは専門家だろう。
ラッヘンマンは自分では電子音楽の素人だといっている。


100 :7分74秒:2008/01/13(日) 21:58:21 ID:D7e51GD5
>>99
作品表を見る限り、純粋な電子音楽は1曲しかない筈なんだけど…。
オペラの伴奏にエレクトロニクス使った曲あったっけ?ノーノの曲の電子音響担当したやつは聴いた事あるが。
で、>>100

101 :7分74秒:2008/01/13(日) 22:49:11 ID:yzKAx/dK
シャリーノの「ペルセウスとアンドロメダ」だったと思う。
初演を見たので覚えれ入る。
オケピットはコンピューターと指揮者だけ。

102 :7分74秒:2008/01/23(水) 13:09:06 ID:yKbHqZtv
久保に幽霊話オペラにしてくれって

103 :7分74秒:2008/01/23(水) 17:58:23 ID:+gjLeXge
彼女はいつまでたってもラッヘンマンの語法が抜けないね。

104 :7分74秒:2008/01/24(木) 16:18:43 ID:I+Dh8ba2
彼の弟子(または影響受けた人)はみんなそうでしょ。
ある意味で、ラッヘンマンの存在が偉大すぎるんだと思う。
フラーみたいに、ラッヘンマンの影響下から抜け出して独自の世界に到達する人は稀。
久保さんはピアノ協奏曲が良い。

105 :7分74秒:2008/01/24(木) 17:49:34 ID:cB94vwU7
彼が実際にレッスンで厳しくそう教えたわけだね。
フラーは実際にレッスンは受けてないのに、
どういうわけか昔は真似していた。

106 :7分74秒:2008/01/24(木) 19:40:09 ID:I+Dh8ba2
フラーは指揮して影響を受けたみたいだよ。ラッヘンマンとシャリーノに。


107 :7分74秒:2008/01/24(木) 20:17:49 ID:cB94vwU7
20年前彼を呼んでそればっかり指揮していた。
Wienでは当時変質者扱いだったね。
でもそれが教授への昇格への絶対条件となった。
最近はやたらと独創的なピアノ曲を作曲している。

ラッヘンマンの理論は完璧なので、
作品を批判されると結局ラッヘンマン・スタイルしか逃げ道がない。
ファニホーの作品はベルクみたいなロマン派的感性音楽と批判。
ベリオはポップス音楽だって!

108 :7分74秒:2008/01/24(木) 23:26:40 ID:I+Dh8ba2
別にロマンティックでもポップでもいいじゃないね。


109 :7分74秒:2008/01/24(木) 23:39:03 ID:cB94vwU7
彼は批判的に見ることがとても得意でそれを商売にしている。
アメリカの大学もそれが面白いらしい。
ダルムシュタットの中心人物は、
ファニホーもそうだけどみな頭が完全に出来上がって梃でも動かない。
日本人には全くいない頭のタイプ。


110 :7分74秒:2008/01/25(金) 03:46:14 ID:V/A5TF8v
>>109
>完全に出来上がって梃でも動かない。
>日本人には全くいない頭のタイプ。
ほう…どんな感じ?破綻の殆どない論理を操り、具体性と説得力にあふれた話し方をする、とか?


111 :7分74秒:2008/01/25(金) 05:40:31 ID:LdDPEKOW
具体性と説得力にあふれた話し方をする
------------------------------------
これそのもの!
自信の塊。
納得のしないやつはいないね。

112 :7分74秒:2008/01/25(金) 10:56:02 ID:HXUpjoJ5
カンノは至る所に情報通的な書き込みしてるけど全部鵜呑みにしない方がいいっぽい

113 :7分74秒:2008/01/25(金) 20:20:53 ID:O+U0CbqM
>破綻の殆どない論理を操り、具体性と説得力にあふれた話し方をする

つまり現代は弁が立つのが成功の絶対条件か
ブルックナーは絶対世に出られないな

114 :7分74秒:2008/01/26(土) 00:28:52 ID:fpNiqRjL
ミカエル・ジャレルとかはあんまり弁が立つとは言えないけど成功してるな…。
まぁ、ドイツ人はリームとかラッヘンマンみたいに自信に満ちあふれた人が多いかも。


115 :7分74秒:2008/01/26(土) 07:50:16 ID:zkZxYUxF
ツィンマーマン…

116 :7分74秒:2008/01/26(土) 09:06:41 ID:+UKajbPw
ジャレルは調子が良いときは良いがだめなときは怯えてばかりいる。

117 :7分74秒:2008/01/26(土) 23:32:30 ID:VY5ROEwM
たしかに、ラッヘンマンのしゃべりっぷりは見事なもの。
書いている文章はかなり難しげだが、話はユーモアたっぷりで、
思わず引き込まれてしまう。

118 :7分74秒:2008/01/27(日) 04:22:39 ID:sMjNwHnV
アナウンサーとしたら下手だが理論的にしっかりとしている。

ノーノの講演を昔ウイーンで聞いたとき、
こういう感じでもっと酷い声だった。

119 :7分74秒:2008/01/27(日) 12:30:52 ID:lxzjD9jq
ベリオの話しかたは味があって好きだったな。


120 :7分74秒:2008/01/27(日) 19:49:05 ID:IUlNw03c
ラッヘンマンがベリオをポップスと呼ぶ割には、
ベリオ作品はどきどき前衛的な作風があるので驚く。

121 :7分74秒:2008/01/27(日) 22:20:03 ID:lxzjD9jq
それはラッヘンマンの偏見ですよ。
ベリオは自分が出したい音を出したいように自由に書いていただけですからね。

122 :7分74秒:2008/01/28(月) 04:45:44 ID:bOIs8sbm
berioはあれでも前衛だよ。
舐めてはいけない。

123 :7分74秒:2008/01/28(月) 17:36:50 ID:0ThT5/IX
ラッヘンマンは、その発言をしたときにはベリオの作品を
シンフォニアといくつか有名なのを聞いただけだったらしい。

最近、家でセグエンツァ全曲CDで聞いて考えを直したと行っていた。

「すまない。訂正する。ベリオは「良質な」ポップスだ」

こういう発言に、本当に性格がでているな

124 :7分74秒:2008/01/28(月) 21:19:43 ID:meXoIeLj
皮肉の塊だな。
そういえばあの尊敬するシュトックハウゼンにも立ち話でいろいろと文句を言う。

