5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

怖い・意味不明な童謡

1 :Hiroya:2007/02/09(金) 12:29:38 ID:B0MVGQyX
かもめかもめとかとおりゃんせとかそういうの

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 00:50:45 ID:7pXL2+WQ
題名もド忘れ
ねんねんころりよ〜で始まる
歌詞と題名わかる方
教えて下さい

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 15:06:52 ID:o4IAhLwy
意味不明ではないが「さとうきび畑」怖い。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 15:12:15 ID:o4IAhLwy
>>64江戸子守唄
ねんねんころりよ おころりよ
ぼうやはよい子だ ねんねしな
ぼうやのおもりは どこへいった
あの山こえて 里へいった
里のみやげに なにもろた
でんでん太鼓に しょうの笛

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 20:43:10 ID:Dwsz3H3f
どすけべ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 23:58:29 ID:y50EjZXZ
参考に
http://www.medianetjapan.com/2/20/entertainment/soko/pc.html




69 :金日成主席:2007/05/19(土) 00:32:13 ID:9At5aSBx
軍歌のスレって無いの?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 00:42:24 ID:6zcHxL2j
「とおりゃんせ」は、川越藩の話。
川越藩が藩邸を広げた際、神社の通路を塞いでしまった。
その神社が、子供にご利益があると言われている神様で領民がどうしてもその通路を使用したいと願い出があった。
藩では、それなら特別の日に用のある者にかぎり通してやると言う取り計らいを施した。
ところが、中には悪用する者が居て、時々行ったきり帰って来ないこともあった。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 12:59:02 ID:tT0Fe1rt
北原白秋の「金魚」

母さん、母さん、どこへ行た。紅い金魚と遊びませう。
母さん、帰らぬ、さびしいな。金魚を一匹突き殺す。
まだまだ、帰らぬ、くやしいな。金魚をニ匹締め殺す。
なぜなぜ、帰らぬ、ひもじいな。金魚を三匹捻ぢ殺す。
涙がこぼれる、日は暮れる。紅い金魚も死ぬ死ぬ。
母さん怖いよ、眼が光る。ピカピカ、金魚の眼が光る。

確か、西条八十が「残酷だ」とかみついて、白秋が
「子供というものは残酷なものです」と反論したんじゃなかったかね。
白秋も不安定な時期だったらしいが。

野口雨情の「四丁目の犬」は、怖い感じだが、こちらはいい歌だ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 18:24:17 ID:YiLAg3LN
>>71
怖えぇぇぇえ

「淋しいから生き物(人間含め)を殺す」ってのは
多くの犯罪心理に通ずるような気がする
みんな心はとり残された幼児なのかも

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 01:14:15 ID:4bkm/DTS
赤い橋

不思議な橋が この街にある
渡った人は 帰らない
昔 むかしから 橋は変わらない
水は流れない いつの日も
不思議な橋が この街にある
渡った人は 帰らない

いろんな人が この街を出る
渡った人は 帰らない
赤く 赤く塗った 橋のたもとには
赤い 赤い花が 咲いている
不思議な橋が この街にある
渡った人は 帰らない

不思議な橋が この街にある
渡った人は 帰らない
みんな何処へ行った 橋を渡ってから
いつか きっと 私も渡るのさ
いろんな人が この橋を渡る
渡った人は 帰らない



これ聴いたとき地元の自殺者が多い赤い橋を思い出した。

74 :俺が見た化け物の特徴 :2007/06/04(月) 16:21:47 ID:0LHWsdFB
水色(青)の長袖ポロシャツ
ダボダボの白いスウェットズボン
黄色の靴下に茶色のサンダル
髪は後ろでくくっている
右手に真っ赤なペンを指揮者のように握っている
黄色の耳栓をしている

