5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

sinead o'connor

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 13:29:07
ダブリン生まれ。 両親の不仲と離別、カトリックの厳格な生活に対する反発によってすさんだ少女時代を過ごしたことは、
その後のオコナーの公私の活動に大きな影響を与えることになった。
母親の事故死の後、ロンドンに移って音楽活動を続けた。
1987年のファースト・アルバム「ザ・ライオン・アンド・ザ・コブラ」 (The Lion and the Cobra) は
穏やかさと攻撃性とが去来する作風の曲が特徴である。
こうしたアンビバレント性はスキンヘッドという彼女のスタイルにも、
カトリックに対しての愛憎の念が入り混じる言動にも表れている。
ちなみに、"the lion and the cobra" は旧約聖書の詩篇に現れる言葉で悪魔の隠喩である。

1990年のセカンド・アルバム「蒼い囁き」 (I Do Not Want What I Haven't Got, 1990年) から
シングルカットされたプリンスのカバー曲「愛の哀しみ」 (Nothing Compares 2 U) が世界中で大ヒットし、
アルバムは英米で1位を記録した。
デビュー当時から過激な言動を繰り返してきたが成功後もそれは変わらず、
例えばアメリカのツアー会場で習慣となっていたコンサート前のアメリカ国歌を拒否して騒がれた。
とりわけ1992年10月「サタデー・ナイト・ライブ」の生放送中に「真の敵」だとして
ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の写真を破ったことにより大きな物議を醸し、
直後のボブ・ディランのトリビュート・コンサートに参加した際には
大ブーイングを浴びながら一人だけボブ・マーリーの曲を歌うことになった。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 13:47:01
ダブリン生まれ。 両親の不仲と離別、カトリックの厳格な生活に対する反発によってすさんだ少女時代を過ごしたことは、
その後のオコナーの公私の活動に大きな影響を与えることになった。
母親の事故死の後、ロンドンに移って音楽活動を続けた。
1987年のファースト・アルバム「ザ・ライオン・アンド・ザ・コブラ」 (The Lion and the Cobra) は
穏やかさと攻撃性とが去来する作風の曲が特徴である。
こうしたアンビバレント性はスキンヘッドという彼女のスタイルにも、
カトリックに対しての愛憎の念が入り混じる言動にも表れている。
ちなみに、"the lion and the cobra" は旧約聖書の詩篇に現れる言葉で悪魔の隠喩である。

1990年のセカンド・アルバム「蒼い囁き」 (I Do Not Want What I Haven't Got, 1990年) から
シングルカットされたプリンスのカバー曲「愛の哀しみ」 (Nothing Compares 2 U) が世界中で大ヒットし、
アルバムは英米で1位を記録した。
デビュー当時から過激な言動を繰り返してきたが成功後もそれは変わらず、
例えばアメリカのツアー会場で習慣となっていたコンサート前のアメリカ国歌を拒否して騒がれた。
とりわけ1992年10月「サタデー・ナイト・ライブ」の生放送中に「真の敵」だとして
ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の写真を破ったことにより大きな物議を醸し、
直後のボブ・ディランのトリビュート・コンサートに参加した際には
大ブーイングを浴びながら一人だけボブ・マーリーの曲を歌うことになった。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 14:08:54
http://www.sineadoconnor.com/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 14:22:15
天才ヴォーカリスト

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)