125 :7分74秒:2008/01/28(月) 21:20:05 ID:a2KH6eRu
ほんとっすか、それ?wwwww

126 :7分74秒:2008/01/29(火) 02:38:48 ID:kaqaGCmO
何と言うか、永遠のいたずら少年みたいなもんか。
皮肉を言う、批判をする、と言うのが普通だからそれを疑問に思わない人なのでしょう。


127 :7分74秒:2008/01/29(火) 05:33:26 ID:TvIS6jU4
何か・・・・このスレノ賛辞を読んでいると音楽を創るのは二の次で別の目的で作曲家やっているのではないかと思えて来た。

128 :7分74秒:2008/01/29(火) 06:20:07 ID:O2eJ/9bI
外ではみな気楽に茶化して批判してるよ。
海外のメジャーはみなダルムシュタットなどで議論は散々鍛えているからみな口は超一流。
彼らはどんな批判でも耐えられるしいくらでも反論できる。
だから他のスレにあったように「現代音楽は何の役に立つのか?」の説明は朝飯前。
そういう意味で政治家や公務員を説得するのは朝飯前。
だからあれだけ多くの文化予算が付くのさ。
伝統があるから文化予算が付くのではないよ。
説明が上手く彼らの言動には説得力があるのだ。
音大でもそう教えている。(しかし作曲も教えるが)
作曲科の卒業試験:どれだけ良い曲を書けるかじゃなくて、
「どれだけ音楽についてしゃべれるか?」のみで合否を採点する。
作品が良いかどうかはコンクールでも受ければいいわけさ。
そのやり方が「芸大アカデミズム」などのボンクラと違うところ!

129 :7分74秒:2008/01/29(火) 06:37:25 ID:ENkJ+gUj
なるほど、納得

130 :7分74秒:2008/01/29(火) 06:41:20 ID:TvIS6jU4
>>128
音楽はどうでもいいのか・・・・それが本音なんだな。

131 :7分74秒:2008/01/29(火) 10:42:27 ID:kaqaGCmO
>>130
>>128は極論な。
音楽の内容がすばらしいのは当たり前、と言う前提はかならずあるから。

132 :7分74秒:2008/01/29(火) 18:06:19 ID:khygGsmo
音楽の追求は当然やってるよ。
それだけでは到底足りないのだ。
だからラッヘンマンやクラウスフーバーの個人レッスンは一回少なくとも2時間かける。

133 :7分74秒:2008/01/29(火) 20:32:43 ID:IE8DlxUX
128は、極論とも思えんな。
相当の説得力がある。

>音楽の内容がすばらしいのは当たり前、と言う前提はかならずあるから。

その前提は共有されていないね。129、130の発言が出るのもうなずける。
まあ、彼が、ではなく、彼を日本に紹介しながら、
自分を売り出そうみたいな連中のことだが。


134 :7分74秒:2008/01/29(火) 22:30:44 ID:khygGsmo
>音楽の内容がすばらしいのは当たり前、と言う前提はかならずあるから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんな最善は尽くしていると思うよ。
問題なのはいつも現代音楽界の足を引っ張るやつがいるちゅうこと。
昔武満も「今日の音楽」誌で「オペラハウスは要らないと」対談で半ば冗談で結論付けたなあ。
ああいう偉い人が公の場で言うもんだから文化庁の役人は本気にしてしまって、
新国の開館が数年遅れた経緯がある。
地位のある人は政治家じゃなくとも凄く言動に気をつけないと、馬鹿官僚と政治家先生達がすぐに信じるよ!
今でも公的補助がないとラッヘンマンでもシュトックハウゼンといえどもすぐ死んでなくなるよ。
シュトックハウゼンの今年の最晩年の作品の初演は10曲近くあるらしいけれども、
みんな公的資金か放送の受信料の補助が入っている。
彼のチケットがまともに20万円ぐらいしたら誰も来ないだろが!
現代音楽というものはこういうもの。
カゲロウのように弱いもの、大切に育てないとすぐ死ぬよ。
それが雑草であるポップスと違うところ。

135 :7分74秒:2008/01/29(火) 22:40:50 ID:ENkJ+gUj
同意

136 :7分74秒:2008/01/29(火) 23:24:25 ID:zDYjkDcx
良スレだね。

137 :7分74秒:2008/01/30(水) 01:16:28 ID:pVVuU21H
最近出た、武満徹対談選(ちくま学芸文庫)を読んでいたら、
武満がヘンツェの家に行って、ヘンツェが大金持ちなのに驚いた、
という話が出ていた。で、ヘンツェが言うには、お金が欲しければ
オペラを書くことです、だそうだ(笑)

まあ、かなり古い話ではあるが、良くも悪くもヨーロッパでは
オペラで金が動くところはあるんだろうな。
(ラッヘンマンはマッチ売りで儲けたのかなあ)

138 :7分74秒:2008/01/30(水) 05:43:53 ID:shHJEYo1
オペラは儲かるね。
大編成だし何回も暗譜して上演するのでその回数だけ金が入ってくる。
ラッヘンマンもオペラで儲けて、
ヘンツェみたいにイタリアに家買って住んでいるらしい。
もっと書けばいいのに!
でもヘンツェとはミュンヘンなどで凄く仲が悪い。
会うたびに必ず喧嘩になる。
昔シュトットガルト音大が1982年にヘンツェを読んでラッヘンマンとわざと喧嘩させて、
SWRのFMで流したカセットテープをシュトックハウゼンの9.11のインタビューとともに持っている。
ヘンツェは紙と鉛筆がここにあったら何で好きなものを書いてはいけないのか?と反論。
ラッヘンマンは歴代の作曲家が音楽の革新のために散々苦労したことを知らないのは残念だといっている。
一方は典型的な商業主義でもう片方は芸術至上主義の旗手。

139 :7分74秒:2008/01/30(水) 10:29:22 ID:O3Wxs6Df
>>138の対談概要を読んで思ったのだが
ラッヘマンに限らずどうも芸術至上主義というのは実は芸術権威主義なのではないかと思うのだが。
他のジャンルを貶める事によって自の権威を高めて自己を保つといった権威によって動く機構なのではないだろうか?