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 21:58:12 ID:JVsIXw5U
>>71
いくらなんでも残酷すぎるね。
子供が残酷なのは分かるが、それを矯正していくのも大人社会の役割だからな。
子供の残酷さをそのまんま肯定しすぎるのもどうかと思った。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 19:34:25 ID:NkzvTwIl
>>73お前日野原村か?
俺は日野原村に住んでるんだが近くにあるよ紅い橋で自殺する人がたくさんいる

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 22:15:39 ID:zeRHDOh2
やはり戦時中は残酷な歌詞でも通るのか

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/01(日) 12:06:41 ID:A15rR1/p
>>38
森の熊さんの元となった英語の歌詞を読めば意味が分かるはず。
原曲ではお嬢さんではなく、猟師。
ついでに、最後に熊さんは猟師に鉄砲で蜂の巣になり、毛皮にされてしまう。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 18:47:40 ID:d0fgpeeo
ゆうきすいぎんっていうのが怖いと聞いた

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 01:12:23 ID:vDc7SBzE
怖いというには大袈裟だが赤い靴とカナリアはガチ

あと誰かに聞いたんだけど汽車ポッポはホントは出征の歌なの?


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 09:54:59 ID:kkQ+63N4
鳥も魚もどこへいったの?トンボも蝶もどこへいったの?

水銀 コバルト カドミウム 鉛 硫酸 オキシダン シアン マンガン バナジウム クロム カリウム ストロンチウム…

汚れちまった海
汚れちまった空
生き物みんないなくなって、野も山も黙っちまった…地球の上に誰も、誰もいなけりゃ泣く事も出来ない…

かえせ…かえせ…
緑を青空をかえせ…
かえせ…
青い海をかえせ…
かえせ…かえせ…かえせ…

命を太陽をかえせ!

かえせ…

かーえーせーー!!


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 10:48:19 ID:U5Pul3E6
汽車ポッポ 元は乗ってるのは「ぼくら」ではなく「兵隊さん」である。
つ兵隊さんの汽車 で検索しる。

けど、怖くはないよ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 10:20:03 ID:79ci7Uui
今一部の映画館でやってるらしいね。
「こわい童謡」ってホラー映画。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 18:04:51 ID:qKRYeRb6
小さな白樺

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 09:00:15 ID:qtHShqD+
いちかけ にーかけ さんかけて
しかけて ごかけて はしをかけ
はしのらんかん こしをかけ
はるか むこうを ながむれば
じゅうしちはちの ねえさんが
かたてに はなもち せんこ(線香)もち
ねえさん ねえさん どこいくの
わたしは きゅうしゅう かごしまの
さいごうたかもり むすめです
めいじ じゅうねん じゅうにがつ
せっぷく なされた ちちうえの
おはかまいり に まいります
おはかのまえで てをあわせ
なむあみだぶつ と おがみます
おはかのまえから ゆうれいが
ふわりふわりと じゃんけんぽん!
--------------------------------
昭和40年代に、この歌うたって遊んでた。
場所は全然九州とは関係ない横浜だけど。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 20:18:17 ID:fGbUXXxG
五木の子守歌
怖いというより悲しいけど

おどま かんじん かんじん
あん人たちゃ よか衆
よか衆 よか帯 よか着物

貧乏に生まれた悲しみが伝わってくる。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/01(水) 19:55:01 ID:muqR6iiP
五木の子守歌は悲しい歌だけど、
ボンカレーのCMのせいで泣けない


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 04:48:19 ID:lpGz3Iyy
ずいずいずっころばし

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 15:39:26 ID:p0ASki6H
僕等はみんな生きている
生きているから死んでない
  (所ジョージ)

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 09:57:39 ID:fXebc942
>>90
論理的

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 11:40:27 ID:sIfIBNiZ
僕らはみんな生きている。生きているからいつか死ぬ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 15:34:27 ID:L3yturrF
>>92
お前それマジだろうな?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 12:15:33 ID:o/rJ+3Ru
>>93
事実を書いただけです。暗いけど。
(T_T)

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 15:21:15 ID:vY0z7Sfd
泉重千代は今も生きている