140 :7分74秒:2008/01/30(水) 11:40:33 ID:pVVuU21H
素朴な感想だな。

141 :7分74秒:2008/01/30(水) 19:16:41 ID:F1b6eQp6
139 :
あれだけダルムシュタットに通うとある種の権威ができるのは確かだが、
日本のそれと違って理論的には正しくともコンクールなどで特に通用するわけではない。
ケージのよってセリエルの理論が壊されてからダルムシュタットは、
さまざまな考え方が混合されるようになった。
それでミニマルやったりウイルヘルム・キルマイヤーなどのニ長調の作曲家まで呼ばれるようになった。
それでもラッヘンマンやファニホーのように昔からの考え方を大切にする作曲家も残っているわけだ。


142 :7分74秒:2008/02/10(日) 19:46:03 ID:/P1+etjO
>>102
どちらかっつーと「うつほ物語」の方がいいんじゃね?

143 :7分74秒:2008/02/11(月) 04:31:16 ID:digO7QSe
142 :やってもなあー!
欧米のオペラハウスはそれを面白いとも何とも思わないのだよ。

144 :7分74秒:2008/02/11(月) 05:22:43 ID:dsKH88VW
そっか・・・音楽に超常な能力を持つ一族とペルシャの秘琴を巡る一大ファンタジーなのだが。
ついでに漫画化したのに「うつほ草子」というのがある。テロリズムをテーマに追加した作品だ。

145 :7分74秒:2008/02/11(月) 05:42:25 ID:4obyKTYw
、、、ちょっとおもしろそう

146 :7分74秒:2008/02/11(月) 05:53:23 ID:dsKH88VW
>>144
余談だが漫画化した人は三国志の某軍師をフィールドワークな社会学者として捉えた漫画も描いてる。

147 :7分74秒:2008/02/11(月) 06:00:43 ID:digO7QSe
ノーノやシュトックハウゼン以降、
オペラに台本などという古臭い習慣はないのだよ。

だからラッヘンマンはマッチ売りとダヴィンチとテロリストを同時にやったのさ!


148 :7分74秒:2008/02/11(月) 08:41:48 ID:oyIjENiX
>>147
得意になってるところスマンが
>オペラに台本などという古臭い習慣はないのだよ
という考え自体古臭くなってるぞ。すでにテクストの方法の一つに過ぎん。

149 :7分74秒:2008/02/11(月) 12:13:00 ID:GoKik778
アンチ・オペラに対してアンチ・アンチ・オペラの概念が出てきたのが70年代。
今や、メタ・オペラなんてのは時代遅れだしなぁ。
台本をどうするか、は作曲家の戦略でもあるから一番重要だよね。

150 :7分74秒:2008/02/11(月) 18:39:44 ID:7R0kinmY
台本を使うとすぐ保守主義といわれるからそうやすやすとは戻れないのだ!

151 :7分74秒:2008/02/11(月) 19:19:12 ID:jozF7X5b
>>150
そういう態度がもはや”保守的”。
もう21世紀だぜ。

152 :7分74秒:2008/02/11(月) 23:35:31 ID:7R0kinmY
じゃまた「桃太郎」の台本でも使ってニ長調の序曲や、
イ短調のアリア、変ホ長調のレチタティーヴォに戻るか?

153 :7分74秒:2008/02/11(月) 23:51:22 ID:oFmUG+9X
オペラの時代が終わったのだ
やはりブレーズは正しい

154 :7分74秒:2008/02/12(火) 00:35:51 ID:mUa0HSnP
>>152
仮にも現代に生きる芸術家が、そんなしょうもない二元論を振りかざしてどうするの。
それこそ何世紀も遅れてるよ。ドイツではみんなそうなの?

155 :7分74秒:2008/02/12(火) 05:42:05 ID:eY66UujS
二元論じゃなかったらアイディアを出せ、アイディアを!

ブーレーズは今オペラを書いてるよ!

156 :7分74秒:2008/02/12(火) 16:30:04 ID:/897h27/
ヨーロッパではその二元論に囚われたがゆえにオペラで新しい物語を語る事が出来なくなった、と結論していいのかな?
>>155
ブーレーズは書いてるふりだよ。

157 :7分74秒:2008/02/12(火) 16:42:58 ID:/897h27/
>>152
それは実に面白そうだ。ブーレーズのオペラ(作る気が本当にあるのなら、だがw)より興味がわく。

158 :7分74秒:2008/02/12(火) 18:06:19 ID:qwuwK9VM
>>155
まずは林光スレでも読んでくれ。
台本に加藤直が入るとアンチ・オペラもビクーリな出来になる時がある。

159 :7分74秒:2008/02/12(火) 23:37:38 ID:WpDu46Xo
ブーレーズがオペラ書いても完成できるかどうか?
クセナキスも向かす「爆破しろ」といったが結局は打楽器のオペラ会で死んだ!

160 :7分74秒:2008/02/13(水) 05:21:45 ID:ou5QwL40
「書いて」の間違い。

161 :7分74秒:2008/02/15(金) 00:03:27 ID:ls2ehM1v
>>158
読んでもわかんなかった。
「アンチ・オペラもビクーリな出来」って、もう少し具体的に教えてくれない?

162 :7分74秒:2008/02/15(金) 01:34:13 ID:JHHloS6v
そんなにびっくりならもう世界中に広まってるよ。

163 :7分74秒:2008/02/21(木) 18:32:58 ID:hVz8zq3r
イタリアに住んでいる作曲家と言うとヘンツェのほかに、
クラウス・フーバーも住んでるといってたなあ。

164 :7分74秒:2008/03/18(火) 21:43:02 ID:0Ljd6nUo
>>162
自分で現場へ赴き調べる能力が致命的に欠けていると白状したようなものか。
C木みたいにこんにゃく座あたりに同じ事を問いかけたら小1時間理路整然と覆されて心身症持ちになった事例があるから。


165 :7分74秒:2008/03/18(火) 21:55:31 ID:0Ljd6nUo
マイスター制度が家元制度より優れてるから欧州ゲソは日本よりも優れているといった変な論をぶった人がいたが、
調べてみたらクラに関する限りマイスターは他のマイスター制度と違って一種の洗脳機構なのだな。恐ェエエ!!
確かに家元よりは合理的だが、理路整然としてい分徒弟共は親方の意見はパーペキ、親方はスーパー・エメラルドデラックス素晴らしいと信じて疑わない狗に成り下がってしまう。
(この現象はどうも日本人限定の様だ。情けねえ ⊃Д`)
家元は論理的にスカスカなものがある分だけ「自分には師匠とは相容れない部分がある」と感覚の中で価値観の自由が保証されている。


166 :7分74秒:2008/03/19(水) 16:14:29 ID:iVRsdxhO
萩尾望都の漫画「残酷な神が支配する」後半に登場する「他人に対する配慮が致命的に欠けているヒゲ男」のモデルはやはりラッヘマンなのか。

167 :7分74秒:2008/03/19(水) 17:04:29 ID:GZrvsgv9
164:一人で勝手に思っていたまえ!

168 :7分74秒:2008/03/20(木) 01:02:29 ID:j6A1E8KA
うーん、大人になって振り返った時
心酔してたのを恥ずかしく思うだろうね
この手の音楽って

169 :7分74秒:2008/03/20(木) 06:56:39 ID:tPTqb3ud
家元とは浅岡のこと?

170 :7分74秒:2008/03/20(木) 16:00:23 ID:IQsZc/Se
久保氏には世界のニナガワが原作を原形留めぬ位改変した戯曲「貧民倶楽部」(原作:泉鏡花)をオペラ化してほしいものだなw
乞食共がブルジョアの蛮行に対しアルジャジーラも真っ青な情報戦争を仕掛けるという奴。

171 :7分74秒:2008/03/20(木) 18:13:31 ID:euRnnBdd
プロレタリアートはどうした?

172 :7分74秒:2008/03/21(金) 08:23:11 ID:B/08iTQD
日本には厳密な意味で欧米と同じプロレタリアートは存在しないよ。
良くも悪くも温い文化なんだよ日本は。

173 :7分74秒:2008/03/21(金) 17:17:51 ID:/jfJCnJ/
確かに日本人は温いよね!
北朝鮮に自国民を拉致されても、中国や韓国に領土を侵犯されても、
アメリカの兵士に自分の国の女を慰み物にされても、文句の一つも言わず、
仇も取ろうとしない情けない政府や外務省。そのくせ国民の血税を外国にばら撒き、
感謝されるどころか「もっとよこせ!」とぶん取られ続けているにも関わらず、
「どうぞお持ちくださいませ」とぺこぺこし「逆らいませんから仲良くさせてください」と
土下座を繰り返し、世界中の笑い者になってるありさま。
国民も国民で、サービス残業や長時間労働をさせられても、容赦なく税金取られまくっても、
正社員に就くことができなくされても、職場でセクハラやパワハラの被害にあっても、
その他目上の者から理不尽な扱いや酷い仕打ちを受けても、
「そういうもんだから仕方がないよ」「我慢してこそ大人だよ」などと卑屈な台詞を吐いて
だんまり決め込むくせに、不条理や暴力に対して批判したり、それに立ち向かおうとする者を
「大人じゃない」「社会人失格だ!」などとなじり、バッシングする情けなさ。
さらに自分達より劣るものを見て「あんなところよりはマシだ」と悦に浸り、
「そういう問題じゃない!」と批判する者をこれまたバッシングする愚かしさ。
日本人は奴隷だね!何も文句言わないんだもの!

174 :7分74秒:2008/03/22(土) 07:37:26 ID:3rBHSZ62
>>173
まあその通り。その温さに惹かれて逃げ込む外国人もいるわけ。
「また逆に○○人はどうしてわたしらみたいに温くなれないの?」と諸外国に問いかける事は出来ないか?

175 :7分74秒:2008/03/22(土) 19:47:01 ID:sXa4+KSe
プロレタリアートは日本共産党の党員であろう。
昔から日本はアメリカの51番目の州に過ぎない。

176 :7分74秒:2008/03/22(土) 23:08:38 ID:sXa4+KSe
講習は彼の第三SQが推薦盤。
SWR2 Neues vom Klassikmarkt
Sendung am Samstag, 22.03.2008, 15.05 bis 16.00 Uhr

Vorgestellt von Claus Spahn

?Lebenslust und Sterbekunst“
Johann Sebastian Bach/Henry Purcell
Kantaten und Motetten
Balthasar-Neumann-Chor
Balthasar-Neumann-Ensemble
Leitung: Hengelbrock
dhm 88697115702 (Sony/BMG)

Helmut Lachenmann
Grido, Reigen seliger Geister, Gran Torso
Arditti-Quartett
Kairos 0012662 (harmonia mundi)


177 :7分74秒:2008/03/22(土) 23:10:40 ID:sXa4+KSe
今週の推薦盤は彼の第3SQ。

SWR2 Neues vom Klassikmarkt
Sendung am Samstag, 22.03.2008, 15.05 bis 16.00 Uhr

Vorgestellt von Claus Spahn

?Lebenslust und Sterbekunst“
Johann Sebastian Bach/Henry Purcell
Kantaten und Motetten
Balthasar-Neumann-Chor
Balthasar-Neumann-Ensemble
Leitung: Hengelbrock
dhm 88697115702 (Sony/BMG)

Helmut Lachenmann
Grido, Reigen seliger Geister, Gran Torso
Arditti-Quartett
Kairos 0012662 (harmonia mundi)


178 :7分74秒:2008/03/24(月) 06:03:07 ID:pEj1a7/r
誤字・誤変換が多いのは相変わらずだな。

179 :7分74秒:2008/03/24(月) 18:06:35 ID:uksEJ/wC
書いたのではなくコピペだろうが。

180 :7分74秒:2008/03/24(月) 22:40:31 ID:Xz7YIfbY
ていうか板違いだろ
いまほりがいたらいまごろ削除依頼出されてるとこだ

181 :7分74秒:2008/03/24(月) 22:44:53 ID:aHEuDxh+
板じゃなくてスレだろ。

182 :7分74秒:2008/03/25(火) 05:27:36 ID:52I4K30t
180 「ていうか板違いだろ いまほりがいたらいまごろ削除依頼出されてるとこだ 」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ていうかこれ自身がコピペだろ。他の板で見た。

183 :7分74秒:2008/03/25(火) 08:04:54 ID:ddh+5SBI
>>173
>さらに自分達より劣るものを見て「あんなところよりはマシだ」と悦に浸り、
>「そういう問題じゃない!」と批判する者をこれまたバッシングする愚かしさ。
これについちゃドイツの方が酷いのではないかな?