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/15(水) 19:51:29 ID:QGzCiVKK
>>73
立会川に掛かっている「浜川橋(古い通名:泪橋)」を赤く染め上げると…

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 00:41:05 ID:j+qODFiU
あぶくたった

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 14:08:12 ID:LuBPxWtJ
煮えたった

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 02:28:30 ID:/sAn9pdW
ちんこもたった

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:45:17 ID:usMIWHZY
♪100000馬力だ!!鉄腕アト〜ム〜!w





ピカチューの100000ボルトとは偶然の一致かよw

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 21:52:59 ID:Dpss8j3s
偶然の一致ですがなにか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 14:06:30 ID:UaLl6hTb
スレ違いだが「君の瞳は100万ボルト」

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 18:23:52 ID:ylIWC7av
いつのまに、100倍になったんだ?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 19:26:55 ID:5M1wD9Li
スレ違いだが
アトムは「地上最大のロボットの巻」で
100万馬力になるよ


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 23:11:42 ID:xl8wUxSl
いちかけ にかけ さんかけて
しかけて ころして ひがくれて
はしのらんかんこしおろし
はるか むこうを ながむれば
このよはつらい ことばかり
かたてに せんこう はなをもち
おっさん おっさん どこ行くの
あたしは ひっさつしごとにん
なかむらもんどと もうします

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 18:53:59 ID:25vfa2dw
>>105
なんだそれは…((((゜д゜;))))ガタブル
詳細希望

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 04:56:26 ID:He1+wvMe
必殺シリーズのどれかのOPの口上だろ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 20:57:54 ID:mOopPjSo
調べがつきやした。
必殺シリーズ第15弾  必殺仕事人
1979年5月18日〜1981年1月30日 全84回

>105を殺ってくだせぇ。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 11:15:00 ID:XLzId/Jd
>>81
それ、ゴジラ対へドラの中の挿入歌ですね。
兄が映画を見た後買ったレコードのB面に入っていた。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 04:29:09 ID:mhKlf8vD
>>75
肯定はしてないだろう
単に残酷さをそのまま伝えたかったんだろうから
寧ろ寂しさは伝わってくるけど、だからといって殺生するなんてどうよ?っていう教訓

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/11(火) 15:06:51 ID:dwae9YFJ
山田耕作
曼珠沙華

團伊久麿
秋の野


品のある美しい芸術歌曲だが、
それだけに怖いよ…

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 17:54:35 ID:AoLOsgTN
悲劇!ずいずいずっころばし

ずいずいずっころ橋
(ズイズイとある人がいばって歩いている。橋も渡る。お上から通行手形をもらっているから堂々と旅行ができる)
ごまみそずい
(ゴマもミソも買わずに自分で作る人、つまり田舎の百姓だ。)
茶壷に追われて
(大名行列も恐れて迂回する、お茶壷行列がやってきた。しかし主人公は田舎モノで無知なので、これに無礼な態度をとってしまう。刀を振りかざした護衛の侍に追われる。)
とっぴんしゃ
(刀で突き殺され、人生が終わる。物事が終わることをこう言う方言がある。)
抜けたらとんとこしょ
(刀を死体から引っこ抜いたら死体は惰力でトコットコッと2・3歩歩き、バタっと倒れる)
俵のねずみが米食ってチュウ、チュウチュウチュウ
(主が客死したので自宅は空き家になり、ねずみは米を食い放題。誰も追っ払わない)

 本家の長兄が怒り出す。
 「分家した弟のやつ、いつまで遊び歩いているんだ!もうすぐ田植えだというのに」
 隠居している両親が、
 「もう帰ってきているかもしれん。わしらが様子を見てこよう」
 そして老夫婦が空き家にやってくる。
 「おーい、せがれやー、帰ってるかーい?」

おっとさんが呼んでもおっかさんが呼んでも、ききっこなーしーよ
(しかし返事はない)