このスレ読んで明らかになったのは
ラッヘマンの弟子が師匠から学んだのは
強弁・詭弁と差別的価値観
という事でよろしゅうございますね?

第一、ポップスをあそこまで卑下する感覚は日本人離れしているだろ?
古くて現代に当てはめるには辛いとこもあるが「肉食の思想」でも読んで自己点検してくれや。

184 :7分74秒:2008/03/25(火) 17:48:23 ID:uqRD6liY
ちゃんとまともな反論しろよ。
ここではポップスは扱わないぞ。

185 :7分74秒:2008/03/25(火) 18:14:32 ID:oHSLkSXL
>>184
ポップスに対する態度からゲソを語っているだろう?
それとも都合の悪い要素を出したくないのかえ?

186 :7分74秒:2008/03/25(火) 18:55:05 ID:toNSiq4Y
ミヒマルGTとラッヘンマンでは知名度と売り上げの点で前者が勝っている。
ミヒマルGTが飽きられる頃にはラッヘンマンは老人になっているし前衛でも伝統でもなくなる。

187 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:12:00 ID:oHSLkSXL
>>186
>ミヒマルGTが飽きられる頃にはラッヘンマンは老人になっているし前衛でも伝統でもなくなる。

この文章は少々疑わしい。
確かにラッッヘマンは老人になるし前衛では無くなっているかもしれない。しかし、
長年調教し世に放った徒弟達によってしばらくはゲソ界の伝統の一つとして認めざる得なくなるだろう。
ノーノやシュトックハウゼンが徒弟を通じて邪魔者を排除し、覇権を手に入れた様に。

188 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:18:48 ID:toNSiq4Y
ノーノもカールも伝統になった時点で古典だし
その亜流が「前衛」だと思ってるなら笑わせる。
ただの覇権争いならネオ・ミヒマルGTを聴いてたほうが楽しい。

189 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:24:41 ID:toNSiq4Y
第一徒弟をつくらにゃならんのは作曲だけでメシが食えないからだろwww。

190 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:34:36 ID:NGBMBWm+
覇権を手に入れ って日本語ヘンじゃね?

191 :7分74秒:2008/03/25(火) 20:09:02 ID:K4clw1wc
>>188
>ただの覇権争いならネオ・ミヒマルGTを聴いてたほうが楽しい。
そりゃそうよ。


192 :7分74秒:2008/03/25(火) 23:36:19 ID:v7kHb4OB
ミニマルはこの段階でもうポピュラー。
ロックあたりのスレでやると良い。
ラッヘンマンは音大の教授時点で作曲だけで飯食えた。
でも危ないのでかなり後まで作曲教えていた。
いざ定年前に作曲科の教授辞めたら、
入ってくるギャラが急に教授時代の倍になったと悔やんでいる。
もっと早く辞めたかったらしい。

193 :7分74秒:2008/03/25(火) 23:50:32 ID:b7tLBh/3
ミニマル?
ドイツからの勘違いレス、わざわざご苦労様。

194 :7分74秒:2008/03/26(水) 01:40:49 ID:ZOqd4Waz
193 お前にとってはままごとも大人生哲学のひとつ。

195 :7分74秒:2008/03/26(水) 02:02:39 ID:2+L/4gn1
>>192
堀内孝雄についてどう思う

196 :7分74秒:2008/03/26(水) 02:48:37 ID:83vQZ09/
>>192
村下孝蔵についてどう思う

197 :7分74秒:2008/03/26(水) 05:01:11 ID:ZOqd4Waz
そんな全く無名なやつ全く知らないよ。
ここに譜面でも掲載して欲しいな。
だったら何か言ってやるとも。

198 :7分74秒:2008/03/26(水) 11:39:46 ID:zDq2qYMv
>>197
すまんが馬脚丸見えだぞ。それとも露出癖か?

199 :7分74秒:2008/03/26(水) 18:09:56 ID:NA8/ChaV
それよりもまず楽譜出せ!

200 :7分74秒:2008/03/26(水) 18:18:20 ID:WDAN24bl
http://jp.youtube.com/results?search_query=%E5%A0%80%E5%86%85%E5%AD%9D%E9%9B%84&search_type=

201 :7分74秒:2008/03/26(水) 19:04:14 ID:zMjOMJnP
勝手に楽譜を掲載したら著作権違反になるだろばーーーか
死ね

202 :7分74秒:2008/03/26(水) 22:20:15 ID:MKl3Gb/Q
>>199>>201同一人物だとしたら最低な奴だな。
親方からそういったケンカ方法を学んだのだろうか。


203 :7分74秒:2008/03/26(水) 22:37:47 ID:NA8/ChaV
本人に断ればいいだろうが、アホか?

題名見ただけで見る気がしなくなった。

204 :7分74秒:2008/03/27(木) 19:00:32 ID:y1CXP+7l
>>202
まぁそんなこといってお子ちゃまねー。おっぱい飲みたいの?

205 :7分74秒:2008/03/27(木) 19:56:46 ID:hJFqvbLc
ここに書き込むと学校で点数もらえるらしいよ。

206 :7分74秒:2008/03/27(木) 22:59:47 ID:0uf/OY1W
今度またラッヘンマンは日本に来るから直接聞けばいいだろう。

207 :7分74秒:2008/03/27(木) 23:30:52 ID:y1CXP+7l
>>206
プゲラ

208 :7分74秒:2008/03/28(金) 07:49:35 ID:xYa+tXZI
はてしなく話がかみ合ってない。笑

209 :7分74秒:2008/03/28(金) 14:04:41 ID:TS8QQvQI
>>208
論点をずらしていって「相手が自分の意見を理解していない」と言い張る所は流石親方ゆずり。

210 :7分74秒:2008/03/28(金) 16:35:00 ID:2hH4tazI
もうすぐ世界の終わりってときに最後に一曲聞くなら?ってよくある質問だけど
現代音楽好きな人ってまさか現代音楽から選んだりしないよね?
そこまで現代音楽を愛してる人いる?


211 :7分74秒:2008/03/28(金) 19:16:28 ID:XiZSvbIl
まあゲソに足突っ込んじゃって気づいたら社会人経験もバイト経験もない40歳過ぎになっちゃったような人が
ゲソにしがみついて2ちゃんねるなんかで必死になってるんだろうな。
パソコン捨てちまえよ。

212 :7分74秒:2008/03/28(金) 19:18:39 ID:XiZSvbIl
つまりそういう人なら世界が終わるまでゲソ聴いてるんじゃないか。

213 :7分74秒:2008/03/28(金) 21:49:16 ID:1GwBFZcK
俺が10代の頃はラッヘンマンなんか全然興味なかったな
おっぱい、とにかくおっぱいで寝ても覚めてもおっぱい
もう生で見たくて触りたくて揉みたくてちゅうちゅう吸いたくて
夜中に布団の中で「もみてぇよ・・・おっぱいもみてぇよ・・・」って
涙ボロボロ流しながら過ごした日もあったくらいなのに

214 :7分74秒:2008/03/29(土) 06:56:51 ID:37BOOgL9
俺は25年前NHK・FMがこの作曲家を2週間特集したとき、
何やってんだか全くわからなかった。
覚えたのはその音楽よりも作曲者の名前だけだった!

215 :7分74秒:2008/04/01(火) 17:50:39 ID:ov1hgGxR
最近引用の回数が多いね。

216 :7分74秒:2008/04/01(火) 19:55:02 ID:jtHQa9X3
>>215
モーツァルトに謝れ!

217 :7分74秒:2008/04/01(火) 23:34:44 ID:ov1hgGxR
リームは自分がMozartの生まれ変わりと思っているよ。
ラッヘンマンは自分がベートーヴェンの生まれ変わりと思いたいらしい。


218 :7分74秒:2008/04/03(木) 16:58:45 ID:txdvYPxS
ベルリン芸大作曲科の教授の要請を受けたのに断った人は2人いる。
B・A・ツィンマーマンとこの人だ。
二人とも故郷で教えることを選択した。

219 :7分74秒:2008/04/03(木) 18:56:30 ID:6piPdPQY
ラッヘンマンのお尻の穴に口を付けて肺一杯に吸い込みたいね。僅かでも逃したくない。
肺に入った彼のおならは血液に溶けて僕の体を隅々まで巡るんだ。
何て素晴らしい、考えただけで亀頭が張り裂けそうな程、痛い位に勃起してしまうよ‥

220 :7分74秒:2008/04/03(木) 19:06:23 ID:wgPovffE
ドイツ人ってまじめだからSMとかそういうかくれ変態が多いらしいよ

221 :7分74秒:2008/04/03(木) 20:55:01 ID:l95j+ynu
>>147>>170
正直マッチにダヴィンチとテロ足しても夜叉ケ池の白雪に負けている。
おかしいなあ、物理的には村焼き討ちにするより溶岩テロの方が強そうなんだがなぁ。

222 :7分74秒:2008/04/03(木) 21:40:18 ID:txdvYPxS
彼は女性志向だよ、男には性的な興味は無い。

223 :7分74秒:2008/04/03(木) 21:42:25 ID:txdvYPxS
当時ラッへンマンの後任のベルリン芸大教授にはノーノがなったが、
受講者が全く来ず、3日目でかんかんに怒ってすぐ辞めた。

224 :7分74秒:2008/04/04(金) 18:13:16 ID:yG2n5jYw
教授教授って・・・・・センセーマンセーの権威主義に犯されたか?
この勢いだと教授になったことの無い作曲家を馬鹿にするのだろうなあ。

225 :7分74秒:2008/04/04(金) 18:13:59 ID:yG2n5jYw
>>224
親方主義でもいいかもな

226 :7分74秒:2008/04/05(土) 00:43:07 ID:XT/BL/YP
ラッヘンマンが若いころベネチアのノーノに付くときに、
彼がベネチア音楽院の作曲科の教授じゃなくて非常に当惑したそうだ!
仕方なく自腹でプライベートレッスンの料金を払って作曲を学んだそうだ。
音楽院じゃないのでその期間の2年間は全く音を出してもらえなかったそうだ。
だって当時はノーノは作曲科の教授じゃないのでそんな学生を持っているはずがない。
今だってアルヴォ・ぺルト、ソフィア・グバイドリーナらは作曲科の教授でもなんでもないよ。
そんなの関係ない。
ケージもフェルドマン音大の先生ではない。


227 :7分74秒:2008/04/05(土) 01:17:03 ID:RwBR6qT7
>>226
それは。せいぜい権威主義の一例でしかない。というか、そもそも引用は「不寛容」かよ。
普段、「アインシュタインによれば」とか「ヘーゲルの弁証法に従えば」とか。
そういう普通の文章を読んだことない、無教養な猿だから、その程度を「不寛容」と感じるんだよ。

そもそもたいがいの認識など借り物だ。エジプト人さえ「すべての言葉はすでに書かれた」と壁画に書いた。

>ケージもフェルドマン音大の先生ではない。

いやよくもまあ、こんな頭の悪いこじつけができるものだ。
あんた年、いくつだ。真剣に小学校へ行けと言いたくなる。

ヒトラー以来、あんたみたいは無知な猿が僻み根性だけで、
「伝統音楽こそ、心の音楽だ」みたいな>>851のコピペみたいなことを言い出すんだよ。
いや、そんな不自由な心に生まれついたことには同情するが。

そもそもそれは恥じるべきことであって、堂々と主張していいことじゃないことくらいは知っておけ。

228 :7分74秒:2008/04/05(土) 01:55:46 ID:wxISJYwi
日本語でおk

229 :7分74秒:2008/04/05(土) 05:06:23 ID:XT/BL/YP
227はちゃんと文句があるならわかる日本語で書けとよー!