「こりゃあ旅先で何かあったんだ・・・」
「ああ、なんということ・・・」
 井戸の横にちゃわんの絵が落書きしてあるのが目に留まる。息子が幼いころに描いたものだったかもしれない。
「これを描いたのは、あのせがれだったろうか・・・」
「あのころは可愛かった、ウッウッウ・・・」

井戸の周りにお茶碗描いたのだーれ
(茶碗の絵を見て、さらに嘆き悲しむ老夫婦であった)


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 14:26:52 ID:lBfaSIzu
>>112

力作乙

ただ
お茶碗かいた→お茶碗割った が一般的だから

昔、幼い息子が割ったお茶碗の事を思い出して泣くのは?
「井戸の周りで、はしゃぎ回ってお茶碗割った、あれは誰だったろう。
そうさ、わしらの可愛い息子さ。しかしもういないのだな。(嗚咽)」

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 18:52:22 ID:80H0Jt7x
>>112
あれはお茶壷道中が通るあいだ、
戸をぴしゃっと閉めきって
中で男女がイチャコラしてる歌だよ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 18:55:28 ID:tqOQ1G+V
漢字で書くと「お茶碗欠いた」ですね

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 02:44:25 ID:4jZ3Qznq
茶壺道中が来て戸をピシャっとしめるかくれてる。抜けたら(通り過ぎたら)どんどこしょ(どっこいしょ)と外に出れる。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 04:06:30 ID:nvPx4iY7
おちゃわんが欠ける→キズものになるってことだよ

「この中で非処女は誰?」

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 21:01:26 ID:jwjAZOaZ
かごめかごめ(篭女篭女/かご→母体、女→母体の女)
かごのなかの鳥は(鳥→赤ちゃん/母体のなかの赤ちゃんは)
いついつでやる(いつ産まれてくるのか)
夜明けの晩に

つるとかめが滑った(かめ→母体の女の名前/夜明けくらいのまだ暗い時間につるっとかめさんが滑った)
後ろの正面だーれ(後ろで押したのはだあれ?)

USOナツカシス
たしか正面は家政婦だったような

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 21:11:22 ID:jwjAZOaZ
スレチかもしれんが
1:名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/04/01(日) 17:13:07 ID:VYIRRiIe [sage]
小学校の音楽科の授業などで用いられるフランス動揺「クラリネットをこわしちゃった」に、性的な含意があったことが国立芸術大学の調査で判明した。
この歌が成立した当時のフランスでは、クラリネットには召使いの意味があり、また当時、女中や下女は主人に求められれば性的な仕事にも奉仕した
近年の歴史研究により明らかになっている。国立芸術大学の調査によると、「クラリネットをこわしちゃった」
の本来の意味は、領主である父親から女を譲られた息子が、性的暴力を働いたことを意味するという。
これを受けて、全国の教育委は「小学生には早すぎる内容」として、来年度から教科書・副読本などの該当曲の削除を検討する。
なお、2007年度の教科書に関しては削除することはなく、全国の小学校へ歌唱を避けるよう通達するのみとなる。
国立芸術大学の千秋真ニ教授は「小学校教育には適さない卑猥な内容。特にサビにあたる歌詞が、
おっぱい、毛、マラ、おっぱい、毛、マラ、おっぱい、おっぱい、おっぱい、おっぱい、と極めて猥雑であり、児童の性教育に悪影響を与える」と警告している。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 01:50:51 ID:S7g7g6qn
かごめかごめ::三種の神器の鏡(かがみ)
籠の中の鳥は::天照大神
いついつ出やる::文字通り
夜明けの晩に::天照大神が天の岩戸に籠もっているので太陽が出ない
鶴と亀が滑った::気を引くために神様達が踊っている
後ろの正面だあれ::鏡に映った自分と気付いてない

神話の「天の岩戸」が題材

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 03:05:59 ID:natvCbDu
かごめかごめ::肛門(*)
籠の中の鳥は::うんこ
いついつ出やる::文字通り
夜明けの晩に::夜の営み
鶴と亀が滑った::亀をつるっと穴に挿入
後ろの正面だあれ::アッー