230 :7分74秒:2008/04/05(土) 07:25:15 ID:P2f1yVqx
>>229
あんたの日本語も怪しいぜ?

231 :7分74秒:2008/04/05(土) 10:06:39 ID:pJ1JbFGe
>>227はコピペ


232 :7分74秒:2008/04/05(土) 17:12:49 ID:bFbxskVl
230 日本語ではない。

233 :7分74秒:2008/04/05(土) 23:08:25 ID:P2f1yVqx
>>232
じゃ、何語?

234 :7分74秒:2008/04/06(日) 05:25:26 ID:6xaNytDE
キチガイ語。

235 : ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :2008/04/06(日) 10:08:58 ID:r1IjRbCg
オマン語なめたい

236 :7分74秒:2008/04/06(日) 15:07:47 ID:BjrMPgdy
く、狂ってる!

237 :7分74秒:2008/04/07(月) 23:05:59 ID:tBfI+OnE
上。

238 :7分74秒:2008/04/12(土) 22:23:19 ID:tubC5a4u
また今週も推薦盤が登場!

Franz Schubert
Klaviersonaten G-Dur D 894 und a-Moll D 537
Helmut Lachenmann
Schubert-Variationen. Guero
Herbert Schuch, Klavier
Oehms Classics OC 593

239 :7分74秒:2008/05/10(土) 01:35:21 ID:AaEpw24C
活性化あげ

240 :7分74秒:2008/05/10(土) 03:16:30 ID:79go/iKC
最近ではアメリカでの演奏が凄いね。
大学などが主催して学生などが積極的に取り上げているよ。
本人も奏法がわからないのでしょっちゅう呼ばれているみたい。

241 :7分74秒:2008/05/10(土) 20:17:54 ID:k5jg9WTm
どんどん演奏されてほしい

242 :7分74秒:2008/05/11(日) 16:04:18 ID:+GtM35Z4
日本ではとても技術と予算が追いつかない。

243 :7分74秒:2008/05/17(土) 22:42:43 ID:moNJIhSu
今日のCDも推薦盤。
理由は曲が良いという次元ではなく、
演奏がとりわけ優れているからだそうだ。
もうこういう段階。

SWR2 Neues vom Klassikmarkt
Preis der Deutschen Schallplattenkritik 2/2008
Sendung am Samstag, 17.05.2008, 15.05 bis 16.00 Uhr
Vorgestellt von Ines Pasz
Helmut Lachenmann
Streichquartette
?Grido”, ?Reigen seliger Geister”, ?Gran Torso”
Arditti String Quartet
Kairos 0012662KAI (Helikon Harmonia Mundi)

244 :7分74秒:2008/05/21(水) 17:54:50 ID:MsVkgpYL
>>142>>144
国文学の一説によると「宇津保物語」のテーマは膨大な時空間を一挙に空洞と化す、ということらしい。
ワケワカランw

245 :7分74秒:2008/06/05(木) 21:53:04 ID:35RV0se6
ラッヘンマンは天才だよ、キミぃ〜

246 :7分74秒:2008/06/06(金) 06:15:56 ID:I1Te3oE3
<『セックスしかすることがない』でニッポン放送が携帯コミック参入>

ニッポン放送がラジオ局としては初となる携帯コミック事業に参入する。

配信第1弾作家として起用したのは、ヒット作品『セックスしかすることがない』の摩耶薫子。
同氏による描き下ろし続編『同 3』のシリーズ新作1作、ならびに携帯未発表の『同 2』3作の
合計4作品の配信を携帯電話向け電子コミック配信サイト「comic.jp」にて6月4日より配信する。

●『セックスしかすることがない』フォトアルバム
http://www.barks.jp/feature/?id=1000040567

『セックスしかすることがない』は、恋人との心の隙間をセックスで埋めようとする不器用な
十代の女の子の姿を描いた短編集。“好きな男の子のことをプラトニックに思い続けながら、
彼へのプレゼントを買うお金を援交で捻出することには何の抵抗も感じない少女”、“セックスが
一番大事な愛情表現だと思い込むあまり、カレの“普通の恋人”としての他愛ない要求は全く
無視してしまう少女”などなどの純愛とセックスの狭間で揺れ動く十代の物語が同年代の女性に受け、
ロングヒットを続けている。

最新の話題作から、すでに廃刊してしまった名作まで、多彩なコミックを携帯電話の画面上で手軽に
読むことができる携帯コミック。年々市場は拡大し、現在、男女・年代問わず幅広いユーザーを
抱えている。長年、ラジオを軸にエンターテインメントを提供してきたニッポン放送が同市場の
新たな風となりえるのか、今後の動向に注目したい。

●ニッポン放送の第1回 提供作品(すべて著者は摩耶薫子)
『初恋』(描き下ろし・短編集『セックスしかすることがない 3』シリーズ)
『グラディエイト』(短編集『セックスしかすることがない 2』シリーズ)
『コップのなかのおさかな』(短編集『セックスしかすることがない 2』シリーズ)
『浮気なロリポップ』(短編集『セックスしかすることがない 2』シリーズ)

●携帯電話向け電子コミック配信サイトcomic.jpについて
【アクセス方法】
[iモード] iMenu ⇒ メニューリスト ⇒ コミック/書籍 ⇒ コミック
[EZweb] au one トップ ⇒ カテゴリで探す ⇒ 電子書籍・コミック・写真集 ⇒ コミック
[Yahoo!ケータイ]メニューリスト ⇒ 書籍・コミック・写真集 ⇒ 電子コミック

2008-06-03 BARKS

247 :7分74秒:2008/06/06(金) 22:24:17 ID:Un8vU9vy
ザールブリュケンで「ムーヴマン」が初演者アンサンブル・モデルンにより再演。

248 :7分74秒:2008/06/26(木) 20:23:59 ID:vm4B62At
http://www011.upp.so-net.ne.jp/saisourou/lachenmann/top.html

249 :7分74秒:2008/06/26(木) 20:36:29 ID:xdmIKmEq
>>248
21世紀の作品ないの?

250 :7分74秒:2008/06/29(日) 06:36:55 ID:TR5JyND7
古い作品ばっか書いてあるなあ。

251 :7分74秒:2008/06/29(日) 21:11:30 ID:5HKxhm/C
日本に向けて作曲するとしたらダヴィンチより日本一のテロ作家泉鏡花でもテクストにすべきだw

252 :7分74秒:2008/06/30(月) 01:25:59 ID:UJDc/JLE
それは繰り返しに過ぎないので、もうテロはやらないであろう。

253 :7分74秒:2008/06/30(月) 08:41:31 ID:FbVAgnAl

「“しゃせい”したいのでモデルに」合意の女性仰天

 名古屋緑署は27日までに、名古屋市緑区有松町桶狭間生山、会社員広田秀郎容疑者(45)を
公然わいせつ容疑で逮捕した。

 調べでは、広田容疑者は26日午後4時15分ごろ、同区潮見が丘2の病院駐車場で近くを
歩いていた女性美容師(21)に自分の下半身を露出するなど、わいせつな行為をした疑い。
容疑を認めている。 ?
 供述などによると、広田容疑者は自分の乗用車を止めた駐車場付近で女性を発見「“しゃせい”
したいのでモデルになって」と言い寄り、女性を車の陰に案内。女性は当初“写生”のモデルだと思い、
容疑者の言葉に従ったが、容疑者は突然「手でやってくれたら5000円、見てるだけなら3000円
あげる」と言いながら下半身を露出したという。驚いた女性は腕をつかむ容疑者の手を振り払って逃げた。 ?
 女性の通報を受けた署員が耳鼻科の診療を受けるために病院内にいた容疑者に事情を聴き、逮捕した。

[meitai.net 2008年6月27日]



254 :7分74秒:2008/06/30(月) 17:37:36 ID:lzPUv+VT
相変わらず変態国家だなあ!

でもラッヘンマンの次のテーマになるかも?

255 :7分74秒:2008/06/30(月) 21:40:23 ID:jqlfi3BX
誰もが美術の授業で移り行くよしなごとを実行に移したこの漢は
ラッヘンマンより前衛的かつ破壊的。シュトックハウゼンのヘリコプターと並び賞されて良い。

256 :7分74秒:2008/06/30(月) 22:47:22 ID:2kHukM/b
・現代日本人の性風俗にまれた野蛮人ぶりと
・禅の修行中に代伍しそこねて堕ちたワビサビ魔境の美しさ
をテーマとしていただこう

257 :7分74秒:2008/07/01(火) 02:40:48 ID:S/ByHKkV
ヘッヒンゲンの本人に電話かけてくれー。

258 :7分74秒:2008/07/01(火) 04:39:06 ID:Uy2jAUrw
プリーズとフリーズを聞き違えて撃たれてしまう国にくらべて心温まるニュースじゃん

259 :253:2008/07/01(火) 10:10:07 ID:4zTgxEJ3
>>254-258
おまえらすごいなー
荒らしで貼ったんだけど俺の負けだわ
心を入れ替えてラッヘンマン聴いてみるわ
なんかオヌヌメ盤ある?

260 :7分74秒:2008/07/01(火) 16:46:07 ID:KIEibI7x
「ハルモニカ」!!!

261 :7分74秒:2008/07/20(日) 15:34:30 ID:vPbnnXvx
ヒゲ

262 :7分74秒:2008/07/20(日) 16:38:07 ID:w0dsyuiM
もう十分生活できるので曲作らないんじゃないか?

263 :7分74秒:2008/07/23(水) 17:28:44 ID:SH+H92zl
はいはい菅野茂とっとと消えてね

264 :7分74秒:2008/07/25(金) 22:35:50 ID:4AErrBdZ
彼の全作品に対してイタリアのベネチアから金獅子賞を受賞。
10月3日に表彰式。

265 :7分74秒:2008/07/26(土) 02:47:59 ID:z/w9BCxM
更なる受賞理由は世界の2世代以上の若い作曲家に大きな影響を与えたとか?

266 :7分74秒:2008/07/30(水) 19:12:37 ID:5lcKRk3W
それはなにかの狂気だな。理性的な判断とは思えん。ドイツは本当にヒットラーと手を切ったのか?

267 :7分74秒:2008/08/16(土) 20:50:57 ID:FRsBeXjL
ダルムシュタットでは亡きシュトックハウゼンに次ぐスターだったなあ。

268 :7分74秒:2008/08/16(土) 22:18:32 ID:qheJLWlB
ラッヘンマンは本当に鑑賞用にはきっつい

269 :7分74秒:2008/08/17(日) 00:28:25 ID:h53Xm9+7
繰り返しがないからな。

270 :7分74秒:2008/08/17(日) 09:16:47 ID:V6WUF+sf
シュパーリンガーはわびさびがあって聞けるんだけどな

271 :7分74秒:2008/08/17(日) 10:38:59 ID:YNGkRjOp
>>270
結構かっこいいしな。

272 :7分74秒:2008/08/17(日) 16:12:20 ID:agPxVFpE
シュパーリンガーは意外と地味だよな。

「パッサージェ」の続編に期待する。

273 :7分74秒:2008/08/18(月) 05:16:29 ID:I6W6od8M
しかしシュパーリンガーは日本ではほとんど知られてないな。

ぼくもCDはドナウエッシンゲン1990の2枚組みのCDに入ってるPassage/paysageしか持ってないや。

274 :7分74秒:2008/08/18(月) 16:37:05 ID:U5EgIxUv
日本に来たことあんの?
Passage/paysageは彼の代表作。
後はみんな地味だね。
フライブルクのクラウス・フーバーの後任教授として委嘱された。
彼は今年で作曲教授退官だろう。
後任になるとボンクラしかいないなあ、残念!

275 :7分74秒:2008/08/18(月) 17:29:21 ID:I6W6od8M
>>274
http://homepage2.nifty.com/kinoko2001/archives/spahlinger/spahlinger.html

福井とも子さんとこのnext mushroom promotionが2005年に講演会と演奏会をやって
ます。

ちなみにわたくすも行きますたよ。

276 :7分74秒:2008/08/18(月) 19:17:29 ID:ZhCeNZNR
来年のコンポージアムに期待するか

277 :7分74秒:2008/08/19(火) 00:17:24 ID:v1G4/e0Q
福井とも子の経歴って全然わかんないのだけど!

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)