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/12(金) 22:49:22 ID:YpHdO/Oj
「あの町この町」
野口雨情作詞・中山晋平作曲

あの町この町 日が暮れる
日が暮れる
今きたこの道 帰りゃんせ
帰りゃんせ

おうちがだんだん 遠くなる
遠くなる
今きたこの道 帰りゃんせ
帰りゃんせ

お空に夕べの 星が出る
星が出る
今きたこの道 帰りゃんせ
帰りゃんせ



で、「おうちがだんだん 遠くなる」の部分。
何で帰るのに家が遠くなるのか…

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 01:44:14 ID:LCFA5H7P
日が暮れてきたので、早く帰らないと家に帰れなくなってしまう(だんだん遠くなる)という意味。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 03:09:19 ID:IW0lyFLd
http://imepita.jp/20071013/111640

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 03:16:07 ID:IW0lyFLd
http://imepita.jp/20071013/116860

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 03:20:49 ID:IW0lyFLd
http://imepita.jp/20071013/119700

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 14:01:42 ID:4dxzNgQG
小学生の時に習ったイカロスの歌は悲しい詞とメロディだったなー。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 14:21:08 ID:wsZ0Ve4s
調子に乗って、墜落する奴の話だよな?
勇気を受け継ぐよりも……
イカロスの愚行を他山の石として、
自重する心を養うべきかと。


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 16:13:10 ID:LCFA5H7P
蝋で羽をくっつけて空を飛ぼうとするけど、高く飛びすぎて太陽の熱で蝋が溶けて落っこちるんだね。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 16:34:49 ID:uDRaQ5Kr
蝋でどうやってくっつけるの? 鳥の羽根は何枚か集めるのかな?やってみたい。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 17:25:10 ID:wsZ0Ve4s
ここにすべて語られているので紹介しとく。
ttp://www2.chokai.ne.jp/~assoonas/UC196.HTML

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 22:55:22 ID:LCFA5H7P
>>131
曲のことは覚えてたけど、まさかこんなタイトルだったとはw

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 17:01:11 ID:D91VrywX
みんなのうただね。CDがウチにあったわ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/14(日) 18:12:03 ID:ROiwQfT1
http://www.namaejiten.com/h01/name04.html

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 10:22:28 ID:/pVuurmi
>>130
まさかホントにやらないとは思うけど
鳥の翼の形を作っただけじゃ飛べないよ(笑)


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 20:47:29 ID:IzEsrj4m
形状として滑空はできるかもしれんが、
蝋で固めると、重量がなぁ。
そこに人間を取り付けると、足も胴体も重すぎる。
腕に取り付けて羽ばたくなんてのは論外。
人間の筋肉では、翼を支えることさえ難しいだろう。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 02:03:03 ID:ThJ+eGca
なぜ、目的地まで到達できた父ダイダロスの偉業が称えられないのですか?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 08:33:27 ID:lrZaPKvo
本当の話? 神話っていうからには嘘の話だよね。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 13:30:30 ID:KIRGd2Kz
ライト兄弟は本当は2番目

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 13:53:08 ID:qvj/mztL
>>138
ウソという言い方はこの場合不適切。
言い伝えにウソだのホントウだの言うのは野暮だよ。
なんせ神様とかいる世界の話だし、
パパダイダロスは技師だったわけだから、
なんらかのからくりで飛んだのかもしれないしね:-)

とりあえず蝋で羽を固めて作った翼だけでは飛べないよ。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 00:45:43 ID:PmtJoDHc
「高度を上げすぎて太陽の熱で蝋が溶けた」ということは、
調子に乗って大気圏より高くまで上がりすぎて、太陽の輻射熱を直接浴びてしまったということかな。


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 01:23:21 ID:kjG4vVVm
たぶん金星の公転軌道近くまで行っちゃったんだと思う

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 08:59:54 ID:mJTKT9fn
いやいや、当時はアポローンというオッサンが
太陽を馬車にのっけて移動させてたはずなんで、
今よりずっと太陽が近かったんだと思う。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 19:52:47 ID:a+xzIYTL
風の神様なんかもいたから
イカロスが若くてイケメンという理由で
飛べたにちがいない

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 21:48:44 ID:JmKPaiUa
3年前、アポロンの可愛がっていた少年が
突風に煽られた円盤にあたって命を落とした…
そして今回の墜落事故。 
違う、これは事故じゃないッ…!!!

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 00:01:41 ID:ICQtsrr/
「かごめかごめ」は、籠の中の鳥が外に出たくて、憎しみを込めて、
鉄格子を蹴飛ばしたり、くちばしで突いたりする歌なのでは?

「この、籠め!籠め!外に出しやがれ!!」


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 03:52:24 ID:Z2XdRm3P
籠の中の鳥はイカロス

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:47:22 ID:O6kuxbOm
>>122
この歌、テープの時代に聞いたんだが、
メロディーと声も妙に怖いよな
歌詞の不気味さがそれを際立てる

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 19:08:58 ID:AsjJZIPT
家にあった童謡のレコードに
「ピコットさんがピコットさんがやってくる〜♪」
って歌があって、今思うと可愛らしいメロディーなんだけど、
子供の頃なぜかすごく恐かった。
いつピコットさんが来るのかとおびえていた。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 22:36:12 ID:5WxPax1V
しゃれこうべのうた

151 :ちえ ◆BABY..g1Ps :2007/11/08(木) 06:24:08 ID:cw/uAInV
ちこたん

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/08(木) 23:10:51 ID:wbEx6HO/
俺の中では「森の熊さん」は、
森の奥にある売春宿に迷い込んだ名家のお嬢さんと
大柄な門番のやり取りと思っている。
ただ「お礼に歌いましょう」がつじつまが合いにくいんだよなぁ。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 02:06:37 ID:Jr//G8V6
なぜ無理矢理 わけありな歌にしようとするの?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 00:33:58 ID:eif2nH7p
>>151
それって合唱で聞いた事があるような・・・。
女の子がダンプにひかれるんだよね。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/11(日) 03:38:33 ID:vyWzieIT
小学生の頃ちこたん合唱したけどトラウマだなぁ。僕のちこたん頃したん誰や!ってとこ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 15:35:04 ID:zzILWJcU
それは童謡じゃなく合唱曲だよな。
合唱曲なら「親知らず子知らず」もトラウマ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 16:11:12 ID:ahWNhMye
「妹よ〜 今夜は雨が降っていて お前の木琴が聞けない」とかも。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 20:52:18 ID:APkpZYzA
「木琴」な。たしかに「怖い」けど、意味がわからんことはない。


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 22:00:22 ID:ZZYzYJvZ
「木琴」はふつうに良い曲だと思う。
うちの学校では国語の教科書に詩だけ載ってたよ。
合唱大会で歌ってるクラスがあってちょいうらやましかった。

そういえば国語の授業で
あの詩を意味がわからないって言ってたヤシがたしかにいたな。
なんで妹が暗い家の中で木琴弾いてるんだとか、
「赤や青や黄色の電灯がつくといいな」のあたりとか……
たぶん戦争中の生活をイメージできないんだろうな。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 22:58:07 ID:SjolIf1v
>>152
ま、アレをマイクにしちまったワケだな

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 20:28:17 ID:cSlRYvgX
今はもう、戦前じゃないんだけどな。
第三次世界大戦……もう始まってるし。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 09:52:21 ID:VOg2DtDW
おっぱいがいっぱい

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 16:26:56 ID:366aYE8K
>>160
あれ?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/09(日) 13:29:37 ID:HlSX+QJq
♪大きな栗の 木の下で

“大きな栗”の木の下で



78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)